愛媛の新居浜太鼓祭り、2017年の日程と見どころをご紹介!

niihamataiko1

「三大祭り」という表現をよく見かけますが、四国のお祭りにも三大祭りという表現が使われます。

徳島の「阿波踊り」、高知の「よさこい祭り」と共に、四国三大祭りに数えられるのが、
愛媛の「新居浜太鼓祭り」

前の二つの祭りと比べると少々知名度は下がりますが、他の二つの祭りに負けない激しさで人気のお祭りなんですよ。



その激しさは「これぞ男祭り!」と言うべきもので、見ているこちらまで熱くなること間違いなし!

そんな新居浜太鼓祭り、2017年の日程や見どころなどを熱く熱く紹介します!

スポンサーリンク

愛媛・新居浜太鼓祭りとは

太鼓が主役!?

居浜太鼓祭りは、愛媛県新居浜市で毎年10月に開催されるお祭り。その起源ははっきりとしてませんが、鎌倉時代に始まったと言われています。

元々は豊作を祝うお祭りで、現在もその目的は変わりません。しかし時代が変わるに連れて、山車乗せられた太鼓が祭りの中心へと変わりました。

明治以降は新居浜周辺に工場が出来て活気が生まれ、経済的にも豊かになったことで祭りの運営が加速されることに。各地域ごとに太鼓を巨大化させたり、豪華な太鼓台を作成したりと競いあうようになりました。

それと共に、祭りで太鼓台を動かす人たちの賑やかな「かきくらべ」も名物となっていきました。

新居浜太鼓祭り2017年の日程と開催場所は

毎年10月開催!

niihamataiko2

新居浜太鼓祭りは、毎年10月16日・17日・18日の3日間開催が基本です。各地域でそれぞれ太鼓台を出す関係で、一部地域では15日から始まる所もあります。

2017年の開催日程や開催予定地は次の予定です。

○開催日時
2017年10月16日(月)~18日(水)

○開催場所
愛媛県新居浜市内の各所

◇予想される主な開催場所
一宮神社・内宮神社・浦渡神社・萩岡神社・白山神社・八旛神社
一宮の杜ミュージアム・国領川河川敷・多喜浜駅前・新高橋南・国領川緑地 他
*他にも小学校グラウンドやスーパーの駐車場などでも開催予定があります。

スポンサーリンク

新居浜太鼓祭りの見どころは?

太鼓台の練り歩き

新居浜太鼓祭りの特徴といえば、巨大な太鼓台

高さ約6メートルものの山車に、これまた巨大な太鼓を乗せたものです。重さはおよそ3トン、動かすためのかき棒を含めた全長は12メートルと、とにかくスケールが違います。

この太鼓台を「かき夫」と呼ばれる男集が150人ほどで動かし、街を練り歩きます。かき棒の上には4人の指揮者が乗り、この人たちの指示の下で太鼓台は移動。

威勢のよい掛け声やかき夫の激しい動き、そして大迫力の太鼓台にはただただ驚かされますよ。

niihamataiko3

かきくらべ

祭りの最大の見せ場といえば、「かきくらべ」を外すわけにはいきません。

各地区ごとに太鼓台が集結し、かき夫が太鼓台を持ち上げます。総重量が3トンを超える太鼓台を、男の力だけで持ち上げるのですからとにかく驚きです!

しかもただ持ち上げるのではなく、高く高く空へと持ち上げるんですよ。
神様に見せるための「さしあげ」というパフォーマンスなのですが、人の力の凄さに驚かされますね!

□2014新居浜太鼓祭り【川西地区】一宮神社かきくらべ

*とてもきらびやかですが、これが太鼓台なんです!

地区同士での男の意地が…

少し注意して欲しい事として、他の地区の太鼓台とすれ違った時のことがあります。太鼓台を華やかに飾ったりするなど、地域ごとに競い合う風潮が新居浜太鼓祭りにはあります。

それは太鼓祭りの本番にもあって、他地区の太鼓台がすれ違う時に意地の張り合いが発生する事も。

その内容は太鼓台をぶつけあう激しいもの。地区ごとに話し合い安全面に配慮して行っていますが、祭りの熱気で突発的に発生することもあり、よそ見しているとハラハラする事も。

他地区の太鼓台とすれ違う場面になったら、太鼓台から目を離さないように気をつけましょう。

アクセスと駐車場

公共交通機関でのアクセス

JRを利用する場合は、まずは新幹線で岡山を目指しましょう。そこから瀬戸大橋線を経由して予讃線に乗り換え、「新居浜駅」で下車します。

また大阪・神戸方面からは、フェリーも運航されています。8時間ほど掛かりますが、ゆったりとした旅が楽しめますよ。

車でのアクセスと駐車場情報

車でのアクセスの場合、高速道路の利用が便利です。

九州方面からは、広島県尾道市から「西瀬戸自動車道」を経由して、愛媛県今治市へ向かいましょう。そこから「今治小松自動車道」を経由して「松山自動車道」に入り、新居浜ICで下車します。

岡山方面からは、岡山市から「瀬戸中央自動車道」を経由して「松山自動車道」のルートが便利。

大阪方面からは、兵庫県明石市から「神戸淡路鳴門自動車道」を経由して「松山自動車道」に入ります。

駐車場ですが、例年新居浜駅の近くにある、「新居浜市農協経済センターJAグリーンにいはま」に臨時で駐車場が開放されます。

また、新居浜駅からはシャトルバスも運航される予定です。

アクセスや臨時駐車場については、新居浜市観光サイトのページも参考にして下さいね。

一瞬も目が離せない!

niihamataiko4

居浜太鼓祭りは、太鼓台の迫力以上に、担ぎ手の迫力に圧倒されるお祭りです。

各地区ごとで出される太鼓台の数も多く、一度に集まる様には本当に驚かされます。

ちょっと荒っぽい部分もありますが、それもまたお祭りの魅力。目を離すと素晴らしい瞬間を見逃すことになりますし、ドキドキする瞬間も見逃してしまいます。

祭りの間は太鼓台にしっかり集中して、全てを見逃さないようにして楽しんでくださいね!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

長崎くんち2017年の日程と見どころ!チケットの入手方法は?

江戸時代に海外との数少ない窓口であった長崎は、独自の文化が発展した街。 そんな中でも特に有名な

記事を読む

堺まつり2017年の日程と見どころ!大パレードとふとん太鼓は必見!

秋真っ盛りの10月に大阪の堺市で行われる堺まつりをご存知でしょうか? 毎年50万人以上も訪れる

記事を読む

雪と氷の祭典「札幌雪祭り」。2017年の日程と会場へのアクセスは?

雪が降る季節、代表的なお祭りと言えば、「さっぽろ雪まつり」です。 大きな氷の像を始め、

記事を読む

イースター(復活祭)の由来とは?2018年はいつ?

最近では日本でも海外のイベントを取り入れ、楽しむようになって来ました。 その中でも、特

記事を読む

青森ねぶた祭り2017年の日程と見どころ!参加方法は?

最近は温暖化気候の影響もあり、7月から9月半ばまで熱い日々が続く地域も多いかと思います。その

記事を読む

富士芝桜まつり2017!見頃はいつ?見どころやアクセス情報も

http://youtu.be/SECyRjYBr1I 春は、行楽シーズン。旅行とまではいかな

記事を読む

飛騨・古川祭りの起し太鼓!2017年の日程と見どころは?

お祭りを大きく分けると、 ・荒々しいお祭り ・きらびやかなお祭り の2つに分かれると思いません

記事を読む

愛媛西条祭り2017年の日程は?神輿とだんじりが大集結!

通常お祭りで見かけるお神輿(みこし)などは、多くても10台ほどではないでしょうか。 と

記事を読む

浅草神社の三社祭。2017年の日程や見どころ!交通規制は?

祭りと聞くと、どの様な光景が浮かびますでしょうか? 法被(はっぴ)を来た威勢のよい男集

記事を読む

雨の日の東京ディズニーシー!おすすめの楽しみ方は?

ディズニーランドに比べて大人っぽい雰囲気の 東京ディズニーシー。 ディズニーシーは、デー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

仙台・光のページェント2017年の期間や点灯時間。イルミネーションの見どころは?

クリスマスシーズンを迎えると、街のあちこちでイルミネーションを

十日戎とは?西宮神社・今宮戎神社・京都ゑびす神社、三神社の祭りの見どころ!

日本のお祭りは地域によって特色が変わり、一部の地域だけで有名な

2018年戌年の年賀状作成に!無料で使える素材やテンプレート7選!

年末は様々な用事が重なり、気がついたらお正月が目前…なんてこと

2018年の干支は戊戌(つちのえ・いぬ)!戌年の由来や特徴とは?

年末が近づくと年賀状を購入しなければ・・と、慌てることが増えて

赤ちゃんの初正月で飾る羽子板や破魔矢・破魔弓の意味。飾るのはいつまで?

赤ちゃんが生まれると、成長に合わせて様々な行事が行われます。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑