カレーのスパイスに隠された効能とは?美容にも健康にも効果的!

| 飲食 | , , ,

curray5

カレーが嫌いな人って、
ほとんどいないんじゃないでしょうか。

インド生まれのカレーは、
今や種類も豊富ですし、
すっかり日本の食生活に馴染んでしまっていますね。

自分で好みのスパイスをチョイスして
カレーを作る家庭も増えてきているようです。

ところでこのカレーは美味しいだけではなく、
美容健康にも良い効果があることをご存知でしょうか?

食べるだけで美容と健康に効果が出るなら、
毎日だって食べたいぐらいですね。

美容にも良く、健康にも良い、
「美味しい」カレー。

その効能と効果の秘密についてまとめてみました。

スポンサーリンク

カレーの効能とは

カレーにはこれだけの効能が

curray1

カレーは健康と美容に良いと言われていますが、
ざっと上げると、これだけの効果・効能があります。

・ダイエット効果。
・美肌効果。
・胃腸を元気にする効果。
・疲れにくくなる効果

これらの素晴らしい効能が、
カレーにはぎゅっとつまっているんですよ。

秘密はスパイス

このカレーの素晴らしい効能の秘密は、
カレー独特の香り辛味にありました。

ご存知の方も多いかとは思いますが、
カレーの複雑な味わいは、
スパイス、またハーブを組み合わせて作られます。

独特の色味を出す、
ターメリック

後を引く辛味を出す、
チリパウダー・赤唐辛子・コショウ・しょうが

独特の香りの元となる、
コリアンダー・クミン・フェンネル・シナモン・オールスパイス等・・

「カレー粉」と言っているものでも、
最低でも5種類以上のスパイスが配合されているもの。

実はこれらのスパイスは、
漢方薬で「薬」として用いられるものもあります。

例えば、ターメリックは「ウコン」という漢方薬の別名。
肝臓に効果があることで知られています。

シナモンは「肉桂」と呼ばれて、咳止め薬に用いられることも。

クミンは漢方薬系の胃薬には、欠かせないスパイスです。

これらスパイス一つ一つの効能が積みかさなり、
カレーを食べるだけで、様々な効能が期待できるんですよ。

□【カレー粉作り~スパイス&ハーブ講座~】byエスビー&ABC Cooking Studio

美容面で考える、カレーの効果

燃焼系ダイエットに!

カレーの効果を美容の面から考えると、
まずは何と言ってもダイエットですね。

カレーの辛味成分である、
チリパウダーや赤唐辛子にはカプサイシンが含まれています。

カプサイシンといえば、
脂肪を燃焼させ、発汗作用のある成分。

その点から、燃焼系ダイエットに期待が持てます。

しょうがにも発汗作用がありますし、
血液の循環を良くして体を暖める効果があります。

体が温まるということは、
冷え性を予防して汗をかきやすい体になるということ。

ちょっとした運動でも汗をかけば、
自然とダイエットしやすい体となりますよ。

美肌効果に!

汗をかきやすくなると、
自然と毛穴の老廃物が汗で押し出されるため、
肌のキメが良くなります

更にターメリックには殺菌効果が。

皮膚の炎症も防ぐ効果があるので、
肌トラブルにも効果があるんですよ。

カレーにコラーゲンたっぷりの鶏肉を加えれば、
お肌もぷりぷりになりますよ。

スポンサーリンク

健康面で考える、カレーの効果

内臓を元気に!

カレーに含まれるスパイスには、
内臓を元気にする効果があります。

ターメリックには肝臓を元気にする効果が、
クミンやシナモン・グローブには胃腸を元気にする効果があります。

その他にもカレースパイスによく使われるものには、
胃を元気にする効果のあるものがとても多いんです。

肝臓が元気になれば、体の毒素を分解する働きが強まり、
余計なものがたまらないようにしてくれます。

胃が元気になれば、それだけ消化がよくなり、
栄養をしっかり吸収できるようになります。

体がなんとなくつらい時は食欲もなくなって疲れやすくなり、
そのせいで更に体が辛くなりがちです。

内臓が元気になって、ご飯が美味しく食べられる事は、
とても大事なことですね。

カレーを食べる時に気をつけることは?

カレールーには気をつけて

curray4

市販のカレールーは便利ですが、
油脂で固められているので、カロリーの面が気になります。

なるべくなら、インドカレーのように、
自分でスパイスを調合することがベストです

ただ、スパイスを何種類も揃えるのは大変。

最近では油分を抑えたカレールーも売れていますし、
既に調合済みのスパイスも販売しています。

カレールーの油分を抑えられれば、
カレーは意外とヘルシーな食べ物

上手に作りたいですね。

朝カレーがおすすめ

夜に食べるカレーも良いのですが、
スパイスの効果を得たいのなら「朝カレー」をお勧めします。

カレーのスパイスが脳を刺激し、
記憶力向上集中力がアップする効果があるんですよ。

スポーツ選手も取り入れている朝カレー、
一時期、あのイチローも毎日朝カレーを食べていたとのこと。

あなたもぜひ試してくださいね。

食べ過ぎには気をつけて!

curray6

美容と健康にも効果があるカレーですが、
美味しいので毎日でも食べたくなりますね。

ですが、カレーばかりを食べすぎるのは要注意。

燃焼効果のある香辛料は、
場合によっては胃腸が荒れる原因にもなります。

胃腸を元気にするスパイスが含まれているといっても、
食べ過ぎで調子を崩してしまっては意味がありません。

それに美味しくてつい食べ過ぎてしまうのは、
ダイエット失敗の原因にもなりますよ。

カレーは程よく適量に
お口直しに生野菜サラダを添えて、バランスよく食べましょう!

スポンサーリンク

関連記事

バナナの黒い部分は食べても大丈夫?長持ちする保存方法は?

甘くて美味しいバナナは、いつも常備して毎日食べているという方も多いのではないでしょうか。 子供

記事を読む

万能薬「生姜」の効能・効果。体をポカポカ温める摂り方とは?

「生姜」と言えば、身体を温める効果が高いことで有名ですね。 漢方でも万能薬と言われるほど、

記事を読む

足の裏が痛い!足底筋膜炎はどんな症状?その原因と治し方

体の調子が悪くなく、特に気にする事無く毎日が送れるのは幸せなこと。しかし思わぬ体の部分が痛くなり、ど

記事を読む

アイスクリームはダイエットに最適?効果の高い食べ方は?

夏になると食べたくなるのが、冷たくて甘いアイスクリーム。 しかしアイスはカロリーが高いイメージ

記事を読む

りんごの効能とおすすめの食べ方は?

「りんごは体にいい」ってよく言われますよね。 イギリスには「一日一つのリンゴは医者いらず」と言

記事を読む

軟水と硬水の違いは何?どう使い分けたらいいの?

今はコンビニやスーパーでは、 ミネラルウォーターが沢山売られていて、 購入する機会も多いんじゃな

記事を読む

ほうじ茶の効能と健康に良い効果とは?飲むなら朝と夜のどっち?

和食を食べた後には、やはり日本茶が飲みたくなります。ほのかな苦味と甘味の緑茶も良いですが、香ばしい香

記事を読む

ノンカフェイン・カフェインレス・デカフェ、それぞれの違いは?

毎日の生活にコーヒーやお茶が欠かせない人にとって、カフェインは気になるところ。あまり取り過ぎ

記事を読む

薄力粉と強力粉の違いと使い分けは?代用はできるの?

小麦粉っていろんな種類がありますよね。 薄力粉、強力粉、中力粉、全粒粉・・など 種類が沢

記事を読む

冷え性に抜群!乾燥生姜の驚くべき効能とは?作り方と保存方法も紹介!

女性の体の悩みで多く聞かれるのが、真夏でも体が冷えてしまう「冷え症」です。 エアコンの効いた室

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「雪」の名前と種類を紹介!雪の結晶ができる秘密とは?

冬になると降り積もる雪は、とてもロマンティックですよね。 神秘的

トゥリング(足の指輪)を付ける足の指にはどんな意味が?最適な付け方は?

きれいで素敵なアクセサリーは、特に興味がない人でも一つは持って

メンズサングラスの選び方のポイントは?人気のブランドも紹介!

屋外や運転中など、日光が眩しいと感じた時に使いたいのがサングラ

メンズ用のおしゃれなクラッチバック!おすすめの人気ブランドはコレ!

男性用のカバンというと、メッセンジャーバッグやリュックなど大き

マニキュアを早く乾かす方法は?キレイにできる塗り方のコツも紹介!

指先は意外と人に見られていて、ここの印象でその人全体の印象が変

→もっと見る

PAGE TOP ↑