湖面に咲く大輪の花!琵琶湖花火大会、2017年の日程や穴場は?

| 花火大会 | , , ,

biwakohanabi2

本で一番大きい湖と言えば、ご存知「琵琶湖」ですね。滋賀県にある琵琶湖は、知らないで見るとまるで海のようにとても大きい湖です。

その琵琶湖の玄関口にある大津市で、毎年夏に行われるのが琵琶湖花火大会

湖で打ちあがる花火は、湖面に映し出される花火はまるで大輪の花のようなんです。

日本一の湖で行われる琵琶湖花火大会について、
・びわ湖大花火大会とは
・びわ湖花火大会の2017年の日程と時間、場所
・見どころとおすすめ穴場スポット

をまとめてみました。

スポンサーリンク

びわ湖大花火大会とは

きっかけは「琵琶湖」

琵琶湖花火大会の正式名称は、「2017びわ湖大花火大会」といいます。

”2017~”と最初に年度が入るんですね。毎年30万人以上の来客が見込まれる大規模な花火大会です。

びわ湖花火大会の開催のきっかけとなったのは、実は琵琶湖。1984年に開催された「世界湖沼会議」がきっかけとなり、花火大会が開催されるようになりました。

それまでも観光協会が主催していた花火大会はあったのですが、これに滋賀県や大津市も加わりパワーアップ。年々規模も大きくなり、花火を目当てに観光客が訪れるイベントへと変わっていきました。

biwakohanabi1

びわ湖花火大会の日程と時間、場所は

毎年8月8日に…

琵琶湖花火大会の開催日時は次の通りです。

開催日時:2017年8月8日(火)19時30分~20時30分ごろ
打ち上げ場所:大津市・大津港一帯
※雨天の場合は8月11日(金・祝)に延期

例年8月8日に開催されるのですが、この日が土日に当たる場合は直前の金曜日に変更されます

一昨年の2015年は8月8日が土曜日であったため、前日の7日に開催されました。

今年は8月8日は火曜日ですので、従来通り8日に開催される予定です。

スポンサーリンク

見どころとオススメ穴場スポット

湖ならではの水中スターマイン!

琵琶湖花火大会の特色は、日本一の琵琶湖から打ち出される花火の数々。一万発もの花火が、夜空と湖面を彩ります。

特に注目してほしいのが、スターマイン。連続で打ちあがる花火のことですね。

色とりどりの花火が連続して打ちあがるため、通常でも美しく迫力あるスターマイン。ここのスターマインは水上から打ち上がるため、扇状に広がって湖面と地上で一つの花のよう!

更にすごいのが、花火の筒を斜めにセッティングして打ち上げるワイドスターマイン

花火が斜めに飛ぶ様子は、日本一の琵琶湖ならではの光景です!

□琵琶湖 びわ湖大花火大会 水中スターマイン 水上

*クライマックスの花火はとにかくスゴイ!の一言です。

絶景が望める有料席

びわ湖花火大会には有料指定席があり、前売り券はすぐに売り切れるほどの人気を集めています。

大津港のとても見やすい場所に席が設けられているため、大迫力の花火が楽しめます。

料金は、前売りで3,900円、当日販売がある場合は4,400円。高いと思うかもしれませんが、琵琶湖が一望できる場所のため、とてもきれいに花火が見られるんですよ。

穴場スポットはここ!

間近で楽しめる有料席には多少劣りますが、それでも迫力ある花火が楽しめる穴場はいくつか存在します。

有料席が確保できなかった場合や、混雑を避けたい場合はこちらをお勧めします。

◎びわ湖競艇場

びわ湖競艇場は普段はボートレースが開催されており入場料が必要ですが、花火大会の日は無料で入場出来るんですね。大津港からも近くスタンドの椅子席で花火が楽しめるとあって、穴場の中でも人気で比較的混雑します。

◎陸上自衛隊大津駐屯地

例年へリポートやグラウンドを無料開放しており、花火見物が可能となっています。少し離れているため湖面を望むのは難しいですが、それでもしっかりと打ち上げ花火は見ることが可能。ただし災害や事故などが発生した場合、無料開放が中止される場合もあるので確認が必要です。

◎皇子が丘公園

打ち上げ場所から少し離れますが、皇子が丘公園は小高い丘のある公園のため、琵琶湖が望めるスポットがあります。場所によっては見づらいので、琵琶湖方面が見やすい場所を確保する必要があります。

◎矢橋帰帆島(やばせきはんとう)

大津港の対岸に位置する人工島です。大津市ではなく対岸の草津市にあるため、混雑がかなり避けられます。最寄駅から少し離れていますが、無料駐車場もあるため車で行ける人にはお勧めのスポットですね。

*音量が左側にかたよっていますが、この動画の仕様です。

◎比叡山山頂

車がある人にお勧めのスポットです。比叡山ドライブウエイの有料道路を通るため通行料が必要となりますが、その分混雑は少なめです。

比叡山ドライブウエイでは、「夢見が丘駐車場」も穴場として知られていますが、結構混雑しますし、2014年以降は追加料金も必要になりましたのであまりオススメできません。

比叡山山頂までは、普通車で1670円と少し高くはなりますが、山頂から見下ろす形で花火が楽しめ、距離は離れているものの水面に反射した花火がとてもきれいに見えますよ。

出来れば湖が見えるポイントで!

琵琶湖花火大会は、琵琶湖の大きさを活かした花火大会です。

普通なら打ちあがった花火が見られればそれでよいですが、ここの花火大会は湖面も魅力の一つ。

出来るだけ湖面が見えるポイントから、花火見物を楽しむことを強くおすすめしますね。

日本一の湖に反射した花火は本当に美しく、琵琶湖花火大会以外では絶対に見られないもの。一度見たら忘れられない光景ですので、ぜひ湖が見えるポイントから楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

天の川を彩る!仙台七夕花火祭、2017年の日程や穴場は?

東北の短い夏を堪能出来る祭といえば、仙台七夕まつりが有名ですね。 その仙台七夕まつり開

記事を読む

伝統ある三河・岡崎の花火大会2017!穴場や見どころは?

現在は日本各地で楽しめる花火大会ですが、古く江戸時代の名残を今に残す伝統のある花火大会があり

記事を読む

北海道の洞爺湖ロングラン花火大会、2017年の日程と見どころ!

花火大会と言えば夏のイメージが強く、また毎年1回だけというイメージも強くありませんか? い

記事を読む

長岡花火大会2017年の日程!おすすめの見学スポットは?

夏になると全国各地で花火大会が開催され、多くの人が花火見物に訪れます。 その中でも「日

記事を読む

大阪天神祭の花火、2017年の日程や時間。穴場スポットは?

日本三大祭といえば、 「東京・神田祭」「京都・祇園祭」そして、 「大阪・天神祭」ですね。

記事を読む

隅田川花火大会、2017年の日程と時間。穴場スポットは?

東京の夏を彩る花火大会は様々ですが、その中でも江戸時代から続く花火大会が、 隅田川花火大会

記事を読む

柏崎花火大会、2017年の日程!穴場の見学スポットは?

全国各地で開催される花火大会は、地域や場所ごとに特徴があってどれも楽しいものばかり。特に打ち

記事を読む

一味違う!長野えびす講煙火大会2016。穴場の見学スポットは?

最近では冬に花火大会が行われることもありますが、昔は花火大会と言えば夏のものでした。 現在でも

記事を読む

豊田おいでん祭りの花火大会。2017年の日程と穴場スポットは?

愛知県豊田市には、毎年夏の始めになると盛大に行われる花火大会があります。 見に行った人

記事を読む

多摩川の花火大会2017年の日程は?おすすめの穴場もご紹介!

川沿いの土手にシートを敷き、川から打ち上げられる花火を見て美しさに歓声が上がる…。 こ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

簡単!楽しい!ハロウィンにぜひ作りたい、手作りお菓子3選!

ハロウィンシーズンになると、みんなでパーティを楽しむ方も多いの

猫になりきるハロウィンメイク!キュートに可愛くなる方法は?

ハロウィンの季節が近づいてくると、今年はどんなハロウィンにしよ

ディズニーの誕生日プレゼントには何があるの?おすすめの特典は?

特別な日である誕生日には、特別な場所で過ごしたいもの。そんな特

赤ちゃんのディズニーデビューはいつから?楽しみ方や注意点は?

赤ちゃんの頃から様々な体験をさせてあげる事は、成長していくためにはとて

赤ちゃんはいつから新幹線に乗れるの?席の料金が無料になる条件は?

お盆や年末年始の帰省には、渋滞のない新幹線が便利です。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑