カレーのスパイスに隠された効能とは?美容にも健康にも効果的!

| 飲食 | , , ,

curray5

カレーが嫌いな人って、ほとんどいないんじゃないでしょうか。

インド生まれのカレーは、今や種類も豊富ですし、すっかり日本の食生活に馴染んでしまっていますね。

自分で好みのスパイスをチョイスしてカレーを作る家庭も増えてきているようです。

ところでこのカレーは美味しいだけではなく、美容健康にも良い効果があることをご存知でしょうか?

食べるだけで美容と健康に効果が出るなら、毎日だって食べたいぐらいですね。

美容にも良く、
健康にも良く、
そして「美味しい」カレー。

その効能と効果の秘密についてまとめてみました。

スポンサーリンク

カレーの効能とは

カレーにはこれだけの効能が

curray1

カレーは健康と美容に良いと言われていますが、ざっと上げると、これだけの効果・効能があります。

・ダイエット効果。
・美肌効果。
・胃腸を元気にする効果。
・疲れにくくなる効果

これらの素晴らしい効能が、カレーにはぎゅっとつまっているんですよ。

秘密はスパイス

このカレーの素晴らしい効能の秘密は、カレー独特の香り辛味にありました。

ご存知の方も多いかとは思いますが、カレーの複雑な味わいは、スパイス、またハーブを組み合わせて作られます。

独特の色味を出す、ターメリック

後を引く辛味を出す、チリパウダー・赤唐辛子・コショウ・しょうが

独特の香りの元となる、コリアンダー・クミン・フェンネル・シナモン・オールスパイス等・・

「カレー粉」と言っているものでも、最低でも5種類以上のスパイスが配合されているもの。

実はこれらのスパイスは、漢方薬で「薬」として用いられるものもあります。

例えば、ターメリックは「ウコン」という漢方薬の別名。肝臓に効果があることで知られています。

シナモンは「肉桂」と呼ばれて、咳止め薬に用いられることも。

クミンは漢方薬系の胃薬には、欠かせないスパイスです。

これらスパイス一つ一つの効能が積みかさなり、カレーを食べるだけで、様々な効能が期待できるんですよ。

□カレー粉作り~スパイス&ハーブ講座~

美容面で考える、カレーの効果

燃焼系ダイエットに!

カレーの効果を美容の面から考えると、まずは何と言ってもダイエットですね。

カレーの辛味成分である、チリパウダーや赤唐辛子にはカプサイシンが含まれています。

カプサイシンといえば、脂肪を燃焼させ、発汗作用のある成分。

その点から、燃焼系ダイエットに期待が持てます。

しょうがにも発汗作用がありますし、血液の循環を良くして体を暖める効果があります。

体が温まるということは、冷え性を予防して汗をかきやすい体になるということ。ちょっとした運動でも汗をかけば、自然とダイエットしやすい体となりますよ。

美肌効果に!

汗をかきやすくなると、自然と毛穴の老廃物が汗で押し出されるため、肌のキメが良くなります

更にターメリックには殺菌効果が。皮膚の炎症も防ぐ効果があるので、肌トラブルにも効果があるんですよ。

カレーにコラーゲンたっぷりの鶏肉を加えれば、お肌もぷりぷりになりますよ。

スポンサーリンク

健康面で考える、カレーの効果

内臓を元気に!

カレーに含まれるスパイスには、内臓を元気にする効果があります。

ターメリックには・・・
肝臓を元気にする効果があり、

クミンやシナモン・グローブには・・・
胃腸を元気にする効果
があります。

その他にもカレースパイスによく使われるものには、胃を元気にする効果のあるものがとても多いんです。

肝臓が元気になれば、体の毒素を分解する働きが強まり、余計なものがたまらないようにしてくれます。

胃が元気になれば、それだけ消化がよくなり、栄養をしっかり吸収できるようになります。

体がなんとなくつらい時は食欲もなくなって疲れやすくなり、そのせいで更に体が辛くなりがちです。内臓が元気になって、ご飯が美味しく食べられる事は、とても大事なことですね。

カレーを食べる時に気をつけることは?

カレールーには気をつけて

curray4

市販のカレールーは便利ですが、油脂で固められているので、カロリーの面が気になります。

なるべくなら、インドカレーのように、自分でスパイスを調合することがベストです

ただ、スパイスを何種類も揃えるのは大変。最近では油分を抑えたカレールーも売れていますし、既に調合済みのスパイスも販売しています。

カレールーの油分を抑えられれば、カレーは意外とヘルシーな食べ物

上手に作りたいですね。

朝カレーがおすすめ

夜に食べるカレーも良いのですが、スパイスの効果を得たいのなら「朝カレー」をお勧めします。

カレーのスパイスが脳を刺激し、記憶力向上集中力がアップする効果があるんですよ。

スポーツ選手も取り入れている朝カレー、一時期、あのイチローも毎日朝カレーを食べていたとのこと。

あなたもぜひ試してくださいね。

関連記事:カレーに合うおすすめの具材と言えば?定番と変わり種を紹介!

食べ過ぎには気をつけて!

curray6

美容と健康にも効果があるカレーですが、美味しいので毎日でも食べたくなりますね。

ですが、カレーばかりを食べすぎるのは要注意。燃焼効果のある香辛料は、場合によっては胃腸が荒れる原因にもなります。

胃腸を元気にするスパイスが含まれているといっても、食べ過ぎで調子を崩してしまっては意味がありません。それに美味しくてつい食べ過ぎてしまうのは、ダイエット失敗の原因にもなりますよ。

カレーは程よく適量に。お口直しに生野菜サラダを添えて、バランスよく食べましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

バナナの黒い部分は食べても大丈夫?長持ちする保存方法は?

甘くて美味しいバナナは、いつも常備して毎日食べているという方も多いのではないでしょうか。 子供

記事を読む

人気の紅茶の種類や特徴とは?一覧で5つご紹介!

アフタヌーンにケーキなどの洋菓子を食べる時、あなたは何を飲みますか? コーヒーでもいいですが、

記事を読む

万能薬「生姜」の効能・効果。体をポカポカ温める摂り方とは?

「生姜」と言えば、身体を温める効果が高いことで有名ですね。 漢方でも万能薬と言われるほど、

記事を読む

ドライイーストとベーキングパウダーの違いは?代用はできるの?

クッキーなどのお菓子作りやパンづくりでは、ふっくら膨らむことが重要です。 お菓子づくりやパンが

記事を読む

アスパラガスの優れた栄養とカロリー!体に嬉しい食べ方とは?

アスパラガスは緑色が鮮やかで、お弁当に入れると華やかになりますよね。 クセが少なく甘みが強いた

記事を読む

冷凍して美味しく食べよう!冷凍卵の作り方と活用レシピ!

生卵・ゆで卵・溶き卵に、目玉焼きに卵焼き…。 卵は昔も今も人気の食材の一つですね。 その

記事を読む

枝豆(EDAMAME)の美味しいゆで方!美味しさの秘密は何?

居酒屋の「お通し」で出されたり、定番メニューとしてもおなじみの枝豆。 冷凍の枝豆も販売されてい

記事を読む

銀杏(ぎんなん)の栄養と効能とは?食べ過ぎには注意!?

紅葉で黄色く色づくイチョウは美しいですが、イチョウの木周辺から異臭を感じたことがありませんか

記事を読む

牛乳と生クリームの作り方の違いとは?代用はできるの?

ホットケーキを焼いた時、 「ホイップクリームがあれば”カフェ風”になるのに!」 と思ったこと

記事を読む

いちじくの旬はいつ?その優れた栄養・効能とおすすめレシピを紹介します!

最近ではハウス栽培のおかげで、一年中美味しい果物が食べられるようになりました。しかし傷みやす

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

仙台・光のページェント2017年の期間や点灯時間。イルミネーションの見どころは?

クリスマスシーズンを迎えると、街のあちこちでイルミネーションを

十日戎とは?西宮神社・今宮戎神社・京都ゑびす神社、三神社の祭りの見どころ!

日本のお祭りは地域によって特色が変わり、一部の地域だけで有名な

2018年戌年の年賀状作成に!無料で使える素材やテンプレート7選!

年末は様々な用事が重なり、気がついたらお正月が目前…なんてこと

2018年の干支は戊戌(つちのえ・いぬ)!戌年の由来や特徴とは?

年末が近づくと年賀状を購入しなければ・・と、慌てることが増えて

赤ちゃんの初正月で飾る羽子板や破魔矢・破魔弓の意味。飾るのはいつまで?

赤ちゃんが生まれると、成長に合わせて様々な行事が行われます。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑