秩父、羊山公園の芝桜!2017年の見頃や開花状況は?

| イベント・お祭り | , , , ,

は、お花見が楽しみですよね。

お花見と言えば桜ですが、桜が終わったころ見頃になる、「芝桜」のお花見もまたいいものです。

秩父にある羊山公園なら、桜のあとは、芝桜を楽しむことも出来て、二度のお花見を楽しむことが出来ます。

今回は、羊山公園の芝桜の特徴や見どころ、開花時期や見頃、アクセス情報などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

羊山公園の芝桜の特徴や見どころ

埼玉県秩父市大宮にある羊山公園(ひつじやまこうえん)は、
「芝桜の丘」で知られる、秩父一番の観光名所です。

hitsujiyamasakura1

秩父のシンボルと言われる武甲山から連なる山麓を利用した「芝桜の丘」は、羊山公園の南部分にあります。

起伏があり、丘の上から見ても下から見ても美しく、斜面では立体的に花の風景を楽しむことができるので、写真スポットとしても人気があります。

羊山公園の芝桜の特徴

約17,600平方メートルに広大な敷地に、9種類40万株以上が、デザイン化されて植栽されているのが、羊山公園の芝桜の特徴です。

斜面を東側から眺めると、秩父夜祭の笠鉾、屋台の山車に乗っている、囃し手(はやして)さんの紅白襦袢(じゅばん)模様と、躍動感をイメージしたデザインとなっています。

さらに、「武甲山」を背にしたアングルから眺めれば、可愛らしい2つのハートが見つかるとのこと。

ぜひ、探してみたいですね。

羊山公園の芝桜の見どころ

羊山公園の最大の見どころは、
「花のじゅうたん」
「パッチワークの丘」

の見事な美しさです。

その他には、芝桜の開花期間中、「芝桜の丘」に隣接する特設会場で、「秩父路の特産市」が開催されます。

特産市には、秩父市の農産物やお土産屋さんが勢揃いします。

B級グルメ決定戦で優勝した「みそポテト」や手打ちそば、おっきりこみうどんなど、ご当地グルメを味わうことが出来るのも、魅力です。

スポンサーリンク

ペットも一緒に楽しめる

羊山公園は、ペットも一緒に楽しめることで人気があります。

その場合でも、ワンちゃんにはリードをつけたり、混雑時には抱っこする、シャトルバスなどではケージを使用する、などの配慮は忘れないようにしたいですね。

羊山公園の芝桜、開花時期や見頃は?

芝桜の開花状況は、天候にも左右されますが、「芝桜の丘」全体が花色に染まり始めるのは、例年4月中旬ごろから

見頃は、5月初旬のゴールデンウィークにかけてです。

2017年度は長期予報から例年並みか少し開花が早まると思われるので、見頃の時期は、ゴールデンウィークの前半が良さそうですね。

公式サイト(秩父観光なび)では、開花状況を確認できます。お出かけの前には、確認しておくようにしましょう。

※芝桜の開花便り

羊山公園へのアクセス

芝桜の見ごろは大型連休に当たるため、周辺道路は非常に混雑します

車でお出かけの場合、混雑を避けるためには、朝8時から10時くらいまでに羊山公園に着くようにしましょう。

この時間帯であれば、駐車場も比較的「いい場所」に停めることが出来ますよ。

電車で

西武鉄道横瀬駅から徒歩約1.4km、
西武秩父駅から徒歩約1.5km
秩父鉄道御花畑駅(芝桜駅)から徒歩約1.5km

※公園まで坂道があります。歩きやすい準備が必要です。

車で

関越自動車道花園ICから国道140号、皆野寄居バイパス利用約25km
圏央道狭山日高ICから国道299号を約39km

※カーナビへの入力は秩父市大宮6360

※芝桜まつり期間中、羊山公園内の駐車場が満車となった場合には、周辺の臨時駐車場(普通車(軽自含む)500円・バイク200円)を案内されることがあります。

※4月26日以降の土・日・祝日は交通規制が実施されるため、羊山公園は車輌進入禁止となります。

注意事項

「芝桜の丘」は、見頃の期間のみ入園料が必要です。

入園料:
一般 300円
一般団体(20名以上) 250円

※中学生以下は無料になります。
※秩父の特産市は有料エリア内に含まれます。

○入園時間:8時~17時
○連絡先:0494-21-2277

「パッチワークの丘」を楽しもう

hitsujiyamasakura2

秩父の名峰「武甲山」を背景に、デザインされ、手入れの行き届いた広くて美しい芝桜は正に一見の価値ありです。

また、ペットと一緒に楽しめる行楽地と言うのは、意外に少ないものですよね。その点でも、羊山公園は非常に魅力的。

ゴールデンウィークには、ワンちゃんと一緒に、自然の中で、B級グルメを楽しむのもいいですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

盛岡さんさ踊り2017年の日程と見どころ!岩手の名前の由来は?

夏祭りといえば、盆踊りに代表されるように「踊り」のイメージがありませんか。 大勢の人が一斉に踊

記事を読む

愛媛の新居浜太鼓祭り、2017年の日程と見どころをご紹介!

「三大祭り」という表現をよく見かけますが、四国のお祭りにも三大祭りという表現が使われます。

記事を読む

京都五山の送り火、2017年の開催場所や鑑賞スポットをご紹介!

京都には独特のお祭りや風習があり、その一つ一つに京都らしさが溢れています。 その中でも

記事を読む

優雅な京都の葵祭。2017年の日程と見どころをご紹介!

京都と言えば、奈良・平安時代の伝統が今も残る、古都として有名ですね。その京都で開催される祭は

記事を読む

館林こいのぼりの里まつり2017!駐車場はあるの?

男の子のいる家庭では、5月の端午の節句にこいのぼりを飾りたいと考えていませんか?しかし準備や

記事を読む

茨城笠間の陶炎祭2017。混雑状況や駐車場情報は?

https://youtu.be/-hY77ijodg0 陶芸好きならGW中にぜひとも行ってお

記事を読む

浅草神社の三社祭。2017年の日程や見どころ!交通規制は?

祭りと聞くと、どの様な光景が浮かびますでしょうか? 法被(はっぴ)を来た威勢のよい男集

記事を読む

大迫力!岸和田だんじり祭り、2017年の日程や見どころ!

毎年秋になると、岸和田だんじり祭りの迫力ある映像を見ることがあります。 勇ましく荒っぽ

記事を読む

池袋の真ん中で御神輿!ふくろ祭り2017年の日程と見どころ!

東京で行われるお祭りは下町で行われるものが多く、東京というより「江戸」のイメージが強く感じら

記事を読む

北海道神宮祭2017年の日程と時間!札幌まつりの愛称で親しまれている理由は?

6月から7月にかけては梅雨の時期で、賑やかなイベントは行われない印象がありますよね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ふじさわ江ノ島花火大会2017年の日程や時間!穴場スポットもご紹介!

夏のイメージが強い花火大会ですが、最近では季節を問わず開催されるよ

ボジョレーヌーボーに合うおつまみと言えばコレ!合わせる料理のポイントは?

ボジョレーヌーボーの解禁日が近づくと、今年の味はこうだ!と話題になりま

コンサートとリサイタルの違いとは?ライブとはどう違うの?

普段はCDなどで楽しんでいる曲も、音楽会場で生演奏を聞くと迫力

鳩が平和の象徴と呼ばれている理由は?他にも平和の象徴といえば何がある?

街角で見かけることの多い鳩は、身近な存在とも言える鳥です。また

「御中」と「様」の違いとは?使い方の例もあわせて紹介!

手紙やメールをビジネスで送る際には、マナーを守って送りたいもの

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑