「ものもらい」の2つの症状とは?それぞれの原因と治し方

| 健康 | , , ,

小さい頃、「ものもらい」になったことがある方は
多いんじゃないでしょうか?

「ものもらい」は、関西では「めばちこ」と言われてますね。

地域によっては、
「めばち」「めいぼ」「めっぱ」と言われているところも。

ひどくなると、眼帯をしたり、
見た目に痛々しくて、やっかいなものです。

でも、「ものもらい」って、実は症状も2つあるようです。

それぞれに原因も違うとのこと。
症状が出たら、早く原因を知って治したいところですね。

ものもらい(めばちこ)の症状、
そして原因と治し方についてまとめてみました。

スポンサーリンク

「ものもらい」って何?どんな症状?

そもそも「ものもらい」というのは、
俗称だと言う事をご存知でしょうか?

ものもらいの正式名称は、
症状や原因によって、2種類あります。

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)

「麦粒腫」は、細菌からくる急性の炎症です。

初期にはまぶたのかゆみと、腫れが表れますが、
症状が進むと、まぶたにはっきりとした腫れ物が出来ます。

まぶたの外側に出来た場合は、
多少の違和感と、むず痒さが出るだけですが、
まぶたの内側にできた場合は、強い違和感と痛みが出ます。

この頃には、他の人が見ても判るぐらい、
まぶたの腫れや変色が起こります。

霰粒腫(さんりゅうしゅ)

「霰粒腫」は、細菌が介入しない慢性の炎症です。

まつげの生え際に複数ある、マイボーム腺という部分に、
白いできものが発生します。

最初は小さいものですが、段々大きくなり、
触るとしこりがわかるようになります。

大きくなると、多少違和感が出ますが、
それ以外の症状は特にありません。

最終的には破裂して「目やに」となったり、
できものが体内に吸収されます。

まれに、急に腫れ上がって、炎症を引き起こす事があります。
この状態だと、「化膿性霰粒腫」と呼ばれます。

スポンサーリンク

ものもらいになる原因は?

ものもらいといっても、
麦粒腫と霰粒腫では原因も異なります。

麦粒腫は雑菌の繁殖が原因

麦粒腫は、マイボーム腺と、まぶたの付け根部分にある脂腺に、
黄色ブドウ球菌が繁殖して、炎症を起こします

黄色ブドウ球菌は、繁殖すると化膿して炎症を引き起こす雑菌です。

健康な状態でしたら、人体で繁殖することありません。

でも、免疫力が低下している状態だと、
マイボーム腺などに入りこみ、炎症を引き起こします。

勘違いしやすいのですが、麦粒腫は感染症ではありません
「ものもらいは感染する」は間違いです。

霰粒腫は脂つまりが原因

霰粒腫が出来る原因は、マイボーム腺が脂で塞がれることです

マイボーム腺は、常に脂分を分泌しているのですが、
その出口が脂で栓をした状態となると、
自然と脂が溜まってしまい、それが腫れたような状態になるのです。

なぜ脂が溜まって塞がれてしまうのかは、
はっきりとした原因は判っていません。

目の周りを清潔に保てば、ある程度防げると言われていますが、
それでも出来ることがあります。

麦粒腫と違い、溜まった脂は無菌状態のため、
雑菌が原因でもありません。

ただし、化膿性霰粒腫は、詰まったマイボーム腺に、
雑菌が繁殖することで起こります。

尚、霰粒腫も感染するものではありません。

ものもらいの治し方は?

monomorai2

麦粒腫は殺菌の退治

ものもらいかも?と思ったら、
まずは病院で診察を受けるようにしましょう

「麦粒腫」は、軽度の症状でしたら、目薬や軟膏を処方してもらい、
黄色ブドウ球菌を殺菌しつつ、患部を治療していきます。

腫れてしまった場合は、目薬に加えて、抗生物質などの内服薬が処方されます。
症状がひどくなると、患部を切開して溜まったものを出す処置を行う場合もあります。

なお、眼帯は、中で細菌が繁殖する恐れがあります
眼帯をするにしても、なるべく短時間に留めておくのがいいですね。

霰粒腫は放置?

「霰粒腫」は、細菌からくる病気でないため、
目薬などの治療薬ではあまり効果がありません。

特に差し障りがないようならば、
自然に腫れているところが破裂したり、吸収されるのを待ちます

自然治癒するまで、長いと約1年ほどかかりますが、
実はこれが一番綺麗に治ります。

ただこの状態だと、破裂するまでの間に、
化膿性霰粒腫を起こす事がありますので、
目を清潔に保ち、目薬で目を保護するようにしましょう

腫れが大きくて、まぶたを開けるのに支障が出た場合は、
切開手術でマイボーム腺の詰まりを取り除くことになります。

化膿性霰粒腫の場合は、麦粒腫と同じ殺菌を中心とした治療を行ない、
炎症が収まってから、溜まった脂分を取り除く処置を行います。

いずれにしても、まずは病院で診察されて、
医師の指示に従って気長に治療されるといいですね。

ものもらい=眼帯はNG?

monomorai3

「ものもらい=眼帯」
というイメージを持ってる方って多いんじゃないでしょうか?

でも、ものもらいを治療するためには、
長い時間、眼帯をしてはいけないとのことなんですね。

「ものもらい」になると、見た目もそうですが、
生活をする上で、仕事をする上でも、本当に不便ですよね。

もしも発症したら、眼帯に頼ることなく、
なるべく早く病院で治療を受けるようにして下さいね。

スポンサーリンク

関連記事

ぎっくり腰って冷やすのか温めるのかどっちが良いの?

「ぎっくり腰」って良く聞く言葉ですよね。 でも、ぎっくり腰になって、ものすごく痛くてたまら

記事を読む

子供のインフルエンザ予防接種 最適な時期、料金や回数は?

□2歳11ヶ月・インフルエンザ予防接種 http://youtu.be/Oq2eh7jmiqw

記事を読む

風邪の時の正しいお風呂の入り方とは?シャワーでもいいの?

風邪をひいた時によく言われるのが、「お風呂に入ったら悪化するよ」ということ。 しかし風

記事を読む

顔にイボができる原因は何?除去するための治療法は?

お肌は陶器のようになめらかなのが理想ですが、「できもの」はどうしても出てしまいます。代表的な

記事を読む

ふくらはぎのコリの原因とは?むくみ解消方法はこの4つ!

女性の方はスカートを履く時に、どうしても気になるのがふくらはぎの膨らみ。 気がついたらガチガチ

記事を読む

二日酔いの時はコレ!回復効果の高い食べ物や飲み物を9つ厳選!

お酒は適量であれば気分もほぐれ、美味しく素敵な時間を過ごすことができます。 しかしうっかり飲み

記事を読む

生あくびが止まらない!眠くないのに何故?その原因と対処方法

https://youtu.be/_-YuWDFSjLo 人前で「あくび」をするのははしたない

記事を読む

子供のインフルエンザの症状って?熱はどう?予防するには?

毎年冬にかけて猛威を奮うインフルエンザ。 特に子供のインフルエンザは、 感染したら合併症を引

記事を読む

年齢のせい?五十肩(四十肩)の原因と治し方は?動かしてもいいの?

普段から健康に気を使っていても、年齢を重ねるごとに体の不調はどうしても出てしまいます。 そんな

記事を読む

空腹ではないのにお腹がグゥー!と鳴る原因は?どう対処したらいい?

お腹がすいているわけでもないのに、お腹が鳴る・・ こんな経験したことがありませんか?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プレミアムフライデーとは?どんなメリットがあるの?実施はいつから?

最近のニュースでよく耳にするのが、「プレミアムフライデー」とい

アイスクリームの日の由来とは?どんなイベントがあるの?

夏が近づくと、冷たくて甘いアイスクリームが食べたくなりますよね

芒種(ぼうしゅ)の意味とは?2017年はいつ?

カレンダーを見ていると日付の横に、様々な言葉が書き記されていることがあ

小満(しょうまん)はどんな意味があるの?2017年はいつ?

毎日見るカレンダーには普段あまり見慣れない、暦の用語が幾つも書

夏を先取り!立夏にはどんな意味があるの?2017年はいつ?

ニュースなどで時々「暦の上では今日から夏ですが・・・」という言

→もっと見る

PAGE TOP ↑