豊橋祇園祭2017の日程や見どころ。花火大会の穴場スポットは?

| イベント・お祭り | , , ,

toyohashigion2

火のきれいな祇園祭があることをご存知でしょうか?

祇園祭と言えば京都を代表するお祭りですが、こちらの祇園祭は愛知県豊橋市で行われるもの。

そして、「打ち上げ花火」「手筒花火」が、
見る人を魅了するお祭りなんですよ。

そんな愛知県豊橋市の「豊橋祇園祭」について、
・豊橋祇園祭とは?
・2017年の日程と花火のスケジュール
・見どころ
・アクセスや穴場の見学スポット

についてまとめてみました。

スポンサーリンク

豊橋祇園祭とは?

神社なのに仏様のお祭り?

豊橋祇園祭は、愛知県豊橋市にある「吉田神社」で行われるお祭りです。

実は「祇園祭」の「祇園」とは、「祇園信仰」という牛頭天王を拝む仏教系信仰から来ています。現在は「スサノオノミコト」を祀る吉田神社ですが、昔は仏教の神様「牛頭天王」を祀っていたんです。

神社なのに仏教系のお祭りなのは、仏教の神様をお祀りしていた名残なんですね。

花厄除け花火

toyohashigion3

豊橋祇園祭と言えば、花火がとても有名です。

どうして花火を打ち上げる様になったかというと、火で悪霊退散を行う祭りが起源だからなんです。そのお祭りが花火と合わさったのは、戦国時代の武将・今川義元の部下が1588年に花火を奉納したから。

打ち上げ花火ではなく、竹筒を職人が持って打ち上げる「手筒花火」を奉納したからと伝わっています。奉納された花火を、各人が技を駆使して披露したことで、今に伝わる花火大会となりました。

ちなみに吉田神社と豊橋祇園祭は、「手筒花火発祥の地」とされています。ここに奉納された手筒花火が、記録に残る一番古い手筒花火と言われています。

2017年の日程とスケジュールは?

花火は金曜日と土曜日に

豊橋祇園祭は、毎年7月の第三金曜日から日曜日までの3日間開催されます。

そのうち日曜日は本祭となり、神輿や奉納舞などが披露されます。豊橋祇園祭は花火が有名ですが、実は花火は前夜祭。主役ではないんですよ。

2017年の豊橋祇園祭の日程は、
7月21日(金)、22日(土)、23日(日)

花火が見られるのは、初日と2日めの7月21日・22日となります。

手筒は金曜日から、打ち上げ花火は土曜日に

toyohashigion1

花火大会は21日(金)と22日(土)の2日間に分かれて行われます。

初日の21日(金)吉田神社内「手筒花火」の披露がメインとなります。時間は、18時30分から22時頃まで

翌日22日(土)には、場所を移動して豊川河畔「打ち上げ花火」が披露されます。

時間は、22(土)の19時頃開始の予定です。

その後21時頃までの間に約1万発以上の花火が打ち上がり、豊橋の空を明るく染め上げます。

スポンサーリンク

見どころや穴場の見学スポットは?

手筒花火は混雑覚悟で

手筒花火が披露される吉田神社は、花火披露前の儀式などの関係で、場所取りが禁止されています

また、手打ち花火は一歩間違えれば危険なもの。

安全上の問題もあって、一定以上離れた所で見学となります。

このように職人さんたちが、文字通り体を張って見せてくれる花火は、悪霊も逃げ出す迫力です。

場所取り出来ない事もあって、なるべく早く神社に行って場所を確保する必要があります。

混雑するものとある程度割り切った上で、周りの人と譲り合って見学しましょう。

打ち上げ花火の穴場、あります。

一方の打ち上げ花火の会場となる豊川河畔も、毎年場所取りが加熱しています

良い席は桟敷席として有料で販売されますが、協賛金として一人あたり4000円支払う事が必要となります。無料でよい場所となると。場所取りが必要となりますが、こちらは前日から陣取る人も。

実は河川敷まで行かなくても、ゆっくりと見物できる場所があるんです。

それは豊橋河畔から、川を挟んで向かい側にある「豊橋公園」

公園内の三の丸会館や吉田城付近の芝生から、花火見物か可能です。

豊橋河畔と違って場所も広く、芝生の上にシートを広げて花火見物も可能です。穴場ではありますが、少し早めに行ったほうが見やすい場所を確保できますよ。

アクセス

公共交通機関でのアクセス

JR東海道本線 豊橋駅または、名鉄名古屋本線 豊橋駅を目指しましょう。

JRですと新幹線の停車駅ですし、東京・大阪両方向から行きやすいですね。

そして豊橋駅から運行している豊橋鉄道(路面電車)に乗車します。

「市役所前」で下車しますと、吉田神社・豊川河畔・豊橋公園へはいずれも徒歩5分ほどで到着です。

車でのアクセス

東名高速道路・豊川インターを降りて、国道151号線から国道1号線を経由して豊橋市内を目指します。

インターを降りておよそ20分前後で到着しますが、毎年花火大会前後は大渋滞が発生します。

各会場には駐車場がありませんので、近くにある市役所の有料駐車場(300台)を利用することになります。

手筒と打ち上げ、二つの花火を楽しんで

打ち上げ花火は全国各地で見られますが、手筒花火はめったに見ることができません。

豊橋祇園祭は手筒花火発祥の祭というだけあって、これだけの手筒花火を見られるのはとても珍しいこと。花火を持つ職人さんたちの、勇猛果敢で華やかな手筒花火をしっかり目に焼き付けましょう。

打ち上げ花火も、これだけの数が打ち上げられる事はなかなかありません。二つの花火大会をたっぷり堪能して、夏本番を楽しんで下さいね!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

京都祇園祭2017年の日程。宵山や山鉾巡行の楽しみ方は?

『祇園祭』といえば京都。いえ日本を代表する夏の祭として、京都の祇園祭はまず名前が上がるのでは

記事を読む

よさこいソーラン祭りの見どころ!2017年の日程や穴場は?

本州では梅雨入りしてジメジメとした6月に、北海道では初夏を告げる、「YOSAKOI(よさこい

記事を読む

堺まつり2016年の日程と見どころ!ディズニーも参加するの?

通常、ディズニーキャラクターたちは、ディズニーリゾートでないと出会うことはないでしょう。 しか

記事を読む

京都五山の送り火、2017年の開催場所や鑑賞スポットをご紹介!

京都には独特のお祭りや風習があり、その一つ一つに京都らしさが溢れています。 その中でも

記事を読む

土佐高知のよさこい祭り、2017年の日程や見どころ。駐車場は?

最近では全国各地で、「よさこい」と名前のついた祭りやイベント開催されています。 全国で

記事を読む

神田祭2017年は本祭!日程や見どころをご紹介!

江戸っ子ならば5月になると待ち遠しいのは、神田明神の神田祭ではないでしょうか。 神田祭

記事を読む

千葉の柏祭り2017年の日程と見どころ!アクセスや交通規制は?

全国各地で開催されるお祭りには、長い歴史を重ねるものも数多くあります。踊りが特徴的なものや、

記事を読む

仙台のどんと祭!大崎八幡宮で開催される松焚祭の見どころは?

お正月が近づいてきた今日この頃。お正月三が日の後は、ワクワク感も薄れ普段の生活に戻る事が多いと思いま

記事を読む

北野天満宮の梅花祭!2017年の開催日と見どころは?

桜の花が開くと、いよいよ春ですが、その前に咲く「梅」も、春を告げる花ですよね。現在は、お花見

記事を読む

どんど焼きの由来!いつ行われる?地域による呼び方の違いは?

■どんど焼き http://youtu.be/J8nGdPVcPxI お正月を過ぎたら「どん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

男性の肌にも保湿は必要?メンズ用保湿クリームの選び方や使い方!

男性の肌の悩みで多いのが、気がついたら脂(あぶら)でテカテカに

メンズも香水が必要?男性香水の選び方と付け方を紹介します!

最近では男性も、嗜み(たしなみ)としてつける方が増えてきた香水。仕

コスメパーマは他のパーマとどう違う?メンズにも出来るパーマなの?

癖のある髪の毛をストレートにしたり、あるいは思い通りの癖付けが

コールドパーマとデジタルパーマの違い!髪質やヘアスタイルから選ぶならどっち?

イメチェンをしたいときにまず考えるのは、ヘアスタイルを変えるこ

サビオ?絆創膏?それともバンドエイド?地方によって違う呼び方!

怪我した時に張るガーゼ付きテープの事を、あなたはなんと呼んでい

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑