富士芝桜まつり2017!見頃はいつ?見どころやアクセス情報も

| イベント・お祭り | , ,

は、行楽シーズン。旅行とまではいかなくても、どこかにお出かけしたくなる季節ですよね。春のお出かけは、屋外で自然や季節の花々と触れ合うのも、楽しみのひとつではないでしょうか。

富士芝桜まつりは、そんな春のお出かけにぴったりのイベント。

富士山と芝桜をセットで楽しむことの出来る、贅沢なお祭りです。

そんな、富士芝桜まつり。2017年の開催日・時間・見ごろ予想や見どころ、アクセス情報などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

富士芝桜まつりとは?

富士芝桜まつりは、山梨県の富士本栖湖リゾートで、芝桜の開花に合わせて開催されるイベントです。

近郊には、桜の名所は数多くありますが、芝桜の名所は珍しいですね。芝桜の傍らには竜神池、背後には富士山と、絶好の景勝地となっています。

2008年から開催された富士芝桜まつり。初年度の来場者は30万人で、その後も、主催者の芝桜の一層の充実や渋滞解消の努力もあり、現在も発展を続けています。

fujisakuramatsuri1

2017年の開催日・時間、見頃は?

士芝桜まつりは、例年4月中旬の土曜日から5月最後の日曜日に開催されています。

2017年は以下の日程になりますね。

2017年4月15日(土)~5月28日(日)8:00~17:00

開催期間が約1か月半近くある富士芝桜まつりですが、実は、芝桜の見ごろの時期はそれほど長くはありません。

その年の気候により開花状況は異なりますが、例年、5月中旬が一番見ごろになります。

富士芝桜まつり期間中は、こちらで開花状況や見頃状況が掲載されていますので、行く前に確認しておきたいですね。

*富士芝桜まつり情報

富士芝桜まつりの見どころは?

富士芝桜まつりの見どころは、何と言っても、約2.4ヘクタールの広さに咲き誇る、約80万株の芝桜と、世界遺産にも登録された富士山のコントラストです。

芝桜は、別名「ハナツメクサ(花詰草、花爪草)」とも呼ばれ、
地面に芝のように桜色の花を咲かせるところから「芝桜」と言われます

富士芝桜まつりの会場には、ピンクはもちろん、赤や白、ストライプなど、5種類の芝桜が咲いていて、色とりどりの「花のじゅうたん」を楽しむことができます。

富士うまいものフェスタ

富士芝桜まつりの開催期間中は、「富士うまいものフェスタ」が同時開催されます。

定番の富士宮やきそばや富士吉田うどん、甲州とりもつ煮はもちろん、「幻豚」と呼ばれる山梨県産ブランド豚の富士桜ポークを使った豚汁や肉まん、ちまきなど、富士山周辺のグルメを楽しむことが出来ます。富士芝桜まつりでしか買えない限定土産や、地元の農産物を売るお店もあり、お買い物も楽しめるのも魅力。

会場で、シートを敷いて食事をすることはできませんが、お昼に困ることはなさそうですね。

スポンサーリンク

「写真コンテスト」

日本一の山「富士山」をバックに芝桜を撮れるとあって、写真愛好家に人気の富士芝桜まつり。

開催期間中、会場では「富士芝桜まつり写真コンテスト」が開催され、カメラや携帯・スマホで撮った写真を応募することができます。記念に応募してみるのも、楽しそうですね。

アクセス

会場:
富士本栖湖リゾート
山梨県南都留郡富士河口湖町本栖212
TEL.0555-89-3031

※本栖湖畔ではありません。

車で

・中央自動車道の河口湖ICから約25分
・東名高速の富士ICまたは新富士ICから約50分

※カーナビを利用する場合、「富士本栖湖リゾート」「本栖ハイランド」
と入力すると便利です。

有料駐車場は約1000台

駐車場は、満車・混雑による入場制限の場合には、周辺の臨時駐車場に案内されることがあります。その場合、駐車場から無料のシャトルバスに乗り換えることになります。

【駐車料金】
普通車 500円
大型車2,000円
バイク 300円

富士芝桜まつり期間中は、富士山が世界遺産に登録されたこともあって、周辺道路が非常に混雑します。出来るだけ、公共交通機関(鉄道・バス)を利用するようにしましょう

電車で

新宿から特急利用で約2時間で河口湖に着きます。土休日は、JR線からの直通電車もあります。

バスで

開催期間中は、直行バス「芝桜ライナー」が運行しています。

発着は、河口湖駅、新富士駅、富士宮駅から。河口湖駅から会場までは約30分(毎日運行)、新富士駅・富士宮駅からは約75分(土休日のみ)です。

入園券と乗車券のお得なセットもあり、記念品のプレゼントもあります。河口湖駅までは、首都圏や静岡から高速バスなども出ていますので検討してみましょう。

入園料

おとな(中学生以上)600円
こども(3歳以上)250円
※団体は15名以上で、それぞれ500円・200円になります。
※また障害者手帳をお持ちの方は、それぞれ550円・230円になります。

開花状況により無料となる場合もあります。
(芝桜が全く咲いてないか散ってしまった場合)

ペットは会場に入れないので注意

最近では、ペットと一緒に旅行や行楽を楽しむ方が増えています。ただ、富士芝桜まつり会場へは、ケージに入れていても、ペットは入場できません。その点、注意が必要ですね。

また、見ごろとなる5月中旬の土日・ゴールデンウィークは、周辺道路は非常に混雑します。可能ならば平日に行くのがおすすめ。

営業時間は8:00からとなっていますが、駐車場は6:00から利用可能です早朝に訪れると、比較的スムーズに到着できますよ。

ソメイヨシノのお花見も楽しいですが、富士山を背景に、広大な敷地に広がる芝桜のお花見は、また違った魅力がありますね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

北野天満宮の梅花祭!2017年の開催日と見どころは?

桜の花が開くと、いよいよ春ですが、その前に咲く「梅」も、春を告げる花ですよね。現在は、お花見

記事を読む

願いごと日本一!安城七夕まつり2017年の日程と見どころ!駐車場は?

七夕といえば笹と飾り物が書かせませんが、願いごとの短冊もまた欠かせないもの。 全国各地で開催さ

記事を読む

名古屋熱田神宮の熱田祭り!2017年の日程と花火の時間は?

梅雨入りの頃ともなると、どうしても外に出たくなくなりますよね。 そんな梅雨の時期に行わ

記事を読む

京都五山の送り火、2017年の開催場所や鑑賞スポットをご紹介!

京都には独特のお祭りや風習があり、その一つ一つに京都らしさが溢れています。 その中でも

記事を読む

大迫力の成田祇園祭!2017年の日程と見どころをご紹介!

「祗園祭」と言えば、京都がとても有名ですね。 実は千葉県成田市でも、同じ「祗園祭」とい

記事を読む

神田祭2017年は本祭!日程や見どころをご紹介!

江戸っ子ならば5月になると待ち遠しいのは、神田明神の神田祭ではないでしょうか。 神田祭

記事を読む

冬の花火が楽しめる秩父夜祭!2017年の日程と駐車場のおすすめは?

お祭りは夏から秋のイメージが強いですが、冬にも開催されているお祭りもあります。また夏のイメー

記事を読む

大迫力!岸和田だんじり祭り、2017年の日程や見どころ!

毎年秋になると、岸和田だんじり祭りの迫力ある映像を見ることがあります。 勇ましく荒っぽ

記事を読む

飛騨・古川祭りの起し太鼓!2017年の日程と見どころは?

お祭りを大きく分けると、 ・荒々しいお祭り ・きらびやかなお祭り の2つに分かれると思いません

記事を読む

千葉の柏祭り2017年の日程と見どころ!アクセスや交通規制は?

全国各地で開催されるお祭りには、長い歴史を重ねるものも数多くあります。踊りが特徴的なものや、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

仙台・光のページェント2017年の期間や点灯時間。イルミネーションの見どころは?

クリスマスシーズンを迎えると、街のあちこちでイルミネーションを

十日戎とは?西宮神社・今宮戎神社・京都ゑびす神社、三神社の祭りの見どころ!

日本のお祭りは地域によって特色が変わり、一部の地域だけで有名な

2018年戌年の年賀状作成に!無料で使える素材やテンプレート7選!

年末は様々な用事が重なり、気がついたらお正月が目前…なんてこと

2018年の干支は戊戌(つちのえ・いぬ)!戌年の由来や特徴とは?

年末が近づくと年賀状を購入しなければ・・と、慌てることが増えて

赤ちゃんの初正月で飾る羽子板や破魔矢・破魔弓の意味。飾るのはいつまで?

赤ちゃんが生まれると、成長に合わせて様々な行事が行われます。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑