カレーのスパイスに隠された効能とは?美容にも健康にも効果的!

| 飲食 | , , ,

curray5

カレーが嫌いな人って、ほとんどいないんじゃないでしょうか。

インド生まれのカレーは、今や種類も豊富ですし、すっかり日本の食生活に馴染んでしまっていますね。

自分で好みのスパイスをチョイスしてカレーを作る家庭も増えてきているようです。

ところでこのカレーは美味しいだけではなく、美容健康にも良い効果があることをご存知でしょうか?

食べるだけで美容と健康に効果が出るなら、毎日だって食べたいぐらいですね。

美容にも良く、
健康にも良く、
そして「美味しい」カレー。

その効能と効果の秘密についてまとめてみました。

スポンサーリンク

カレーの効能とは

カレーにはこれだけの効能が

curray1

カレーは健康と美容に良いと言われていますが、ざっと上げると、これだけの効果・効能があります。

・ダイエット効果。
・美肌効果。
・胃腸を元気にする効果。
・疲れにくくなる効果

これらの素晴らしい効能が、カレーにはぎゅっとつまっているんですよ。

秘密はスパイス

このカレーの素晴らしい効能の秘密は、カレー独特の香り辛味にありました。

ご存知の方も多いかとは思いますが、カレーの複雑な味わいは、スパイス、またハーブを組み合わせて作られます。

独特の色味を出す、ターメリック

後を引く辛味を出す、チリパウダー・赤唐辛子・コショウ・しょうが

独特の香りの元となる、コリアンダー・クミン・フェンネル・シナモン・オールスパイス等・・

「カレー粉」と言っているものでも、最低でも5種類以上のスパイスが配合されているもの。

実はこれらのスパイスは、漢方薬で「薬」として用いられるものもあります。

例えば、ターメリックは「ウコン」という漢方薬の別名。肝臓に効果があることで知られています。

シナモンは「肉桂」と呼ばれて、咳止め薬に用いられることも。

クミンは漢方薬系の胃薬には、欠かせないスパイスです。

これらスパイス一つ一つの効能が積みかさなり、カレーを食べるだけで、様々な効能が期待できるんですよ。

□カレー粉作り~スパイス&ハーブ講座~

美容面で考える、カレーの効果

燃焼系ダイエットに!

カレーの効果を美容の面から考えると、まずは何と言ってもダイエットですね。

カレーの辛味成分である、チリパウダーや赤唐辛子にはカプサイシンが含まれています。

カプサイシンといえば、脂肪を燃焼させ、発汗作用のある成分。

その点から、燃焼系ダイエットに期待が持てます。

しょうがにも発汗作用がありますし、血液の循環を良くして体を暖める効果があります。

体が温まるということは、冷え性を予防して汗をかきやすい体になるということ。ちょっとした運動でも汗をかけば、自然とダイエットしやすい体となりますよ。

美肌効果に!

汗をかきやすくなると、自然と毛穴の老廃物が汗で押し出されるため、肌のキメが良くなります

更にターメリックには殺菌効果が。皮膚の炎症も防ぐ効果があるので、肌トラブルにも効果があるんですよ。

カレーにコラーゲンたっぷりの鶏肉を加えれば、お肌もぷりぷりになりますよ。

スポンサーリンク

健康面で考える、カレーの効果

内臓を元気に!

カレーに含まれるスパイスには、内臓を元気にする効果があります。

ターメリックには・・・
肝臓を元気にする効果があり、

クミンやシナモン・グローブには・・・
胃腸を元気にする効果
があります。

その他にもカレースパイスによく使われるものには、胃を元気にする効果のあるものがとても多いんです。

肝臓が元気になれば、体の毒素を分解する働きが強まり、余計なものがたまらないようにしてくれます。

胃が元気になれば、それだけ消化がよくなり、栄養をしっかり吸収できるようになります。

体がなんとなくつらい時は食欲もなくなって疲れやすくなり、そのせいで更に体が辛くなりがちです。内臓が元気になって、ご飯が美味しく食べられる事は、とても大事なことですね。

カレーを食べる時に気をつけることは?

カレールーには気をつけて

curray4

市販のカレールーは便利ですが、油脂で固められているので、カロリーの面が気になります。

なるべくなら、インドカレーのように、自分でスパイスを調合することがベストです

ただ、スパイスを何種類も揃えるのは大変。最近では油分を抑えたカレールーも売れていますし、既に調合済みのスパイスも販売しています。

カレールーの油分を抑えられれば、カレーは意外とヘルシーな食べ物

上手に作りたいですね。

朝カレーがおすすめ

夜に食べるカレーも良いのですが、スパイスの効果を得たいのなら「朝カレー」をお勧めします。

カレーのスパイスが脳を刺激し、記憶力向上集中力がアップする効果があるんですよ。

スポーツ選手も取り入れている朝カレー、一時期、あのイチローも毎日朝カレーを食べていたとのこと。

あなたもぜひ試してくださいね。

関連記事:カレーに合うおすすめの具材と言えば?定番と変わり種を紹介!

食べ過ぎには気をつけて!

curray6

美容と健康にも効果があるカレーですが、美味しいので毎日でも食べたくなりますね。

ですが、カレーばかりを食べすぎるのは要注意。燃焼効果のある香辛料は、場合によっては胃腸が荒れる原因にもなります。

胃腸を元気にするスパイスが含まれているといっても、食べ過ぎで調子を崩してしまっては意味がありません。それに美味しくてつい食べ過ぎてしまうのは、ダイエット失敗の原因にもなりますよ。

カレーは程よく適量に。お口直しに生野菜サラダを添えて、バランスよく食べましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

お寿司のカロリーはどれくらい?ダイエットに適した食べ方は?

和食は洋食と比べてヘルシーなことが多く、ダイエットに最適の食事とも言われています。その和食の代表と言

記事を読む

新生姜と生姜の違いとは?栄養面ではどう違うの?レシピもご紹介!

冷蔵庫に常備しておきたい生姜は、爽やかな辛味が特徴の野菜ですね。 いつでも買える生姜ですが、夏

記事を読む

美味しく解消!夏バテに良いおすすめの食べ物ランキング5選!

あまりに暑くて食欲がない、けれどなにか食べないと元気が出ない…。夏バテになると食欲が落ちることが多い

記事を読む

草餅のカロリーはあんこの有り無しでどう違う?美味しい食べ方は?

お正月に食べるお餅は、白い切り餅以外にも様々な種類があります。 黒豆の入った「豆餅」も

記事を読む

基礎代謝を上げる食べ物と飲み物7選!食べるだけでダイエットにプラス!?

ダイエットで大切な点として、毎日の適度な運動が挙げられます。 これは運動することで余計な脂肪を

記事を読む

恵方巻きにもおすすめ!サラダ巻きに合う定番&変わり種具材とは?

2月の節分に恵方巻きを食べる習慣は、今ではすっかり全国区の習慣となりましたね。 元々は関西での

記事を読む

もずくの栄養と効果とは?酸っぱいのが苦手でも大丈夫な食べ方も

晩御飯に一品足りない時は、ササッと作れる、 もずく酢の小鉢っていいですよね。 我が家でも普通

記事を読む

バターの賞味期限はいつまで?長持ちする保存方法は?

パンに欠かせないバターは、使わない家庭では意外と持て余す食材です。 特にブロックタイプ

記事を読む

万能薬「生姜」の効能・効果。体をポカポカ温める摂り方とは?

「生姜」と言えば、身体を温める効果が高いことで有名ですね。 漢方でも万能薬と言われるほど、

記事を読む

りんごの効能とおすすめの食べ方は?

「りんごは体にいい」ってよく言われますよね。 イギリスには「一日一つのリンゴは医者いらず」と言

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

福島の会津まつり2017年の日程と見どころ!豪華参加ゲストも楽しみ!

日本全国で行われるお祭りには、その土地ならではの歴史が盛り込まれている

新潟上越の謙信公祭2017年の日程と最大の見どころは?

戦国時代の人物の中には、全国的に名前が知られて人気の高い人物が何人もい

深川八幡祭り2017年は本祭り!屋台や水掛けなど見どころを紹介!

東京を代表する、三大祭をご存知ですか? 神田祭・山王祭・深川祭が

盛岡さんさ踊り2017年の日程と見どころ!岩手の名前の由来は?

夏祭りといえば、盆踊りに代表されるように「踊り」のイメージがありません

男性の肌にも保湿は必要?メンズ用保湿クリームの選び方や使い方!

男性の肌の悩みで多いのが、気がついたら脂(あぶら)でテカテカに

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑