北陸富山の山王祭、2017の日程や見どころ。駐車場は?

| イベント・お祭り | , , , ,

fujisannou1

2015年3月に北陸新幹線が開通したこともあり、北陸地方は今も注目の的となっています。

そんな北陸の富山で、熱く盛り上がり、お腹も大満足できるお祭りがあることをご存知でしょうか?

東京でもまず見ないであろう、沢山の屋台と、神輿(みこし)の勇壮な祭、それが富山の「山王祭」なんですよ。

注目度アップ!北陸の、富山・山王祭の2017年の日程や見どころ、アクセスについてご紹介します!

スポンサーリンク

富山の山王祭とは

「富山」の山王祭

富山の山王祭(さんのうまつり)は、富山市にある「日枝神社」で行われる、春の「例大祭」です。

もしかすると他の地域でも、「山王祭」があったな?と思う方もいるかも知れませんね。

それは、比叡山にある日吉神社の山王祭を始めとして、東京、日枝神社の「山王祭(天下祭)」など、富山の山王祭も、「日吉神社」また「日枝神社」にゆかりのある祭りだからです。

fujisannou2

「さんのさん」

富山の山王祭は、1690年に富山藩主、前田正甫が、日枝神社に神輿を二基寄贈じたことが始まりです。頂いた神輿を城下町で巡行する風習ができ、そこから祭として発展しました。

現在でも、山王祭は「さんのさん」の愛称で富山市民に親しまれ、富山市最大のお祭りとしても知られています。

スポンサーリンク

富山の山王祭、2017年の日程は?

富山の山王祭は、日程が毎年決まっていて、5月31日から6月2日にかけて開催されます。余程の悪天候でもない限り、中止になることはありません。

2017年5月31日(水)~6月2日(金)。3日間とも平日になりますね。

尚、正式な開催日程は5月31日からなのですが、前日の5月30日に「宵祭り」が行われます。巫女の奉納舞や無事を願う祈願などが行われますので、この日もチェックすると楽しいですよ。

富山の山王祭の見どころや楽しみ方は?

男神輿・女神輿!

山王祭最大のみどころは、毎年6月1日に行われる神輿(みこし)の巡行です。

法被(はっぴ)と、褌(ふんどし)一丁の男性が担ぐ、豪快で勇壮な「神輿」と、粋な女性が担ぐ「女神輿」がその目玉。

歩行者天国となった道路を勇ましく進む神輿(みこし)は、山王祭の中で最も盛り上がると言っても過言ではありません。

実はこのお御輿は、有料で一般参加が可能です。はじめての方にはひと通りの道具がつき、用意するのは黒足袋だけ。しかもお弁当と傷害保険つき。

神輿(みこし)を担いでみたい方は、参加してはいかがですか?

圧倒的な屋台!

神輿と並んで、あるいはそれ以上に山王祭の魅力となっているのが、「屋台」の数々。

出店数は600とも700とも言われ、一番多い時で1000店を超えていたというから驚きです。これほどまで屋台が集まる祭は、他にはまずありません。

屋台は全国各地から集まるからか、地元のB級グルメから屋台の定番まで、お腹いっぱい楽しめます。

他ではあまり見かけなくなった、日枝神社境内での大掛かりなお化け屋敷があるのも大きなな特徴。600店以上が出店しているので、ついついアレもこれもと買いすぎには注意が必要ですね。

fujisannou3

朔日まんじゅう

この時期の富山でぜひ体験して欲しいのが、6月1日に食べる「朔日(ついたち)まんじゅう」です。

朔日まんじゅうとは、6月1日の朝に食べる酒まんじゅうの事。家内安全・無病息災を願う縁起物です。

富山市内の和菓子店では、1日の早朝に一斉に朔日まんじゅうを売り、それを買い求める人で賑わいます。午前中までに全て売り切れてしまうと言いますから、驚きですね。

前日から宿泊して6月1日を富山で過ごす方は、ぜひ朔日まんじゅうを食べて無病息災を願いましょう。

アクセスは?

新幹線を利用する場合

山王祭を見にいくには、「北陸新幹線」を利用すると非常に便利です。

停車駅にもよりますが、東京からは、2時間10分から2時間40分前後で富山まで行く事ができます。

ただし東京方面からは便利になった路線で人気もあり、山王祭にあわせて旅行に行く人も多いかも知れません。予定が決まったらすぐに予約をして、席を確保したほうが良いでしょう。

富山駅から日枝神社までは徒歩ですと20分ほど
・市電に乗り換えて「西町」からですと徒歩5分ほど
で日枝神社に到着します。

車で行く場合

東京から車で行く場合、八王子JCTから高速道路に乗ります。

中央自動車道・圏央道・関越自動車道・上信越自動車道・北陸自動車道を経由して、富山ICで降ります。

東京からは約6時間の長旅となりますので、こまめな休憩を忘れずにして下さい。富山ICからは、約10分で富山市街地に入れます。

ですが、この時期は、中心部の駐車場はほぼ満車となります。神社周辺よりは少し離れた駐車場に止めることをおすすめします。

その中で移動に便利なのが、「富山市営城址公園駐車場」です。

駐車台数も124台と比較的多く、24時間営業なので遅くなっても安心です。

市電(ライトレール)の「国際会議場前」も近く、日枝神社までのアクセスにも便利ですよ。

新幹線で山王祭に行こう!

fujisannou5

山王祭は、祭に参加したい人にも、屋台を堪能したい人にも満足してもらえる祭です。

屋台の数は圧倒的なので、お気に入りのお店がきっと見つかるはずです。

「祭は見るだけではつまらない!」
という人には、神輿(みこし)の参加がおすすめです。

これをきっかけに、神輿担ぎの趣味が出来るかも知れません。

体も動かせて、屋台でお腹も満足できる山王祭。ぜひ今年は新幹線で行って良い思い出を作りましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

岩手花巻まつり2017年の日程と見どころ!山車・神輿が圧巻!

暑さも一段落する9月になると、どこか遠くへ遊びに行きたくなりませんか? そんな方におす

記事を読む

富士芝桜まつり2017!見頃はいつ?見どころやアクセス情報も

http://youtu.be/SECyRjYBr1I 春は、行楽シーズン。旅行とまではいかな

記事を読む

福岡の放生会、2017年の日程や見どころ。出店の時間は?

お祭りの楽しみと言えば、どんなものを思い浮かべますでしょうか? 昔から受け継がれてきた、伝統行

記事を読む

府中くらやみ祭り2017。開催日程や見どころ、交通規制は?

GWの予定はもう決まりましたでしょうか? もしまだでしたら、府中の大國魂神社で行われる

記事を読む

成田山節分会2017の日程とアクセス情報!芸能人ゲストは?

節分には、大きな神社やお寺などで、有名人が豆まきをしている映像が流れることがありますね。 中で

記事を読む

神田古本まつり2017年の日程と楽しみ方!本好きでなくても必見!

秋は様々な事を始めやすい季節で、芸術の秋・食欲の秋・行楽の秋とも言われていますよね。その中でも特に言

記事を読む

佐賀城下ひなまつり、2017年の日程と見どころは?

女の子のいる家庭では3月3日に合わせてお雛様を飾りますが、諸事情で飾れない家庭もありますね。

記事を読む

台湾ランタンフェスティバル2017の見どころ!開催場所や期間は?

日本から行きやすい外国の代表と言えば、台湾ではないでしょうか? 冬でも暖かく、食べ物も

記事を読む

水戸偕楽園の夜梅祭2017!開催日と見どころは?

https://youtu.be/MnVFblRTtzA お花見と言えば「桜」と思う方が多いか

記事を読む

佐賀・有田陶芸市2017年の日程と見どころ。おすすめの駐車場は?

毎日腕をふるって作る料理も、お皿が適当だとせっかくの盛り付けも台無し。またお気に入りのお皿が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

鳩が平和の象徴と呼ばれている理由は?他にも平和の象徴といえば何がある?

街角で見かけることの多い鳩は、身近な存在とも言える鳥です。また

「御中」と「様」の違いとは?使い方の例もあわせて紹介!

手紙やメールをビジネスで送る際には、マナーを守って送りたいもの

ヒトカラ(ひとりカラオケ)にはメリットが沢山!おすすめの楽しみ方は?

カラオケといえば、飲み会などの2次会でよく行く場所。みんなでワ

社会人におすすめ!有料自習室とはどんなところ?利用するメリットは?

資格試験や定期テスト前には、集中して勉強をしたいですよね。

幸甚の言葉の意味とは?読み方と正しい使い方を例文を交えてご紹介します!

要件を端的に伝えるメールに慣れてしまうと、手紙を書く時に悩んで

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑