BBQ(バーベキュー)で必要な道具・便利な持ち物はコレ!

| レジャー | , , , ,

bbqdougu4

バーベキューをやってみたいけれど、道具は何を用意すればいいのか…という人も意外と多いのでは?
また実際にBBQ(バーベキュー)をやってみたところ、「これはいらなかった!」「これがあれば!」といった道具があったいう話もよく聞きます。
自宅の庭ならば足りない道具は何とかなりますが、山や海でのバーベキューで足りない道具が出てくると大変!

そこで、バーベキューで必要な道具・あると便利な持ち物についてまとめてみました。

スポンサーリンク

バーベキューで必要な道具や持ち物

焼くための道具

bbqdougu2

◎バーベキューコンロ
バーベキューですから絶対に必要なコンロ。
キャンプ場などで貸し出される場合もありますが、5,000円も出せばホームセンターで購入も可能です。
頑丈さなら鉄製が、持ち運びの軽さならステンレス製がオススメです。

◎炭
これまたバーベキューには欠かせません。
1キロ辺り500円前後で購入が可能ですし、一家族分なら1キロもあれば充分です。
「備長炭」を購入して、一味違うバーベキューを楽しむのも面白いですよ。

◎着火剤
炭に直接火を灯しても、意外と着火せずにイライラすることが。
炭に降りかける液体タイプもありますが、軽量で使いやすい固形タイプがおすすめ。

◎着火用のライター
着火剤にタバコ用のライターで火を灯そうとすると、やけどの危険があります。
幅広く利用可能な、「チャッカマン」タイプのライターを用意しておくとバーベキュー以外でも利用できます。

◎鉄板
バーベキューコンロに最初から焼き網や鉄板がついていることもありますが、もしなければ購入しましょう。
鉄板は焼きそばや野菜炒めなど、炒めものや汁気のある物を焼く時に便利です。

◎食用油
焼き網がくっつく原因は、最初に油を塗らないことです。
お肉についてくる油の塊でも代用できますが、サラダ油を持って行くと重宝します。
オリーブオイルごま油があると、味に変化も出て食べ飽き防止に役立ちます。

◎油用のハケ
焼き網に直接油を垂らしても、上手く塗れません。
クッキングペーパーでも代用できますが、ハケのほうがきれいに油を塗ることができます

◎トング
炭を追加したり摘むための、50センチ以上の長さのものが最低1本。
野菜や肉をつかむためのものと、焼いた物を取り分けするための短いものを、3本以上用意しましょう。
短いトングは数があると便利ですし、長いトングも3本ほど用意しておくとゴミ拾いの場面でも活躍します。

BBQで他に必要なもの

◎ゴミ袋
地元自治体の指定のゴミ袋を分類ごとに持って行き、その場で仕分けすると後々面倒がなくなります。
その他にも急に雨が降った時や、汚した服を入れたりと沢山あってもとにかく困りません。

◎軍手
熱くなった焼き網や、炭を扱う時の必需品です。人数分揃えましょう。

◎虫よけスプレーなどの虫除けグッズ
定番ながら蚊に絶大な効果のある「蚊取り線香」と、「虫除けスプレー」の併用がおすすめです。

◎ブルーシート
子供連れですと、その上でゴロゴロできるので6畳程度あれば便利です。大人もゴロゴロできますよ。

◎紙とアルミの使い捨て食器類
使い捨ての食器も必要です。紙製は便利ですが、使ううちにクタクタになることもあります。
汁気のあるものはアルミ製があると便利ですし、焼き網の上に乗せて温め直し用にも使えますね。

スポンサーリンク

バーベキューであると便利な道具や持ち物

あると活躍する便利な道具

◎アルミホイル
肉や野菜を包み網の上において焼く「ホイル焼き」は、しっとりとして焼肉とはまた違った味わいに。
網の上に敷いて鉄板代わりにしたり、虫の多い時は食材の上において虫よけにも使えます。

bbqdougu5

◎古新聞
コンロの下に敷いたり、汚れた焼き網を包んだりと、汚れそうなところや、汚れたものに大活躍。
肌寒い日にレジャーシートの下に敷くと、断熱材代わりにもなりますよ。

◎段ボール箱
道具を入れたり、ゴミ袋を入れて簡易ゴミ箱として利用したり、風よけに使ったりと活躍する場面は多いです。

◎油性ペン
紙コップに自分の印をつけたり、分別するゴミの種類を大きな文字で書いたりと、意外と使います。

BBQで特にオススメしたい便利な道具

◎ウエットティッシュ
アルコールが多めの除菌タイプを用意すると、手を洗うほどではないにしても雑菌予防にもなります。
片付けの時に現地で洗い物が出来ない時に、トングなどを拭いて汚れを取るのにも便利です。

bbqdougu3

◎トイレットペーパー
普通のティッシュが必要な場面も多いですが、量が調整できるのでトイレットペーパーは重宝します。
トイレ用品を食事の場に…と思うかも知れませんが、吸水性が高いのでとにかく使えます。
箱ティッシュよりも量が多くて経済的ですので、見た目にこだわらないならイチオシです。

◎カッター
パック詰めのお肉が開けられない、けれど切るものを誰も持っていない、という事がたまに有ります。
あらゆる場面で使えるので、バーベキュー以外でも常備しておくと活躍の場が広がります。

持ってきたものは持って帰ろう

バーベキュー用に開放されている場所では、最近よくバーベキューセットを捨てて帰る人がいます。
シーズン中に何度もバーベキューをしないのなら、使い捨てでもいいやとなる人もいるのかもしれません。
ですがバーベキューの鉄則は、持ってきたものは、ゴミを残さずきれいにして全て持ち帰ることですね。

コンロや焼き網は当然ですが、残った食材やゴミなども全てきちんと持ち帰るようにしましょう。
マナーではありますが、それば自然にも優しいですし、気持よくバーベキューを楽しみたいですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

潮干狩りに必要な持ち物と服装。子供の服装はどうする?

https://youtu.be/QqEne7hfKb4 春から初夏にかけての海でのお楽しみと

記事を読む

バーベキューで気をつけたい女性の服装。おすすめのコーデは?

みんなで集まってバーベキューを行うのってとても楽しいものです。でも気になるのが服装の事。

記事を読む

大阪で手ぶらで行けるバーベキュースポットをご紹介!

バーベキューでの楽しみと言えば、網で豪快に焼くお肉や野菜類が挙げられますが、一方で、下ごしら

記事を読む

海鮮バーベキューでおすすめの食材と言えば?定番と変わり種まで

天気の良い暖かい一日には、みんなで集まってバーベキューがおすすめ。 食材を持ち寄って焼くだけな

記事を読む

BBQ(バーベキュー)のおすすめ食材はコレ!定番から変わり種まで

気温が高くなると、自然とみんなで集まってバーベキューをしたくなりますよね。 海で、山で

記事を読む

ムーミン谷を再現!あけぼの子供の森公園のアクセスは?食事はできる?

小さい子供を連れての旅行は大変で、特に海外旅行は飛行機のこともあって難しい部分があります。し

記事を読む

東京で手ぶらバーベキューが楽しめるスポットをご紹介!

夏になると楽しみたいバーベキューですが、意外とそのハードルは高めです。 準備から楽しむ

記事を読む

バーベキューで気をつけたい男性の服装。コーデのポイントは?

バーベキューは男性にとってワクワクするイベントの一つ。家族や仲間と集まってワイワイと楽しみた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

すずらんの花言葉とは?フランス語での違いと怖い裏花言葉も紹介!

春になると様々な花が咲き、私達の目を楽しませてくれます。 その中

雨の日でも自転車に!レディース向けレインコートのブランドならコレ!

毎日の通勤や買物に、自転車は無くてはならないアイテムです。

神戸開港150年記念、kobeみなとマルシェ!2017年春の日程と見どころ!

兵庫県の神戸といえば、オシャレで食べ物も美味しい港町。

北海道神宮祭2017年の日程と時間!札幌まつりの愛称で親しまれている理由は?

6月から7月にかけては梅雨の時期で、賑やかなイベントは行われな

北海道の洞爺湖ロングラン花火大会、2017年の日程と見どころ!

花火大会と言えば夏のイメージが強く、また毎年1回だけというイメージ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑