安全で正しい油の捨て方とは?アロマキャンドルも効果的!

aburastekata1
ホームパーティーやお誕生日会などで、
沢山揚げ物をした後に困るのが油の処理ですね。

揚げ物に使ったお鍋も、早い内に洗ってしまいたいですし、
使わないなら油を捨ててしまいたい。

でも、捨て方を間違えると、
火事やパイプつまりの原因にもなりかねませんし、
環境汚染の心配も。

そこで、環境にも優しい、
安全で正しい油の捨て方をまとめましたので、ぜひ覚えておきましょう!

スポンサーリンク

正しい油の捨て方

揚げ物に使った油は、
炒め物に使うと無駄にならないと言いますよね。

ですが、長い間空気に触れた油は酸化してしまい、
炒め物や揚げ物がべたつく原因となります。

また体にもあまり良くないので、
大量の揚げ物油は、早めに処分するようにしましょう。

次から、安全で正しい油の捨て方についてご紹介します。

aburastekata2

市販の凝固剤を使う

簡単に処理したい場合は、市販の油凝固剤を利用します。

ホームセンターやドラッグストアで販売されているので、見たことがありますよね。
使う前に必ず注意事項をよく読み、指示に従って処理しましょう。

牛乳パックを使う捨て方

身近にあるもので油を処分するなら、牛乳パックを使うと便利。

用意するのは次のもの。
・1リットルの牛乳パック(同じ形態なら牛乳以外の紙パックでも可)
・古新聞か使い古した布
・粘着テープ

処分方法も簡単です。

1・牛乳パックは一度中を洗ってから、上の口を全て開いておく
2・牛乳パックの中に、水で軽く湿らせた古新聞や布を詰めておく
3・使い終えた油を、必ず冷めた状態で牛乳パックの中に注ぐ
4・粘着テープで口をしっかり塞ぐ

こうすると「燃えるゴミ」の扱いになりますが、
必ずお住まいの地域の分別方法を確認しましょう。

ビニール袋を使う捨て方

油の量から、牛乳パックを使うほどでもない場合などは、
ビニール袋やポリ袋でも代用が可能です。

この場合は、油漏れを防ぐために、
ビニール袋を二重にすることと、穴が開いていないかチェックしましょう。

後は牛乳パックの時と同じく、
中に古新聞などを詰め、油を染み込ませて処分します。

この場合も、中の布や古新聞を一度水で湿らせる事を忘れずに。

ポイントを押さえて発火を防ごう

牛乳パックやビニール袋で処分する際に、
中のものを水で湿らせるのには理由があります。

油だけを染み込ませたものを、気温の高い場所に放置すると、
自然発火する恐れがあるからです。

水を混ぜておくだけで、自然発火の危険を抑えることが可能になるんですね

それでも長い間放置するのは危険ですので、
処理をしたらすぐに捨てるようにしましょう。

また油が熱いうちに処理するのは、
やけどや紙類の発火、ビニールが溶ける危険があります。

必ず、油が冷えてから処理を行いましょう。

スポンサーリンク

効果的かつユニークな油の捨て方をご紹介

頂き物の油をしまいこんで忘れてしまい、
気がつけば、使用期限が過ぎていたということはありませんか?

そのまま使っても問題無さそうですが、
やはり期限の過ぎた油は使いたくないですよね。

ですがそのまま油を捨てるのももったいない。
そんな場合はこの様な方法で処分するのはいかがでしょうか?

アロマキャンドルに

aburastekata3

余った油の活用法で有名なのが、廃油から作る石鹸ですが、
材料の中に劇薬の苛性ソーダを使うこともあり、少々ハードルが高いですね。

そこで、石鹸ほど難しくなく、比較的安全にできる方法が、
アロマキャンドル

そのアロマキャンドルの作り方を紹介します。

■廃油キャンドルの作り方 Produced by 環境維新隊

用意するのは、
 市販の凝固剤、
 タコ糸、
 お好みのアロマオイル、
 クレヨン、
 耐熱ガラス瓶

です。

作り方も簡単です。

1・油を80度ぐらいまで加熱する。
2・好きな色のクレヨンを削って油と混ぜる。
  1本だと濃い色になるので、半分ぐらいで一度様子を見る。
3・凝固剤を入れる。
  説明書通りの分量だと柔らかいので、2倍程度を目安にするとローソクらしい硬さになる。
4・少し冷えたらアロマオイルを10滴程度入れ、軽く混ぜる。
5・耐熱ガラス瓶に八分目まで油を注ぐ。
6・タコ糸を耐熱ガラス瓶に垂らす。糸が斜めになるのを防ぐのに、割り箸で挟むなど工夫する。
7・完全に冷えて固まったら出来上がり。

熱した油は危険ですので、くれぐれも注意してください。
また、市販の凝固剤の本来の使い方ではないので、その点も注意してくださいね。

垂れ流しは汚染の元!

aburastekata4
くれぐれも油をそのまま排水口に流すのだけはやめましょう

面倒だから、少量だからと、そのまま流してしまう人もいます。
でもこれはあらゆる意味でとても危険です。

熱いうちに捨てると、火事の原因になりますし、
冷えた油が排水口が詰まらせる原因にもなります。

それ以上に、下水が油で汚染され、環境破壊の原因にも繋がりますよね。

自分だけなら、という考えが、
周囲に迷惑を掛ける原因になってしまうことに。

油も正しく捨てれば資源になります。
地域の捨て方に従って、正しく処分したいですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

受験生に贈る応援メッセージのポイントとは?使える一言例文も紹介!

受験シーズンが近づくに連れ、精神的にそわそわする受験生も増えてきます。 毎日の学習でで

記事を読む

ボジョレーヌーボー2017年の解禁日はいつ?美味しく飲むには?

毎年11月に解禁となるボジョレーヌーボーは、ワインに興味がない人でも気になります。 解

記事を読む

体育祭(運動会)で使えるかっこいいスローガンは?例もご紹介!

秋と言えば、運動会・体育祭の季節ですね。小学校なら紅白に分かれて、中学校や高校ならば、学年ご

記事を読む

子供用甚平の作り方。簡単に手作りで出来る方法をご紹介!

子供はとっても汗っかき。 気がついたらパジャマが汗でじっとり… なんてこと、よくありますよね。

記事を読む

食費を節約するコツと方法は?工夫と意識改革で実現しよう!

毎月のお給料でやりくりする中で、食費にかかる割合はけっこう大きいもの。全く食べないという選択肢は無い

記事を読む

照明の色による効果の違い。部屋によってどう使い分ける?

現在は長持ちするLED照明が普及していますが、以前は照明と言えば、寿命が短くて取り替えること

記事を読む

松花堂弁当の由来。幕の内弁当との違いは何?

旅行や行楽のときのお弁当と言うのは、 楽しみのひとつですよね。 いろんなおかずが美しく詰

記事を読む

とってもカワイイ!手縫いで作る簡単シュシュの作り方!

少し前に大流行したシュシュは、ヘアアレンジの定番アイテムとしてすっかり馴染んでますね。 日

記事を読む

ひんやり涼しい!アイスノンの効果と上手な使い方とは?

熱が出た時に、冷凍庫からアイスノンを出してもらった記憶はありませんか? 熱っぽい頭にアイスノン

記事を読む

スーツケースのパッキングのコツとは!便利グッズもご紹介!

旅行は準備の時も楽しくて、あれこれ持って行きたくなりませんか? しかしカバンの容量には限界が。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ふじさわ江ノ島花火大会2017年の日程や時間!穴場スポットもご紹介!

夏のイメージが強い花火大会ですが、最近では季節を問わず開催されるよ

ボジョレーヌーボーに合うおつまみと言えばコレ!合わせる料理のポイントは?

ボジョレーヌーボーの解禁日が近づくと、今年の味はこうだ!と話題になりま

コンサートとリサイタルの違いとは?ライブとはどう違うの?

普段はCDなどで楽しんでいる曲も、音楽会場で生演奏を聞くと迫力

鳩が平和の象徴と呼ばれている理由は?他にも平和の象徴といえば何がある?

街角で見かけることの多い鳩は、身近な存在とも言える鳥です。また

「御中」と「様」の違いとは?使い方の例もあわせて紹介!

手紙やメールをビジネスで送る際には、マナーを守って送りたいもの

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑