浅草神社の三社祭。2017年の日程や見どころ!交通規制は?

sansyamatsuri5

りと聞くと、どの様な光景が浮かびますでしょうか?

法被(はっぴ)を来た威勢のよい男集が、神輿(みこし)を担いで荒々しく練り歩く光景ではありませんか?

そんな日本の祭りをぎゅっと濃縮したのが、
浅草神社の三社祭です。

下町の威勢のよい氏子衆が、怪我を恐れずに神輿を担ぐ様は、
「これぞ日本の祭り!」
と言ったものです。

日本以外からも観光客が訪れる浅草神社の三社祭
・浅草神社の三社祭とは?
・2017年の開催日程
・祭の見どころ
・アクセス、交通規制情報

についてまとめてみました。

スポンサーリンク

浅草神社の三社祭とは

三社祭(さんじゃまつり)は正式には「浅草神社例大祭」といいますが、三社祭の通称の方が広く知れ渡っています。

浅草神社自体も、「三社様」の名称の方が広く知れ渡っていますね。

sansyamatsuri1

三柱の神様がおわす「三社様」

三社様は以下の三柱をご神体として祀っています。

土師真中知命(はじのあたいなかとものみこと)
檜前浜成命(ひのくまはまなりのみこと)
檜前武成命(ひのくまたけなりのみこと)

ある日、檜前浜成・武成兄弟が隅田川で漁をしていたところ、網に像が引っ掛かりました。これは何だ?と相談された土師真中知が、「これは観音様の像だから大切にしなさい」と教えたのです。

そこで像を大切に拝んだのが、浅草寺の成り立ち。そして三人を神様として祀ったのが浅草神社です。

三社祭は、この神様たちを慰めるお祭りなんですね。

浅草寺と浅草神社?

sansyamatsuri6

元々浅草神社は浅草寺の一部、と言うより浅草寺と同一のものでした。

神様も仏様も一緒に祀っていたのですが、明治維新で神仏分離となり、浅草寺と浅草神社に分かれたのでした

そのため現在も浅草寺との繋がりは強く、同じ敷地内にあるのもこの為です。

スポンサーリンク

三社祭、2017年の開催日は?

三社祭は、毎年5月の第3金・土・日の三日間に開催されています。

2017年度の開催日程とスケジュールは次の通りですね。

2017年の開催日:5月19日(金)、20日(土)、21日(日)

◆スケジュール

日程 時間 行事
5月18日(木) 19:00 本社神輿神霊入れの儀
5月19日(金) 13:00 大行列 ※雨天中止
14:20 びんざさら舞奉納(社殿)
15:00 びんざさら舞奉納(神楽殿)
15:30 各町神輿神霊入れの儀
5月20日(土) 10:00 例大祭式典
12:00 町内神輿連合渡御
16:00 奉納舞踊(神楽殿)
17:00 巫女舞奉奏(神楽殿)
5月21日(日) 6:00~ 宮出し/本社神輿各町渡御/宮入り
14:00 巫女舞奉奏(神楽殿)
15:00 奉納舞踊(神楽殿)
16:00 太鼓奉演(境内)
11:00~18:00 お祭り広場を開催(雷門通り~馬道通り)
宮入り後 本社神輿御霊返しの儀

週末に開催されるので、とても見に行きやすいのが人気の理由の一つかも知れませんね。

三社祭の見どころは?

sansyamatsuri3

荒々しい神輿!

三社祭といえば、絶対に外せないのが神輿(みこし)

浅草神社の氏子さん達が勢揃いし、荒々しく担ぐ様はまさにそのものです。

神社で所持している三基のお神輿以外にも、氏子衆がそれぞれお神輿を所持しています。その数は100基あまりと言われていて、それらがほぼすべて三社祭には集結します。

これらのお神輿を氏子衆が担ぎ、荒々しく振り回す「魂振り」により、豊作を願い、悪い病気を追い払います。この「魂振り」の様子が、三社祭が荒々しい祭りと認識されている要因の一つになっています。

100基あまりの神輿は2日目に

100基あまりのお神輿の荒々しい様子が見られるのが5月20日(土)です。

例年12時頃から「町内神輿連合渡御」が始まり、神輿を担ぐ氏子衆達の荒っぽい姿は必見!

とにかく荒っぽいので、お神輿に巻き込まれないように気をつけて見物して下さいね。

神社の神輿は3日目に

5月20日は各氏子衆が所持しているお神輿が担がれますが、5月21日(日)は神社が持つ三基のお神輿が主役。

早朝6時頃に神社を出る「宮出し」からはじまり、日中は各町内会を神輿が廻ります。

例年6時頃には神社に戻り「宮入り」となります。

それが終われば「本社神輿御霊返しの儀」を行い、宿した神様を元の場所にお戻り願うのです。

荒々しいだけが三社祭じゃない

お神輿と威勢のよい氏子衆の印象ばかりが目立つ三社祭ですが、それ以外にも見どころは沢山あります。

初日の19日(金)には、「びんざさら舞」と呼ばれる、お神楽やお囃子が練り歩く「大行列」が行われます。こちらは雨天の場合は中止になるので、晴天を祈りましょう。

「びんざさら舞」は、神社の社殿で奉納舞として見られます。ゆっくり見たい場合は社殿がおすすめですね。

アクセス及び交通規制について

sansyamatsuri4

地下鉄などを利用する場合

公共の交通機関を利用するのなら、地下鉄がおすすめ。

東京メトロでしたら、銀座線浅草駅で下車し、1番出口を出るとすぐ雷門が見えます。後は仲見世に沿って歩いて行くと浅草寺に到着します。浅草寺のすぐ横が浅草神社です。

都営地下鉄の場合ですと、浅草線浅草駅で下車しA5出口で出ます。後は雷門をめざして5分ほど歩きましょう。

三社祭中の交通規制

例年、三社祭の3日目に神社周辺の道路で、交通規制が敷かれます。

雷門通り、馬車通り、並木通りが通行禁止となりますので迂回しましょう。

元々浅草周辺は人通りが多く、混雑する地域ですが、三社祭の期間中はとにかく混雑します。この時期の浅草は、迂回するほうが無難ですね。

人ごみに負けるな!

最後に三社祭を見学する上で一番重要なことは、
「人がとても多いので気をつけること」

人が多いという事は、それだけ密度が高くなり、お互い気配りの心が大切となります。多少見づらくても、押されても、そこはお互い譲り合いの精神で気持よくお祭り見物と行きましょう。

人が多いこともあるので、貴重品はなるべく持っていかず、手荷物の管理に気をつけたいですね。

人ごみに負けず、迫力あるお祭りを存分に楽しんでくださいね!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

雨の日の東京ディズニーシー!おすすめの楽しみ方は?

ディズニーランドに比べて大人っぽい雰囲気の 東京ディズニーシー。 ディズニーシーは、デー

記事を読む

2017佐賀インターナショナルバルーンフェスタの日程と見どころ!

澄んだ秋空を見上げていると、空を飛べる鳥が羨ましく感じます。そんな願いを叶える道具の一つが、

記事を読む

「高松冬のまつり」2016年の開催日と見どころ!テーマは何?

http://youtu.be/H3ISdu2x2vc 香川県高松市で毎年クリスマスシーズンの

記事を読む

ワインと花が楽しめる札幌ライラックまつり。2017年の日程と楽しみ方!

GWも過ぎると、そろそろジメジメした梅雨が近づき、少し気分が沈みがち。こんな時は梅雨のない北

記事を読む

イースター(復活祭)の由来とは?2017年はいつ?

最近では日本でも海外のイベントを取り入れ、楽しむようになって来ました。 その中でも、特

記事を読む

ディズニーハロウィン2017!仮装期間や仮装のルールは?

日本でもすっかり定着したハロウィンですが、シーズンになるとあちこちで趣向をこらした仮装が見ら

記事を読む

博多どんたく港まつり。2017年の日程と見どころは何?

GW中に開催されるイベントで、最大級の人出を誇るイベントをご存知ですか? それは、博多

記事を読む

深大寺だるま市2017!開眼の時間はいつ?混雑状況は?

江戸の昔から現代に伝わる、風習や行事は数多くあります。 その中でも春を告げる行事として

記事を読む

新潟十日町雪まつり2017の日程と見どころ!今年のゲスト出演者は?

冬でしか味わえない楽しみの一つに、雪まつりがあります。 巨大な雪像が作れるのは豪雪地帯だけとあ

記事を読む

府中くらやみ祭り2017。開催日程や見どころ、交通規制は?

GWの予定はもう決まりましたでしょうか? もしまだでしたら、府中の大國魂神社で行われる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ふじさわ江ノ島花火大会2017年の日程や時間!穴場スポットもご紹介!

夏のイメージが強い花火大会ですが、最近では季節を問わず開催されるよ

ボジョレーヌーボーに合うおつまみと言えばコレ!合わせる料理のポイントは?

ボジョレーヌーボーの解禁日が近づくと、今年の味はこうだ!と話題になりま

コンサートとリサイタルの違いとは?ライブとはどう違うの?

普段はCDなどで楽しんでいる曲も、音楽会場で生演奏を聞くと迫力

鳩が平和の象徴と呼ばれている理由は?他にも平和の象徴といえば何がある?

街角で見かけることの多い鳩は、身近な存在とも言える鳥です。また

「御中」と「様」の違いとは?使い方の例もあわせて紹介!

手紙やメールをビジネスで送る際には、マナーを守って送りたいもの

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑