簡単にできる「栗」の茹で方と保存方法。冷凍しても大丈夫?

| 飲食 | , , ,

kuriyudekata3

の美味しい味覚と言えば、を思い出す方も多いのではないでしょうか。

焼き栗、栗ご飯、モンブラン、栗ようかん・・といろいろと料理して美味しく食べられるのが栗ですね。

その一方で、自分で調理するとなると、ちょっと面倒なイメージもあるのが栗。慣れないと栗をどう扱ってよいのか迷ってしまうという方も多いかもしれません。

でも下処理茹で方がわかれば、栗は家でも簡単に食べられるんですね。また気になる保存方法にしても、分かってしまえば簡単です。しっかりと保存が出来れば、旬の栗をたっぷり味わえますね。

ということで、今回は、美味しい栗の簡単な茹で方や保存方法をまとめましたので、栗のシーズンに備えましょう!

スポンサーリンク

栗の茹で方あれこれ

茹でる前に下処理を

栗はそのまま放置すると虫が湧いてしまいます。早ければ2・3日で表面が白くなり虫が出てしまうので、購入したり、頂いたら、すぐに下処理を行いましょう

下処理と言っても方法は簡単。半日以上栗を水につけておくだけです。

たったこれだけで、茹でた後の面倒な作業が楽になりますし、しばらくこのままで保存も可能。ですが、なるべく早めに茹でた方が、美味しい栗が食べられますよ。

kuriyudekata1

簡単!栗の茹で方

栗の茹で方は簡単です。皮ごと茹でれば、手強い渋皮もきれいに剥けますよ。

ここでは、「簡単な栗の茹で方」と、「ひと手間加えて美味しく茹でる方法」の2つの茹で方をご紹介します。

◎栗の簡単な茹で方
1.予め栗を半日以上水につけておきます。
2.栗に包丁で軽く切れ目を入れます。
3.たっぷりのお湯を沸騰させます。
4.栗を入れて、沸騰させたまま20分茹でます。

たったこれだけで、美味しい栗が茹であがります。後は皮を剥いて、美味しくいただきましょう。

◎ひと手間加えた美味しい栗の茹で方
1.水1リットルに対し、大さじ1/2の塩を溶かします(なるべく多めに)
2.栗に切れ目を入れ、塩水とともに鍋に入れて沸かします
3.沸騰したら弱火にします
4.時々栗の向きを変えながら30分から50分ほど茹でます
5.茹で上がったら火を止めます
6.粗熱が取れるまで、そのまま栗をお湯の中においておきます

この方法ですと、約3時間ほどかかりますが、栗がぐっと甘くなって美味しくなりますよ
じっくり茹でるので渋皮もむきやすいです。きれいに剥いた栗を使いたい場合におすすめです。

□茹で栗の作り方!簡単アウトドアレシピ③BBQ

途中映像が乱れますが、すごくわかりやすい栗の茹で方動画です。

栗の保存方法あれこれ

冷蔵庫で保存する方法

すぐに栗を使わないときは、冷蔵庫で保存しましょう。そのまま冷蔵庫に入れて保存でも良いのですが、以下の処理を行なってから保存するといいですね。

◎栗を冷蔵保存する方法
1.お湯を80度ほどに沸かします
2.栗を入れて1分ほど置いておきます
3.栗を取り出して水気を拭き、表面が乾くまで30分程度陰干しをします
4.穴を開けたビニール袋に入れて、冷蔵庫で保存します

保存できる期間は1週間ほどですので、短期間保存したい時にオススメですね。

スポンサーリンク

冷蔵庫に入らないぐらいある場合は

冷蔵庫が満杯、あるいはキロ単位で栗をもらって一時的に保存したい場合は、水につけておきましょう。1日1度程度水を取り替えれば、常温でも1週間ほどは風味も落ちずに保存ができます。

しかし長期保存には不向きですし、鍋などに入れておいても結局邪魔になってしまいます。緊急処置としておいて、早めに食べられる状態にしましょう。

冷凍庫で保存する方法

栗は冷凍保存が可能です。しかも一度凍らせると甘みがグッと増して、美味しくなるんです!

面倒でしたらビニール袋に入れて冷凍庫に保存でOKですが、美味しく保存するためには、もうひと手間加えましょう。

◎栗を冷凍する保存する方法
1.栗を一晩水に浸けておきます
2.水気を拭き取り、半日ほど陰干しします
3.密封容器に入れて、冷蔵庫のチルド室に置きます
4.2週間ほど経ったら、冷凍庫に移動させます

この方法ですと、半年ほど栗の保存が可能になります。

茹でるときは、冷凍のままお湯に入れて大丈夫。茹でずに使いたい場合は、冷凍のまま包丁を入れると皮が割ときれいに剥けますので、かなり便利です。

kuriyudekata2

茹でた栗の保存方法

茹でた栗の賞味期限は3日ほどです。その間ならば冷蔵庫で保存しても大丈夫。

ただし、日を追うごとに栗の味は落ちてきます。茹でたけど食べきれないのでしたら、冷凍保存するようにしましょう。

◎茹でた栗を保存する方法
1.栗を適量に茹でます
2.茹であがった栗の水気を拭き取ります
3.栗をラップで平たく包みます
4.金属トレーなどに乗せて冷凍庫で保存します

冷凍での保存期間は1ヶ月ほどです。食べるときは凍ったまま電子レンジで加熱しましょう。

下処理はしっかり行おう

栗は美味しい食べ物だからか、虫のつきやすい食べ物でもあります。

購入した時点で虫が食ってる事もあるので、茹でるときは必ず下処理を行なってから茹でるようにしましょう。うっかりそのまま茹でたり、そのまま冷蔵庫で保存すると、いざ食べる時に、虫とご対面…なんてことも。

また下処理は虫よけの効果もありますが、茹でた後に皮がむきやすくなる利点もあります

下処理も茹で方も保存も簡単ですから、旬の栗を美味しい状態でたっぷり楽しみましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

栄養抜群!ブロッコリーの効能と効果的な摂り方!レシピも紹介!

お弁当の彩りが足りない時や、夕食が全体的に茶色い時には緑の野菜が欲しくなりますね。 そ

記事を読む

そうめんの美味しい食べ方。マナーで気を付けることとは?

夏に食べる機会の増えるそうめんは、冷っとして美味しいのですが、毎日食べ続けるとさすがに飽きてしまいま

記事を読む

アイスクリームはダイエットに最適?効果の高い食べ方は?

夏になると食べたくなるのが、冷たくて甘いアイスクリーム。 しかしアイスはカロリーが高いイメージ

記事を読む

キャベツを上手に千切りする方法は?長持ちさせる保存方法も紹介!

キャベツは炒めたり煮込んだりそのまま食べたりと、毎日の食卓で活躍する野菜の一つ。 特に

記事を読む

味噌の賞味期限と最適な保存方法は?期限切れの味噌でも大丈夫?

最近では毎日の食卓に、味噌汁がのぼらない家庭も増えています。 そういった家庭の場合、お

記事を読む

おしることぜんざいの違いと作り方!関東と関西でも違うの?

あんこを使ったスイーツでは、「つぶあん」か「こしあん」かで好みがわかれると良く言われますね。

記事を読む

たこ焼きパーティ(タコパ)でおすすめの具材は?定番から変わり種まで

https://youtu.be/-vSltX5g8Eo お店を予約して楽しむ女子会もいいです

記事を読む

そら豆の簡単な茹で方は?保存方法やおすすめの食べ方も紹介!

そら豆が出まわるようになると、そろそろ夏だなと感じる方も多いかも知れません。 関東では4月~6

記事を読む

牛乳と生クリームの作り方の違いとは?代用はできるの?

ホットケーキを焼いた時、 「ホイップクリームがあれば”カフェ風”になるのに!」 と思ったこと

記事を読む

毎日飲みたい!コーン茶(とうもろこし茶)の驚くべき効能とは?

普段お水代わり良く飲まれるお茶と言えば、 緑茶やほうじ茶などが代表的ですよね。 でも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ムクゲ(木槿)/ムグンファ(無窮花)の花言葉とは?開花時期はいつ?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がまず挙がりますよね。日本の

淡く可憐なコスモスの花言葉とは?開花時期や色による違いもご紹介!

https://youtu.be/-UfAo-AEn68 秋が近

すずらんの花言葉とは?フランス語での違いと怖い裏花言葉も紹介!

春になると様々な花が咲き、私達の目を楽しませてくれます。 その中

雨の日でも自転車に!レディース向けレインコートのブランドならコレ!

毎日の通勤や買物に、自転車は無くてはならないアイテムです。

神戸開港150年記念、kobeみなとマルシェ!2017年春の日程と見どころ!

兵庫県の神戸といえば、オシャレで食べ物も美味しい港町。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑