青森ねぶた祭り2016年の日程と見どころ!参加方法は?

| イベント・お祭り | , ,

aomorinebuta1

近は温暖化気候の影響もあり、7月から9月半ばまで熱い日々が続く地域も多いかと思います。その一方で東北の夏は短く、8月半ばのお盆をすぎればもう秋風を感じるほど。

その短い夏を全身で体験出来る熱い祭が、
「青森ねぶた祭」なんです。

ド迫力の「ねぶた」と、威勢の良い「ハネト」の掛け声は、短い青森の夏そのもの!

そんな青森ねぶた祭りについて、
・青森ねぶた祭りとは?
・2016年の青森ねぶた祭の日程とスケジュール
・見どころ・楽しみ方
・アクセス情報

についてまとめてみました。

スポンサーリンク

青森ねぶた祭りとは

東北を代表する祭

aomorinebuta4

青森ねぶた祭は、青森県青森市で毎年8月に開催されるお祭りです。

その特長は、
・中に灯りを灯した巨大な「ねぶた」
・「ハネト」と呼ばれる参加者の威勢の良さ

期間中の参加者・見物客は300万人を超えるとも言われ、その人出にも圧倒されます。

七夕?それとも坂上田村麻呂?

青森市だけでなく、東北一体で広く開催されている「ねぶた」ですが、その起源には諸説あります。

一つは平安時代の征夷大将軍・坂上田村麻呂に由来するという説。東北一帯を支配していた「蝦夷」を討伐する際に、戦場を灯籠で照らし笛や太鼓をはやし立てた、というもの。ただしこれは伝説の類で、実際のところはこのような史実はないようです。

もう一つは、七夕の行事から始まったという説です。

七夕の行事とお盆の「迎え火」「送り火」が合わさり、更に変化してねぶたになったのだそうです。8月という開催時期も、これなら納得ですね。

ね(ぶ)た?ね(ぷ)た?

青森市の祭は「ね()た」まつり

ですが、同じ青森でも弘前市など別の市で行われる祭には「ね()た」まつりと呼ぶところもあります。ブタさんの”ぶ”ではなくて、プーさんの”ぷ”という違いですね。

同時期に行われるため間違えやすいのですが、青森市で行われるのは「ね(ぶ)たまつり」です。その違いは「ねぶた・ねぷた」の形状にあると言われますが、実際のところは名前が違うだけ、とのことです。

青森ねぶた祭の日程とスケジュールは?

aomorinebuta3

8月2日から6日間!

青森ねぶたまつりは毎年8月2日から7日までの6日間開催されます。
2016年は8月2日(火)~7日(日)になりますね。

ただ8月1日には前夜祭が開催されるため、実質的には7日間とも言えます。

多少の雨でもねぶたにビニールを掛けて開催するので、雨具などを用意した上で見に行きましょう。

詳しいスケジュールは以下の通りとなります。

8月1日:18時~21時頃  前夜祭(青い海公園)
8月2日:19時10分~21時 子どもねぶた・大型ねぶたの運行
8月3日:19時10分~21時 子どもねぶた・大型ねぶたの運行
8月4日:19時10分~21時 大型ねぶたの運行
8月5日:19時10分~21時 大型ねぶたの運行
8月6日:19時10分~21時 大型ねぶたの運行・ねぶた大賞他各賞の発表
8月7日:13時~15時 大型ねぶたの運行
   :19時15分~21時頃 青森花火大会・ねぶた海上運行(青森港)

スポンサーリンク

見どころ・楽しみ方

大迫力の「ねぶた」

青森ねぶた祭は、「ねぶた」を抜きにしては語れません!

高さ約5メートルにもなるねぶたは、「ねぶた師」と呼ばれる職人の手作りなんです。手がけるねぶた師によって特長がはっきりと出るので、じっくり見比べてみるのも面白いですよ。

□青森ねぶた祭り2015/8/5

激しく動くので、見物の際は気をつけて下さいね。

以前はねぶたが一台づつ、スタート地点からゴール地点まで練り歩く方式で、祭は行われていました。その後様々な見直しがされ、現在はコース各地にねぶたを配置して一斉に回る方式に。

花火の合図で練り歩き、花火の合図で一斉に終了します。終わる時は意外とあっけないのも特長ですね。

「ハネト」になろう!

ねぶたとともに欠かせないのが、「ハネト」と呼ばれる踊り子です。

ねぶたの周りを「ラッセラー!」の勇ましい掛け声と友に飛び跳ね、祭を更に盛り上げます。

□青森ねぶたハネト体験1(ワ・ラッセ)

こちらは、ねぶた祭の映像ではありませんが、こういう衣装で激しく飛び跳ねます

実はこのハネト、公認衣装を着用していれば誰でも参加が可能。青森市内のデパートで10000円ほどで販売されていますし、レンタルも4000円ほどです。

この衣装さえあれば、事前登録や受付なども無しに、飛び入りでハネトとして参加が可能なんです。ただし中には参加を受け付けない団体もあるようなのでご注意下さい。

ハネトの参加方法については、こちらの公式サイトを参考にしてみて下さいね。

ハネトの参加方法・ルール

一つ気をつけて欲しいのは、ハネトの動きはとても激しいもの。準備運動をしっかり行い、ケガをしないよう気をつけて参加するようにしましょう!

青森ねぶた祭りへのアクセス

ねぶた祭の期間は、青森市内は車での移動はとてもむずかしくなります。近隣から見に行く場合でも、なるべく公共交通機関を利用しましょう。

公共交通機関でのアクセス

青森へは新幹線か飛行機の利用が便利です。

飛行機でいくのなら、青森空港が最寄りの空港となります。空港からは飛行機の到着時間にあわせて、青森市行きのバスが運行されていますのでそちらを利用しましょう。

鉄道を利用する場合は、東京方面から東北新幹線(はやぶさ)で新青森駅を目指しましょう。新青森駅からは奥羽本線に乗り換えて、青森駅を目指します。

青森駅を降りれば、そこはもうねぶたの世界ですよ!

潔く終わる美しさを

現在のねぶた祭は花火の合図で始まり、花火の合図で終了するようになりました。最高潮に盛り上がったところで終了しそのまま解散となるため、以前の方が良かったという地元の人もおられるようです。

ですが、サッ!と終了させるのは、どこか短い青森の夏のようで美しいようにも思いますね。

熱く盛り上がり時には騒乱もありつつ、身を引くように花火の合図で終了する青森ねぶた。一瞬一瞬が見逃せない暑い夏を、ぜひ青森で体験してみてはいかがですか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

京都五山の送り火、2016年の開催場所や鑑賞スポットをご紹介!

京都には独特のお祭りや風習があり、その一つ一つに京都らしさが溢れています。 その中でも

記事を読む

「高松冬のまつり」2016年の開催日と見どころ!テーマは何?

http://youtu.be/H3ISdu2x2vc 香川県高松市で毎年クリスマスシーズンの

記事を読む

長浜曳山まつり、2017年の開催スケジュールと見どころを紹介!

全国各地で開催されているお祭りでは、ハレの日の美しい装飾品が数多く使われています。また豪華絢

記事を読む

北野天満宮の梅花祭!2017年の開催日と見どころは?

桜の花が開くと、いよいよ春ですが、その前に咲く「梅」も、春を告げる花ですよね。現在は、お花見

記事を読む

飛騨・古川祭りの起し太鼓!2017年の日程と見どころは?

お祭りを大きく分けると、 ・荒々しいお祭り ・きらびやかなお祭り の2つに分かれると思いません

記事を読む

感動的な祭!おわら風の盆2016年の開催日程と見どころ!

日本のお祭りは勇ましいものが多く、また盆踊りなどの行事も賑やかなものが多い印象があります。 し

記事を読む

若草山の山焼き2017!見どころとおすすめスポットをご紹介!

http://youtu.be/rWf2N6qQf3M 春先の新芽の出ない時期に、野山の枯草を

記事を読む

小松基地航空祭2016年の日程や見どころ!おすすめの駐車場は?

秋は青空が美しい季節。この美しい秋空によく似合うのが、飛行機と飛行機雲ではないでしょうか。

記事を読む

ディズニーハロウィン2016!仮装期間や仮装のルールは?

日本でもすっかり定着したハロウィンですが、シーズンになるとあちこちで趣向をこらした仮装が見ら

記事を読む

福岡の放生会、2016年の日程や見どころ。出店の時間は?

お祭りの楽しみと言えば、どんなものを思い浮かべますでしょうか? 昔から受け継がれてきた、伝統行

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

すずらんの花言葉とは?フランス語での違いと怖い裏花言葉も紹介!

春になると様々な花が咲き、私達の目を楽しませてくれます。 その中

雨の日でも自転車に!レディース向けレインコートのブランドならコレ!

毎日の通勤や買物に、自転車は無くてはならないアイテムです。

神戸開港150年記念、kobeみなとマルシェ!2017年春の日程と見どころ!

兵庫県の神戸といえば、オシャレで食べ物も美味しい港町。

北海道神宮祭2017年の日程と時間!札幌まつりの愛称で親しまれている理由は?

6月から7月にかけては梅雨の時期で、賑やかなイベントは行われな

北海道の洞爺湖ロングラン花火大会、2017年の日程と見どころ!

花火大会と言えば夏のイメージが強く、また毎年1回だけというイメージ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑