紫陽花寺、鎌倉明月院のあじさい。2016年の開花時期や見頃は?

| あじさい | , , , , ,

雨の季節はゆううつですが、梅雨だからこそ出かけたい場所もあります。

この時期の鎌倉は、街中あちこちであじさいの花が満開となり、しっとりとした情緒を楽しめるんですよ。

その中でも、明月院のあじさいは、
「紫陽花寺」の異名を持つだけあって素晴らしいもの。

そんな古都・鎌倉の明月院、2016年のあじさいの見頃や見どころなどをまとめてみました。

スポンサーリンク

鎌倉明月院のあじさい、開花時期や見頃は?

明月院は臨済宗のお寺で、鎌倉時代の始めには既にあったと伝えられています。

元々、禅輿寺の庵として建てられた明月院。

江戸時代には既に住職がいない状態だったので、明治初年に廃寺としてしまいました。現在はその明月院のみが残っています。

meigetsuinajisai4

開花時期と見頃は?

明月院のあじさいは、毎年6月上旬から7月中旬頃までが開花時期となっています。この中でも、6月中旬から6月末までが一番の見頃を迎えます。

2016年も「平年並み」の天気であれば、あじさいの開花時期は、例年通り6月上旬からとなりそうですね。

見頃のピークも、6月20日から30日ぐらいまでとなりそうです。

あじさいの花は、湿度が高いと色が濃くなる特徴があります。雨上がりの時間帯にあわせて行くと、あじさいの花が目を引く色彩となってきれいですよ。

スポンサーリンク

明月院あじさいの見どころ・楽しみ方

明月院ブルー

明月院に咲くあじさいは、どれも濃い青色で「明月院ブルー」と呼ばれています。

meigetsuinajisai3

院内にある2500株とも言われるあじさいが、一斉に青く染まる様子は地上にいながら極楽のよう。

明月院のあじさいは、「ヒメアジサイ」という日本古来の品種。他で見るとこれほど青くはありません。

紫陽花の花は、土地の酸性が強いと青く、アルカリ性が強いと赤くなる傾向があります

おそらくは、明月院の環境がヒメアジサイにとって、とてもきれいな青になる良い環境なのでしょう。

だからこそ、他では見られない「明月院ブルー」は強く印象に残り、そして有名になったというのもうなずけますね。

明月院にあじさいがある理由

これだけ見事な紫陽花が咲き誇るのですから、何か由来やゆかりがあるのだろうと普通は考えます。

ところが、意外なことに明月院のあじさいは、古いものでも第二次世界大戦後に植えられたもの。しかもあじさいを植えた理由が「手入れが楽だから」という、明月院ブルーのイメージを覆すシンプルなものでした。

少々肩透かしではありますが、理由はともあれ、あじさいが綺麗なことには変わりありません。友人と見に行く時に、もったいぶってこの話をすると、良い「持ちネタ」になるのでぜひ活用してくださいね。

明月院の見どころ

そんな明月院ですが、あじさい以外にも目を楽しませる見どころがあります。

この時期だと、庭園に咲く「花菖蒲」が、これまた鮮やかな青色で目を楽しませてくれます。ただし、庭園への見物には入園料が発生しますので、その点は気をつけてくださいね。

禅寺である明月院には、お庭を眺める「悟りの窓」と呼ばれる丸窓があります。ここから眺める本堂裏のお庭は非常に美しく、季節を問わず見る人の目を楽しませてくれます。

裏手には枯山水もあるので、和の風情をまるごと楽しめるのも明月院の良い所ですね。

他にも、裏手の中腹部にある「明月院やぐら」には、数々の仏像が掘られてあります。

ここには、お寺の開祖と言われている方のお墓もありますので、足を運んでみてはいかがですか?

お墓と言えば、明月院には鎌倉幕府第五代執権・北条時頼のお墓もありますよ。

明月院へのアクセスは?

あじさいの咲く頃の明月院は、訪れる観光客でとても混雑します。

梅雨の季節という事もあり、足元が滑りやすくなっています。動きやすい服装でお出かけ下さい。

電車でのアクセス

東京方面から行く場合、東海道本線で「大船駅」を目指しましょう。

そこから、横須賀線に乗り換えて、「北鎌倉駅」で下車します。そして徒歩10分ほどで明月院です。

なお、近辺には駐車場がほとんどありません。車で行く場合は大船駅付近までとしたほうが無難です。

拝観時間など

明月院は拝観時間が定められています。時間を確認してお出かけくださいね。

・拝観時間 午前9時から午後4時まで(6月は8時30分から17時まで延長)

・拝観料 300円(6月は高校生以上500円 小中学生300円)

・庭園入園料 500円

一度だけではもったいない!

meigetsuinajisai2

あじさいが有名な明月院ですが、実は季節を問わず草花がきれいなことでも知られています

特に、秋には紅葉がきれいで、悟りの窓から見る景色は素晴らしいの一言。

あじさいの明月院をたっぷり堪能したら、次はもう一度、秋に訪れるとその違いと美しさに惚れ惚れしますよ。

季節毎に異なる味わいを楽しめる明月院。まずは「青」の明月院を思う存分楽しみましょう!

スポンサーリンク

関連記事

hasederaajisai2

鎌倉長谷寺に咲くあじさい。2016年の開花や見頃はいつ?

□紫陽花(アジサイ)咲く鎌倉・長谷寺 https://youtu.be/K8M9Eu9h_hQ

記事を読む

bunkyoajisai3

白山神社の文京あじさいまつり。2016年の日程や見頃は?

梅雨の時期に突入すると、雨と湿気がうっとうしくて外出する気分じゃなくなってしまいます。

記事を読む

kainariajisai1

開成町のあじさい祭り。2016年の日程や見頃・開花時期は?

5月下旬頃から、ジメジメとした梅雨の時期に入り、なんとなく気分も晴れませんよね。 お出

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

suitesbutton001
レディース用のスーツ、ボタンの数はいくつ?着こなしのポイントは?

就活中に大活躍するのが、リクルートスーツ。 説明会や面接

femailsuits4
レディース用ビジネススーツの選び方!おすすめのブランドは?

就職準備に必要なものの一つに、ビジネススーツがあります。就職先

womansday003
国際女性デーとは何の日?ミモザの日とは?日本でもイベントはある?

女性へ日頃の感謝の気持ちを伝える日と言えば、 「母の日」や「ホワイト

radish001
大根の気になるカロリーや糖質は?ダイエットに適した食べ方ならコレ!

ダイエットの方法の一つに、「糖質制限」がありますよね。 ご存知の

applekind001
使い方や味で選びたい!人気のりんご5種類。美味しさの特徴とは?

https://youtu.be/RrzyuNAqkO0 秋から

→もっと見る

PAGE TOP ↑