岡山の「醍醐桜」。2017年の見頃や見どころは?一本桜の由来もご紹介!

| | , , , ,

daigosakura1

お花見と言えば、千本桜と言われる、たくさんの桜を楽しめる名所を思い浮かべる方が多いかも知れませんね。

しかし、昔は、観桜と言えば、神社の境内や庭先に単一で植えられた「一本桜」を楽しむことの方が一般的だったんですよ。

岡山県の真庭市にある「醍醐桜」も、一本桜のひとつ。山里にあって天に向かってそびえたつ、新日本名木百選にも選ばれた見事な桜です。

醍醐桜の由来、見頃予想、見どころ、実際に見た方の体験談や口コミ情報、アクセス情報などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

醍醐桜とは?

醍醐桜とは、岡山県北部、真庭市にあるアズマヒガンと呼ばれるヒガンザクラの1種の大木で、県の天然記念物に指定されています。

その高さは18メートル、幹の太さは7メートル、枝張りが20メートルと言う巨木で樹齢は700年とも千年以上とも言われています。

醍醐桜と言う名前は、元弘2年(1,332年)、元弘の乱により、後醍醐天皇が隠岐に流される途中、ここに立ち寄り、この桜の美しさを賞賛したと言う言い伝えに由来します。

醍醐桜は、丘の上にそびえ立つ孤高の一本桜

その美しい姿は広く知られ、毎年の開花シーズンには、多くの観光客でにぎわいます。

醍醐桜の見頃予想、見どころ

醍醐桜の見ごろは、例年4月上旬から4月中旬にかけてです。満開時にはかわいらしいピンク色の花を木いっぱいに咲かせます。

2016年は、4月1日開花、4月4日満開、4月11日散り始め、4月14日葉桜でした。最近の暖冬傾向から開花時期は早まる傾向にはありますが、ここ3年ほどはほぼ同じ時期に開花しています。

今後の冷え込みなどにより変わることはありますが、2017年も去年と同じ時期になると予想されるでしょう。4月初旬に開花、満開を迎えるのではないでしょうか。

予め、真庭市役所のページから醍醐桜の開花状況を確認して行かれるといいですね。

また、3月下旬から、桜の咲いている期間中「醍醐桜まつり」として、桜付近の休憩所で、地元住民らによる軽食や農産加工品の販売や、夜間ライトアップが行われます。

ライトアップは五分咲きあたりから実施され、夜9時まで夜桜を楽しむことができますよ

スポンサーリンク

醍醐桜の口コミ情報

実際に醍醐桜を見た方によれば、「圧倒的な迫力とご神木と言えるような神々しさ」を感じるとのこと。

醍醐桜には横に普通の(?)桜もあるのですが、これは「二代目」だそうです。「普通」とは言っても、立派な桜の木です。

また、醍醐桜のすばらしさとともに「渋滞」のひどさを指摘する声が多く聞かれます。

「ほんとに田舎の里山にそびえ立つので、そこに行く道は、車は通れるものの狭いので、シーズン中は一方通行、駐車場も臨時で、早朝でない限り近くには停められません。
麓から約4km、シーズンピーク時には3時間くらいかかる事もあります。」

※フォートラベル クチコミガイド

「西日本でも屈指の桜であることから、桜に向かう道路は大渋滞。過去、インターから5時間かかったこともあるそう。」

※フォートラベル クチコミガイド

ライトアップされた夜桜目当てのカメラマンも多いため、早めに出かけた方が良さそうです。

最後に、これは非常に大切な、そして当然のことですね。

「醍醐桜までの道は地元の方々が草刈り 溝掃除など 手を入れて綺麗にしてあります。ゴミは捨てないで 気持ち良く花見をさせてもらいましょう」

※花見特集2014「醍醐桜のお花見クチコミ」

醍醐桜へのアクセス情報

桜の開花期間中は混み合うため、公共機関の利用がおすすめなのですが、電車でのアクセスは、JR姫新線美作落合駅から車でも30分以上かかります。

タクシーを利用するか、もしくは自家用車で行くしかなさそうですね。

駐車場の数もそれほど多くなく、平日でも混むので、できれば平日の朝早くに行くのがおすすめです

◎車で
中国自動車道
・落合インターチェンジから約40分(16㎞)
・北房インターチェンジから約25分(12㎞)

◎JRで
姫新線美作落合駅下車
・美作落合駅から車で約40分(16㎞)

住所:岡山県真庭市別所2277
お問合せ:0867-52-1111(真庭市役所落合振興局地域振興課)

「一本桜」を楽しもう

daigosakura4

現在のような、たくさんの木に咲いた桜の花を、団体の宴会で楽しむお花見スタイルは明治以降のものだそうです。

たくさんの桜を植えて楽しむためには「財力」が必要なため、お花見と言えば、お寺や領主さまの庭先に植えた一本の桜を愛でることだったわけです。

やがて天然記念物の概念が紹介され、一本桜の保護・育成が言われるようになり、一本桜は、天然記念物に指定されるようになります。今では、一本桜、千本桜ともに、それぞれの美しさを楽しむものになっています。

たくさんの桜も良いですが、一本桜の神々しいまでの美しさもまた格別。今年は「一本桜」を楽しんでみませんか?

スポンサーリンク

関連記事

上野公園の「うえの桜まつり」2017!開催時期・見どころは?

春の上野公園といえば、お花見スポットとして外せない場所。宴会の場所取りなども大変そうですし、とても混

記事を読む

大阪造幣局の桜の通り抜け。2017年の日程と見どころは?

大阪の桜の名所といえば、何と言っても造幣局の桜の通り抜けは外せませんね。 毎年、桜の通

記事を読む

古都京都、嵐山の桜。2017年の見頃・開花予想は?

日本の春を象徴する、桜が似合う風景は、昔ながらの家屋や仏閣ではないでしょうか。 そのような光景

記事を読む

奈良、吉野山の桜。2017年の開花予想・見頃は?

花見のシーズンに突入すると、日本全国さまざまな所で桜が楽しめます。賑やかに宴会を楽しむ、桜並木を楽し

記事を読む

まるで桜のジュータン!北海道の芝桜の見頃とおすすめの名所は?

春といえば桜で、ゆっくりと花見をしたいと思う人も多いですよね。 しかし春は新年度と重な

記事を読む

北海道・松前公園の桜、2017年の開花予想や見頃はいつ?

2016年3月に北海道新幹線が開業しましたが、これによって遠かった北海道もより身近になったと

記事を読む

東京の桜の名所 人気ランキング!オススメTOP5を厳選!

そろそろ桜の季節となりますが、東京には驚くほど桜の名所が多いですよね。 どこの桜が綺麗なのか、

記事を読む

2017年度の桜開花予想・満開予想!チェックはココで!

日本ほど、季節の移り変わりに敏感な国はないのではないでしょうか? 春は桜の開花を待ち、

記事を読む

新潟・高田公園の桜、2017年の開花予想と見頃は?

桜の季節を迎えると、不思議と昔ながらの情景を見に行きたくなります。特にお城とともに見る桜は美

記事を読む

古都鎌倉で桜を楽しむならココ!桜の名所おすすめ5選!

春が近づいてくると、気になるのが桜のこと。桜を見ながらお花見を楽しむのも良いですし、散策しな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

芒種(ぼうしゅ)の意味とは?2017年はいつ?

カレンダーを見ていると日付の横に、様々な言葉が書き記されていることがあ

小満(しょうまん)はどんな意味があるの?2017年はいつ?

毎日見るカレンダーには普段あまり見慣れない、暦の用語が幾つも書

夏を先取り!立夏にはどんな意味があるの?2017年はいつ?

ニュースなどで時々「暦の上では今日から夏ですが・・・」という言

こどもの日は女の子もお祝いしていいの?プレゼントはどうする?

5月5日のこどもの日は、端午の節句とも呼ばれています。

女性のむくみ防止に!着圧ソックスの効果と正しい使い方とは?

デスクワークが多い女性にとって、気になるのが足のむくみ。出勤時

→もっと見る

PAGE TOP ↑