水郷潮来のあやめ祭り。2017年の見頃・開花時期はいつ?

itakoayame3

何かと忙しく時間に追われる現代、たまにはゆっくり休みたいですし、のんびりと過ごしたいですよね。

だけど、泊まりがけの旅行へ行く時間もないし、日曜日にごろごろするのも味気ないとは思いませんか?

そんなお疲れの方におすすめしたいイベントが、茨城県潮来市で毎年5月末から6月頃に開催される「水郷潮来あやめまつり」

会場を埋め尽くすあやめの花に癒され、幸せをおすそわけしてもらえるお祭りなんですよ。

そんな、水郷潮来あやめまつり、2017年の開催期間やあやめの見頃・開花時期、そして見どころなどをまとめてみました。

スポンサーリンク

水郷潮来あやめまつりとは

最初は切花鑑賞だった

itakoayame1

「水郷潮来あやめまつり(すいごういたこあやめまつり)」は、
茨城県潮来市にある「水郷潮来あやめ園」で毎年開催されているお祭りです。

昭和27年から毎年開催されているお祭りですが、当初はあやめ愛好家が持ち寄った切花を鑑賞するイベントでした。

現在では、園内で栽培しているあやめを鑑賞し、園内の水路に浮かぶ「ザッパ舟」に乗れるお祭りと変化しました。

他にも、あやめのライトアップや、各種踊りの披露・あやめの展示即売会なども楽しめます。

「あやめ」じゃない?!

「あやめまつり」と銘打っていますが、実は園内のあやめは、「花菖蒲」

嘘をついているのではありません。この地方では、「花菖蒲」のことを「あやめ」と呼ぶために、あやめまつりと呼ばれるわけです。

ご存知のかたも多いかもしれませんが、あやめと花菖蒲は見た目がそっくりで見分けにくい花。園内の花は「花菖蒲」だという事を頭に入れて見物すると、「あやめ」への興味も増しますよ。

水郷潮来あやめまつり、2017年の日程は?

itakoayame2

2017年の水郷潮来あやめまつりの開催日程は
5月27日(土)~6月25日(日)までの約1ヶ月間の開催となります。

1ヶ月間と期間が長いため、天候に合わせて計画が立てやすいですし、あやめの見頃にあわせて行く事もできますね。

イベントなどは主に日曜日に開催されていますので、まるごと体験したいのなら日曜日がオススメ。または、ゆっくりあやめを鑑賞したいのであれば平日、特に水曜日の来場をおススメします。

期間中は終日入園可能ですので、仕事帰りに足を伸ばして夜のあやめを見学することも可能ですよ。

スポンサーリンク

あやめの見頃はいつ?

あやめまつりで見られるあやめの開花時期は5月下旬から6月中旬頃。丁度、あやめまつり開催中の、6月10日前後に見頃を迎えます。

期間が無いため、まつりの終わり頃になると、あやめが咲いていないかもと心配する方もいるかも知れません。

ですがその心配は不要なようです。最終日まであやめを楽しめるのが、あやめ祭り最大の魅力なんですよ。

あやめまつりの見どころは?

itakoayame4

色とりどりのあやめ

あやめまつりは、その名の通り「あやめ(花菖蒲)」を楽しむお祭りです。

園内には500種類、約100万株ものあやめが植えられています。

一見すると同じように見えるあやめですが、色も、白・濃い紫・青・黄色など実に多彩。品種の系統によって花の形も違ってきますので、その違いを楽しむのも面白いですよ。

ちなみに「あやめまつり」のあやめは「花菖蒲」ですが、本来のあやめの開花時期は4月下旬から5月中旬。

花菖蒲とあやめの最大の違いは、花の中心部が黄色いかどうか

  • 花の中心部が黄色いのが「花菖蒲」
  • 花の中心部が黄色でないのが「あやめ」

です。

まつりの時期には開花時期は過ぎているので、比較は難しいかも知れませんが、覚えておいて損はないですよ。

嫁入り舟

水郷潮来あやめまつり2014【公式】

あやめ鑑賞以外で見逃せないのが、「嫁入り船」です。

潮来はもともと水路の街で、昭和30年頃まで水路が運搬の中心となっていました。潮来では嫁入り時に、嫁入り道具とともに「ザッパ船」と呼ばれる運搬船で花嫁が移動しました。

「嫁入り舟」と呼ばれる風習は、昭和31年のヒット曲「潮来花嫁さん」で全国的に有名になったんですね。その後、陸路の発展とともに、「ザッパ舟」も「嫁入り舟」も姿を消しました。

ですが「あやめまつり」でイベントとして復活させて、「嫁入り舟」を見ることが出来るようになりました。

しかも花嫁さんは本物の花嫁さん。一般応募で集まった、挙式予定の方や1年以内に結婚された方なんです。

だからこそ舟に揺られる花嫁さんはとても綺麗で、イベントであることを忘れる光景が広がります。花嫁さんの幸せそうな姿をみていると、同じ幸せを分けてもらったような気分になること間違いなしです!

嫁入り舟の運行時間

嫁入り舟は以下の時間に運行されます。

水曜日 11時から
土曜日 11時から・14時から・19時30分から
日曜日 11時から・14時から

ザッパ舟に乗ろう

祭り期間中は、毎日「ザッパ舟」に乗ることができます。

園内の水路を30分かけて周回するコースで、舟に揺られながら昔話を聞くことができます。

運が良ければ、女性の船頭さんのこともあり、その手腕は男性顔負け。平日と日曜日は日中の営業なのですが、土曜日だけは「宵のろ舟」で夜の運行も。

ライトアップされたあやめを見ながら、舟に揺られるのもロマンチックですよ。

ゆっくりとした時間を楽しんで

itakoayame5

ザッパ舟がゆっくり進む舟だからでしょうか、どこかのんびりとした空気が流れるあやめまつり。いそいそと全てを見て回るよりは、ゆっくりのんびりと、花を愛でるのがこのまつりには似合います。

嫁入り舟に揺られる花嫁さんを祝福し、ザッパ舟に乗って水路を楽しみ、あやめを愛でる。そんなゆっくりした贅沢な時間が味わえるのが、あやめまつりの人気の秘密なのかも知れませんね。

忙しい日常を家において、潮来でゆっくりとあやめまつりを楽しんでみませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

能登のキリコ祭り、2017年の主な日程や見どころをご紹介!

北陸新幹線が2015年3月に開通し、テレビや雑誌で北陸地方が取り上げられる機会がとても増えま

記事を読む

神戸開港150年記念、kobeみなとマルシェ!2017年春の日程と見どころ!

兵庫県の神戸といえば、オシャレで食べ物も美味しい港町。 そんな神戸で見逃せないイベント

記事を読む

千葉の柏祭り2017年の日程と見どころ!アクセスや交通規制は?

全国各地で開催されるお祭りには、長い歴史を重ねるものも数多くあります。踊りが特徴的なものや、

記事を読む

雨の日の東京ディズニーシー!おすすめの楽しみ方は?

ディズニーランドに比べて大人っぽい雰囲気の 東京ディズニーシー。 ディズニーシーは、デー

記事を読む

花菖蒲を楽しむなら葛飾菖蒲まつり!2017年の見頃は?

梅雨の時期はつい家にこもりがちですが、草花にとって潤いと成長の時期。 あじさいも美しい

記事を読む

東京麻布十番祭り2017年の日程は?おすすめの屋台をご紹介!

東京には様々なイメージがありますが、おしゃれな地域と言われるとどこを思い浮かべますか?

記事を読む

春のディズニーイースター2017!見どころや楽しみ方は?

ここ数年でおなじみになった春のイベントに、イースターがあります。別名「復活祭」とも言われ、キ

記事を読む

仙台のどんと祭!大崎八幡宮で開催される松焚祭の見どころは?

お正月が近づいてきた今日この頃。お正月三が日の後は、ワクワク感も薄れ普段の生活に戻る事が多いと思いま

記事を読む

台湾ランタンフェスティバル2017の見どころ!開催場所や期間は?

日本から行きやすい外国の代表と言えば、台湾ではないでしょうか? 冬でも暖かく、食べ物も

記事を読む

鹿児島おはら祭り2016!見どころは総踊りとおごじょ太鼓!

日本全国には様々なお祭りがあり、お神輿が主役のお祭りもあれば荘厳なお祭りも。特に夏祭りでは踊りがメイ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来とは?開花時期はいつ?

https://youtu.be/uEdb3Gig5qg 夏に咲

月下美人の花言葉や名前の由来。開花時期や花の特徴は?

花屋やガーデニングで見かけるお花は、名前が分からなくても美しい花ばかり

赤ちゃんの動物園デビューはいつからがいい?気を付けることは?

わが子には様々な体験や経験を通じて、心豊かな人間に成長して欲し

アイスクリーム/アイスミルク/ラクトアイスの違い。食べるならどれ?

最近は季節を問わずアイスを食べる人も多いですが、やはりアイスは

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑