とってもカワイイ!手縫いで作る簡単シュシュの作り方!

chouchou4

少し前に大流行したシュシュは、ヘアアレンジの定番アイテムとしてすっかり馴染んでますね。
日常での出番も多いことから、化粧ポーチの中に一つは入っているのではないでしょうか。

気軽に使いたいからこそ、数を揃えたいシュシュ。
実は手縫いで簡単に作れるんですよ。

可愛くて簡単だから沢山作りたい、手縫いのシュシュの作り方をご紹介します!

スポンサーリンク

簡単にできる、手縫いシュシュの作り方

生地選びのポイント

シュシュに使うを選ぶ際に、気をつけたいポイントがあります。
それは「クシュッとなりやすい、柔らかい布を選ぶこと」です。

例えば、デニム生地などの厚みがある生地は、手縫いしづらいですし、上手くクシュっとなってくれません。

また、伸縮性のある生地も少し縫いづらく、初めてシュシュを作るのにはあまり適していません。
初めてのシュシュづくりの布は、薄手で柔らかい生地が縫いやすいです。

基本のシュシュの作り方

chouchou1

まずは基本のシュシュの作り方から始めましょう。

◎用意するもの
・シュシュ用の布 (縦12センチ×横52センチ(縫い代分含む))
・ヘアゴム (20センチから25センチ)
・布と同系色の手縫い糸
・縫い針
・ゴム通し

 *ゴム通しが無い場合は、安全ピンでも代用可能です。

◎シュシュの作り方【基本】
1.布を中表で縦を半分に折ります。
2.合わせた横の部分を、上から1センチの部分で縫い合わせます。
 (この時、両端を4センチほど、縫わずに残しておくようにします)
3.布を表に返し、縫い合わせた部分が中央に来るように調整します。
4.縫った部分が表に見える形で横半分に折り、両端を合わせます。
5.合わせた両端を、上から1センチの部分で縫い合わせます。
6.ゴム通しなどを利用して、ゴムを通してしっかりと結びます。
7.ゴムを通した部分を、まつり縫いなどでしっかり縫い合わせます。
8.横の縫い目を輪の内側に動かし、ギャザーを整えたら出来上がり。

★Como fazer uma Xuxinha – Prendedor de Cabelo – Scrunchie Tutorial

こちらの動画ではミシンで縫っていますが、作り方はほぼ同じ。シュシュって外国でも人気なんですね。

シュシュの作り方のポイント

○縫い方について
手縫いでの縫い方には、「なみ縫い」「返し縫い」などがありますが、縫いやすい方法で大丈夫です。

ただし、しっかり縫わないとゴムの力でちぎれる恐れもあります。
(上にあげた「シュシュの作り方」の5の部分になります)

この部分だけは、気持ちしっかりめに縫い合わせましょう。

○長さについて
シュシュが大きいと思ったら、ゴムを短くすれば調整可能です。
もっとクシュっとさせたいなら布の幅を増やすと、ギャザーがたっぷりのシュシュになりますよ。

スポンサーリンク

簡単シュシュ・応用編

レースを加えたシュシュ

基本のシュシュにひと工夫で、レースのついた可愛いシュシュが作れます。

chouchou2

◎用意するもの
・シュシュ用の布(縦12センチ×横52センチ)
・ヘアゴム(20センチから25センチ)
・レースのリボン(縦3センチ×横52センチ)
・布と同系色の縫い糸
・縫い針
・ゴム通し

レースのリボンは、雑貨店・手芸店・ヘアアクセを販売しているお店で購入ができます。
100円ショップの、手芸コーナーやヘアアクセコーナーにもありますよ。

◎シュシュの作り方【応用】

1.布を表に置き、布の上辺とレースの上辺が合わさる形で、上1センチの部分で縫い合わせます。
 (この時両端1センチほどを、縫わないでおくようにします)
2.布を返し、中表になるように縦に半分に折ります。
3.合わせた横の部分を縫い合わせます。
 (この時レースを縫った縫い目のすぐ下を縫うようにします)
4.このあとは上にあげた「シュシュの作り方【基本】」の3以降と同じです。
  ただしレースを輪の外側に出す必要があるので、縫い目は外側に回します。

レースつきシュシュを作るコツですが、レースを縫い合わせた縫い目より下を縫うことです。
こうするとレースの縫い目が隠れますし、レースがほつれにくくなります。

★**レース付きシュシュの作り方**

こちらもミシンを使用しています。縫う順番が前後してますが、基本的には同じ作り方です。

ほとんど縫わない、レースのシュシュ

幅の広いテープタイプのレースには、中央部分に規則正しく穴が開いたものがあります。
このタイプのレースを利用して、とっても簡単なシュシュを作ってみませんか。

◎用意するもの
・中央部分に穴の空いたタイプのレース
 (縦5センチ以上 横60センチ)
・ヘアゴム(25センチ)
・レースと同系色の縫い糸
・縫い針

選ぶ「レース」ですが、下の写真のように、真ん中に穴が空いているレースが適しています。
上下部分どちらかに穴が規則正しく空いているものも、シュシュ用に使えますよ。

chouchou3

◎作り方
1.レースの両端を1センチ分重ねた上で縫い合わせて、「輪」になるようにします。
 (ほつれやすいですが、二往復ぐらい縫うとしっかり縫い合わせられます)
2.レースの穴の空いている部分に、ゴムを通して一周させます。
3.ゴムをしっかり結んで出来上がり。

中心部に穴の空いたレースで作ると、つけた時にレース感が楽しめるシュシュとなります。
一方、上下の穴が開いているレースを使うと、布で作ったシュシュに近いものに出来上がります。

シュシュでリメイク!

シュシュに使えるタイプの布はお店で購入しなくても、家にあるハギレから作ることができます。
また使い所のないスカーフハンカチなども、シュシュにリメイクする事が可能です。

特に着なくなった思い出の服は取っておくにもかさばりますし、思い切ってシュシュにしてみては?

好きな服やお店で見つけた可愛い布で、沢山シュシュを作って楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

ファーストネームとラストネームの意味。順番はどっちが先?

英語で外国人の方に「自分の名前を紹介しましょう」と言われたら、どう返答されますでしょうか?

記事を読む

日焼け止めの捨て方と正しい保存方法!去年残った日焼け止めは使えるの?

日差しが強くなると気になるのが、紫外線による日焼けのことです。 普段から日焼け対策を行

記事を読む

あなたも五月病かも?原因や症状はどんなもの?対策方法は?

4月に新しい環境になり、 慣れた頃に5月の連休で一休み。 「GW明けにがんばろう!」

記事を読む

ゆうゆう窓口では何ができるの?営業時間は何時から何時?

手紙や荷物を送る時に利用する郵便局は、生活に欠かせないものですね。 一方でコンビニのよ

記事を読む

イヤーマフの防音効果は?商品を選ぶポイントと活用法!

日々の生活の中で騒音に悩まされることってありませんか? 掃除をしたり、洗濯をしたりする時に、

記事を読む

鍋の焦げ付きを落とす方法4つ!鍋の種類による落とし方の違いは?

うっかり火力を間違えて、鍋を焦がしてしまったことはありませんか? 焦げてしまった料理も悲しいで

記事を読む

財布は何色がいい?風水から見た運気に良い財布の色とは?

長年愛用してきたお財布がくたびれてきましたので、 新しいものに買い換えようかと検討中なんですが

記事を読む

嫌なジャリッ!を防ぐ、はまぐりの簡単な砂抜き方法!保存はどうする?

潮干狩りで取れた新鮮なはまぐりは、網で焼いたり酒蒸しにするととても美味しいですよね。またお吸い物やお

記事を読む

暑い夜の熱帯夜対策!エアコンや扇風機の上手な使い方とは?

夜になっても気温の下がらない熱帯夜は、暑苦しくて眠れない事が多くありませんか? 熱帯夜の時は日

記事を読む

加湿器の効果的な置き場所は?湿度設定はどれくらい?

空気が乾燥する冬は、お肌や唇が乾燥しがちでつらい季節でもあります。また空気が乾燥すると風邪を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

仙台・光のページェント2017年の期間や点灯時間。イルミネーションの見どころは?

クリスマスシーズンを迎えると、街のあちこちでイルミネーションを

十日戎とは?西宮神社・今宮戎神社・京都ゑびす神社、三神社の祭りの見どころ!

日本のお祭りは地域によって特色が変わり、一部の地域だけで有名な

2018年戌年の年賀状作成に!無料で使える素材やテンプレート7選!

年末は様々な用事が重なり、気がついたらお正月が目前…なんてこと

2018年の干支は戊戌(つちのえ・いぬ)!戌年の由来や特徴とは?

年末が近づくと年賀状を購入しなければ・・と、慌てることが増えて

赤ちゃんの初正月で飾る羽子板や破魔矢・破魔弓の意味。飾るのはいつまで?

赤ちゃんが生まれると、成長に合わせて様々な行事が行われます。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑