ファーストネームとラストネームの意味。順番はどっちが先?

firstlastname1

英語で外国人の方に「自分の名前を紹介しましょう」と言われたら、どう返答されますでしょうか?

例えば田中一郎さんでしたら、
「マイ ネーム イズ イチロー・タナカ」
となりますね。

日本語で名前を名乗るときは「苗字+名前」なので、苗字が先で名前が後。でも英語を始め、他の外国語ではこの順序が逆になりますよね?これって何故なんでしょう?

英語では、氏名を「ファーストネーム」「ラストネーム」と呼びますが、日本人の私達からすると、どちらが苗字?名前?と迷うこともあるかもしれません。
また外国では「ミドルネーム」という聞きなれない名前もあります。

そんな日本人にはわかりづらい、ファーストネームとラストネーム、そしてミドルネームの意味、そして書く順番などについて調べてみました。

スポンサーリンク

ファーストネームとラストネームの順番について

先の名前と最後の名前

firstlastname2

英語では、
・名前 → ファーストネーム(First Name)
・苗字 → ラストネーム(Last Name)

と言います。

例えば田中一郎さんでしたら、
 田中 → ラストネーム
 一郎 → ファーストネーム
となりますね。

日本人の感覚では、先に来るほうの苗字が、何で”ラスト”ネーム?と思いますが、英語では名前を先に言うもの。
先に名乗るからファーストネームで、苗字は後から名乗るのでラストネームとなります。

知ってほしい方を先に伝える

こればかりは言葉の文化の違いもあるので、慣れるしかありませんがこう覚えてみませんか。

外国では親しみを込めて、知り合ったばかりの人でも名前で呼ぶ習慣があります。
そのために先に苗字ではなく、まずは知ってほしいのが名前なので、名前のほうを教えてあげるのだと覚えておくと理解しやすいかも知れませんね。

英語では、呼び方だけでなく、名前を書く際でも同じく、名前を先に書くように求められます。

丁寧に「First Name」「Last Name」と書いてある場合もありますが、この時に日本式で、「ファーストネーム」の欄に苗字を書かないように気をつけましょう。

ファーストネームとラストネームの意味について

firstlastname3

「ファーストネーム」は最初に授かる名前

ファーストネームは、その名の通り「最初に来る名前」であると説明しました。

実は、ファーストネームには、生まれて初めてつけてもらえる名前、という意味があります。
そのためファーストネームという呼び方以外にも、「ギブンネーム(Given Name)」という言い方も。

またキリスト教徒の方であれば、信者である証として、「キリスト教の聖人を由来とする名前」を貰えます。洗礼名(クリスチャンネーム)というのですが、それをそのまま名前にする人もおられますね。

そのためファーストネームのことを、「クリスチャンネーム(Christian Name)」という場合もあります。

ギブンネームとクリスチャンネームも呼び方は違いますが、「名前」には変わりありません。

「ラストネーム」は家族の名前

一方のラストネームは、日本と同じく家族で持つ共通の名前となります。そのためラストネームのことを、「ファミリーネーム(Family Name)」という事もあります。

日本では、苗字を全国民が名乗るようになったのは明治以降で、それ以前は武士階級だけのものでしたが、実はヨーロッパでも似たような現象があり、昔は王侯貴族だけが苗字を名乗っていました。

では一般市民はどう苗字(ラストネーム)を表現していたかというと、
「お父さんの息子の○○」、
「職業」

などで区別していたそうです。

苗字なのにお父さんの名前?と思いそうですが、「○○ソン」の「ソン」は息子(Sun)の意味。

例えば「アンダーソン」という苗字の場合、アンダーはアンドリューあるいはアンドレという名前が由来。
アンドリューの息子だからアンダーソン、という事になりますね。

職業が名前の例でいえば「スミス」。古い言葉で大工や鍛冶などの職人(smith)を意味します。
日本でも祖先の職業が苗字の由来という人もいますし、世界的にもポピュラーなことなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

「ミドルネーム」は苗字と名前の間にあるもの

これまた日本人には馴染みが薄いものですが、外国ではミドルネームを持つ人もいます。
これはファーストネームとは別に、名前をいくつか持っている場合に名乗ります。

例えば、
・洗礼名が名前とは別にある
・両親以外にも祖父母から名前をもらった
・両親がそれぞれ名前をつけた
・先祖代々受け継いだ、偉大な祖先の名前

などをミドルネームとしてつける場合もあります。

ミドルネームは普段は省略することが多いのですが、正式な書類にはミドルネームを含めたフルネームを書くことが多いようです。

日本以外に「苗字」が先に来る国は?

firstlastname4

アジア圏は苗字が先の場合が多い

日本では「苗字+名前」と苗字が先にきますが、全世界的に見るとこれは少数派。

日本以外では、中国・台湾・韓国・北朝鮮・ベトナムなど、一部の東アジアの地域が該当します。

これらの国の共通点は、「漢字」を使う文化があること。漢字が生まれた中国で「苗字+名前」の風習があり、それが広まったと考えるのが自然ですね。

ヨーロッパにも苗字が先の文化が

使う言葉が違っても、ヨーロッパ圏の国では「名前+苗字」の順番であることがほとんど。

ですが、例外的にハンガリーは、「苗字+名前」の文化を持ちます。理由は様々ですが、祖先の一部が中央アジアから流れた遊牧民だからというのが有力ですね。

地元の流儀で

最近では、日本人が英語で自己紹介をする際に、英語の風習に合わせず「苗字+名前」で名乗る事もあるようです。

考えてみたら、外国人が日本語で名前を名乗る時は、そのまま「名前+苗字」を名乗っていますね。

英語で名前を名乗る時の順番をどうするかはその人次第かも知れませんが、「名前+苗字」の順番でも間違いではないのでで、それも良いかも知れません。

苗字と名前どちらを先にするにしても、わかりやすく相手に伝わるかが大切。外国の方と挨拶する時は、しっかり名前を伝えて仲良くなりましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

実は怖い!スマホ依存症の症状とは?原因と対策方法を紹介!

ゲーム・メール・LINE・ネット・電話など、スマホは便利で生活に欠かせないアイテムとなってい

記事を読む

山の日の祝日が制定された由来とは?いつから始まるの?

学生時代の8月はほぼ夏休みで楽しい一ヶ月ですが、社会人になると日曜日以外はお盆休みの数日のみ。人によ

記事を読む

シリコンスチーマーを使った温野菜の美味しい作り方とは?

すっかり定番の調理器具となったシリコンスチーマー。温野菜を作るのにとっても便利ですね。 しかし

記事を読む

ひんやり涼しい!アイスノンの効果と上手な使い方とは?

熱が出た時に、冷凍庫からアイスノンを出してもらった記憶はありませんか? 熱っぽい頭にアイスノン

記事を読む

長寿祝いの一覧をご紹介!お祝いするのは数え年?満年齢?

小さい頃は待ち遠しかった誕生日ですが、大人になると「年齢のことは‥」となりがち。しかし還暦のお祝いを

記事を読む

お肉を焼く時に柔らかくする方法とは?固くなる原因は何?

お祝いごとなど、何か特別な日のために、厚切りステーキ肉やブロック肉を購入したことがあるという

記事を読む

電気代を節約する方法は?エアコン編・日常家電編でご紹介!

日常生活において生活を便利にするに家電には、動かすための電気は欠かせません。 しかし電力会社か

記事を読む

松花堂弁当の由来。幕の内弁当との違いは何?

旅行や行楽のときのお弁当と言うのは、 楽しみのひとつですよね。 いろんなおかずが美しく詰

記事を読む

初めてでも大丈夫!部屋に置く観葉植物おすすめ5選!

オシャレな部屋を目指していても、どこか殺風景に感じることはありませんか? 部屋そのもの

記事を読む

病院でスマホや携帯を使用しても大丈夫?電車や飛行機では?

すっかり日常生活に溶け込んでいて、 いつも持ち歩いて利用することが多いのが、 スマートフォン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ムクゲ(木槿)/ムグンファ(無窮花)の花言葉とは?開花時期はいつ?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がまず挙がりますよね。日本の

淡く可憐なコスモスの花言葉とは?開花時期や色による違いもご紹介!

https://youtu.be/-UfAo-AEn68 秋が近

すずらんの花言葉とは?フランス語での違いと怖い裏花言葉も紹介!

春になると様々な花が咲き、私達の目を楽しませてくれます。 その中

雨の日でも自転車に!レディース向けレインコートのブランドならコレ!

毎日の通勤や買物に、自転車は無くてはならないアイテムです。

神戸開港150年記念、kobeみなとマルシェ!2017年春の日程と見どころ!

兵庫県の神戸といえば、オシャレで食べ物も美味しい港町。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑