端午の節句に粽(ちまき)や柏餅を食べるのは何故?由来は?

| 日本の習慣・行事 | , , ,

chimakikashiwa1

5月5日は「子どもの日」ですが、端午の節句でもあります。

もともと、菖蒲やヨモギを軒先にさして邪気を払う日だった、端午の節句。今でも、端午の節句には、菖蒲湯に入るご家庭も多いのではないでしょうか。

ところで、端午の節句と言えば、柏餅ちまきを食べますよね。

でも、どうして「柏餅」と 「ちまき」なのでしょうか。

端午の節句に柏餅やちまきが食べられる由来、それ以外に端午の節句に食べられるものについてまとめてみました。

スポンサーリンク

柏餅が食べられる由来

端午の節句に「柏餅」を食べるのは、もともと関東地方の習慣です。

近畿以西では、柏の木が自生していないため、関西では、端午の節句の食べ物と言えば、「粽(ちまき)」です。

柏餅を包む柏は、神聖な木とされています。

新芽が出ないと古い葉が落ちないことから、「子孫繁栄(跡継ぎが途絶えない)」に結びつく、縁起のよい食べ物とされているんですね。

柏餅がうまれたのは、江戸時代に、江戸で参勤交代で全国に広まったと言われます。

ちまきが食べられる由来

chimakikashiwa2

日本でうまれた柏餅に対し、端午の節句に「ちまき」を食べるのは、中国の故事に由来します

中国の戦国時代、高名な詩人、屈原(くつげん)は、楚の国王側近として仕え、その人柄から人々に大変慕われていました。しかし、陰謀により失脚、国を追われてしまいます。

屈原が、失意のうちに、汨羅(べきら)と言う川に身を投げたのは、5月5日のことでした。

人々は嘆き悲しみ、屈原の霊を慰めるため、小舟を出して太鼓を打ち、竹筒に米を入れて汨羅の淵に投げ、魚が遺体を食べないように祭ったと言われます。その後、300年もの間、人々は5月5日に供物を捧げ続けていました。

そしてあるとき、屈原の霊があらわれ、次のように言ったと伝わっています。

「せっかくの供物も、淵に住む蛟龍(こうりゅう)が食べてしまう。楝樹(せんだん)の葉で包み、五色の糸で巻けば、蛟龍が食べることはないだろう。」

これが、ちまきの始まりとされています。

ちまきは、忠誠心の象徴となりました

ちまきに結んだ五色の糸は、今では鯉のぼりの吹流しの色になっています。

端午の節句にちまきを食べるのは、厄除けであり、我が子に「忠義の人」になって欲しいと言う願いを込めてのことなんですね。

スポンサーリンク

他に端午の節句に食べられるものは?

最近では、こどもの日にはケーキ、と言うご家庭も多いかも知れませんね。もちろん、子どもの日ですから、お子さんの喜ぶものが一番でしょう。

ですが、端午の節句が子供の健やかな成長や立身出世を願う日であることを考えると、次のような食べ物はいかがでしょうか。

鯛(たい)

chimakikashiwa3

「めでたい」のごろ合わせから、各種イベントには欠かせない「鯛」。尾頭付きなら、一層めでたさも増しますね。

ぶりを使った料理

出世魚のぶりにあやかって。

「ぶり」は、お刺身もおいしいですし、照焼きやぶり大根などレシピも豊富です。

出世魚なら、スズキもいいですね。

カツオ

「カツオ」は、「勝男」に通じ、「勝つ」と言うことで非常に縁起がいい食材です。

たけのこ

時期的においしい「たけのこ」は、すくすくと伸びることから、こどもの日にはふさわしい食べ物です。

煮物はもちろん、たけのこご飯やお寿司もいいですね。

中華風ちまき

端午の節句に食べるのは、和菓子のちまきですが、「中華風のちまき」なら、りっぱな食事になりますし、お子さんと一緒に作るのも楽しいですね。

電子レンジを使えば、簡単に作ることができますよ。

chimakikashiwa4

行事には由来や意味を考えてみよう

関連記事:
鯉のぼりの由来や意味。こどもの日に掲げるのは何故?
こどもの日は女の子もお祝いしていいの?プレゼントはどうする?
夏を先取り!立夏にはどんな意味があるの?

季節の行事やお祝いなどのとき、ともすれば「楽しむ」ことや、「食べ物」に気持ちが行ってしまいがちです。

もともとの意味や由来などについて、深く考えることは、少ないかも知れませんね。

もちろん、日本ゆかりの行事は「楽しく」が基本。みんなで楽しむことが何よりです。

でも、その行事が行われる由来や意味を少し考えてみると、より「深く」楽しむことができる気がします

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

ひな祭りの由来・歴史とは?桃の節句と呼ばれる理由

春になると、女の子のいるご家庭では、「ひな祭り」が楽しみですよね。 雛人形(ひな人形)を準

記事を読む

啓蟄(けいちつ)の意味とは?2017年の啓蟄の日はいつ?

カレンダーを眺めていると、時々見慣れない言葉が書いてあって、「あれ?」と思うことがないでしょ

記事を読む

ひな祭りの菱餅の食べ方!三色の意味や由来とは?

3月3日のひな祭りには、雛飾りは欠かせません。そんな雛飾りに彩りを添えるのが、菱型の三色が鮮

記事を読む

大人の書き初めの言葉。四字熟語・二文字・一文字の例は?

https://youtu.be/w4MRlO6zZTk お正月といえばおせちにお年始と、楽し

記事を読む

喪中はがきはいつまでに出したら良い?送る相手の範囲は?

年賀状の時期になると確認が必要になるのが、喪中はがきが届いているかどうか。間違って喪中の方に

記事を読む

お食い初めのやり方や食べる時の順番は?歯固めの儀とは何?

お食い初めは、子供が初めて母乳以外を口にする儀式ですね。 でも、「お食い初め」は、やり

記事を読む

重陽の節句の意味や由来。その時期の食べ物と言えば何があるの?

3月3日のお雛様の日は、正式には「桃の節句」といいます。また5月5日のこどもの日は、別名「端午の節句

記事を読む

寒露の意味とは?2017年はいつ?この時期の食べ物もご紹介!

日本は四季の移り変わりが美しく、その季節内でも日ごとに細かな変化が見られます。 特に秋は一日ご

記事を読む

八十八夜の意味とお茶摘みをする由来とは?2017年はいつ?

https://youtu.be/Wh6j89UYTv0 日本の季節は移り変わりが大きく、春・

記事を読む

2017年のお盆休み、期間はいつからいつまで?役所や銀行は?

https://youtu.be/S6qMmHtbJsQ 学生時代は夏休み・冬休みと長期のお休

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

仙台・光のページェント2017年の期間や点灯時間。イルミネーションの見どころは?

クリスマスシーズンを迎えると、街のあちこちでイルミネーションを

十日戎とは?西宮神社・今宮戎神社・京都ゑびす神社、三神社の祭りの見どころ!

日本のお祭りは地域によって特色が変わり、一部の地域だけで有名な

2018年戌年の年賀状作成に!無料で使える素材やテンプレート7選!

年末は様々な用事が重なり、気がついたらお正月が目前…なんてこと

2018年の干支は戊戌(つちのえ・いぬ)!戌年の由来や特徴とは?

年末が近づくと年賀状を購入しなければ・・と、慌てることが増えて

赤ちゃんの初正月で飾る羽子板や破魔矢・破魔弓の意味。飾るのはいつまで?

赤ちゃんが生まれると、成長に合わせて様々な行事が行われます。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑