意外と簡単!竹で作る流しそうめんの作り方!用意するものは?

| 生活・ライフスタイル | , ,

□竹を使って、流しそうめんを楽しむ方法!

夏になると恋しくなるのが、ツルッとのどごしの良いそうめん
茹でて皿に盛りつけて食べるのも良いですが、「流しそうめん」に憧れませんか?

実はお店に行かなくても、材料さえ揃えれば、家でも「流しそうめん」ができるんですよ!

本格的に竹を使うのに、意外と簡単にできるもの。
今回は、その竹を使った流しそうめんの作り方や、流しそうめんを楽しむポイントについてご紹介します!

スポンサーリンク

流しそうめん台を作るために用意するもの

まずは竹を用意しよう

nagashisoumen1

まずは竹筒を用意しましょう。
他にも以下のものが必要です。

○竹、雨どいなどの「そうめんを流せる筒」
(直径15センチ前後のものを4~5mほど)
○なた
○金槌
○ノミや小刀などの竹を削るもの
○角材などの木の端材
○紙やすり
○細い竹
(70センチぐらいの長さのものを9本から12本ほど)
○麻ひもなどの丈夫なヒモ

は、直径15センチぐらいを目安とします。両手で握って手が届く太さぐらいと覚えておくと便利です。
伐採可能な竹があれば許可を取った上で切り出しますが、ホームセンターでも販売しています。
伐採する際は2~3年物を伐採すると、乾燥時の反りを防ぐことができます。
長さは4~5メートルもあれば充分です。ご家庭の環境にあわせて選びましょう。

竹が入手出来ない場合は、ホームセンターで販売している「雨どい」でも代用が可能です。
最近では見た目のそっくりなプラスチック竹も販売されており、丁度よく半分に切れているタイプもあります。

なた金槌・のみなどの工具は、竹を割る際に使用します。
既に割ってある竹や、雨どいなどを利用する際は必要ありません。

細い竹とヒモは、そうめんを流す竹を支える台となります。
ご家庭にある椅子や台・脚立などが利用出来るのなら必要ありません。

スポンサーリンク

簡単流しそうめん台の作り方

竹を割ろう

まずは竹の加工から始めましょう。
既に処理してある竹を使う場合や、雨どいなどを利用する場合はこの作業は必要ありません。

1.竹の中心ににナタを当てる
2.金槌でナタを叩き、竹になたを入れていく。
3.ナタで竹をある程度割ったら、隙間に角材などを挟んでスペースを確保しながら一気に割る。

この時点で気をつけることは、ある程度割っていくと、竹が一気に割れるようになるので驚かないこと。
「竹を真っ二つに割ったような」ということわざがありますが、驚くほどきれいに割れます。
竹を割るのは真ん中でも良いのですが、切った後の比率が6:4ぐらいになる方が水がこぼれにくくなります。

こちらの動画でも途中から一気に竹が割れていきますね。
この中ではサンダル履きで作業されてますが、安全の為に、軍手をはめ靴を履いて作業を行いましょう。

□流しそうめん用の竹の割り方

割ったら節を取ろう

次に、竹の中に残る節を取り除きます
これは金槌で思い切り節の部分を叩くと、簡単に割れて取り除く事ができます。

ただし端に節が残ってるとそうめんがひっかかるので、小刀ノミなどで削りとってしまいましょう。
最後に割った断面や節に紙やすりをかけると、ささくれが手にささる不安がなくなります。

節を取った後は食器洗い用洗剤できれいに洗い、天日で半日ほど乾燥させます。
特に伐採してすぐの竹は、水分を多く含んでいます。できるだけ乾燥させておきましょう。

竹を置く台を作ろう

流しそうめんは、ある程度の傾斜がないと流れて行きません。
脚立に竹をくくりつけるなど方法はいろいろ有りますが、細い竹で竹を置く台を作ってみましょう。
雨どいやプラスチック竹でも使えますので、ぜひ活用してみてください。

1.70センチぐらいに切った細い竹を、9本または12本用意する。
2.3本ごとに上から10センチぐらいのところで、麻ひもでしばりまとめる。
3.1セットごとにしばる位置は、下に少しずらしておく。
4.束ねた竹を広げ、三脚のようにする。
5.竹を乗せて一度水を流し、緩やかに傾斜がつくように調整して出来上がり。

基本はそうめん台の両端+真ん中ですが、長さによってはもう1セット追加して安定させましょう。

流しそうめんを楽しむポイント

nagashisoumen2

流しそうめん台ができたら、あとはそうめんを用意するだけ。
ですがその前に、流しそうめんを楽しむためのポイントをまとめてみますね。

○使うそうめんはなるべく長い物を用意する。
○流しやすく取りやすくするためにも、そうめんは一口サイズにまとめておく。
○子供が参加する流しそうめんの時は、カラーそうめんを用意する。
○流しそうめんの出口にはバケツ+カゴなどを置き、落ちたそうめんを回収できるようにする。
○流した水は垂れ流さずにバケツなどに貯めておき、食べ終えたら下水に流して捨てる。

*カラーそうめんは、色付きのものが束になって販売されています。
沢山流すと子供も大人も盛り上がりますよ。

流しそうめんを楽しんだ後は…

流しそうめんを楽しんだあとは、竹を天日で乾燥させます
こうすることでカビの発生を防ぎ、何度でも流しそうめんを楽しむことができます。

カビが生えてしまった場合は、残念ですがその竹は衛生面でも使わないほうが良いです。
そうならないために、次の年に使う場合も必ず乾燥させるようにしましょう。

みんなで集まってそうめんパーティ!

長い竹が入手できれば、意外と簡単に流しそうめん台は作れます。

夏休みにお父さんとお子さんとで頑張って作ってみると、良い思い出づくりになるのでは?
作った後は流しそうめんを味わいましょう!出来ればお友達を誘うと盛り上がりますよ。

流したそうめんは必ず拾えるようにすれば、もったいない事になりませんし食育にも繋がります。
ぜひみんなで流しそうめんパーティを開いて、暑い夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

今年は必見!2016年のスーパームーンはいつ?願い事すれば叶う?

https://youtu.be/Zn1018JP3xg 夜空を明るく照らす満月は、見ていて美

記事を読む

床屋と美容室の違い!どう使い分ける?

床屋さんと美容室、どちらも「髪を扱う」ところですよね。 でも、どこが違うかわかりますか?

記事を読む

型紙で簡単に出来る!パフスリーブの作り方をご紹介!

子供服で可愛いドレスに欠かせないのが、ふんわりとしたちょうちん袖。お遊戯会や発表会・ハロウィ

記事を読む

安全で正しい油の捨て方とは?アロマキャンドルも効果的!

ホームパーティーやお誕生日会などで、 沢山揚げ物をした後に困るのが油の処理ですね。 揚げ

記事を読む

面白い?知的?文化祭で使えるスローガンの例あれこれ!

学校行事の中でクラスが一丸となるものといえば、文化祭は外せませんね。ギリギリまで学校に残って

記事を読む

簡単手作り♪可愛いイースターエッグの作り方をご紹介!

最近では、日本でも少しづつですが、 ポピュラーになってきたイースター。 かわいい小物を扱

記事を読む

北海道には梅雨が無いって本当?蝦夷梅雨の時期はいつ?

ジメジメと雨が降る梅雨は、洗濯物が乾かない・カビが生えるなど厄介な季節です。毎日続くジメッとした天候

記事を読む

手作りで可愛いお守りを!オルゴナイトの簡単な作り方!

なんだか上手く行かなかったり、気分が乗らないことが続くと気分転換を図りたくなりますね。

記事を読む

子供用甚平の作り方。簡単に手作りで出来る方法をご紹介!

子供はとっても汗っかき。 気がついたらパジャマが汗でじっとり… なんてこと、よくありますよね。

記事を読む

可愛く美味しく美しく!お弁当の上手な詰め方とコツをご紹介!

毎日のお弁当作りは大変ですが、慣れてくるとワンランク上を目指したくなりますね。 キャラ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

男性の肌にも保湿は必要?メンズ用保湿クリームの選び方や使い方!

男性の肌の悩みで多いのが、気がついたら脂(あぶら)でテカテカに

メンズも香水が必要?男性香水の選び方と付け方を紹介します!

最近では男性も、嗜み(たしなみ)としてつける方が増えてきた香水。仕

コスメパーマは他のパーマとどう違う?メンズにも出来るパーマなの?

癖のある髪の毛をストレートにしたり、あるいは思い通りの癖付けが

コールドパーマとデジタルパーマの違い!髪質やヘアスタイルから選ぶならどっち?

イメチェンをしたいときにまず考えるのは、ヘアスタイルを変えるこ

サビオ?絆創膏?それともバンドエイド?地方によって違う呼び方!

怪我した時に張るガーゼ付きテープの事を、あなたはなんと呼んでい

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑