姫路ゆかた祭り2017年の日程や見どころ。浴衣で行くとお得?

| イベント・お祭り | , ,

himejiyukata4

近は和装が見直されていて、夏になると浴衣を着ている方を見かけることが多くなっています。

ですが、元々浴衣は「寝巻き代わり」で、昔は外に来ていく衣服でなかった事はご存知でしょうか?

それが、夏の定番服となったのは、姫路で行われている「ゆかた祭り」がきっかけなんですよ!

由来を知ると絶対行きたくなる「姫路ゆかた祭り」2017年の日程や由来、見どころなどをまとめてみました!

スポンサーリンク

姫路ゆかたまつりとは

姫路といえば、世界遺産であり国宝でもある、「姫路城」が有名ですね。

去年2015年上旬に修復を終え真っ白な「白鷺城」となった事を、覚えている人も多いのではないでしょうか。

神社を庶民にも

himejiyukata1

姫路城は、「姫山」という場所に築城されたお城。姫山にはお城が建つ以前から「長壁神社(おさかべじんじゃ)」があり、姫山を守護してきました。以前は誰でもお参りできたのですが、姫路城築城後は、武士だけしかお参りできなくなってしまいました。

月日は流れて、1741年。徳川七代将軍・吉宗の時代の話です。当時の姫路城当主・榊原政岑が、「享保の改革」で倹約令が出ていたにも関わらず贅沢三昧。

それが、将軍・徳川吉宗の怒りを買ってしまい、当主の座を追われてしまいました。当主をやめる前に、武士だけの神社になっていた長壁神社を、場所を移して庶民にも参拝してもらおう。

「ついでに移転したのでお祭りをしてしまおう!」と、考えたのでしょうか。

長源寺というお寺に場所を移した長壁神社のお祭りを、夏至に合わせて開催することとなりました

急だったので衣服がなくて…

ところが、お祭りが急に決まったために、町人はお祭りのための衣服が新調できず大慌て。参加することをためらっていたところ、榊原政岑は「浴衣で参加してよい」とのお触れを出しました。

浴衣ならすぐに用意できたので、皆が揃って浴衣で参加することになりました。室内着だった浴衣が、夏のお祭りでの定番衣装となったのでした

この時のお祭りが、今の「姫路ゆかたまつり」の原型となり、現在に至るのです。

スポンサーリンク

姫路ゆかたまつり2017年の日程は?

夏至に合わせて

姫路ゆかたまつりの日程ですが、毎年6月22日から24日にかけて開催されています。

2017年の日程は次の予定です。

開催日:2017年6月22日(木)~24日(土)
開催時間:16:30~21:30
会場:長壁神社/城南公園周辺・商店街

姫路ゆかた祭りの見どころ

浴衣を着ていくとお得

himejiyukata3

姫路ゆかた祭りは、浴衣で行くと、とてもお得なんです。

というのも、例年会場周辺のお店や公共施設などで、「浴衣の方へのサービス」が行われているからです。

年によっても違いますが、以前にはこのようなサービスもありました。

  • 映画鑑賞料が1100円に
  • 姫路駅発着の神姫バスの運賃が半額
  • 姫路城・姫路市立動物園・好古園(日本庭園)などの文化施設の入園料が無料(美術館などは常設館のみ・休館日は除く)
  • 飲食店にて1杯目無料、割引価格で料理提供、記念品プレゼント

・・などなど

もし手持ちの浴衣がなかったり、着付けができない人も安心してください。姫路駅周辺にて、浴衣のレンタルも可能ですので、手ぶらで行って姫路で浴衣にチェンジも可能ですよ。

浴衣パレード

□姫路ゆかたまつり

ゆかた祭りというだけあって、イベントも浴衣関係のものがたくさんあります。浴衣を着た子供たちと、「姫路お城の女王」とのパレードは、ゆかたパレードと呼ばれ親しまれています。

特に子供たちが手にしている「走馬灯」は、影絵の映る提灯でとても愛らしいですよ。

その他にも、浴衣ファッションショーや、ステージでの音楽演奏などが行われます。

少し残念なのは、かつて西日本随一とも言われていた、縁日の規模が縮小されてしまったことです。

かつては700店もの出店があったのですが、現在は100店前後になってしまいました。そのかわり、周辺商店街のサービスがすごいので、そちらに期待しましょう。

アクセスと交通規制情報

姫路へのアクセス

遠方の方や関東圏の方は、まず大阪を目指しましょう。飛行機や新幹線などが便利です。

そこから山陽新幹線やJRの在来線で、「姫路駅」へ行きます。
そして長壁神社へは徒歩10分ほど、姫路城へも徒歩15分ほどの距離となります。

浴衣ですと足元が下駄かと思いますが、姫路駅周辺は平坦な地形なのでゆっくり歩いてみませんか。

交通規制情報

どうしても車で行きたい方もいるかも知れませんが、主要会場はほぼ交通規制が敷かれます。

長壁神社周辺は、お祭りの間は16時から22時まで歩行者専用となり、車は入れません。また「みゆき通り」「お溝通り」は終日車両通行禁止となり、バスやタクシーも入れません。

更に姫路駅周辺は、終日バスとタクシー以外の車両通行が禁止となります。通行可能な場所もこれらの影響を受けて混雑するので、自家用車で行くのは控えたほうが無難ですね。

浴衣で姫路城へ行こう!

himejiyukata2

宝にも指定されている「姫路城」は、お色直しを終えたばかりで眩しいぐらい真っ白!城内には一度移転して再び戻ってきた、長壁神社の分社もあるのでぜひ行きたいですね。

浴衣で行くと入館料も無料ですし、これを逃す手はありません。夏を先取りした気分にもなれる浴衣を着用して、ぜひ姫路に遊びに行ってくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

おぢや風船一揆2017!熱気球と花火の冬の祭り!見どころは?

冬空をふと見上げると、何気ない青空がとても綺麗に見えたことはありませんか? そんな澄ん

記事を読む

千葉の柏祭り2017年の日程と見どころ!アクセスや交通規制は?

全国各地で開催されるお祭りには、長い歴史を重ねるものも数多くあります。踊りが特徴的なものや、

記事を読む

京都五山の送り火、2017年の開催場所や鑑賞スポットをご紹介!

京都には独特のお祭りや風習があり、その一つ一つに京都らしさが溢れています。 その中でも

記事を読む

入谷朝顔市2017年の日程や時間。朝顔の値段はいくら?

小学校の夏休みの宿題で、「朝顔」を育てたことはありませんか? ラジオ体操にいく前に水やりをした

記事を読む

浅草神社の三社祭。2017年の日程や見どころ!交通規制は?

祭りと聞くと、どの様な光景が浮かびますでしょうか? 法被(はっぴ)を来た威勢のよい男集

記事を読む

長崎くんち2016年の日程と見どころ!チケットの入手方法は?

江戸時代に海外との数少ない窓口であった長崎は、独自の文化が発展した街。 そんな中でも特に有名な

記事を読む

新潟十日町雪まつり2017の日程と見どころ!今年のゲスト出演者は?

冬でしか味わえない楽しみの一つに、雪まつりがあります。 巨大な雪像が作れるのは豪雪地帯だけとあ

記事を読む

北九州・わっしょい百万夏まつり、2017年の日程と見どころ!

お祭りには様々ありますが、とにかく賑やかなお祭りを体験したいなら、北九州市の「わっしょい百万

記事を読む

花菖蒲を楽しむなら葛飾菖蒲まつり!2017年の見頃は?

梅雨の時期はつい家にこもりがちですが、草花にとって潤いと成長の時期。 あじさいも美しい

記事を読む

徳島の阿波踊り2017年日程と見どころ!チケットはいつから?

毎年8月になると四国・徳島県で開催される「阿波踊り」。 阿波踊りには毎年140万人以上

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

月下美人の花言葉や名前の由来。開花時期や花の特徴は?

花屋やガーデニングで見かけるお花は、名前が分からなくても美しい花ばかり

赤ちゃんの動物園デビューはいつからがいい?気を付けることは?

わが子には様々な体験や経験を通じて、心豊かな人間に成長して欲し

アイスクリーム/アイスミルク/ラクトアイスの違い。食べるならどれ?

最近は季節を問わずアイスを食べる人も多いですが、やはりアイスは

目が疲れにくい色と疲れやすい色は何色?疲れ目の対策も紹介します!

毎日の生活の中で、気がついたら目が疲れていることはよくあること

日焼けでひりひりして痛い時の対処法!ケアする時に気をつけることは?

夏と言えば、海やプール!ドキドキしながら水着で楽しむ方も多いの

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑