福岡の放生会、2016年の日程や見どころ。出店の時間は?

| イベント・お祭り | , , , ,

お祭りの楽しみと言えば、どんなものを思い浮かべますでしょうか?

昔から受け継がれてきた、伝統行事?
爽快で迫力のある踊りや舞?
出店や露天であれこれ買い物をすること?

お祭りの楽しみは様々ありますが、その中でも、特に沢山の露天が立ち並び、とても賑やかなお祭りで有名なのが、福岡で毎年秋に行われる「放生会」です。

福岡の放生会は、「博多どんたく」、「博多祇園山笠」と並んで、博多三大祭りの一つに数えられますが、とても長い伝統があり、神社の行事も趣があって見どころが満載。

今回は、そんな福岡の放生会の2016年の日程や見どころ・楽しみどころを紹介します!

スポンサーリンク

福岡の筥崎宮放生会大祭とは

無駄な殺生はいけませんよ

fukuokahoujyouya1

福岡の放生会は、正式には、
「筥崎宮放生会大祭(はこざきぐう・ほうじょうや・たいさい)」
と言います。

他の地域で行われる放生会は「ほうじょうえ」と読みますが、福岡では「ほうじょうや」と読むんです。福岡の放生会の歴史は千年以上とも伝えられ、貴重な行事が現在に伝わるお祭りでもあります。

放生会とは元は仏教の行事で、無駄な殺生を戒め、大地の実りに感謝を捧げる行事のこと。池で大量の魚が死にかけていたところを、ブッダの前世に当たる人が助けてあげたことが由来とされています。

明治時代以前は、仏様も神様も一緒に祀る風習があった関係もあって、神道にもこの行事は伝わっています。その証拠に筥崎宮は「神社」ですが、他の地域では「お寺」が放生会を行うところも。

梨も柿も放生会!

福岡の放生会は、露店の規模が大きいことでも知られています。

500店以上の露店が立ち並び、その様子は「なしもかきも放生会」と言われるほどなんです。

これは秋に実る「梨や柿も」に、博多弁の「なして?(どうして?)」に引っ掛けた一種のダジャレ。「だってもヘチマもないわ!」的なニュアンスが、一番近いのかもしれませんね。

福岡放生会の2016年の日程と時間

毎年9月12日から7日間!

fukuokahoujyouya2

筥崎宮の放生会の日程は、毎年9月12日から18日までと決まっています。

2016年は、最終日の18日が日曜日という事もあって、大混雑が予想されますね。

開催日時:9月12日(月)~9月18日(日)
開催時間:午前10時ごろ~午後9時頃まで(行事によって多少時間の変動あり)

気になる出店の時間は?

神社の行事も気になりますが、それにも増して露店が気になる方も多いでしょう。神社の行事は午後9時頃には終了しますが、神社周辺の露天は夜中の12時頃まで開いているところもあります

ただし、最終日の18日は夕方ごろには店じまいをして、後片付けをはじめてしまいます。最終日に行く場合は昼間のうちでないと、露店自体がない場合もあるので気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

福岡放生会の見どころや楽しみ方

2年に1度のお神輿行列

放生会のみどころは、お神輿行列

2年に一度行われるお神輿行列は、別名「御神幸」(ごじんこう)とも呼ばれ、千年の歴史を今に伝えるもの。清道旗とよばれるおしるしを先頭に、お御輿と氏子さん達が博多の街を練り歩きます。

※ただし、2016年はお神輿行列(御神幸)の年ではありませんのでちょっと残念ですね。

お神輿行列のスケジュールは次の通りです。

◎9月12日 18時~22時 御下り(渡御)

筥崎宮を出たお神輿が、4時間近くかけて、九大病院前や箱崎小学校前を周り、頓宮に到着します。

□筥崎宮放生会 御神幸(お下り)

◎9月14日 19時~20時 御上(還御)

12日のコースを逆に周り、筥崎宮に戻ります。御下りよりもコースが短くなっています。

見どころは、最後の数百メートルになると走りだす氏子さんたち!貴重なお道具を持ったまま走る様子はとにかく必死で、見ているこちらも大盛り上がりです。

□筥崎宮放生会 御神幸(お上り)

おはじきとチャンポン

放生会で忘れてはいけないのが、祭の期間中に販売されるおはじきチャンポンです。


おはじき「博多人形」の職人の手作りで、毎年すぐに売り切れるほどの人気商品。

チャンポンは食べ物ではなく、吹いて音を鳴らす楽器の一種です。巫女さんが絵付けをしていて、こちらもかなりの人気商品となっています。入手するのは大変ですが、おみやげにいかがですか?

fukuokahoujyouya4

レトロな露店!

更に放生会といえば、露店の数々も外せません。
その特徴の一つとしては、お祭りおなじみの商品と並んで、新生姜が売られていること。元々筥崎宮周辺は生姜の栽培が盛んで、この時期に取れる新生姜を販売していた名残なんです。

その他に変わったところでは、昔の放生会では亀を放流していた名残で、亀売りの露天が多いこと。更には昭和の雰囲気たっぷりの、お化け屋敷見世物小屋なども楽しめますよ。

放生会へのアクセス

公共交通機関でのアクセス

放生会の時期の福岡は非常に混雑し、車で行くのはあまりオススメできません。交通の便も良い場所ですし、ぜひ公共交通機関を利用しましょう。

関西方面や九州各地からですと、新幹線などを利用して、福岡の博多駅に着いたら、JR鹿児島線に乗り換え、箱崎駅で下車して徒歩10分ほどで筥崎宮です。

市営地下鉄を利用する場合は、筥崎宮前駅で下車して徒歩3分ほどで到着します。

遠方の場合は、飛行機がとても便利です。福岡空港より地下鉄が運行されており博多駅が近いです。博多駅に着いたら、JRや地下鉄で、筥崎宮を目指しましょう。

昔の空気を味わって

筥崎宮の放生会は、千年以上の長い歴史が息づくとても貴重なお祭り。

露店も流行り廃りがある一方で、昭和の頃の懐かしい露店が立ち並びます。少々胡散臭くて魅力的な見世物や、チープだけどちょっと怖いお化け屋敷は居間となっては貴重なもの。

神聖なものとちょっといかがわしいものが入り混じる空気を、ぜひ福岡で味わってくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

東北の秋田竿燈まつり。2016年の日程と見どころをご紹介!

日本全国で行われるお祭りは、その土地の風土に根づき、独自の発展をとげたものも多く有ります。中

記事を読む

北野天満宮の梅花祭!2017年の開催日と見どころは?

桜の花が開くと、いよいよ春ですが、その前に咲く「梅」も、春を告げる花ですよね。現在は、お花見

記事を読む

茨城笠間の陶炎祭2017。混雑状況や駐車場情報は?

https://youtu.be/-hY77ijodg0 陶芸好きならGW中にぜひとも行ってお

記事を読む

大迫力の成田祇園祭!2016年の日程と見どころをご紹介!

「祗園祭」と言えば、京都がとても有名ですね。 実は千葉県成田市でも、同じ「祗園祭」とい

記事を読む

優雅な京都の葵祭。2017年の日程と見どころをご紹介!

京都と言えば、奈良・平安時代の伝統が今も残る、古都として有名ですね。その京都で開催される祭は

記事を読む

ディズニーハロウィン2016!仮装期間や仮装のルールは?

日本でもすっかり定着したハロウィンですが、シーズンになるとあちこちで趣向をこらした仮装が見ら

記事を読む

台湾ランタンフェスティバル2017の見どころ!開催場所や期間は?

日本から行きやすい外国の代表と言えば、台湾ではないでしょうか? 冬でも暖かく、食べ物も

記事を読む

どんど焼きの由来!いつ行われる?地域による呼び方の違いは?

■どんど焼き http://youtu.be/J8nGdPVcPxI お正月を過ぎたら「どん

記事を読む

深大寺だるま市2017!開眼の時間はいつ?混雑状況は?

江戸の昔から現代に伝わる、風習や行事は数多くあります。 その中でも春を告げる行事として

記事を読む

北海道神宮祭2017年の日程と時間!札幌まつりの愛称で親しまれている理由は?

6月から7月にかけては梅雨の時期で、賑やかなイベントは行われない印象がありますよね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ムクゲ(木槿)/ムグンファ(無窮花)の花言葉とは?開花時期はいつ?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がまず挙がりますよね。日本の

淡く可憐なコスモスの花言葉とは?開花時期や色による違いもご紹介!

https://youtu.be/-UfAo-AEn68 秋が近

すずらんの花言葉とは?フランス語での違いと怖い裏花言葉も紹介!

春になると様々な花が咲き、私達の目を楽しませてくれます。 その中

雨の日でも自転車に!レディース向けレインコートのブランドならコレ!

毎日の通勤や買物に、自転車は無くてはならないアイテムです。

神戸開港150年記念、kobeみなとマルシェ!2017年春の日程と見どころ!

兵庫県の神戸といえば、オシャレで食べ物も美味しい港町。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑