紫外線が子供の目に及ぼす影響とは?どう対策する?

| 健康 | , , ,

shigaisenchild3

子供が外で元気良く遊ぶのは良いことですが、
紫外線対策は気になりますよね。

「一生のうちで浴びる紫外線の大半は18歳までに浴びる」
との調査報告が、WHOからも出ています。

紫外線対策は、大人になったからではなくて、
子供のうちからしっかり行いたいですね。

お肌の紫外線対策も大切ですが、
実は「目」にも紫外線対策が必要だということをご存知でしょうか?

気をつけないと、白内障や角膜炎を引き起こしたり、
視力低下を招いてしまう危険性だってあります。

今回は、紫外線が子供の目や体に及ぼす影響、
そして対策方法について
まとめてみました。

スポンサーリンク

紫外線が子供の肌や目に与える影響は

皮膚への影響について

子供は、外で軽く日光を浴びることによって、
体内時間が整い、早寝早起きが出来るようになります。

また、ビタミンDが生成されるので、
骨も丈夫になるメリットがあります。

shigaisenchild2

反面、紫外線を浴び続けることによる
デメリットも大きいもの。

子供のうちから紫外線を受けすぎると、
 ・成人後に皮膚がんのリスクが高まる
 ・免疫力が弱る

といった健康面にも問題が起きる可能性があります。

また、美容の面から言っても、
シミやソバカスが発生確率が大きくなってしまいます。

実は、子供のうちから影響が出るというよりも、
大人になってから影響が出ることがとても多いのです。

気がついた時にはもう遅かった…とならないためにも、
子供のうちから、皮膚の保護には気をつけたいですね。

目への影響について

shigaisenchild4

皮膚への影響以上に恐ろしいのが、
紫外線が目に及ぼす影響です。

子供でも、強い紫外線を目に受け続けると、
目に様々な影響が出てくることがあります。

一番わかり易いのが、
海に行った後に目が赤くなってしまう事

これは海の水の影響もありますが、
それ以上に紫外線によって角膜炎を引き起こしている場合も多いものです。

スキーをした後に起こる「雪目」も角膜炎の一種ですが、
これも紫外線の影響なんですね。

また、蓄積した紫外線によって、
「白内障」を引き起こす可能性だってあります。

大人の病気だと思われますが、
紫外線を強く浴びることで、子供でも発症する危険が。

「目」は、皮膚以上に紫外線からの保護を考えないといけないんですね。

スポンサーリンク

子供の紫外線対策のポイント

子供の紫外線対策は、
早ければ早いほどしておくのがいいですね。

ではどう対策すれば良いでしょうか?

UV加工のサングラスやメガネを

屋外で行うスポーツ活動をしている子供には、
UV加工されたサングラスを装着させましょう。

最近では指導者側でも、
競技中はサングラス着用を推奨するケースも増えてきています。

そういった事が無くても、
理由を説明して装着の許可をもらいましょう。

特に野球の場合、
ボールを取るときに太陽が目に入ることがありますので、
サングラスは必要です。

スポーツ活動をしていない子供でも、
外遊びの時には、出来ればUV加工メガネを装着させましょう。

目が悪い子供の場合は、
メガネを作る時にレンズにUV加工を施せば安心ですね。

最近ではかわいいデザインも増えてますので、
目の保護と同時に、おしゃれも楽しむことができますよ。

UV効果のある帽子で防止しよう

メガネをするのはちょっと…という場合や、
登下校の短時間だけなら、帽子を活用しましょう。

つばの幅が広い帽子ですと、顔周辺のカバーが可能です。

通常のつば付き帽子でも、
帽子なしと比べると紫外線は半減すると言う調査結果も出ています。

UV効果のある帽子をかぶれば、更に効果的です。

長袖の服や薄手のパーカーも

皮膚への対策は、
日焼け止めにプラスして、
長袖の服を着用するのも効果的。

登下校時に、薄手のパーカー類を着用だけでも、
かなり日焼けを防げますよ。

日差しの強い時間帯は避ける

子供が元気よく外で遊ぶことは、
とても健康的で良いことです。

ですが、日差しの強くなる、午前10時から午後2時にかけては、
紫外線が強くなる時間帯でもあり、
なるべく外で遊ばせないほうが良いかもしれませんね。

もちろん、一切外に出さないのは、子供に無理強いをさせますし、
現実的ではありません。

午前中に外で遊んだのなら午後は家で遊ばせるなど、
ずっと外にいる状況にしないようにしましょう

子供に無理強いさせるのは駄目

shigaisenchild5

紫外線を浴び続けることは怖いことですし、
子供の健康を願うのは親の努めです。

ですが、ずっと家にこもっていても良くありませんし、
逆に外にずっといる状態も良くありません。

紫外線は確かに怖いものですが、
遊ぶ時間に気をつけたり、紫外線対策をきっちりと行えば、
子供に無理をさせるようなことは無いですよね。

しっかりと紫外線対策を行って、
子供には元気よく外で遊んでもらいましょう。

のびのびと健康的に遊び、楽しく毎日を過ごすこと。
それこそが、子供の健康にとって一番良いことじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

風邪に効果のある食事の摂り方。コンビニで買うならコレ!

風邪を引いて身体がだるい- そんな時には、買い物はもちろん、 食事を作る気力すらありませ

記事を読む

寒暖差アレルギーってどんな症状?予防と対策は?

鼻炎や花粉症でもないのに鼻がムズムズする・・・ そんな人は要注意! それは寒暖差アレルギーかも

記事を読む

生あくびが止まらない!眠くないのに何故?その原因と対処方法

https://youtu.be/_-YuWDFSjLo 人前で「あくび」をするのははしたない

記事を読む

秋に発症する花粉症の症状と原因とは?春の時とはどう違うの?

夏の暑さもひと段落して過ごしやすくなる秋は、行楽へと出かけたくなる季節でもあります。

記事を読む

ドライアイを改善するにはどうする?対策と予防方法をご紹介!

長くパソコンを使っていたり、スマホ画面に集中していると目が疲れますよね。 そんな時は、

記事を読む

気になる顔や足のむくみ。食べ物や飲み物で解消するならコレ!

・一日デスクワークをしていたら、夕方頃に足がパンパンになっていた… ・疲れがとれない朝に鏡

記事を読む

花粉症の症状 咳や頭痛がする原因と対処は?

「くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ」 これが花粉症の典型的な症状です。 でも、花粉症

記事を読む

マスク+メガネ=曇る!その原因と対策方法は?

寒くなる季節、風邪やインフルエンザ予防の為にも マスクが必需品となりますよね。 でもこの

記事を読む

糖質制限ダイエット中のケトン臭とはどんな匂い?対策方法は?

お米を主食としている日本人は、炭水化物を取り過ぎる傾向にあると言われています。それだからなのか、ご飯

記事を読む

足がつる原因は何?足がつった時の対処方法や予防方法

久々に体を動かした時に、足をつってしまった…という経験はありませんか?中には真夜中に寝ていて、いきな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来とは?開花時期はいつ?

https://youtu.be/uEdb3Gig5qg 夏に咲

月下美人の花言葉や名前の由来。開花時期や花の特徴は?

花屋やガーデニングで見かけるお花は、名前が分からなくても美しい花ばかり

赤ちゃんの動物園デビューはいつからがいい?気を付けることは?

わが子には様々な体験や経験を通じて、心豊かな人間に成長して欲し

アイスクリーム/アイスミルク/ラクトアイスの違い。食べるならどれ?

最近は季節を問わずアイスを食べる人も多いですが、やはりアイスは

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑