徳島の阿波踊り2016年日程と見どころ!チケットはいつから?

| イベント・お祭り | , , ,

awaodori1

毎年8月になると四国・徳島県で開催される「阿波踊り」

阿波踊りには毎年140万人以上の観客が訪れ、一度行くと、また行きたくなる、踊りに参加したくなるお祭とも言われています。有名な文句に「同じ阿呆なら踊らにゃそんそん」がありますよね。

その言葉のとおり、見て楽しく参加して楽しい阿波踊り。

2016年の阿波踊りの日程や見どころ、しっかり見るためのチケット入手方法などをまとめました。

スポンサーリンク

徳島の阿波踊りとは

徳島=阿波の盆踊り

阿波踊りはイベントの名前でもあり、踊りの名前でもあります。踊りとしての「阿波踊り」は、徳島の旧名「阿波」の名前の通り、徳島で生まれた盆踊りの事を言います。

盆踊りと言うと、輪になって踊るものを思い浮かべますよね。

ところが阿波踊りは「念仏踊り」と呼ばれる、踊りながら念仏を唱える仏教儀式が起源とされています。

そのため、輪になって踊らず、列を作って踊りながら行進をするスタイルを取ります。

awaodori2

この阿波踊りですが、いつ頃から徳島で生まれ定着したのかはっきりしていません。

一説には江戸時代に徳島城が築城された際に、徳島藩主が「完成祝いに踊れ」とお触れを出して以降とも。戦時中などに禁止された時期もありましたが、それでも阿波踊りは密かに踊り継がれていきました。

徳島市阿波おどり

現在全国各地で「阿波踊り」が踊られるようになりましたが、いずれも徳島の阿波踊りを本家とするもの。

徳島でも沢山の阿波踊りが開催されますが、その中で最大規模で行われるのが、
「徳島市阿波おどり」

一般的にイベントとしての阿波踊りと言われると、この大会の事を指すんですよ。

阿波踊りの日程・開催場所は

毎年8月12日から

awaodori3

徳島市阿波おどりは、毎年8月12日から15日までの4日間開催となっています。盆踊りを起源とする踊りなだけに、お盆の時期に合わせての開催なんですね。

2016年も同じく、8月12日(金)~8月15日(月)の開催になります。

有料のところと無料のところが

阿波踊りは、徳島駅周辺に設けられた演舞場で見ることができます。

ただし全ての会場が無料で見られるのではなく、チケットが必要な有料の会場と、無料の会場にわかれます。

チケットが必要になる有料の会場は以下となります。

・徳島市役所前演舞場
・藍場浜演舞場
・紺屋町演舞場
・南内町演舞場

無料で見学できる会場は以下となります。

・両国本町演舞場
・新町橋演舞場

その他に選抜チームが以下の会場で踊ります。こちらも入場料が必要となります。

・アスティとくしま  (前夜祭の11日、11時・15時・19時より3回公演)
・徳島市文化センター (12日~15日、13時30分・16時より2回公演)
・あわぎんホール   (12日~15日、13時30分・16時より2回公演)

スポンサーリンク

阿波踊りの見どころと楽しみ方

男踊りと女踊りを見比べる

阿波踊りには「男踊り」「女踊り」の2種類があります。

その違いは、
男踊り→ダイナミックで時にはコミカルに踊る。衣装ははっぴ姿やはんてん姿に下駄
女踊り→上品に優雅に色艶よく踊る。衣装は浴衣に編み笠をかぶり草履を履く

同じ阿波踊りでも、男踊りと女踊りとでここまで違うのかと、見ていて驚きますよ。

6分頃から女踊り、11分すぎから少し見づらいですが男踊りがみられます。

「連」ごとの踊りを見比べる

阿波踊りを踊る集団の事を「連」といい、阿波踊りの期間中はそれぞれの連が踊りを競い合います。

この「連」ですが、いわば徳島県民にとってのアイドルみたいなもの。ひいきにしている「連」があるほどです。

阿波踊りの踊り方もよく見てみると連ごとに違いがあり、確かにひいきができるのも判る気がします。

踊りを習ってみる

阿波踊りは「踊らにゃそんそん」と言われている通り、実際に飛び入りで参加できる場所が設けられています。

「おどり広場」というところに行けば、観光客向けに阿波踊りを教えて貰えます。ここでは飛び入り参加もOKなので、踊りを覚えたらぜひ参加しましょう。

「おどり広場」は徳島駅近くの以下の4箇所です。

・元町おどり広場
・新町広場
・両国広場
・両国橋南おどり広場

にわか連に参加してみる

本格的に踊りたくなったら、当日参加できる「にわか連」に参加する方法もあります。
まつり期間中、以下の場所で受付を行なっています。

・徳島市役所前市民広場
・元町おどり広場

18時30分~と、20時30分~に受付開始ですので、時間に遅れない事。

服装は自由ですが、先着250人にレンタルでハッピが借りれますので、盛り上がるためにもぜひ借りましょう。

ぎこちないですが、みんな踊る阿呆を楽しんでますね!

尚、各会場や広場などのMAPはこちらが詳しいですよ。
http://awaodori-zanmai.com/miru/map.html

チケットの購入方法は

例年7月1日から発売

阿波踊りを座って見物したいのなら、有料演舞場のチケットを購入する必要があります。

S指定席(2,000円)
A指定席(1,800円)
B指定席(1,600円)
C自由席(900円)

1部(18:00~20:00)、2部(20:30~22:30)用意されています。

参考までに、座席の進行方向は、
踊り連入り口→C自由席→B指定席→S指定席→A指定席→出口
となっています。

当日券(200円アップ)も用意されてはいますが、枚数が少なくすぐに売り切れてしまうことも。確実に座りたいのなら、有料演舞場の前売り券を発売当日に購入するようにしましょう!

前売りの発売日は例年7月1日です。
時間は午前10時から。

2016年の7月1日は金曜日ですね。

チケットぴあ・ローソンチケット・イープラスで発売されます。

ネットからの購入も、電話での購入も、提携しているコンビニでの店頭予約も可能です。使い慣れた方法で、ぜひ発売当日に予約してくださいね。

awaodori4

楽しい阿波踊り!

この時期の徳島は阿波踊り一色となり、会場以外でも踊っている人、見物する人であふれます。

踊りを見に行ったはずなのに、気がついたら踊りに参加していた…

なんてこともよくあること。

せっかく飛び入り参加も出来る事ですし、ぜひ踊りを覚えて参加してみませんか?

それこそ「踊らにゃそんそん」です。

見て踊って楽しい阿波踊りを実感してくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

鉄道の日2016!どんなイベントがあるの?記念切符とは?

鉄道と言えば、今では年齢・性別を問わず幅広い方が楽しむ趣味になりましたね。 鉄道の趣味もいろい

記事を読む

札幌オータムフェスト2016!おすすめの会場とイベントは?

北海道をイメージするものは?と聞かれると、何を思い浮かべますか? 広大な自然ですか? それと

記事を読む

名古屋熱田神宮の熱田祭り!2017年の日程と花火の時間は?

梅雨入りの頃ともなると、どうしても外に出たくなくなりますよね。 そんな梅雨の時期に行わ

記事を読む

堺まつり2016年の日程と見どころ!ディズニーも参加するの?

通常、ディズニーキャラクターたちは、ディズニーリゾートでないと出会うことはないでしょう。 しか

記事を読む

夏を先取り!横浜開港祭の花火2017!日程や時間は?

花火大会と言えば夏の風物詩。浴衣を着て夏空を彩る花火を見るのが定番ではないでしょうか。

記事を読む

福岡の放生会、2016年の日程や見どころ。出店の時間は?

お祭りの楽しみと言えば、どんなものを思い浮かべますでしょうか? 昔から受け継がれてきた、伝統行

記事を読む

館林こいのぼりの里まつり2017!駐車場はあるの?

男の子のいる家庭では、5月の端午の節句にこいのぼりを飾りたいと考えていませんか?しかし準備や

記事を読む

豊橋祇園祭2016の日程や見どころ。花火大会の穴場スポットは?

花火のきれいな祇園祭があることをご存知でしょうか? 祇園祭と言えば京都を代表するお祭り

記事を読む

USJハロウィン2016!期間やルールは?昼も仮装で大熱狂!

10月になるとあちこちで開催されるハロウィンイベントは、普段は出来ない仮装を楽しめる貴重なイ

記事を読む

仙台七夕祭り2016年の日程。豪華な笹飾りなど見どころ沢山!

七夕と言えば、一般的には7月に行われる行事。ですが、一部の地域では8月に行われる所もあります

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

雨の日でも自転車に!レディース向けレインコートのブランドならコレ!

毎日の通勤や買物に、自転車は無くてはならないアイテムです。

神戸開港150年記念、kobeみなとマルシェ!2017年春の日程と見どころ!

兵庫県の神戸といえば、オシャレで食べ物も美味しい港町。

北海道神宮祭2017年の日程と時間!札幌まつりの愛称で親しまれている理由は?

6月から7月にかけては梅雨の時期で、賑やかなイベントは行われな

北海道の洞爺湖ロングラン花火大会、2017年の日程と見どころ!

花火大会と言えば夏のイメージが強く、また毎年1回だけというイメージ

紫外線で使われるUVAとUVBの違いとは?どっちの対策が大事?

日差しが強くなる夏に向けて、紫外線対策をと考える人は多いかと思

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑