港町神戸の花火大会、2017年の日程と穴場スポットをご紹介!

| 花火大会 | , , , ,

koubehanabi1

国情緒あふれるおしゃれな街・神戸。季節を問わず、とても人気のある観光スポットですね。

神戸はいつ行っても素敵なところですが、毎年8月に行われる花火大会も神戸らしい素敵なもので、見どころ一杯です。

神戸の港を舞台に、夜空と海両方に沢山の花火が輝きを放ち、毎年25万人以上の人で大賑わいするんですね。

そんな港町・神戸の花火大会、2017年の日程や穴場スポット、見どころなどを今回はご紹介します!

スポンサーリンク

みなとこうべ海上花火大会とは

神戸の花火大会の正式名称は、「みなとこうべ海上花火大会」
2017年で47回目となる、長い歴史のある花火大会です。

ただし、今の名称となる以前からも、神戸では花火大会がいくつか開催されていたとの記録も残っています。

みなとこうべ花火大会も、当初はポートアイランド側で打ち上げていました。その後何度か会場が変わった後に、現在の神戸港での開催へと落ち着きました。神戸を象徴する港から打ち上げられる沢山の花火は、市民の自慢でもあるんですね。

みなとこうべ海上花火大会の日時と場所は

koubehanabi3

みなとこうべ海上花火大会は、例年8月の第1・第2土曜日のいずれかに開催されます。2017年の開催日は次の日程となりますね。

開催日時:2017年8月5日(土)19時30分~20時30分ごろ
打上会場:神戸港・新港突堤~メリケンパーク沖合(南側)
 ※小雨決行・荒天の場合は中止・延期なし

花火の打ち上げ場所ですが、神戸港の海上から打ち上げられます。メリケンパーク・ハーバーランドポート・アイランド付近の沖合、というとわかりやすいかも。

海上で打ち上げられる関係もあって、多少の雨なら花火大会は行われます。中止の判断は当日の15時頃に下されるので、雨が降っていてもあきらめずに待ちましょう。

スポンサーリンク

見どころとオススメの穴場スポットは

100万ドルの夜景を従えて

「みなとこうべ海上花火大会」の最大の特徴は、海上から打ち上げられる沢山の花火の数々。その数は現在では1万発を超え、神戸の空と海上をきらびやかに彩ります。

打ち上げられた花火は海面にも反射するため、本数以上に花火が打ち上げられたと錯覚するほど。花火は神戸港全体で打ち上がるため、まるで空と海とが一体になったみたいとの感想もよく聞かれます。

海面と空、両方が輝いて素敵ですね。

この華やかな花火大会を更に引き立てるのが、「100万ドルの夜景」とも歌われる神戸の夜景。
見学場所によっては夜景とともに花火が楽しめるため、宝石箱のような美しさが楽しめますよ。

有料席で花火を見るには

みなとこうべ海上花火大会には、有料席がいくつか用意されています。

例年「新港第一突堤」に用意されていましたが、2014年より第二突堤と第四突堤に席が用意されるようになりました。詳細はまだ発表されていませんが、前売り席が「第二突堤」、当日席は「第二突堤」と「第四突堤」となりそうです。

気になる価格ですが、
・前売りが3100円
・当日券が3600円
になります。

例年6月下旬ごろからチケットぴあや各コンビニで発売開始されますので、忘れずにチェックしておきましょう!

様々な角度から楽しめる穴場スポットは

◎六甲山展望台
神戸の夜景も花火も楽しみたいのなら、六甲山から見物しませんか?見物客が押しかける海側とは逆のため、移動の混雑が比較的避けられるのもオススメの理由。

山頂の展望台からは神戸港が一望でき、夜景を従えた花火を見下ろす形で楽しめます。ただし山側から見物する穴場として知られているため、展望台そのものの混雑はある程度覚悟しましょう。

あまりの迫力に子供が泣いちゃってます!

◎ポーアイしおさい公園
ポーアイとは「ポートアイランド」の省略。

普段は近くにある大学の憩いの場として、学生達に愛されています。実は海側から見る夜景スポットとして知られていて、学生達のデートスポットでもあるんですよ。

ちょうどよく神戸ポートタワーが見える位置のため、街並みと花火が一度に楽しめます。公園という事もあってトイレなどの設備も完備。女性に嬉しい見物スポットなのが嬉しいですね。

クライマックスもこの迫力です。

◎兵庫ふ頭
撮影機材の違いもありますが、離れていても、ポーアイと同程度の迫力で楽しめます。

以前は絶好の穴場だった第二突堤ですが、有料席が設けられたために穴場ではなくなってしまいました。その第二突堤に変わる穴場スポットしておすすめしたいのが、兵庫ふ頭

神戸港の南西部にあり打ち上げ場所からは少し離れますが、その分混雑は避けられます。一つ注意して欲しいのは、普段は荷物の積み込みなどが行われている為、足元が結構汚れています。

汚れても気にならない服装で、敷物を用意するか、折りたたみ椅子を準備すると安心ですね。出来ればウエットティッシュも一緒に持って行くと、何かと便利ですよ。

様々な場所で、花火を楽しんで

有料席や穴場スポット以外にも、神戸の花火大会を楽しむ方法がいくつか有ります。クルーズ船から楽しむツアーや、ホテルの高層階で優雅に花火を楽しむツアーなども企画されています。

お財布に余裕がありゴージャスに楽しみたい場合は、選択肢の一つとして考えてみてはいかが?

多くの人が訪れて賑やかな神戸の花火大会は、様々な形で楽しめる花火大会でもあります。有料席で、穴場スポットで、ぜひ神戸の花火大会を楽しんで思い出を作ってくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

豊田おいでん祭りの花火大会。2017年の日程と穴場スポットは?

愛知県豊田市には、毎年夏の始めになると盛大に行われる花火大会があります。 見に行った人

記事を読む

流山花火大会2017年の日程や見どころ!穴場スポットのおすすめは?

夏になると全国各地で開催される花火大会は、規模も様々でどこに行こうかか迷ってしまいますよね。

記事を読む

八王子花火大会2017年の日程は?穴場のスポットもご紹介!

夏の東京では、週末ごとに花火大会が行われます。 そのため同じ日に花火大会が重なることも

記事を読む

北海道の洞爺湖ロングラン花火大会、2017年の日程と見どころ!

花火大会と言えば夏のイメージが強く、また毎年1回だけというイメージも強くありませんか? い

記事を読む

大阪天神祭の花火、2017年の日程や時間。穴場スポットは?

日本三大祭といえば、 「東京・神田祭」「京都・祇園祭」そして、 「大阪・天神祭」ですね。

記事を読む

隅田川花火大会、2017年の日程と時間。穴場スポットは?

東京の夏を彩る花火大会は様々ですが、その中でも江戸時代から続く花火大会が、 隅田川花火大会

記事を読む

伝統ある三河・岡崎の花火大会2017!穴場や見どころは?

現在は日本各地で楽しめる花火大会ですが、古く江戸時代の名残を今に残す伝統のある花火大会があり

記事を読む

茨城の土浦花火大会2017年の日程や時間。花火職人の技が見どころ!

夏と言えば花火大会ですが、大会によってその内容は様々。 大玉花火 連続打ち上げ花火

記事を読む

刈谷わんさか祭り2017花火大会の日程は?穴場スポットも紹介!

夏のお楽しみと言えば、花火大会にお祭りに盆踊り!どれもワクワクする時間を過ごせますし、大人か

記事を読む

芸術的なPL花火大会、2017年の日程や穴場をご紹介!

関西で一番の花火大会を挙げろと言われると、関西人のほとんどが、 「PL花火大会や!」 と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

鳩が平和の象徴と呼ばれている理由は?他にも平和の象徴といえば何がある?

街角で見かけることの多い鳩は、身近な存在とも言える鳥です。また

「御中」と「様」の違いとは?使い方の例もあわせて紹介!

手紙やメールをビジネスで送る際には、マナーを守って送りたいもの

ヒトカラ(ひとりカラオケ)にはメリットが沢山!おすすめの楽しみ方は?

カラオケといえば、飲み会などの2次会でよく行く場所。みんなでワ

社会人におすすめ!有料自習室とはどんなところ?利用するメリットは?

資格試験や定期テスト前には、集中して勉強をしたいですよね。

幸甚の言葉の意味とは?読み方と正しい使い方を例文を交えてご紹介します!

要件を端的に伝えるメールに慣れてしまうと、手紙を書く時に悩んで

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑