七五三の時期はいつ?男の子・女の子で違うの?2016年は?

| 七五三 | , , , ,

子供の成長を願う行事はいくつか有りますが、その中で最も華やかなものといえるのが七五三

子供達よりも大人、特におじいちゃんおばあちゃん達が張り切る…なんて話もよく聞きますね。

ところで七五三の対象になるのは、文字通り「7歳・5歳・3歳」でいいのでしょうか?1年おきにお祝いするのも大変ですが、全て祝わないといけないのでしょうか?男の子と女の子で祝う年齢に違いがあるのかどうかも気になりますね。

そんな色々と気になる七五三由来いつお祝いするものなのか?また2016年に対象になる男の子・女の子の年齢などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

七五三はいつ行うものか

七五三とは

五三とは、子供が3歳・5歳・7歳の時に子供の成長を祝う儀式をまとめたものです。

shichigosanitsu1

元々は年齢によって儀式の内容が異なり、また男女でも儀式の内容が異なりました。年齢よっては男の子だけ祝ったり、女の子だけ祝う場合も。

ですので、七五三の年齢全てで、七五三の行事を行う必要はありません。お子様の性別にあわせて、該当する年齢の時に七五三のお祝いが行われます。

もっとも現代では儀式を行わずに、神社でお参りやお祓いを受ける行事へと変化しています。地域によっては独自の行事を行うこともあるので、事前に確認しておきましょう。

□七五三 || Shichi-Go-San Festival

最近では日本在住の外国人のお子さんも、七五三をするようですね。

七五三、男の子の場合は?

の子の場合、七五三でお祝いする必要があるのは3歳5歳です。

3歳は、「髪置きの儀」と呼ばれる風習が元となっています。

昔は3歳になるまでは髪を剃り、3歳を過ぎたら伸ばし始めたのだそうです。また今よりも子供の死亡率がとても高く、3歳を迎えたら一つの節目を迎えると考えられてきました。

その為、3歳のお祝いは男の子・女の子関係なくお祝いをするんですよ。

一方の5歳のお祝いは、「袴着(はかまぎ)」というもの。

5歳になった男の子は、子供用の着物から大人と同じく袴を履く儀式を行ったのが元になっています。一般的には囲碁の碁盤の上に男の子を載せ、その上で大人が袴を履かせ、帯を結んで健康を願います。

七五三、女の子の場合は?

の子の場合、七五三でお祝いする必要があるのは3歳7歳です。

3歳は男の子と同じく、「髪置きの儀」が元となっています。

最近では女の子だけ3歳を祝うと言われていますが、実はこれは間違いです。元となった髪置きの儀は男女関係なく行いますので、七五三もこれに習って男女ともなんです。

ただしお祝いを簡略化する場合、子供の年齢を考えて3歳を省略する事が多いのも事実。その為の方便として男の子は3歳は省略しても良い、というのが生まれたのかも知れませんね。

女の子の7歳のお祝いは、「帯解(おびとき)」というもの。7歳になった女の子は、大人の着物に切り替えて帯も幅の広いものに変えたことが元となっています。

スポンサーリンク

七五三を祝うのは満年齢?数え年?

まずは確認を!

七五三をお祝いする年齢ですが、満年齢で祝う地域と、数え年で祝う地域があります。

戦前までは数え年で祝う地域が多かったですが、現在は満年齢で行う地域がほとんど。ただし地域で違うこともあるので、念の為に七五三は満年齢なのか数え年なのかを確認しておきましょう。

身近な方でしたら、おじいちゃんやおばあちゃんに。あるいはご近所の年配者に聞くのも良いですね。周囲にそういった方がいない場合は、地域の大きな神社に問い合わせるのが確実です。

満年齢と数え年の違いは?

shichigosanitsu2

ところで満年齢と数え年には、どのような違いがあるのでしょうか。
その違いは生まれた時の年齢をどう数えるか、どの時点で年を取るかによります。

満年齢は、「生まれた時点で0歳と数え、年を取るのは誕生日」という考え方。私達が普段使用している年齢は満年齢ですし、公的な記録に書かれている年齢も満年齢となります。

一方の数え年は、「生まれた時点で1歳と数え、お正月(1月1日)を迎えたら1歳年を取る」考え方。

例えば、数え年では、12月31日生まれの場合、生まれた日に1歳、翌日1月1日に年を取って2歳となります。

これは極端な例ですが、数え年は満年齢と比べると最大で2歳年長になります。なので昔の七五三は、今よりももっと幼い子供を祝っていたことになりますね。

2016年に七五三を迎える子供の生まれ年は?

2016年の七五三は?

shichigosanitsu3
七五三をお祝いする日は、一般的に11月15日となっています。

ですが、11月15日に限らず、皆んなでお休みが取れるその前後の週末などにお祝いすることも多いものです。写真館の予約状況や、お参りする神社の混雑なども踏まえて、早めに日程を決めるようにしましょう。

ちなみに、2016年の11月15日は火曜日の平日になります。

それぞれの生まれ年は…

2016年(平成28年)の七五三をお祝いする子供たちは、次の生まれ年となります。

7歳(女の子)
満年齢…平成21年(2009年)生まれ
数え年…平成22年(2010年)生まれ

5歳(男の子)
満年齢…平成23年(2011年)生まれ
数え年…平成24年(2012年)生まれ

3歳(男の子・女の子)
満年齢…平成25年(2013年)生まれ
数え年…平成26年(2014年)生まれ

子供の成長を願うこと

七五三を祝う年齢に関しては、その地域によって異なります。数え年で行う地域、満年齢になる年で行う地域、満年齢になった後に行う地域と様々です。

また、父親の地域の風習で祝うのか、母親の地域の風習で祝うのかなど悩みはつきません。

年齢や内容についても気にはなりますが、大切なのは子供の健やかな成長を願うこと。あれこれ難しく考えず、その年になったらみんなで子供の成長をお祝いしましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

七五三の初穂料の相場はいくら?のし袋の書き方はどうする?

七五三の準備には様々なものがありますが、その中で忘れがちなのが「初穂料」のことです。 初穂

記事を読む

七五三の着物は購入する?それともレンタル?価格相場の違いは?

子供の健やかな成長を祝う七五三は、子供の晴れ舞台でもあります。 お参りの時は動きやすい洋服とい

記事を読む

七五三の千歳飴の由来や袋の意味。美味しい食べ方もご紹介!

親にとっての七五三は、子供の健やかな成長を願う大切な行事。 しかし子供にとっての七五三と言えば

記事を読む

100均で簡単手作り!七五三の可愛い髪飾りの作り方。

七五三の準備で悩んでしまうこととしてあげられるのが、着物に合わせる髪飾り。 場合によっては一度

記事を読む

七五三の母親の服装は?着物?スーツ?それともワンピース?

今年七五三を迎えるお子様がいる家庭では、様々な準備で大忙しではないでしょうか?お子様の晴れ着

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ムクゲ(木槿)/ムグンファ(無窮花)の花言葉とは?開花時期はいつ?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がまず挙がりますよね。日本の

淡く可憐なコスモスの花言葉とは?開花時期や色による違いもご紹介!

https://youtu.be/-UfAo-AEn68 秋が近

すずらんの花言葉とは?フランス語での違いと怖い裏花言葉も紹介!

春になると様々な花が咲き、私達の目を楽しませてくれます。 その中

雨の日でも自転車に!レディース向けレインコートのブランドならコレ!

毎日の通勤や買物に、自転車は無くてはならないアイテムです。

神戸開港150年記念、kobeみなとマルシェ!2017年春の日程と見どころ!

兵庫県の神戸といえば、オシャレで食べ物も美味しい港町。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑