梅雨入り・梅雨明けの平均時期はいつ頃? 2017年の予想は?

tsuyuiri4

春が一段落した頃に訪れる梅雨

梅雨に入ってから一ヶ月ほどの間は、天気がジメジメして嫌になりますね。お出かけもしづらいですし、洗濯物は乾きません。

梅雨の時期はいつから・・というのが判れば、梅雨に対する心構えもできて、気分も切り替えられるものじゃないでしょうか。

ということで、今回は、梅雨入り・梅雨明けのの平均時期、そして2017年の梅雨入り・梅雨明け予想について、調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

梅雨入りとは

天候を見て判断する

tsuyuiri1

実は「梅雨入り」のはっきりとした定義というのはありません。

次の状況が続いた時などとも言われています。

  • 曇や雨が1週間以上続くと予報がされた時
  • 曇や雨が1週間以上実際に続いた時
  • 梅雨をもたらす梅雨前線がその地域に到達した時

あくまで、気象庁では、
「今日から梅雨入りです」
といった宣言はされません

雨天が連続して続いたりした後に、
「〇〇日に梅雨入りとしました」と、
発表される場合がほとんどです。

「梅雨入り宣言」が後出しのように発表されるのは、気まぐれな天気が相手なので、現状では予想が難しいところもあるんでしょうね。

梅雨明けも明確な定義は無い

同じく、「梅雨明け」に関しても、明確な定義というのはありません。

  • その地域の梅雨前線が南下していった、戻らなくなった時
  • 晴れが1週間以上続くと予想された時
  • 晴れが1週間以上実際に続いた時

などが、一応の目安とされています。

または、夏型のからっとした晴天が続くようになってから、梅雨開けと判断されることもあるようです。

更に、ぐずついた天候のまま、7月を超えてしまった場合は、梅雨明け宣言が出ない事もあります

梅雨のない場所もある

tsuyuiri7

日本ではほとんどの地域で梅雨となりますが、例外的に梅雨のない地域もあります。

有名な所では北海道ですね。この時期はあまり雨が降らず快適な季節なんです。

というのも、梅雨前線は北上するほど力が弱まり、北海道に到着するころには、威力を発揮出来ないからです。とは言っても、全く梅雨がないわけではありません。少しジメジメした「蝦夷梅雨」が続く時期もあります。

それでも5日前後と短く、梅雨のある地域からしたら羨ましい限りですね。

関連記事:北海道には梅雨が無いって本当?蝦夷梅雨の時期はいつ?

北海道以外では、梅雨前線の範囲から外れる小笠原諸島にも梅雨はありません。その代わり亜熱帯の気候のため、夏になるとスコールが降るので、これもまた大変ですね。

スポンサーリンク

例年の梅雨入りの平均時期は?

5月から6月中旬に

気象庁の過去の梅雨時期のデータによれば、例年の梅雨入りと梅雨明けの平均はこのような時期となっています。

地区 梅雨入り時期 梅雨明け時期
沖縄 5月 9日頃 6月23日頃
九州南部 5月31日頃 7月14日頃
九州北部 6月5日頃 7月19日頃
四国 6月 5日頃 7月18日頃
中国 6月 7日頃 7月21日頃
近畿 6月 7日頃 7月21日頃
東海 6月 8日頃 7月21日頃
関東 6月 8日頃 7月21日頃
北陸 6月12日頃 7月24日頃
東北南部 6月12日頃 7月25日頃
東北北部 6月14日頃 7月28日頃

2017年の梅雨入り・梅雨明けの予想

tsuyuiri3

2017年は平年なみ?

気象庁が発表している「3ヶ月予報」の6月予報を見る限りでは、本州は概ね平年並みに曇りや雨の日が多いと出ています。

全国的に気温は平年よりやや高い日が多い傾向ですね。

今後の気象の変化によって、この予測は変わっていくとは思いますが、最近の傾向や現段階の予報から見た、2017年の梅雨入り・梅雨明けの予想は次の通りです。

★2017年の梅雨入り・梅雨明け予想

地区 梅雨入り時期 梅雨明け時期
沖縄 5月12日頃 6月15日頃
九州南部 5月28日頃 7月15日頃
九州北部 6月4日頃 6月18日頃
四国 6月 3日頃 7月17日頃
中国 6月 3日頃 7月17日頃
近畿 6月 3日頃 7月17日頃
東海 6月 5日頃 7月22日頃
関東 6月 5日頃 7月24日頃
北陸 6月13日頃 7月20日頃
東北南部 6月13日頃 7月28日頃
東北北部 6月14日頃 7月29日頃

このデータはあくまでも予想ですが、ぜひ参考にしてみて下さい。

梅雨の時期が近づいてきたら、改めて気象庁の予報を確認してみてくださいね。

割りきって梅雨を楽しもう

tsuyuiri6

ジメジメした梅雨の時期は、短かいに越したことはありません。ですが、雨が降らないと夏に水不足が発生しますし、作物の育成にも影響がありますよね。

そうなると、秋には米や野菜が凶作となって、懐にも大きな打撃が・・・

梅雨の時期は確かに不快かもしれませんが、作物にとっては必要ですし、自然のサイクルなので、無ければ困ってしまいます。

梅雨の時期に雨が良く降るのは仕方がありません。そういうものだと割りきって、なるべく快適に過ごせるように、気持ちを切り替えていきましょう。

普段の心がけ次第で、梅雨の季節も楽しんで過ごせるようにしたいものですね

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

床屋と美容室の違い!どう使い分ける?

床屋さんと美容室、どちらも「髪を扱う」ところですよね。 でも、どこが違うかわかりますか?

記事を読む

鍋の焦げ付きを落とす方法4つ!鍋の種類による落とし方の違いは?

うっかり火力を間違えて、鍋を焦がしてしまったことはありませんか? 焦げてしまった料理も悲しいで

記事を読む

ホタルイカの身投げ2017年はいつ頃?ホタルイカすくいとは?

旅行に行く目的は様々ですが、ここでしか見られないもの、というのはありますよね。それもロマンテ

記事を読む

除湿機不要!じめじめした部屋を簡単に除湿する5つの方法とは?

ジメジメした雨が長く続いた時など、部屋の室内が湿気で嫌な感じになりませんか?室内の湿度が上がってしま

記事を読む

海の日の由来とは?どんなイベントがあるの?2017年はいつ?

学生にとって夏休みは、1日でも長いほうが嬉しいもの。社会人にとっても、祝日を含んだ連休になるととても

記事を読む

サーキュレーターと扇風機の違いとは?どう使い分けたら良いの?

冷房や暖房を使うと、部屋全体が均一な温度にならないことがあります。 そんな時はサーキュレーター

記事を読む

加湿器の効果的な置き場所は?湿度設定はどれくらい?

空気が乾燥する冬は、お肌や唇が乾燥しがちでつらい季節でもあります。また空気が乾燥すると風邪を

記事を読む

今年は必見!2016年のスーパームーンはいつ?願い事すれば叶う?

https://youtu.be/Zn1018JP3xg 夜空を明るく照らす満月は、見ていて美

記事を読む

正しい銀行印を確認する方法。代理は可能?紛失時はどうする?

印鑑を使う文化は日本独特のもの。その中でも「銀行印」はとても大切ですね。 普段は銀行印

記事を読む

ひんやり涼しい!アイスノンの効果と上手な使い方とは?

熱が出た時に、冷凍庫からアイスノンを出してもらった記憶はありませんか? 熱っぽい頭にアイスノン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

四葉のクローバーの意味と花言葉とは?見つかる確率はどのくらい?

https://youtu.be/PDBPPFsCGoQ アクセ

紫外線による目の日焼けの症状とは?効果的な対策方法と言えば?

夏が近づくと重要になるのが、紫外線対策です。 特に夏は外

日焼け止めの捨て方と正しい保存方法!去年残った日焼け止めは使えるの?

日差しが強くなると気になるのが、紫外線による日焼けのことです。

カレーに合うおすすめの具材と言えば?定番と変わり種を紹介!

街角やご近所からカレーの香りがすると、途端に自分もカレーが食べ

バーベキューの差し入れで喜ばれるものと言えば?デザートならコレ!

夏が近づいてくると、楽しみたくなるのがバーベキュー。 み

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑