神田祭2017年は本祭!日程や見どころをご紹介!

| イベント・お祭り | , , ,

kandamatruri3

戸っ子ならば5月になると待ち遠しいのは、神田明神の神田祭ではないでしょうか。

神田祭は、山王祭、深川祭と共に「江戸三大祭」にも数えられ、由緒正しい江戸の祭りの一つですね。

しかも今年2017年は、ニ年に一度の本祭の年。盛り上がること間違いなしなんです!

そんな江戸の神田祭について、
・神田明神の神田祭とは?
・2017年の開催日程
・祭りの見どころ
・アクセスと交通規制情報

を順にまとめてみました。

スポンサーリンク

神田明神の神田祭とは?

kandamatruri1

江戸を見守る神社

神田明神の歴史は古く、西暦700年頃には神田明神の元になる神社があったと言われています。かの平将門公をお祀りした事もあり、広く関東で崇拝される神社となりました。

現在の場所に移動したのが1616年。この頃から神田明神の名称を名乗るようになりました。

実は由来がわからない?!

神田明神は、長い歴史と伝統を誇る神社ですが、神田祭の由来については、実ははっきりしたことが判っていません。今の大祭となったのは江戸時代に入ってからですので、少なくともそれ以前から祭りはあったようです。

神田祭は、江戸幕府開府以降、代々の徳川家に保護されるようになり発展していきました。

お祭りの山車が江戸城内に入り、将軍が見物されたことから「天下祭」の異名もあるのです。

神田祭、2017年の日程は?

kandamatruri2

神田祭の本祭は二年に一度(西暦の奇数年)の開催


2017年の神田祭は、5月11日(木)から17日(水)までとなります。


日程と祭りのスケジュールは以下の予定となっています。

日にち 時間 祭りスケジュール
5月11日(木) 19時 鳳輦神輿遷座祭
5月12日(金) 夕刻 氏子町会神輿神霊入れ
5月13日(土) 終日 神幸祭(神田、日本橋、大手・丸の内、秋葉原巡行)
5月14日(日) 終日 神輿宮入
5月15日(月) 18時 明神能(金剛流薪能)
5月16日(火) 11時 献茶祭(表千家家元奉仕)
5月17日(水) 14時 例大祭

スポンサーリンク

神田祭の見どころは?

それでは、神田祭りの見どころを順にご紹介していきます!

鳳輦・神輿遷座祭と神霊入れ

神田祭は「鳳輦(ほうれん)」と、
神輿に神様にお入り頂く、
「遷座祭(せんざさい)」
「神霊入れ(みたまいれ)」

から始まります。

そして初日(5月11日)には「遷座祭」
2日目(5月12日)には「氏子町会神輿神霊入れ」
が行われます。

ちなみに鳳輦とは、神輿の頂点に鳳凰の飾りがあるもので、元は天子が乗る牛車の事を指しました。

神幸祭(しんこうさい)

3日目(5月13日)に行われる「神幸祭」は、神田祭最大の見所です。平安時代の衣装をまとった神社の方々が、鳳輦と神輿と共に終日神田周辺を廻ります。

コースは以下の予定になっています。

・神田明神(8時出発)
・大手町、将門公の首塚(10時半頃)
・明治座前(14時半頃)
・日本橋三越前(16時半頃)
・秋葉原周辺(17時半頃)
・神田明神(19時頃)

この内、大手町日本橋前は毎回必ず立ち寄るコースですので、見物するなら押さえたいポイントですね。

神輿宮入(みこしみやいり)

4日目(5月14日)には、各町内会の持つお神輿が一斉に神社を参拝するために集結します。

前日の神幸祭が優雅なら、こちらの神輿宮入は熱気が弾けんばかり。宮入り後は神輿が街へと繰り出し、威勢のよい掛け声が神田中に響き渡る様子は、粋そのものです。

献茶式・明神能・幽玄の花

神幸祭と宮入が「動」の象徴ならば、祭りの後半に行われる献茶式や能の奉納は、「静」の象徴です。

5日目(5月15日)に行われる能の奉納は「薪能」という夜に行われる能で、炎に照らされる様子は幽玄の世界に誘われます。

6日目(5月16日)に行われる献茶式は表千家の家元自らが古式に法ってお茶を建てる儀式で、
貴重な光景が見られます。

どちらもチケットが必要で事前予約もすぐ売り切れる為、入手出来なかった場合は当日券を狙いましょう。

例大祭

最終日(5月17日)は神田明神の例大祭となります。

盛り上がりの点で神幸祭などに譲りますが、神社での祈願や巫女の奉納舞、神楽などが催されます。

賑やかな祭りも良いですが、落ち着いた風情を楽しみたいのなら、こちらもおすすめですよ。

アクセスと交通規制情報について

公共交通機関でのアクセス

JRでのお越しなら、山の手線・秋葉原駅を電気街口側で下車し、7分ほど歩くと神田明神に到着します。

また、中央線の御茶ノ水駅を聖橋口側で下車し、5分ほど歩くルートもあります。

地下鉄の場合ですと、東京メトロを利用することになります。

・丸ノ内線・御茶ノ水駅を聖橋口で下車して徒歩5分
・千代田線・新御茶ノ水駅を聖橋口で下車して徒歩5分
・銀座線・末広町駅より徒歩5分
・日比谷線・秋葉原駅より徒歩7分

いずれの駅を利用しても同じ程度歩きますので、自分が利用しやすいルートを使うとよいでしょう。

交通規制について

本祭のある年では、神幸祭のルートにもよりますが、交通規制が敷かれるので注意が必要です。

特に、秋葉原駅周辺や日本橋の三越前などは、毎回行列が通過する時間帯は交通規制が敷かれます

神幸祭、神輿宮入が行われる3日目、4日目は、神田・秋葉原・日本橋は車両は通れないと考えたほうがいいですね。

伝統と革新の交じる祭

kandamatruri4

400年以上の伝統を今に伝える神田祭は、秋葉原が近いためか意外と柔軟なお祭りです。

長い伝統を今に伝え、粋な神輿が街を練り歩く一方で、神社のお守りには「萌えキャラ」が。そのギャップを受け止める柔軟さこそが、東京という街を長く見守ってきた神田明神の魅力なのかも。

日によって祭が見せる顔が違う所も、神田祭の魅力の一つです。出来れば全ての日を見て、神田祭を堪能したいですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

神戸開港150年記念、kobeみなとマルシェ!2017年春の日程と見どころ!

兵庫県の神戸といえば、オシャレで食べ物も美味しい港町。 そんな神戸で見逃せないイベント

記事を読む

イースター(復活祭)の由来とは?2017年はいつ?

最近では日本でも海外のイベントを取り入れ、楽しむようになって来ました。 その中でも、特

記事を読む

仙台七夕祭り2017年の日程。豪華な笹飾りなど見どころ沢山!

七夕と言えば、一般的には7月に行われる行事。ですが、一部の地域では8月に行われる所もあります

記事を読む

山車がすごい!小江戸の川越祭り、2016年の日程と見どころ!

江戸の情緒が現在も残る「小江戸」川越は、全国から観光客が訪れる人気の街。気温も落ち着く秋に、

記事を読む

津南雪まつり2017はいつ?スカイランタンが幻想的!

冬は寒さから家にこもりがちですが、冬だからこそ楽しめるイベントが全国各地で開催されます。 特に

記事を読む

鉄道の日2016!どんなイベントがあるの?記念切符とは?

鉄道と言えば、今では年齢・性別を問わず幅広い方が楽しむ趣味になりましたね。 鉄道の趣味もいろい

記事を読む

浅草神社の三社祭。2017年の日程や見どころ!交通規制は?

祭りと聞くと、どの様な光景が浮かびますでしょうか? 法被(はっぴ)を来た威勢のよい男集

記事を読む

熊谷うちわ祭、2017年の日程と見どころ!交通規制は?

祇園祭と言えば京都の祇園祭が有名ですが、実は全国各地で祇園祭は行われていることをご存知ですか?

記事を読む

合羽橋祭り2016年の日程と見どころ!混雑はどれくらい?

プロの方が使う道具や品物が揃う問屋街は、実は一般の方も利用できる事を知ってましたか?

記事を読む

時代衣装が勢揃い!京都時代祭、2016年の日程と見どころ!

京都の三大祭といえば、葵祭(2月)・祇園祭(7月)・時代祭(10月)。 その中で10月に開催さ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

四葉のクローバーの意味と花言葉とは?見つかる確率はどのくらい?

https://youtu.be/PDBPPFsCGoQ アクセ

紫外線による目の日焼けの症状とは?効果的な対策方法と言えば?

夏が近づくと重要になるのが、紫外線対策です。 特に夏は外

日焼け止めの捨て方と正しい保存方法!去年残った日焼け止めは使えるの?

日差しが強くなると気になるのが、紫外線による日焼けのことです。

カレーに合うおすすめの具材と言えば?定番と変わり種を紹介!

街角やご近所からカレーの香りがすると、途端に自分もカレーが食べ

バーベキューの差し入れで喜ばれるものと言えば?デザートならコレ!

夏が近づいてくると、楽しみたくなるのがバーベキュー。 み

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑