深大寺だるま市2017!開眼の時間はいつ?混雑状況は?

| イベント・お祭り | , , ,

darumaichi1

戸の昔から現代に伝わる、風習や行事は数多くあります。

その中でも春を告げる行事として挙げられるのが、
「深大寺だるま市」

今ではあまり手にすることのない「だるま」ですが、昔から願掛けアイテムとして知られています。

そんなだるまが買えるお祭りであり、またお寺の行事としての厳かな側面もある「深大寺だるま市」2017年の日程、そしてだるま開眼の時間などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

深大寺だるま市とは

深大寺だるま市は、東京都調布市にある深大寺(じんだいじ)で行われる行事です。

日本三大だるま市の一つでもあり、だるま市としては最も有名。

正式には「厄除元三大師大祭」と言われていて、厄除け大師こと「元三大師」を称えるお祭りです。

ご利益と厄除けを授かれる、ありがたいお祭りなんですよ。

darumaichi3

だるまの開眼

境内には約300店もの露天が並び、だるまの「赤」で埋め尽くされる光景は圧巻の一言

露天で購入しただるまは、希望すれば、お坊さんが左目に梵字の「阿」を書き入れてくれます。

普通は黒目を塗るのですが、梵字を入れるのは深大寺独自

願いがかなったら右目に「吽」を入れてもらい、「阿吽」とした後に深大寺に奉納します。

『阿』は始まりを、
『吽』は終わりを意味し、
阿吽の呼吸ということわざも、この梵字から来ています。

なぜだるま?

どうして深大寺には、「だるま」が沢山あるのでしょうか。

それは、深大寺が天台宗のお寺だからです。

天台宗は達磨大師、いわゆる「だるまさん」にゆかりのある宗派。そのため深大寺では「だるま」も大切に扱い、市が開かれるようになったんですね。

2017年の開催日、だるま開眼の時間は?

darumaichi2

せっかくなら「だるま」を購入して、お坊さんに梵字を入れてもらいたいですよね。

日程も把握して、お祭りを楽しみつくしましょう。

だるま市の開催日は?

春を呼ぶお祭りという事で、毎年梅の花が咲く頃にだるま市は開催されます。

2017年は3月3日(金)・4日(土)の2日間で開催

丁度桃の節句ですね。

だるま開眼の時間は?

だるま開眼の時間は次の通り。

開催時間:期間中の9時から17時まで。
場所  :大師堂前仮設開眼所

一つ注意して欲しいのは、「だるま市」は9時から19時までの開催ということ。17時以降にだるまを購入しても開眼できません。時間に余裕を持って買いましょう。

当然ですが順序良く待たないと、バチが当たりますよ。

だるま市のみどころ

お練り行列

お寺の最大の行事として、
3日・4日の午後2時より「お練り行列」が行われます

我楽の音色に合わせ、真っ赤な法衣を身につけたお坊さんが練り歩き、
それはまるで平安絵巻のよう。

お練り行列のあとは「元三大師御影供(がんざんだいしみえく)」が行われます。

比叡山以外では、ここでしか見られない供養行事。
一般には公開されていません。

法要中は、元三大師堂に入ることができませんのでご注意下さい。

護摩祈願

「元三大師御影供」以外の時間でしたら、元三大師堂にて誤摩祈願を受けることができます。10時から1時間毎、16時まで祈願を受けられますので、事前に受付をしておきましょう。

各時間とも、開始15分前ぐらいまで受けて付けてますので、当日参加も可能ですよ。

値切るほどご利益が?!

だるま市でだるまを購入する際には、小さめのものを購入することをおすすめします

というのも次に購入する時は、今のだるまより一回り大きいものを買うと、縁起が良いからなのです。

また購入する時は値切って購入すべし! どんどん値切って1円でも安く購入すべし!です。

それは、値切れば値切るほどだるまさんのご利益が上がるからです。これは値切らずにはいられませんね。

販売する方も、値切られることを前提としてますから、ぜひ頑張って値切ってください。

深大寺へのアクセス

だるま市が開催される期間は、非常に混雑します

特に初日の午後はかなり混雑することが予想されます。なるべく公共機関を利用して行かれることをお勧めします。だるまを購入するのにも時間がかかる可能性が高いので、余裕を持って行かれるといいですね。

電車やバスで行く際のアクセスは次の通りです。

京王線を利用する場合

京王線・調布駅で下車、そこから北口へ周り、バスの14番乗り場を目指します。
14番乗り場からは、「深大寺行き」(調34)に乗り、終点「深大寺」まで乗車します。

他にも「吉祥寺行き」(吉35)や「杏林大学行き」(調35)でも行く事が可能。この場合、最寄りの停留所は「深大寺小学校前」となります。

また、同じ京王線・つつじヶ丘駅で下車し、そこからバスの「深大寺行き」(丘21)でも行く事ができます。この場合は終点「深大寺」まで乗車します。

JR中央線を利用する場合

JR中央線・三鷹駅を下車し、南口へ回り、バス3番乗り場を目指します。

3番乗り場からは「深大寺行き」(鷹65)に乗り、終点「深大寺」まで乗車します。

また、5番乗り場から出ている「調布駅北口行き」(鷹56)でも行く事が可能。この場合、最寄りの停留所は「深大寺入り口」となります。

○深大寺の住所:東京都調布市深大寺元町5-15-1
 ○TEL:042-486-5511

一家に1台、だるまさん

darumaichi4

縁起物でありながら、家で見ることはめったになくなった「だるまさん」

一家に1台あると和の風情が演出できますし、味わいのお顔で意外と和みますよ。

もしも購入する際には、ぜひ願い事をしてみましょう。きっとだるまさんが叶えてくれるのではないでしょうか。

願いがかなった時には改めて深大寺を訪れ、右目に「吽」を入れてもらって下さい。その際には、感謝とお礼を忘れずに。きっと更に運気があがるようになりますよ。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

千葉の柏祭り2017年の日程と見どころ!アクセスや交通規制は?

全国各地で開催されるお祭りには、長い歴史を重ねるものも数多くあります。踊りが特徴的なものや、

記事を読む

愛媛の新居浜太鼓祭り、2016年の日程と見どころをご紹介!

「三大祭り」という表現をよく見かけますが、四国のお祭りにも三大祭りという表現が使われます。

記事を読む

佐賀城下ひなまつり、2017年の日程と見どころは?

女の子のいる家庭では3月3日に合わせてお雛様を飾りますが、諸事情で飾れない家庭もありますね。

記事を読む

伊達政宗由来の山鉾も!仙台・青葉まつり2017年の日程と見どころ!

ゴールデンウィークも終わり、夏休みまでの間は時間が空いたように感じられます。 梅雨の時期も重な

記事を読む

東北の秋田竿燈まつり。2017年の日程と見どころをご紹介!

日本全国で行われるお祭りは、その土地の風土に根づき、独自の発展をとげたものも多く有ります。中

記事を読む

雪と氷の祭典「札幌雪祭り」。2017年の日程と会場へのアクセスは?

雪が降る季節、代表的なお祭りと言えば、「さっぽろ雪まつり」です。 大きな氷の像を始め、

記事を読む

感動的な祭!おわら風の盆2017年の開催日程と見どころ!

日本のお祭りは勇ましいものが多く、また盆踊りなどの行事も賑やかなものが多い印象があります。 し

記事を読む

湯島天神梅まつり、2017年の開催日と見どころは?

http://youtu.be/Ob5cQwmOTgY 「東風(こち)吹かば 匂いおこせよ 梅

記事を読む

大迫力の成田祇園祭!2017年の日程と見どころをご紹介!

「祗園祭」と言えば、京都がとても有名ですね。 実は千葉県成田市でも、同じ「祗園祭」とい

記事を読む

津南雪まつり2017はいつ?スカイランタンが幻想的!

冬は寒さから家にこもりがちですが、冬だからこそ楽しめるイベントが全国各地で開催されます。 特に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

月下美人の花言葉や名前の由来。開花時期や花の特徴は?

花屋やガーデニングで見かけるお花は、名前が分からなくても美しい花ばかり

赤ちゃんの動物園デビューはいつからがいい?気を付けることは?

わが子には様々な体験や経験を通じて、心豊かな人間に成長して欲し

アイスクリーム/アイスミルク/ラクトアイスの違い。食べるならどれ?

最近は季節を問わずアイスを食べる人も多いですが、やはりアイスは

目が疲れにくい色と疲れやすい色は何色?疲れ目の対策も紹介します!

毎日の生活の中で、気がついたら目が疲れていることはよくあること

日焼けでひりひりして痛い時の対処法!ケアする時に気をつけることは?

夏と言えば、海やプール!ドキドキしながら水着で楽しむ方も多いの

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑