富士芝桜まつり2017!見頃はいつ?見どころやアクセス情報も

| イベント・お祭り | , ,

は、行楽シーズン。旅行とまではいかなくても、どこかにお出かけしたくなる季節ですよね。春のお出かけは、屋外で自然や季節の花々と触れ合うのも、楽しみのひとつではないでしょうか。

富士芝桜まつりは、そんな春のお出かけにぴったりのイベント。

富士山と芝桜をセットで楽しむことの出来る、贅沢なお祭りです。

そんな、富士芝桜まつり。2017年の開催日・時間・見ごろ予想や見どころ、アクセス情報などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

富士芝桜まつりとは?

富士芝桜まつりは、山梨県の富士本栖湖リゾートで、芝桜の開花に合わせて開催されるイベントです。

近郊には、桜の名所は数多くありますが、芝桜の名所は珍しいですね。芝桜の傍らには竜神池、背後には富士山と、絶好の景勝地となっています。

2008年から開催された富士芝桜まつり。初年度の来場者は30万人で、その後も、主催者の芝桜の一層の充実や渋滞解消の努力もあり、現在も発展を続けています。

fujisakuramatsuri1

2017年の開催日・時間、見頃は?

士芝桜まつりは、4月中旬から5月末くらいまでの間、開催されます。

今年はまだ正式には発表されていませんが、例年4月中旬の土曜日から5月最後の日曜日に開催されていますので、2017年はおそらく以下の日程になると思われます。

2017年4月15日(土)~5月28日(日)8:00~17:00

開催期間が約1か月半近くある富士芝桜まつりですが、実は、芝桜の見ごろの時期はそれほど長くはありません。

その年の気候により開花状況は異なりますが、例年、5月中旬が一番見ごろになります。

富士芝桜まつり期間中は、こちらで開花状況や見頃状況が掲載されていますので、行く前に確認しておきたいですね。
http://www.shibazakura.jp/info/

富士芝桜まつりの見どころは?

富士芝桜まつりの見どころは、何と言っても、約2.4ヘクタールの広さに咲き誇る、約80万株の芝桜と、世界遺産にも登録された富士山のコントラストです。

芝桜は、別名「ハナツメクサ(花詰草、花爪草)」とも呼ばれ、
地面に芝のように桜色の花を咲かせるところから「芝桜」と言われます

富士芝桜まつりの会場には、ピンクはもちろん、赤や白、ストライプなど、5種類の芝桜が咲いていて、色とりどりの「花のじゅうたん」を楽しむことができます。

富士うまいものフェスタ

富士芝桜まつりの開催期間中は、「富士うまいものフェスタ」が同時開催されます。

定番の富士宮やきそばや富士吉田うどん、甲州とりもつ煮はもちろん、「幻豚」と呼ばれる山梨県産ブランド豚の富士桜ポークを使った豚汁や肉まん、ちまきなど、富士山周辺のグルメを楽しむことが出来ます。富士芝桜まつりでしか買えない限定土産や、地元の農産物を売るお店もあり、お買い物も楽しめるのも魅力。

会場で、シートを敷いて食事をすることはできませんが、お昼に困ることはなさそうですね。

スポンサーリンク

「写真コンテスト」

日本一の山「富士山」をバックに芝桜を撮れるとあって、写真愛好家に人気の富士芝桜まつり。

開催期間中、会場では「富士芝桜まつり写真コンテスト」が開催され、カメラや携帯・スマホで撮った写真を応募することができます。記念に応募してみるのも、楽しそうですね。

アクセス

会場:
富士本栖湖リゾート
山梨県南都留郡富士河口湖町本栖212
TEL.0555-89-3031

※本栖湖畔ではありません。

車で

・中央自動車道の河口湖ICから約25分
・東名高速の富士ICまたは新富士ICから約50分

※カーナビを利用する場合、「富士本栖湖リゾート」「本栖ハイランド」
と入力すると便利です。

有料駐車場は約1000台

駐車場は、満車・混雑による入場制限の場合には、周辺の臨時駐車場に案内されることがあります。その場合、駐車場から無料のシャトルバスに乗り換えることになります。

【駐車料金】
普通車 500円
大型車2,000円
バイク 300円

富士芝桜まつり期間中は、富士山が世界遺産に登録されたこともあって、周辺道路が非常に混雑します。出来るだけ、公共交通機関(鉄道・バス)を利用するようにしましょう

電車で

新宿から特急利用で約2時間で河口湖に着きます。土休日は、JR線からの直通電車もあります。

バスで

開催期間中は、直行バス「芝桜ライナー」が運行しています。

発着は、河口湖駅、新富士駅、富士宮駅から。河口湖駅から会場までは約30分(毎日運行)、新富士駅・富士宮駅からは約75分(土休日のみ)です。

入園券と乗車券のお得なセットもあり、記念品のプレゼントもあります。河口湖駅までは、首都圏や静岡から高速バスなども出ていますので検討してみましょう。

入園料

おとな(中学生以上)520円
こども(3歳以上)210円
※団体は15名以上で、それぞれ450円・180円になります。

開花状況により無料となる場合もあります。
(芝桜が全く咲いてないか散ってしまった場合)

ペットは会場に入れないので注意

最近では、ペットと一緒に旅行や行楽を楽しむ方が増えています。ただ、富士芝桜まつり会場へは、ケージに入れていても、ペットは入場できません。その点、注意が必要ですね。

また、見ごろとなる5月中旬の土日・ゴールデンウィークは、周辺道路は非常に混雑します。可能ならば平日に行くのがおすすめ。

営業時間は8:00からとなっていますが、駐車場は6:00から利用可能です早朝に訪れると、比較的スムーズに到着できますよ。

ソメイヨシノのお花見も楽しいですが、富士山を背景に、広大な敷地に広がる芝桜のお花見は、また違った魅力がありますね。

スポンサーリンク

関連記事

湘南の平塚七夕まつり、2016年の日程や見どころ。交通規制は?

湘南地方で夏の始まりを告げるイベントがあるのをご存知でしょうか? それは毎年7月に開催

記事を読む

大迫力の曳山!佐賀の唐津くんち、2016年の日程と見どころ!

行楽に最適な秋も、11月に入ると少し肌寒くなってきます。しかし九州は11月でも比較的暖かく、旅行を楽

記事を読む

花菖蒲を楽しむなら葛飾菖蒲まつり!2016年の見頃は?

梅雨の時期はつい家にこもりがちですが、草花にとって潤いと成長の時期。 あじさいも美しい

記事を読む

東京麻布十番祭り2016年の日程は?おすすめの屋台をご紹介!

東京には様々なイメージがありますが、おしゃれな地域と言われるとどこを思い浮かべますか?

記事を読む

青森ねぶた祭り2016年の日程と見どころ!参加方法は?

最近は温暖化気候の影響もあり、7月から9月半ばまで熱い日々が続く地域も多いかと思います。その

記事を読む

長崎くんち2016年の日程と見どころ!チケットの入手方法は?

江戸時代に海外との数少ない窓口であった長崎は、独自の文化が発展した街。 そんな中でも特に有名な

記事を読む

東京の酉の市とは?2016年の開催日や人気のスポットを紹介!

全国ニュース内の、ちょっとしたトピックスコーナーで季節の話題がよく取り上げられています。地方のイベン

記事を読む

おぢや風船一揆2017!熱気球と花火の冬の祭り!見どころは?

冬空をふと見上げると、何気ない青空がとても綺麗に見えたことはありませんか? そんな澄ん

記事を読む

東北の秋田竿燈まつり。2016年の日程と見どころをご紹介!

日本全国で行われるお祭りは、その土地の風土に根づき、独自の発展をとげたものも多く有ります。中

記事を読む

よさこいソーラン祭りの見どころ!2016年の日程や穴場は?

本州では梅雨入りしてジメジメとした6月に、北海道では初夏を告げる、 「YOSAKOI(よさ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プレミアムフライデーとは?どんなメリットがあるの?実施はいつから?

最近のニュースでよく耳にするのが、「プレミアムフライデー」とい

アイスクリームの日の由来とは?どんなイベントがあるの?

夏が近づくと、冷たくて甘いアイスクリームが食べたくなりますよね

芒種(ぼうしゅ)の意味とは?2017年はいつ?

カレンダーを見ていると日付の横に、様々な言葉が書き記されていることがあ

小満(しょうまん)はどんな意味があるの?2017年はいつ?

毎日見るカレンダーには普段あまり見慣れない、暦の用語が幾つも書

夏を先取り!立夏にはどんな意味があるの?2017年はいつ?

ニュースなどで時々「暦の上では今日から夏ですが・・・」という言

→もっと見る

PAGE TOP ↑