お花見で団子を食べる由来。三色団子の色や順番の意味は?

| 日本の習慣・行事 | , , ,

sansyokudango5
「花より団子」ということわざはご存知ですか?

「風流な景色などよりも、実利あるものの方に気が向く」
といった意味ですね。

お花見の時に、桜そっちのけで宴会をしていると、
まさしく「花より団子」。

桜もきちんと鑑賞したいですね。

ところで、お花見の団子と言われると、
串に刺さった三色の団子を思い浮かべます。

あの団子をお花見の時に食べるのには、
意味や由来があるのでしょうか?

調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

花見で団子を食べるようになった由来

最初に花見で団子を食べだしたのは、
いつの時代からなのでしょうか。

調べてみると、意外な歴史上の人物が浮かび上がってきました。

sansyokudango1

秀吉は「花も団子も」だった

花見に団子を食べるきっかけを作ったのは、かの豊臣秀吉です。

元々春に咲く桜や梅を愛でる風習は、
貴族から一般庶民にも広まっていました。

貴族は花を愛でて和歌を作り、
庶民は花を見ながら豊作祈願をしたのだそうです。

時は移り変わり戦国時代から安土桃山時代。

太閤となった豊臣秀吉は、
お花を見ながら頂くお茶会を盛大に開きました。

慶長3年に、京都の醍醐寺で開かれたと言われるこの茶会で、
秀吉は画期的な事を発案しました。

それは、全国各地の美味しいお菓子を取り寄せて来客に振舞ったのです

茶会の席ではお口直しにお菓子が出されますが、
そこに全国の銘菓を使ったのですね。

花見の場で甘いお菓子を食べる習慣が出来たのは、
これがキッカケだと言われています。

江戸の庶民は花より団子

その後、江戸時代になり、江戸の庶民が花見をしながら、
団子を食べる習慣が広まるようになりました。

広まった理由ははっきりとしていませんが、
一説には、団子屋が花見の季節に団子を売りだした
のがキッカケとも言われています。

今も昔も商売上手な人はいるものなのでしょうね。

ちなみに、三色団子は家でも簡単に作れます
お花見の際に手作りしてみませんか?

こちらの動画も参考にしてみて下さいね。

◆【スイーツレシピ】三色団子 3-color Dango

三色団子、それぞれの色の意味は?

花見に欠かせない「三色団子」

市販の三色団子のは、上から、
赤(桜色)・白・緑の順になるのがほとんどですね。

それ以外の色は、あまり見かけないのではないでしょうか。

順番も決まっているように思えるのですが、
それぞれどのような意味があるのでしょうか。

スポンサーリンク

三色は季節を表す

最も有名な説が、団子の三色で季節を表している、というもの。
 赤は桜色、または太陽の色で春を、白は雪で冬を、緑は新緑で夏を
表しているのです。

ところで、この中には秋が見当たりませんよね。
どこにあるのでしょうか。

これには、秋がない=あきないで、食べ「飽きない」というオチがつきます。

洒落っ気の効いた江戸の食べ物と考えるか、
団子屋が商売上手と考えるかは、人それぞれですね。

三色で春を表す

一方で三色団子の色は全て春を表す、という説もあります。

この場合、
赤は、先ほどの季節と同じく、桜色、または太陽の色

白は、白酒を指すと言われています。
これは桃の節句に飲むお酒の事ですね。
また、残雪で早春を、春霞で春の季語を指す色でやはり早春を表現しています。
春の白い空を指している、という節もありますね。

緑は、一斉に芽吹く緑や、春の野草であるよもぎ。
力強い春を表現しています。

sansyokudango2

邪気を払う縁起物

更に三色全てにおめでたい意味があり、
縁起をかつぐ食べ物である
、という説もあります。

赤と白は紅白でおめでたい
緑は邪気を払う効果があるのでおめでたい。

桜は春の花なのでおめでたい。
きっと桜の木の神様だって喜んでくれる!
…という理由です。

これだけおめでたい事が重なれば、食べるだけで嬉しくなりそうですね。

順番には意味がある?

三色団子は、「赤・白・緑」の順番で串に刺さっています。
この順序にも、理由が2つほどあります。

一つには「桜が咲く順序を表している」というもの。

赤いつぼみがついた後に、白い桜の花が咲き、散った後は緑の葉が成長する。
串一つで桜の季節を表現してるのは、とても素敵ですね。

もう一つの説は、
「早春の情景を表している」というものです。

空には柔らかな太陽、地表にはまだ残る残雪、その下からは新緑の芽吹き。
または、桃の桜が咲くころ、まだ地面には雪が残るが、その下には新緑が。

この説も的確に春を表現していて素敵ですね。

どちらの説にしても、昔の日本人は春を待ち望む気持ちが大きく、、
とてもロマンチックだったのではないでしょうか。

団子を持ってお花見に行こう!

sansyokudango4

最近のおしゃれなスイーツも良いですが、
お花見には素朴な三色団子が良く似合います。

「花より団子」とは言いますが、
しっかりとした由来もあり、色にも意味のある三色団子

甘くて腹持ちが良くて、それでいてどこか懐かしいお団子をもって、
花見に出かけませんか?

いつの間にか減っていたら、
きっとそれは桜の木が食べたに違いないですよ!

スポンサーリンク

関連記事

ohiganyurai4

お彼岸の由来とは? 2017年春・秋のお彼岸はいつ?

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言われる言葉です。 厳しい残暑や寒さも、お彼岸の頃には和らい

記事を読む

yakudoshi1

女性と男性の厄年の年齢はいつ?厄払いはいつ行えばいいの?

ツイてないことが立て続けに起こったりすると、「厄年では?」と聞かれたことがありませんか? また

記事を読む

geshi1

昼間が一番長い日!2016年の夏至はいつ?ヨーロッパでは?

一年で一番太陽が長く出ている日・・ と言われているのが、 「夏至」 夏至の日には様々

記事を読む

koinobori1

鯉のぼりを出す時期、しまう時期はいつがいい?洗い方もご紹介!

ジャンボこいのぼり http://youtu.be/9WfqZkJrhSE 春になると男の

記事を読む

hinamatsuriyurai1

ひな祭りの由来・歴史とは?桃の節句と呼ばれる理由

春になると、女の子のいるご家庭では、「ひな祭り」が楽しみですよね。 雛人形(ひな人形)を準

記事を読む

harikuyou2

針供養の日とはいつ?どこの寺社で行われるの?広まった由来も紹介!

最近では何でも購入出来ることから、ぞうきんなどは自分で縫わずに店で買うする人も増えています。

記事を読む

syotyumimaijiki2

暑中見舞いを出す時期はいつからいつまで?残暑見舞いは?

「暑中見舞い」という言葉は知っているものの、いつから出してよいものか意外と分からないものです。

記事を読む

ryokanchip1

旅館へのチップ(心付け)は必要なの?気になる相場や渡し方をご紹介!

海外旅行で泊まるホテルでは、チップが必要という話をよく聞きます。 しかし日本の旅館では、チップ

記事を読む

motyutemple3

喪中はがきの文例と無料で利用できるテンプレートをご紹介!

喪中はがきの準備は、年賀状の準備よりも先に始めないといけないので、バタバタしがちです。 しかも

記事を読む

ehoumakitabekata2

恵方巻きの正しい食べ方とは?使う具材は何?レシピもご紹介!

節分近くになると「恵方巻き」の広告が目につくようになりますね。 コンビニのキャンペーン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

suitesbutton001
レディース用のスーツ、ボタンの数はいくつ?着こなしのポイントは?

就活中に大活躍するのが、リクルートスーツ。 説明会や面接

femailsuits4
レディース用ビジネススーツの選び方!おすすめのブランドは?

就職準備に必要なものの一つに、ビジネススーツがあります。就職先

womansday003
国際女性デーとは何の日?ミモザの日とは?日本でもイベントはある?

女性へ日頃の感謝の気持ちを伝える日と言えば、 「母の日」や「ホワイト

radish001
大根の気になるカロリーや糖質は?ダイエットに適した食べ方ならコレ!

ダイエットの方法の一つに、「糖質制限」がありますよね。 ご存知の

applekind001
使い方や味で選びたい!人気のりんご5種類。美味しさの特徴とは?

https://youtu.be/RrzyuNAqkO0 秋から

→もっと見る

PAGE TOP ↑