冷凍して美味しく食べよう!冷凍卵の作り方と活用レシピ!

| 飲食 | , ,

生卵・ゆで卵・溶き卵に、目玉焼きに卵焼き…。

は昔も今も人気の食材の一つですね。

その卵の食べ方で最近とっても人気を集めているのが、「冷凍卵」

「たまごが冷凍できるの?」と知らない人からするとビックリしますが、実は卵は冷凍可能で、味も生卵と変わらないどころか、生卵の時以上に美味しくなるようなんですね

そこで、覚えておくととっても便利な冷凍卵の作り方と、その活用レシピを紹介します。

スポンサーリンク

冷凍卵とはどういうもの?

黄身が濃厚もちもちに!

reitotamago1

冷凍卵とは、その名の通り卵を冷凍庫で凍らせたもの。冷凍卵の特徴は、凍らせる事で卵黄がもちもちな状態に変わる事が挙げられます。

しかも、冷凍時に水分が若干抜けるため、モチモチ感がさらにアップし、味も濃厚でクリーミーに!
解凍した白身は生卵のようにサラサラなのに、黄身は濃厚。これが冷凍卵が人気の理由なんです。

冷凍卵の保存期間は?

食べ物でよくある勘違いの一つに、冷凍しておけば半永久的に食べられる、というものがあります。でもそれは間違い。

冷凍している間にも鮮度は落ちますし、水分も抜け落ちてしまいます。

殻を割る前の生卵の、生食出来る賞味期限は、およそ1週間と言われています。冷凍卵も、生卵と同じように賞味期限は1週間前後と考えておくほうが安全でしょう。

冷凍卵の作り方と食べ方

reitotamago2

冷凍卵の作り方

それでは、冷凍たまごの作り方をご紹介します!

用意するのは、冷凍したい生卵と密封出来る保存袋だけ。

作り方もとっても簡単。密封袋に生卵を入れて、冷凍庫に1日入れるだけです。

卵を冷凍すると殻が割れることがありますが、これは黄身と白身が凍ることで膨張するためなので、特に問題ありません。もしも殻が割れることが気になるのであれば、冷凍用容器に卵を割りいれて凍らせてもOKです。

冷凍卵を食べるときは時間をおいて

出来上がった冷凍卵ですが、食べるときには必要に応じて解凍しましょう

殻付きのまま凍らせていた場合は、
・殻を取り除きます。
  ↓
・常温で1時間程度おきます。

これで解凍完了です。

夏場などの暑い季節では、雑菌の繁殖を防ぐためにも、冷蔵庫で2時間前後置く方がより安全ですね。

冷凍卵はそのままでも漬けても!

冷凍卵の食べ方ですが、基本な卵の食べ方と同じで大丈夫。

例えば、ご飯にかけて卵がけご飯にすると、濃厚な黄身のおかげでとても美味しいんですよ。

また、普通の卵と同様に目玉焼きにしてみると、黄身の濃厚さが更に際立って、いつもの目玉焼きとは違う美味しい味わいに大変身!白身が固まれば完成です。普段作る目玉焼きよりも短時間に出来ますので、朝食にもとても便利ですね。

スポンサーリンク

冷凍卵を使ったオススメレシピ

冷凍だから出来る!冷凍卵の天ぷら

一般的に卵は天ぷらにはしませんが、冷凍卵なら天ぷらも可能なんです。

◎材料
冷凍卵(殻付き)
小麦粉   少々
天ぷら粉  大さじ2~3
水     少々
揚げ油   適量

◎作り方
1.冷凍卵の殻を剥きます。
2.冷凍卵に薄く小麦粉をまぶします。
3.水で天ぷら粉を冷凍卵に絡ませます。
4.160度に熱した油に冷凍卵を入れます。
5.3分ほど卵は動かさずそのままにします。
6.卵の周囲が固まったようなら、お玉などを使ってひっくり返します。
7.2分ほどしてきつね色になったら、取り出して出来上がり。

*冷凍卵は好きな数だけ用意して下さい。できたら味付けは塩でもよいし、天つゆでも美味しいですよ。

□冷凍卵のてんぷら作ってみました!

「殻を剥くコツとして流水につける」とあるのはナイスアイデアですね!

冷凍卵の味噌漬けと醤油漬け

冷凍卵の濃厚な黄身を使用した、おかずにもお酒のおつまみにもなる1品です。

◎材料
・解凍済みの冷凍卵の黄身
・醤油   大さじ3ぐらい 
・味噌   大さじ3ぐらい

他に次のものも用意しましょう。

・密封できる保存袋
・ラップ
・輪ゴム

◎作り方
1.冷凍卵の黄身と醤油を、密封出来る袋に入れて空気をできるだけ抜きます。
2.この状態で30分ほど冷蔵庫で保存すれば、冷凍卵の醤油漬けの完成。
3.ラップに味噌を塗り、その上に冷凍卵の黄身を一つ乗せます。
4.黄身をラップで包み、輪ゴムで止めて半日以上置けば、冷凍卵の味噌漬けの完成。

□冷凍たまごの黄身の醤油づけ

アボカドに乗せても美味しいですが、冷奴とも良く合いますよ。

白身だけ余ったときは…

黄身の醤油漬けなどを作った際の余った白身は、普通の白身として使うことが可能です。味噌汁やスープの具にしても良いのですが、ここはひと手間加えてスイーツに挑戦しませんか。

簡単焼きメレンゲ

◎材料
冷凍卵の白身  余った分だけ
砂糖      冷凍卵の白身1個分に対して30gほど

他に次のものも用意しましょう。

・泡だて器
・ビニール袋
・クッキングシート
・オーブン

◎作り方
1.解凍した白身がまだ冷えている間に、泡だて器などで泡立てます。
2.ある程度泡だったら砂糖を加え、ツノが立つまで泡立てます。
3.ビニール袋に泡立てたものを入れ、ビニール袋の先端を少し切ります。
4.天板に敷いたクッキングシートに、直径1センチぐらいになるように絞り出します。
5.100度に温めたオーブンに入れ、30分ほど焼いて出来上がり。

作る際のコツは白身は常温に戻しすぎないこと、それだけです。

電動泡だて器がないと、白身を泡立てるのはとても大変ですが、そこはぜひ頑張ってみましょう。

冷凍だからこそ気をつけたいこと

reitotamago3

いかがでしたか?

冷凍した卵を解凍して食べてみると、その思わぬ美味しさにきっと感動すると思います。ただし一度解凍した卵は、当然生卵よりも賞味期限が短いもの。夏場なら尚更ですね。

冷凍卵を沢山作ってストックするのではなく、必要な数だけ冷凍しておいて、使うときはその都度解凍していただくのがいいですね。

幸い作るのも簡単な冷凍卵。必要な数だけ冷凍しておいて、毎日美味しくいただきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

毎日飲めるデトックスウォーターの作り方!人気の組み合わせは?

せっかくダイエットをするのなら、可愛くおしゃれに楽しみたいですよね。 そんな方から最近注目を集

記事を読む

ナスに含まれる栄養と効能とは?「茄子は栄養が無い」は嘘?

夏から秋にかけて美味しくなるナスは、沢山収穫出来ることもあって家庭菜園でも人気の野菜。 お漬物

記事を読む

最後まで美味しく!キムチ鍋の「しめ」に人気のおすすめメニューは?

寒い季節に食べたくなる鍋は、野菜がたっぷり取れるヘルシーメニュー。特にキムチ鍋は唐辛子のピリ

記事を読む

ズッキーニの栄養と効能!美味しい食べ方もご紹介!

ここ数年で一般的になった野菜の一つに、ズッキーニがあります。 家庭菜園でも育てやすく、夏になる

記事を読む

春野菜の種類には何があるの?健康効果やレシピもご紹介!

今は、輸送手段の発達や、農家さんたちの努力によって、一年中美味しい野菜が食べられるようになり

記事を読む

そうめんの美味しい食べ方。マナーで気を付けることとは?

夏に食べる機会の増えるそうめんは、冷っとして美味しいのですが、毎日食べ続けるとさすがに飽きてしまいま

記事を読む

簡単に出来る!夏のおもてなし料理、おすすめレシピ4選!

何かとお客様の集まることの多い夏。お盆休みになると親族全員集合!なんてこともありますよね。 人

記事を読む

青ネギ?白ネギ?「ネギ」の種類には何があるの?どう使い分ける?

https://youtu.be/P6j6iurnnTE お肌の調子良くない時には、もつ(ホル

記事を読む

アスパラガスの優れた栄養とカロリー!体に嬉しい食べ方とは?

アスパラガスは緑色が鮮やかで、お弁当に入れると華やかになりますよね。 クセが少なく甘みが強いた

記事を読む

アイスクリームはダイエットに最適?効果の高い食べ方は?

夏になると食べたくなるのが、冷たくて甘いアイスクリーム。 しかしアイスはカロリーが高いイメージ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

福島の会津まつり2017年の日程と見どころ!豪華参加ゲストも楽しみ!

日本全国で行われるお祭りには、その土地ならではの歴史が盛り込まれている

新潟上越の謙信公祭2017年の日程と最大の見どころは?

戦国時代の人物の中には、全国的に名前が知られて人気の高い人物が何人もい

深川八幡祭り2017年は本祭り!屋台や水掛けなど見どころを紹介!

東京を代表する、三大祭をご存知ですか? 神田祭・山王祭・深川祭が

盛岡さんさ踊り2017年の日程と見どころ!岩手の名前の由来は?

夏祭りといえば、盆踊りに代表されるように「踊り」のイメージがありません

男性の肌にも保湿は必要?メンズ用保湿クリームの選び方や使い方!

男性の肌の悩みで多いのが、気がついたら脂(あぶら)でテカテカに

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑