茨城笠間の陶炎祭2017。混雑状況や駐車場情報は?

| イベント・お祭り | , ,

陶芸好きならGW中にぜひとも行っておきたいイベントがあります。それが、
「笠間の陶炎祭(ひまつり)」

個性豊かな陶芸を楽しめるイベントですが、陶芸以外のイベントも多くあり、陶芸ファンだけでなく、家族でも楽しめるのもポイントが高い所。どのようなイベントが開催されているのか気になりますね。ただGW中の開催という事もあり、毎年駐車場は大混雑するとのこと。

そんな笠間の陶炎祭について、
・陶炎祭の由来
・2017年の開催日や開催場所
・陶炎祭のイベント内容と見どころ
・アクセス、混雑状況、駐車場情報

それぞれ順にまとめてみました。

スポンサーリンク

笠間の陶炎祭(ひまつり)とは?

笠間の陶炎祭は、茨城県笠間市で毎年開催されている陶芸イベントです。

笠間市には『笠間焼』という陶芸の窯元があり、窯元や販売店が中心となって開催されています。

himatsuri1

始まりは手作りなイベント

陶炎祭の起源は比較的新しく、1982年に有志が集まって36名の出店者での開始でした。当時はテントの設営から会場の地ならしまで自分たちで行ったという、アットホームなものでした。

それも全て、「笠間焼の認知度アップ」「笠間市の宣伝」を願う、地元の有志たちの熱意があったからこそ。その甲斐もあって、今では毎年30万人以上の方が訪れるビックイベントとなりました。

陶炎祭と書いて「ひまつり」と読む理由

ちなみに「陶炎祭」と書いて「ひまつり」と命名したのは、初期の祭に関わったある窯元によるもの。

1970年に公開された笠間を舞台とした映画「座頭市あばれ火祭り」の漢字表記とかぶらないように、という配慮からきています。

2017年の開催日や開催場所は?

笠間芸術の森公園へ行こう!

himatsuri2

笠間の陶炎祭は、茨城県笠間市にある「笠間芸術の森公園」のイベント広場で毎年行われます。

開催期間は毎年GW期間の4月29日から5月5日。

2017年も同じく4月29日(土) ~ 5月5日(金)になります。

開催時間は9:00-17:00です。開催期間は7日間と長いので、休みの計画が立てやすいですね。

「笠間芸術の森公園」は非常に広い公園で、陶炎祭でなくても、親子で行ってみたい公園の一つです。起伏に富んだ公園ですので、歩きやすいスニーカーで行く事をおすすめします!

スポンサーリンク

陶炎祭のイベント内容とお楽しみポイント!

メインは陶芸!

陶芸のイベントですから、メインとなるのは当然「陶芸」です。

陶芸は難しそうに思えますが、笠間焼は個性を重視して、作家が作りたいものを自由に作ることが許されている窯元です。なので、その笠間焼のイベントである「陶炎祭」は堅苦しいことは一切ありません

どのお店もお客を楽しませようと、あれこれ工夫をしてきているので、見ているだけでも楽しいですよ

実用品から芸術品?まで

陶芸と一言でいってもその幅はとても広く、毎日使うお茶碗から、大きな花瓶、置物まで勢揃いします。

200店もの出店があるので、何を買えば良いのか判らなくなる事もあるでしょう。そうなった場合は、とりあえずは笠間焼の普段使いの器を見てみましょう。

お茶碗もありますし、コーヒーカップや日本酒のおちょこも販売しています。家にある食器などに、一つ加えるぐらいの感覚で見ていけば、きっとお気に入りが見つかりますよ。

himatsuri3

イベントも盛りだくさん!

焼き物ばかり見ているのも飽きてしまう人もいることでしょう。

会場内には飲食スペースが設けられていますが、そこも陶芸作家が自ら販売している力の入れようです。中には陶器の器で出される食べ物もありますから、そこにも注目したいですね。

会場にはイベントスペースが設けられ、
陶芸品のオークションや飲み物の協賛イベントが開催されています。

また、キッズスペースでは陶芸体験や人形劇が開催されていますので、お子様でも飽きずに楽しめます。

アクセス情報と気になる駐車場情報

笠間の陶炎祭はGW期間中ということもあり、周辺道路は大変混雑しますので、公共交通機関の利用をおすすめします。

ただ数年前からは、渋滞は少し緩和されるようになりましたので、車でも行きやすくなっています。

公共交通機関でのアクセス

東京方面からでしたら、JR常磐線を利用します。友部駅で下車しますと、本数は少ないですが、「かさま観光周遊バス」という循環バスがあり便利です。料金は100円です。

他にも大会期間中は、無料で以下の市内循環バスも出ています。

■つつじ公園⇔陶炎祭会場送迎バス
陶炎祭会場東ゲートとつつじ公園を行き来します
時間:9:30~17:00
間隔:30分おきに運行

■無料周遊バス
稲荷駐車場→つつじ公園→陶炎祭会場・東ゲートを周遊します
時間:9:00~17:30
間隔:30分おきに往復運行

■市内周遊バス
笠間市内の無料駐車場のある辺りから乗車できる周遊バスです
時間:9:00~16:30
間隔:1時間おきに往復運行(休日は30分おき)

※周遊バスの詳細についてはこちらで。

自動車でのアクセスと駐車場について

東京方面からでしたら、常磐自動車道経由で北関東自動車道へ向かい、友部ICで一般道に降ります。

ここから9分ほどで会場にいけるのですが、例年ここで誘導員が駐車場への案内を行なっています。案内看板もありますので、看板に従って駐車場へ進みましょう。

臨時駐車場も用意されています。詳しい案内はこちらで確認してみて下さい。

※陶炎祭駐車場・バスの案内

直感で楽しもう!

himatsuri4

陶炎祭は歴史が浅い分、自由な空気で楽しめます。陶芸といっても難しく考える必要はありません。専門家が言う事に耳を傾けることも大切ですが、自分が好きかどうかの方がよほど大切。

お店を見て回る中で、これ!と思うものがあれば、お財布と相談した上で購入するのも楽しいですよ。自分で選んだ、自分だけのお皿や茶碗で頂く食事やティータイムは、きっと心を豊かにしてくれます。

陶芸以外のイベントも盛りだくさんですし、駐車場も多いので家族や親子でぜひ陶炎祭に行ってみてくださいね!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

札幌オータムフェスト2017!おすすめの会場とイベントは?

北海道をイメージするものは?と聞かれると、何を思い浮かべますか? 広大な自然ですか? それと

記事を読む

浅草神社の三社祭。2017年の日程や見どころ!交通規制は?

祭りと聞くと、どの様な光景が浮かびますでしょうか? 法被(はっぴ)を来た威勢のよい男集

記事を読む

飛騨・古川祭りの起し太鼓!2017年の日程と見どころは?

お祭りを大きく分けると、 ・荒々しいお祭り ・きらびやかなお祭り の2つに分かれると思いません

記事を読む

徳島の阿波踊り2017年日程と見どころ!チケットはいつから?

毎年8月になると四国・徳島県で開催される「阿波踊り」。 阿波踊りには毎年140万人以上

記事を読む

盛岡さんさ踊り2017年の日程と見どころ!岩手の名前の由来は?

夏祭りといえば、盆踊りに代表されるように「踊り」のイメージがありませんか。 大勢の人が一斉に踊

記事を読む

長浜曳山まつり、2017年の開催スケジュールと見どころを紹介!

全国各地で開催されているお祭りでは、ハレの日の美しい装飾品が数多く使われています。また豪華絢

記事を読む

感動的な祭!おわら風の盆2017年の開催日程と見どころ!

日本のお祭りは勇ましいものが多く、また盆踊りなどの行事も賑やかなものが多い印象があります。 し

記事を読む

神戸開港150年記念、kobeみなとマルシェ!2017年春の日程と見どころ!

兵庫県の神戸といえば、オシャレで食べ物も美味しい港町。 そんな神戸で見逃せないイベント

記事を読む

イースター(復活祭)の由来とは?2017年はいつ?

最近では日本でも海外のイベントを取り入れ、楽しむようになって来ました。 その中でも、特

記事を読む

荒々しい祭、博多祇園山笠!2017年の日程と見どころは?

日本全国には様々な祭りがあり、その内容もバラエティに富んでいます。 その中でもエネルギ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

コンサートとリサイタルの違いとは?ライブとはどう違うの?

普段はCDなどで楽しんでいる曲も、音楽会場で生演奏を聞くと迫力

鳩が平和の象徴と呼ばれている理由は?他にも平和の象徴といえば何がある?

街角で見かけることの多い鳩は、身近な存在とも言える鳥です。また

「御中」と「様」の違いとは?使い方の例もあわせて紹介!

手紙やメールをビジネスで送る際には、マナーを守って送りたいもの

ヒトカラ(ひとりカラオケ)にはメリットが沢山!おすすめの楽しみ方は?

カラオケといえば、飲み会などの2次会でよく行く場所。みんなでワ

社会人におすすめ!有料自習室とはどんなところ?利用するメリットは?

資格試験や定期テスト前には、集中して勉強をしたいですよね。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑