一人暮らしのペットには「猫」がオススメ!かかる費用は?

| 動物・植物 | , , ,

一人暮らしを始めると、
気兼ねない生活に開放的になりますよね。

一方でただいまと玄関を開けても返事はなく、
部屋は静かで少し寂しい…なんて思いませんか?

そんな一人暮らしが寂しくなってしまった人におすすめなのが、
ペットを飼うことです。

ペットにも色々ありますが、
特にオススメなのが「猫」なんです。

どうして猫がおすすめなのか、
また飼うためには費用はどれくらいかかるのか?
など、
これから順序を追って説明しますね!

スポンサーリンク

一人暮らしに猫がオススメなわけ

猫は一人暮らしの環境に向いている

hitorineko1

猫は他のペットと比べると、お世話しやすい動物ですね。

犬の場合、室内で飼っていても毎日の散歩が欠かせません。
散歩が不要なハムスターやうさぎは、意外と弱く寿命も短いです。

その点、猫は室内である程度動き回れる空間と、
飛び登れる高い場所があれば、運動は充分です。

しっかり飼育すれば丈夫ですし、
病気の時もペット病院ですぐ見てもらえます。

しかもエサを用意しておけば、
1泊程度の旅行なら放置しておいても大丈夫です。

この手の掛からなさが、
一人暮らしに猫がぴったりな理由なのです。

猫は適度に優しい

猫は犬と違って、
気まぐれて自分本位の生き物だから、という人もいます。

ですが、一人暮らしの場合は、
この「気まぐれで自分本位」という性質が合っているもの。

猫は帰宅しても、気まぐれにこちらをむいて終わり、
という場合すらあります。

玄関までお出迎えしてくれる日もありますし、
ご飯が欲しいと訴える日も。

そして、自分の気が済めばそのままそっと離れていきます。

このつかず離れずの程よい優しさが、
一人暮らしに丁度よいのです。

寂しいのに来てくれないと思うなら、
自分から猫のほうへ行けば良いのです。

猫は適当に、あるいは真剣に、
相手してくれることでしょう。

スポンサーリンク

猫を飼う際に気をつけたいこと

しつけはしっかり行う

猫はしつけとして、
「トイレの場所」
「爪とぎの場所」

を教える必要があります。

これをしないと、家中におしっこをされてしまいますし、
爪とぎで壁やドアがボロボロ…なんてことに。

持ち家なら良いのですが、
賃貸住宅ですと引越し際にトラブルの原因にも。

子猫のうちにきちんと教えれば、
余程のことが無い限りトイレは失敗しませんし、
爪とぎも覚えますよ。

hitorineko2

不用意に餌を与えない

人が食べているものに猫は興味を示し、
その仕草が可愛くてついつい与えてしまうこともあります。

ですが、猫には絶対与えてはいけない食べ物が幾つかあります。

ネギ類はその代表格。

最悪、血液の中の赤血球が破壊されるので、
ネギ類は猫には非常に危険なものです。

チョコレートも猫には危険な食べ物の一つで、
カカオ入りの食べ物は心不全を引き起こす危険もあります。

ねこまんま、という言い方がありますが、
人間の食べ物は動物には与えてはいけません

猫用のペットフード・おやつが豊富に出回っていますので、
それだけを与えるようにしましょう。

部屋は片付けよう

猫は高い所に登るのが大好きです。
こちらが注意していても勝手に駆け上ります。

棚の上やタンスの上に置いてあるものは、
気をつけないと猫が落とす危険があります。

台所も平気で上がる場合があるので、
コンロ周りは不意にスイッチが入らないような配慮も必要です。

電源コード類も引っ掛けておもちゃにしたり、
かじって遊ぶことだってあります。

これらは全て、部屋を片付けておけば防げます

部屋も片付いてすっきりしますし、
猫が生活しやすい空間にもなって一石二鳥ですよ。

猫を飼うのにかかる費用はどれぐらいなの?

hitorineko3

初期費用

猫をペットとして飼ったら、
まずは病院で診療を受け、必要なら予防接種を受けましょう。

ただし、動物病院は診療費が人間より高く付くこともあります。

病院によって料金は大幅に違いますが、
1回の診療で1万円以上は必要になります。

また後々には。避妊手術を受けさせる事も必要になります。

かわいそうと思うかも知れませんが、
野良猫を増やさないための処置としてもとても大切なんですね。

猫の場合、雄で15,000円ほど、雌で25,000円ほどの料金が発生します。

また、ホームセンター等でトイレセットエサを用意しましょう。

トイレは2,000円もあれば購入が可能ですし、
砂も500円もあれば購入できます。

エサはとりあえず様子見で量の少ないものを、
500円ぐらいを目安に購入してみましょう。

その他にも爪とぎ板首輪など、
細々したものを購入する事になります。

病院代と合わせて2万円ほどを用意しておけば、
おおよその準備は可能ですよ。

一ヶ月にかかる費用

病院に行く事もなく、
一ヶ月元気に過ごした場合の猫にかかる費用は、
4,000円前後です。

トイレ砂は毎日少しずつ入れ替える必要があり、
時々全てを入れ替える事も必要です。

猫砂はその猫にもよりますが、
2週間から1ヶ月に一袋分は消費します。

5キロで500円~1,000円ぐらいで販売されていますので、それを活用しましょう。

エサは平均で2,000円~3,000円ぐらいを見積もるといいでしょう。

内訳は、缶詰系が1,000円前後、
カリカリが1,000円~2,000円前後。

カリカリは10キロパックを購入すれば、
一ヶ月は持つので意外と経済的です。

一方の缶は開けると傷みやすいため、
結果的に高めになります。

最後まで面倒を見る覚悟を

hitorineko4

いかがでしたか?

最後に、
「猫」は大切に飼えば、
15年ほど生きる動物と言われています。

そして、ぜひとも、
最後まで必ず面倒を見る覚悟を決めてから飼って下さい

どうしても飼えない事情が出てくる場合も、
最後までベストを尽くしてあげて下さい。

可愛いペットのためなら、
そう難しい事ではありませんよね?

その覚悟を持った上で、
仲良く楽しい猫ライフを送って下さいね!

スポンサーリンク

関連記事

kibouhanakotoba1

希望的な花言葉を持つお花には何があるの?おすすめ6選!

https://youtu.be/b3u2nrKeeyQ 鉢植えや花束・プリザーブドフラワーな

記事を読む

christmasrose1

クリスマスローズの花言葉とは?その由来は?

クリスマスローズって、素敵な名前のお花ですよね。 ヨーロッパ原産のクリスマスローズは、日本では

記事を読む

setsubunsou2

冬の花・節分草(セツブンソウ)の花言葉は?おすすめの群生地はどこ?

毎年2月に訪れる節分には、豆まきや恵方巻きを食べて開運を願います。 また節分は暦の上で

記事を読む

shibazakurasodatekata6

芝桜(シバザクラ)の正しい育て方。増やし方や植え方のポイントも

http://youtu.be/PKbhQv8avu8 季節の花々は、私たちの目と心を楽しませ

記事を読む

edibleflower4

エディブルフラワー(食用花)の種類には何がある?購入は通販で!

毎日の食卓が、どうもパツとしないと思ったことはありませんか? 煮物・炒めものなどの「茶色」が多

記事を読む

autumnflower1

秋の花といえば何?代表的な花5選!名前や読み方も紹介!

暑さも一段落して秋が近づくと、夏とは違った花が咲いて私達の目を楽しませてくれます。 中にはよく

記事を読む

poinsettia1

ポインセチアの花言葉とは? クリスマスに使われる理由・由来

クリスマス用「ポインセチア」出荷ピーク 富山 http://youtu.be/RfsRBkQau0

記事を読む

midorimushi1

ミドリムシの健康への驚きべき効果とは? どんな生き物?栄養素は?

http://youtu.be/4gxPjIgJnLo 最近TVや雑誌等で話題にあがるミドリム

記事を読む

christmasrose7

クリスマスローズの失敗しない育て方とは?

クリスマスローズは、冬の花壇に彩りを与えてくれる、冬を代表する花です。 もともと、クリスマ

記事を読む

poinsettia4

ポインセチアの育て方!冬でも長持ちさせるコツは?

クリスマス近くになると、いたるところで見かけるポインセチア。 戴いたり、買ったりしたことのある

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

womansday003
国際女性デーとは何の日?ミモザの日とは?日本でもイベントはある?

女性へ日頃の感謝の気持ちを伝える日と言えば、 「母の日」や「ホワイト

radish001
大根の気になるカロリーや糖質は?ダイエットに適した食べ方ならコレ!

ダイエットの方法の一つに、「糖質制限」がありますよね。 ご存知の

applekind001
使い方や味で選びたい!人気のりんご5種類。美味しさの特徴とは?

https://youtu.be/RrzyuNAqkO0 秋から

roastedgreentea002
ほうじ茶の効能と健康に良い効果とは?飲むなら朝と夜のどっち?

和食を食べた後には、やはり日本茶が飲みたくなります。ほのかな苦味と甘味

cocoahie002
ココアの冷え性改善効果は抜群!ダイエットにも良い飲み方とは?

寒い冬になると飲みたくなるのが、甘い香りと味がほっとするココア

→もっと見る

PAGE TOP ↑