妊婦の貧血の症状と原因とは?食事は何を摂れば良いの?

| 健康 | , , ,

ninpuhinketu1
妊娠すると、貧血の症状が出る事があります。

貧血になると、体調が悪くなるだけでなく、
お腹の赤ちゃんや、出産自体にも
良くない影響が出ることも。

妊婦の貧血はどんな症状なのか、またその原因を知って、
生まれてくる赤ちゃんのためにも、
しっかりと対策をしていきたいですね。

今回は、妊婦さんの貧血の症状や原因、
改善のための食事、オススメのレシピなどについて
まとめてみました。

スポンサーリンク

妊婦の貧血ってどんな症状?

貧血と言えば、
「急にクラっとして倒れる」
立ちくらみを連想するのではないでしょうか?

それは、一時的に脳に流れる血液が減少する「脳貧血」と言われるもの。

これも妊婦の貧血の症状としてはありますが、
他にも貧血の症状は色々とあるのです。

ninpuhinketu2

だるい、疲れやすいは貧血かも

常に眠気が襲ったり、少し動くだけで体がだるくなる、
歩くだけで動悸や息切れを起こす
、といった症状はありませんか?

これらの症状がある場合、全てがそうとは限りませんが、
貧血状態である可能性が考えられます

自覚症状が無くても貧血の時がある

特にこれといった自覚症状は無くても貧血だということも

妊娠中の血液検査で、血中の鉄分が足りないという診断結果が出て、
初めて自分が貧血状態であると、気がつく場合もあるようです。

妊娠中に貧血になりやすい原因は?

ninpuhinketu3

妊娠中に貧血状態になる原因は、
お腹の中で赤ちゃんを育くむ体の仕組みにあります。

血液供給が貧血の原因?

妊娠すると、胎内の赤ちゃんに栄養を届けるために大量に血液が作られます

その一方で、血液に含まれる赤血球の量は、それほど増加するわけでは無いため、
血液中の赤血球濃度が減少します。

これが「貧血」です。

また、赤血球の主成分であるヘモグロビンは、鉄分を必要とします。

そのため、血液が増える時に赤血球も作られようとし、
その際に鉄分が使われるために、妊娠中に貧血になりやすくなるのです。

スポンサーリンク

栄養は赤ちゃん優先?

赤ちゃんの成長にも鉄分は欠かせない成分です。

母体は赤ちゃんに優先的に鉄分を渡そうとするので、
自然と母体は鉄分が足りなくなっていくのです。

貧血状態であると診断されても、
赤ちゃんへの鉄分供給は大抵の場合は問題なく行われています。

なので、自分の貧血を改善して、
赤ちゃんに沢山鉄分を届けられる様にしていきたいですね。

妊婦の貧血に良い食事とは

ninpuhinketu4

病院で貧血と診断された場合は、
鉄剤を飲むように指導されますが、
鉄分補給にはバランスの良い食事も欠かせません

レバーは貧血対策の王様

貧血に効果のある食べ物と言えばレバーですね。

レバーには吸収率の高い鉄分が含まれている他に
造血作用があるビタミンB6、B12、葉酸が含まれていることから、
貧血への高い効果が期待できます

ただし、レバーにはレチノール(ビタミンA)も豊富に含まれています。
特に妊娠初期では、レチノールを大量摂取すると、
赤ちゃんの耳の形態異常につながる可能性もあるという研究結果もあります。

レバーだけに頼ることなく、他の食材もバランスよく摂るようにしていきたいですね。

吸収率が低い鉄分は他の栄養素と組み合わせて

鉄分が取れる食品としては、他にも
卵、大豆、あさり、ひじき
などがあります。

ただ、鉄分は吸収率が一般的に低いので、
吸収を助ける効果のある食材と一緒に食べるといいですね。

タンパク質、ビタミンC、ビタミンB6、B12、葉酸を含んだ食品を
バランス良く摂るようにして下さい。

ビタミンCを多く含むブロッコリーや、
レモン、みかん、キーウィなどのフルーツ
はオススメですよ。

妊婦の貧血改善にオススメレシピ

妊婦さんの貧血に効果のある、オススメのレシピをご紹介します。

それが、「大豆とひじきの煮物」です。

◆ひじき煮はバランス栄養食

ひじきは安定した価格で購入できますし、
ひじきの鉄分と、大豆に含まれるタンパク質の合わせ技で、
鉄分の吸収も良くなり、鉄分補給にうってつけです。

また、食物繊維も取れるので、
便秘にも効果がありますし、食べるだけですっきりしますよ。

また、他にも、ひじき煮に水溶き片栗粉を入れてとろみをつけ、
それを揚げ出し豆腐やハンバーグに掛け、
和風あんかけ風にするのも美味しいですよ。

美味しくバランス良く食事を摂りましょう

いかがでしたか?

妊婦さんが貧血になりやすいのは仕方がないとしても、
あまりに貧血状態が続くと、赤ちゃんへの影響も心配ですし、、
出産後にも貧血が続いてしまいかねません。

貧血に効果のある食材を、美味しくバランス良く食べて
貧血知らずの体を作っていくようにしたいですね。

食事をきっちりと摂ることで、赤ちゃんにも沢山栄養を届け、
母子ともに元気な体を作っていきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

冷え取り靴下とは?何枚履くもの?その効果と正しい選び方

寒い時期になると冷えに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 冷えが溜まるようになると免疫力

記事を読む

ズキズキ痛い!偏頭痛(片頭痛)の対処法と予防法とは?

急に現れる痛みはとてもやっかいで、楽しいひと時や仕事中には来てほしくないものですね。

記事を読む

空腹ではないのにお腹がグゥー!と鳴る原因は?どう対処したらいい?

お腹がすいているわけでもないのに、お腹が鳴る・・ こんな経験したことがありませんか?

記事を読む

足がつる原因は何?足がつった時の対処方法や予防方法

久々に体を動かした時に、足をつってしまった…という経験はありませんか?中には真夜中に寝ていて、いきな

記事を読む

二度寝が良くない理由とは?防止するにはどうしたら良い?

早い時間に目が覚めた時に、もう少し寝られると思って、そのまま二度寝をしてしまう事ってあります

記事を読む

夏に発症しやすいクーラー病の症状とは?対策と予防方法もご紹介!

温暖化の影響でここ数年の夏はとても暑く、クーラーが欠かせない状況にあります。 クーラーで快適な

記事を読む

気になる顔や足のむくみ。食べ物や飲み物で解消するならコレ!

・一日デスクワークをしていたら、夕方頃に足がパンパンになっていた… ・疲れがとれない朝に鏡

記事を読む

火を使わないお灸?ペットボトル温灸のやり方とその効果は?

昔から伝わる健康改善方法の中には、本当に効果があるものがいくつもあります。その中で特に効果があるもの

記事を読む

ズキズキと痛む腰!それって神経痛?原因と治療法を紹介!

朝晩涼しくなってきました。 最近はこの涼しさに伴い腰が・・とてつもなく痛い! これってまるで

記事を読む

つわりの時の食事のとり方は?おすすめの食べ物は何?

お腹の中で赤ちゃんが成長する妊娠中は、毎日が喜びと驚きの連続です。 一方で妊娠初期に訪

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来とは?開花時期はいつ?

https://youtu.be/uEdb3Gig5qg 夏に咲

月下美人の花言葉や名前の由来。開花時期や花の特徴は?

花屋やガーデニングで見かけるお花は、名前が分からなくても美しい花ばかり

赤ちゃんの動物園デビューはいつからがいい?気を付けることは?

わが子には様々な体験や経験を通じて、心豊かな人間に成長して欲し

アイスクリーム/アイスミルク/ラクトアイスの違い。食べるならどれ?

最近は季節を問わずアイスを食べる人も多いですが、やはりアイスは

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑