夏を先取り!横浜開港祭の花火2017!日程や時間は?

| イベント・お祭り | , , ,

yokohamamatsuri2

火大会と言えば夏の風物詩。浴衣を着て夏空を彩る花火を見るのが定番ではないでしょうか。

けれども季節に関係なく、
花火が見たい!
あるいは、いち早く夏を先取りしたい
なんて人もいるのでは。

そんな方に一押ししたいのが、横浜で毎年6月に開催される「横浜開港祭」なのです。

港街ヨコハマで、梅雨空を吹き飛ばす花火を見て、夏を先取りしてみませんか?

そこで、2017年の横浜開港祭の花火について、日程や時間、見どころなどをまとめてみました。

スポンサーリンク

横浜開港祭とは

開港をお祝い!

yokohamamatsuri3

横浜開港祭はその名前の通り、横浜港の開港を祝うイベントです。

横浜港は幕末の「黒船来航」がきっかけとなって、1859年・旧暦6月2日に開港されました。開港した翌年の6月、開港1周年をお祝いするために、山車を持ちだしてお祝いがなされました。

この出来事から、6月2日が横浜港の開港記念日となったということです。

ちなみに、6月2日は横浜市内の市立小中高校は休校日になります。ちょっとうらやましいですね。

開港祭は1981年から

横浜開港祭が開港記念日に開催されるようになったのは、1981年から

当初は「国際デープレ横浜どんたく」という名称で、パレードや、オリエンテーリングを行なっていました。現在の名称になったのは1995年からです。

名称は変わり、内容も多彩に変化しましたが、みんなで開港をお祝いする気持ちは今も変わりません。

横浜開港祭の2017年の日程、花火大会の時間は?

yokohamamatsuri1

今年2017年の横浜開港祭の開催は、
6月2日(金)・6月3日(土)の2日間です。

また2017年は横浜開港祭が開催されて36周年目の年になります。

花火大会の詳細は?

花火大会は、最終日の6月3日の夜に開催されます。

開催時間は、午後7時20分開始、終了は午後7時50分頃の予定です。

なお、雨天決行ですので、天候が思わしくない場合はレインコートを用意しましょう。大混雑の中で傘を使用すると、視界を塞ぐばかりか、とても危ないので、気をつけたいところですね。

スポンサーリンク

見どころとオススメの穴場スポットは?

花火大会は見逃せない!

まずはなんと言っても、ビームスペクタクル in ハーバーと呼ばれる花火大会は見逃せません。

6000発もの花火が打ち上がり、レーザー光線での演出も加わる、素敵な花火大会なんですよ。

首都圏で毎年最初に開催される花火大会という事もあり、毎年大勢の観客で溢れかえります。そのため、近くて良い場所で花火を見ようとすると、大混雑を覚悟しなければいけません。

もしゆったりと見たいのなら、会場から少し離れますが、
・「港の見える丘公園」
・「山下公園」
に行きましょう!

花火は小さくなりますが、花火だけ見たいのならこちらがおすすめです。

有料席やクルーズも

花火も見たいし祭も楽しみたい、だけど混雑するのは…、というのなら有料席を利用してみるのはいかがですか?

例年、有料の観覧席が発売されています。料金設定や観覧場所は毎年変わりますが、今年はメイン会場の芝生席が5,000円、ステージ正面の椅子席がペア2席で40,000円になります。

また、横浜港のクルーズ船がこの時期に合わせて、花火見物ツアーを売り出します。船によって、ディナー付きのものから花火見物に特化したものまで多種多彩。プランに合わせてこちらを利用するのも、良い思い出となりますよ。

花火大会だけじゃない!

開港を祝うイベントなだけあって、船にまつわるイベントが沢山用意されています。

豪華客船の乗船体験や、自衛隊の船を一般公開といった、乗船体験イベントが多数用意されています。

有料のものや事前予約が必要なものから、当日受付のものまであるので、ぜひ乗ってみてはいかが?

ステージを見れば、ジャズ演奏やチアリーダーのデモンストレーションが行われています。会場内では飲食ブースが設けられ、喫茶店の周辺をマスコットキャラが遊んでいたり。自衛隊音楽隊の演奏パレードや、子供向けのゴーカート体験イベントなども。

花火大会の印象が強い横浜開港祭りですが、昼間から港は文字通りのお祭り騒ぎ!

一日いても遊び足りないぐらい、イベントが目白押しなんですよ

アクセスは?

横浜開港祭は、「臨海パーク」で開催されます。

お祭り期間中は、周辺道路はかなり混雑しますし、会場周辺には駐車場が少ないですので、出来るだけ公共交通機関を利用しましょう。

公共交通機関でのアクセス

会場へ行くには、まずJR横浜駅を目指しましょう。そこから横浜高速鉄道「みなとみらい線」に乗り換えます。みなとみらい駅で下車し、徒歩5分で到着します。

またJRで行く場合は、根岸線・桜木町駅が最寄り駅となります。

徒歩15分ほどとなりますが、ランドマークタワーなど見どころの多い一帯です。歩くのも楽しいですよ。

恋人同士でも、家族でも、友達同士でも。

yokohamamatsuri4

横浜開港祭のの良い所は、多彩なイベントが用意されている所。例えば花火大会は、まだジメジメする6月の気分を吹き飛ばす、華やかな花火大会です。

素敵な思い出を作りたい恋人同士に、ぜひ行って欲しいイベントですね。

日中のイベントは、お子様から大人まで楽しめるイベントが目白押しです。友人同士、家族連れでも楽しめ、一日会場にいても飽きることはありません。

横浜開港祭を、昼間から夜まで目一杯楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

長浜曳山まつり、2017年の開催スケジュールと見どころを紹介!

全国各地で開催されているお祭りでは、ハレの日の美しい装飾品が数多く使われています。また豪華絢

記事を読む

山車がすごい!小江戸の川越祭り、2016年の日程と見どころ!

江戸の情緒が現在も残る「小江戸」川越は、全国から観光客が訪れる人気の街。気温も落ち着く秋に、

記事を読む

博多どんたく港まつり。2017年の日程と見どころは何?

GW中に開催されるイベントで、最大級の人出を誇るイベントをご存知ですか? それは、博多

記事を読む

感動的な祭!おわら風の盆2016年の開催日程と見どころ!

日本のお祭りは勇ましいものが多く、また盆踊りなどの行事も賑やかなものが多い印象があります。 し

記事を読む

神田祭2017年は本祭!日程や見どころをご紹介!

江戸っ子ならば5月になると待ち遠しいのは、神田明神の神田祭ではないでしょうか。 神田祭

記事を読む

花菖蒲を楽しむなら葛飾菖蒲まつり!2017年の見頃は?

梅雨の時期はつい家にこもりがちですが、草花にとって潤いと成長の時期。 あじさいも美しい

記事を読む

愛媛の新居浜太鼓祭り、2016年の日程と見どころをご紹介!

「三大祭り」という表現をよく見かけますが、四国のお祭りにも三大祭りという表現が使われます。

記事を読む

ディズニーハロウィン2016!仮装期間や仮装のルールは?

日本でもすっかり定着したハロウィンですが、シーズンになるとあちこちで趣向をこらした仮装が見ら

記事を読む

浅草ほおずき市の由来。2017年はいつ?ほおづきの値段は?

夏の訪れを感じるものは様々ですが、「ほおずき市」の開催で感じる人も多いのでは。 初夏になると全

記事を読む

愛媛西条祭り2016年の日程は?神輿とだんじりが大集結!

通常お祭りで見かけるお神輿(みこし)などは、多くても10台ほどではないでしょうか。 と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

四葉のクローバーの意味と花言葉とは?見つかる確率はどのくらい?

https://youtu.be/PDBPPFsCGoQ アクセ

紫外線による目の日焼けの症状とは?効果的な対策方法と言えば?

夏が近づくと重要になるのが、紫外線対策です。 特に夏は外

日焼け止めの捨て方と正しい保存方法!去年残った日焼け止めは使えるの?

日差しが強くなると気になるのが、紫外線による日焼けのことです。

カレーに合うおすすめの具材と言えば?定番と変わり種を紹介!

街角やご近所からカレーの香りがすると、途端に自分もカレーが食べ

バーベキューの差し入れで喜ばれるものと言えば?デザートならコレ!

夏が近づいてくると、楽しみたくなるのがバーベキュー。 み

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑