高熱が出る子供の夏風邪の症状と対策。冬風邪との違いは何?

| 健康 | , , ,

natsukaze3

夏の暑い時期、子供が元気よく遊んでいたと思ったら、どこからか風邪をもらってきて体調を崩すこともよくあるんじゃないでしょうか。

さっきまで元気だったのに急に高熱が出てしまうと、子供も辛いですし大人も焦ってしまいます。
せっかくの夏休みに寝込むことになると、子供もつまらないですので、なるべく早く治してしまいたいですね。

でも夏の風邪は、冬の風邪とは違うところもあるので注意が必要です。
そんな冬風邪とは違う、子供の夏風邪の症状や、高熱の症状が出てしまった時の対処法などをまとめました。

スポンサーリンク

夏風邪の症状は?普通のかぜとの違いは?

夏風邪の主な症状

冬の風邪は、一般的にせきやくしゃみや鼻詰まりといった症状が出ます。

対して、夏の風邪は、38度以上の高熱や、腹痛・下痢の症状が強く出ることが多いのが特徴です。
熱は3日前後から1週間近く続くこともあり、夏の暑さもあり子供の体力を奪ってしまうこともあります。

natsukaze1

夏風邪と冬の風邪の違いは…

風邪は主にウイルスによって感染しますが、
冬風邪は、ライノウイルスやインフルエンザウイルスの感染が主な原因。
風邪の特効薬がないと言われているのは、ライノウイルスに1000以上もの亜種があるからなんです。

一方、子供の夏風邪の主な原因は、冬風邪とは違う別のウイルス、アデノウイルス・エンテロウイルス・コクサッキーウイルスによるもの。
これらのウイルスに感染した場合、「プール熱」「手足口病」「ヘルバンギーナ」という病気を引き起こします。

プール熱とは

プール熱の正式名称は「咽頭結膜熱」といい、アデノウイルスの感染により発症します。
プール熱と呼ばれる理由は、感染源の一つとして不特定多数が遊ぶプールの水が考えられるから。
感染力が非常に強く、一人がこの病気にかかると、友人知人などを経由して感染が広まりやすくなります。

主な症状は、38度以上の熱が5日前後続くことと、目の充血やかゆみ、喉の痛みが挙げられます。

場合によっては腹痛や下痢も現れ、喉の痛みもあることから食欲も低下してしまいます。
特効薬がないため、対症療法がメインとなりますが、通常は1週間ほどで症状が治まります。

手足口病とは

手足口病は、コクサッキーウイルス・エンテロウイルスに感染することで発症します。

その特徴は手の平や足の裏に、水ぶくれのような米粒大の湿疹が出ることです。
この湿疹が口の中に出来ると痛みを伴い、破れる時は更に痛くなるために食事が取れない子供も出るほど。

熱もでますが37度台から38度とひどくはならず、熱の出ない事もあります。
手足口病は数日で自然に治ることが多く、湿疹も1週間ほどで治まります。

ヘルバンギーナとは

ヘルバンギーナも、コクサッキーウイルスや、エンテロウイススの感染により発症する病気。

数時間前まで元気だったのに、いきなり38度以上の高熱がでたらヘルバンギーナの可能性大です。

その他に手足口病のような口の中に痛みを伴う湿疹や、喉の痛みや頭痛・吐き気を伴います。

様々な症状が強く出るので、焦らずに38度以上の高熱が出ているのであれば、まずは医師の診察を受けるようにしましょう。
適切な治療を受ければ、1週間ほどで症状は治まりますのでまずは慌てないでください。

スポンサーリンク

子供の夏風邪の予防と対策方法

うがい・手洗いは夏でも大切

夏風邪の予防で一番大切なことは、ウイルスに感染しないことです。
それには冬の風邪と同じく、「手洗い・うがい」の徹底が重要になります。

外から帰ったら石鹸で手首までしっかり洗い、流水で30秒以上洗い流しましょう。

食事前・トイレの後の手洗いも、基本ですが夏風邪予防には効果的。
おざなりに洗うのではなく、しっかり洗って手を経由して口からウイルスが入るのを防ぐようにして下さい。

手洗いについてはこちらの動画も参考にしてみて下さいね。

水分補給はしっかりと

もし夏風邪に感染してしまった場合は、子供は大量の汗をかくのでこまめな着替えが必要です。
更に汗で失った水分をしっかり取るようにしないと、脱水症状を起こしてしまう可能性もあります。

特に手足口病の場合、痛みで食事を嫌がる子供も出てきます。そんなときも脱水症状の危険が。
体に染み込みやすいスポーツドリンク経口補水液を飲ませて、脱水症状を防ぎましょう。

経口補水液はお店で購入できますが、自宅でも作れます。

こちらの記事に経口補水液の作り方も記載していますのでぜひ参考にしてみて下さい。
◆熱中症の症状と予防。水分補給の正しい方法とは?

タオルは一度きり

子供が夏風邪にかかると、つばや排泄物を経由して家族にも感染が広まる恐れがあります。
意外と盲点なのがタオル。トイレに設置しているタオルは、一人が使用したら出来れば新しいものと交換しましょう。
トイレ以外のタオルも誰かが使用したら頻繁に交換するようにすれば、タオル経由で感染が広まるのを抑えることが出来ますね。

またお風呂やトイレは感染源になりがちですので、こまめな掃除を心がけ、床などを拭いた雑巾は使い捨てにしましょう。

夏風邪?と思ったら必ず病院へ

子供に夏風邪の症状が現れたら、必ず病院へ行って診察を受けましょう

プール熱だった場合は学校に知らせる必要がありますし、治療を受けるためにも医師の診断はとても大切。
素人判断で風邪薬を飲ませて寝かせていたら、実は全く違う病気だった…なんてこともありえます。

初期症状のうちにはっきり病名が判るほうが親としても安心ですよね。
医師の指導の元で、子供が過ごしやすい環境を整えて、一日でも早く元気になれるように応援してあげましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

気になる赤ちゃんの向き癖。原因は?治し方は?

生後間もない赤ちゃんの体って とても柔らかくフワフワしていますよね。 頭蓋骨もまだ完成してお

記事を読む

秋に発症する花粉症の症状と原因とは?春の時とはどう違うの?

夏の暑さもひと段落して過ごしやすくなる秋は、行楽へと出かけたくなる季節でもあります。

記事を読む

くしゃみが止まらない原因とは?すぐに止める方法はあるの?

□猫 くしゃみ連発でグショグショ https://youtu.be/9qTPgV6cOlc

記事を読む

花粉症の症状 喉の痛みの原因と対処!のど風邪との違いは?

「喉が痛い!」 という時、真っ先に思うのは、「風邪かな?」と言うことではないでしょうか。

記事を読む

年齢のせい?五十肩(四十肩)の原因と治し方は?動かしてもいいの?

普段から健康に気を使っていても、年齢を重ねるごとに体の不調はどうしても出てしまいます。 そんな

記事を読む

目薬の差し方のコツは?正しい差し方と間違った差し方

みなさん、目薬は上手にさせますか? コンタクトを使用する方、 またパソコンを仕事で良く使って

記事を読む

ズキズキ痛い!偏頭痛(片頭痛)の対処法と予防法とは?

急に現れる痛みはとてもやっかいで、楽しいひと時や仕事中には来てほしくないものですね。

記事を読む

片目のまぶたがピクピク痙攣!原因はストレス?栄養不足?

パソコン作業をしていたり、スマホに集中していると瞼(まぶた)がピクピクすることがありませんか?

記事を読む

腹痛に効果のある食べ物とは?予防するにはどうしたらいい?

お腹が弱い人にとって、食事は時として「大丈夫だろうか」と不安になりつつ食べることも。気をつけ

記事を読む

花粉症対策にはコレ!外出時や室内や洗濯時それぞれでご紹介!

毎年春先に発生する花粉は、花粉症の方にとっては本当に嫌なものですね。 しっかり対策をとったはず

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

福島の会津まつり2017年の日程と見どころ!豪華参加ゲストも楽しみ!

日本全国で行われるお祭りには、その土地ならではの歴史が盛り込まれている

新潟上越の謙信公祭2017年の日程と最大の見どころは?

戦国時代の人物の中には、全国的に名前が知られて人気の高い人物が何人もい

深川八幡祭り2017年は本祭り!屋台や水掛けなど見どころを紹介!

東京を代表する、三大祭をご存知ですか? 神田祭・山王祭・深川祭が

盛岡さんさ踊り2017年の日程と見どころ!岩手の名前の由来は?

夏祭りといえば、盆踊りに代表されるように「踊り」のイメージがありません

男性の肌にも保湿は必要?メンズ用保湿クリームの選び方や使い方!

男性の肌の悩みで多いのが、気がついたら脂(あぶら)でテカテカに

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑