ハロウィンの子供用手作り衣装の作り方。簡単なのに可愛い!

| ハロウィン | , , ,

ハロウィンのお楽しみと言えば、仮装ではないでしょうか。特に子供の仮装はとってもかわいく、ママ友同士で張り切っちゃいますよね。

最近ではハロウィン用の衣装も手軽に入手できるようになりましたが、他の人とのかぶりが気になるところ。

そこでオススメなのが手作りの衣装

不器用さんでも簡単に作れて可愛い衣装が実はあるんですよ。裁縫苦手ママでも楽しく簡単に作れちゃう、手作りの子供用ハロウィン衣装を紹介します!

スポンサーリンク

ハロウィンの手作り衣装の作り方

マント

haloweencloth1

ハロウィン衣装に欠かせないのがマント。ドラキュラも魔女もマントを羽織ってますよね。

そのマントを手作りして、仮装にプラスしちゃいましょう。もし衣装が用意出来なくても、マントをさっと羽織るだけで仮装っぽくなれるのでオススメです。

◎用意するもの
・サテン生地(110センチ幅) …1メートルほど
・リボン …1センチ幅のものを70センチほど
・ミシン

*サテン生地の長さは子供の身長に合わせましょう

◎作り方
1.サテン生地をミシンで縫う
サテン生地の四方を三つ折りして、ミシンで縫います。

2.片方の端を追って止める
片方の端を8センチ位の辺りで中表に折り、まち針などで動かないように止めます。

3.内側をミシンで縫う
折った端より1センチほど内側を、ミシンで縫います。さらにその部分より2センチぐらい上をミシンで縫うと、リボンを通す部分が出来上がります。

4.リボンを通して絞る
リボンを通してから、ぎゅっと子供の首周り程度になるまで絞ります。

5.リボンの穴の両端を縫い止める
リボンを通した穴の両端を、ミシンで縫い止めて、リボンが抜けないようにします。

6.リボン結びにしエリを立てる
あとは子供に着せてみましょう。リボン結びにし、エリを立てたら出来上がりです!

ポイントは、通したリボンをしぼる時に、ギャザーをきれいに寄せることです。ギャザーが偏るとふわっとしたマントにならないので、均等に寄せましょう。

□簡単!かっこいい!ハロウィンマント!

ちょっと難しいエリとリボンの部分は、こちらの動画の1分過ぎから何度も見て確認してくださいね。

男の子ならドラキュラ!

男の子向けでマントが活かせる仮装と言えば、ドラキュラがぴったりです。
マントさえ作ってしまえば、後は難しいことはないですよ。

◎用意するもの
・手作りマント
・黒いズボンとベスト
・白いシャツ
・黒い靴

*手作りマントは、黒い生地+赤いリボンで作りましょう。
*白いシャツは、無ければば白い襟付きポロシャツでもOKです。

さらにドラキュラらしさを加えたいなら、次のポイントを抑えてみましょう。

赤系の口紅で、口の端に赤いしずくを書き加える。
・ほっぺにコウモリのシールを貼ったり、フェイスペイントを加える。

特に口元の「しずくペイント」は、怖いドラキュラが演出できますよ!

スポンサーリンク

女の子向け手作り衣装の作り方

女の子向けの可愛い手作り衣装を2つご紹介します。

haloweencloth2

ふわふわチュチュスカート

妖精みたいなふわふわスカートも、家で簡単に作れます。しかもミシン不要なので、子供が寝た後にこっそり作ることだって可能。

こちらも衣装が作れなかった時に、可愛い服にプラスするだけで仮装っぽくなりますよ。

◎用意するもの
・生地(オーガンシーまたはチュール)…60センチ位
・手芸用のゴム(幅広のもの)…子供のウエスト程度の長さ

「オーガンシー」や「チュール」は、透け感のある薄い生地のこと。手芸店で1mあたり500円前後で購入出来るものですので、見た目より高くないんですよ。

◎作り方
1.ゴムを切って輪にする
まず、手芸用のゴムを子供のウエストサイズ似合わせて切って、結んで輪にします。ほどけそうなら、手縫いで両端を縫いつけて輪にしましょう。

2.生地を切っておく
生地は2・3センチ程度の幅に切っておきます。

3.切った生地を中心部で二つ折りにする
切った生地を中心部で二つ折りにします、そして折った輪の部分を上にして、逆Vの字にしてゴムの上に置きます。

4.生地の両端を通して結ぶ
ゴムとV字の間に出来た輪をくぐらせるように、生地の両端を通して結びます。

5.ゴムいっぱいに生地を付ける
3と4を繰り返して、ゴムいっぱいに生地を付けてチュチュの出来上がりです!

□How to make a tutu. 100均の材料で作れる簡単チュチュの作り方

結び方がわからない場合は、24秒辺りから参考にすると分かりやすいと思います。

チュチュは、短いとバレリーナ調になり、長いと妖精のスカートのよう。生地を何色か用意すると、可愛い印象がアップしますよ!

かわいい?怖い?魔女!

先に紹介したマントに、黒い服チュチュをあわせて魔女の仮装が可能です。

◎用意するもの
・マント(黒の生地)
・黒いワンピース、またはスカートとシャツ
・チュチュ(黒の生地)
・黒いタイツ、またはトレンカ
・黒いエナメルの靴

服の色は基本的にはが最適ですが、紫や濃い青や緑でもOK。逆にパステルカラーや白系ですと、魔女らしさが薄れてしまうので注意が必要です。

さらに100円ショップなどで手に入る、三角帽子をプラスすると魔女らしさがさらにアップ!リビンは好きな色でOKです。

黒いスカートだけでも充分魔女ですが、ここに黒い生地で作ったチュチュもあわせてみましょう。

スカートの下に履いてボリュームアップも良いですし、スカートの上でひらひらさせるのも可愛いです。同じ黒でもフワフワしたオーガンシー生地なので、印象がガラリと変化しますよ。

出来る部分だけでも

ハロウィンの仮装は、こだわろうと思えばどこまでも本格的なものが作れます。

しかし衣装作りだけに集中し過ぎて、子供への目が届きづらくならないように気をつけて下さいね。手作りは出来る範囲で楽しくやるのが何よりですね。

無理をせず作れる範囲で、子供用の手作りの仮装を作って、ハロウィンを楽しんでくださいね

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

ハロウィンの手作りラッピング!お菓子を可愛く包もう!

ハロウィンのお楽しみの一つに、仮装した子供たちの「トリック・オア・トリート!」があります。

記事を読む

手軽に可愛く!手作りハロウィンリースの作り方!

9月中頃くらいから、あちこちのお店でハロウィンの飾り付けがはじまり、自然とワクワクしてきますね。

記事を読む

ハロウィンのトリックオアトリートの意味とは?英語で書くと?

ハロウィンのお楽しみと言えば仮装。親子で怖くてかわいい仮装を楽しめるのが嬉しいですね。特に子

記事を読む

猫になりきるハロウィンメイク!キュートに可愛くなる方法は?

ハロウィンの季節が近づいてくると、今年はどんなハロウィンにしようか、仮装はどうしようか・・・

記事を読む

シンプルデザインのハロウィンネイル!爪先からハロウィンを!

女の子のおしゃれに欠かせないネイルは、季節の色や柄を取り入れて可愛くしたいもの。 その

記事を読む

簡単!楽しい!ハロウィンにぜひ作りたい、手作りお菓子3選!

ハロウィンシーズンになると、みんなでパーティを楽しむ方も多いのではないでしょうか。あるいは近

記事を読む

簡単手作り!可愛いハロウィン小物の作り方!

ハロウィンの時期が近づいてきて店先にハロウィングッズが沢山並んでいるのを見るとワクワクしてきませんか

記事を読む

可愛くて簡単!ハロウィン用の手作りカチューシャの作り方!

ここ数年で日本でもすっかりおなじみになったハロウィンですが、手作り衣装を作るのはちょっと大変

記事を読む

ハロウィンの起源や由来!日本にも定着したのはいつ頃から?

10月31日と言えば、ご存知ハロウィンの日。 子供同士で仮装しあって、「とりっく おあ

記事を読む

ハロウィンで海賊になりたい子供のための手作り衣装を3つ紹介!

ここ数年でハロウィンは身近なイベントとなり、様々な仮装イベントが開催されるようになりました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

2018年戌年の年賀状作成に!無料で使える素材やテンプレート7選!

年末は様々な用事が重なり、気がついたらお正月が目前…なんてこと

2018年の干支は戊戌(つちのえ・いぬ)!戌年の由来や特徴とは?

年末が近づくと年賀状を購入しなければ・・と、慌てることが増えて

赤ちゃんの初正月で飾る羽子板や破魔矢・破魔弓の意味。飾るのはいつまで?

赤ちゃんが生まれると、成長に合わせて様々な行事が行われます。

年賀状に添え書きする一言メッセージの文例!親族・友人・上司まで

年賀状はパソコンで作成したり、印刷屋さんにお願いする方がほとん

年賀状が広まった由来とは?お年玉付き年賀はがきはいつからあるの?

年末になると、忙しく毎日を過ごす方も多いかと思います。そんな中

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑