もやしは栄養効果抜群!加熱や水洗いはどうする?

| 飲食 | , ,

moyashi4

料日前で、ちょっとピンチなときに、お買い得なもやしは、助かりますよね。もやしは、一袋でも量が多いものですが、時には50円以内で買えちゃうことも。

でも、安くて量はあるのはいいんですが、「どんな栄養素が含まれているのか?」は気になるところ。また栄養があっても、もやしは、加熱したり、ゆでたりしたら、栄養が逃げてしまいそうですよね。

そこで、もやしの栄養面や、加熱することについて、
またお勧めレシピなどについてまとめてみました。

スポンサーリンク

もやしの栄養素と効果について

手軽に買えて、美味しいもやしですが、どのような栄養素が含まれているのでしょうか。

moyashi1

もやしは貧弱?いいえ違いますよ!

色白で体力のない子を、「もやしっ子」と、ややマイナスな表現として使うことがあります。

また、もやしの育成方法が、「日光に当てず水だけで育てる」事から、栄養素がないような印象もあるかもしれません。

ところがもやしは、種から成長した直後の状態で出荷されるので、種に含まれた栄養がほぼ残った状態なのです。

更に、発芽するときのパワーで、種の時より栄養もぐんと増えるので、種を直接食べるより栄養豊富なのです。

もやしの栄養を侮るなかれ!

もやしの成分は、約80%が水分です。

そのため、100gあたり14キロカロリーと、とても低カロリーな食べ物なのです。

もやしに含まれる栄養素には、ビタミンC、ビタミンB1・B2・B6、といったビタミン類が挙げられます。

その他にも、カリウム、アスパラギン酸、カルシウム、食物繊維などが含まれています。

水さえあれば簡単に育ち、ビタミンが取れる事から、戦時中に、潜水艦の中で栽培されていたこともあるんですよ。

もやしを食べるとこんな効果が!

もやしは、ダイエットにも効果があります。

食物繊維を豊富に含み、ローカロリーなので、沢山食べてもダイエットの妨げになりません。しかも、減量中にどうしても不足しがちな、ビタミン類やカルシウム、カリウムも補えます。

更に、アスパラギン酸が含まれているので疲労回復の効果もあります。食事を見直すダイエットは、栄養が偏りがち。もやしを上手く摂り入れると、健康的に痩せることも可能ですね。

スポンサーリンク

もやしは加熱して大丈夫?

もやしに含まれる成分は、加熱しても大丈夫なのでしょうか?

過度の加熱は厳禁!

もやしに含まれる栄養素のうち、ビタミン類は、熱に弱い性質を持ちます。

そのため、あまり加熱しすぎると、せっかくの栄養素が壊れやすくなり、摂取量が減ってしまいます。

ですから、もやしを炒め物に入れる時は、最後に加えて火を通す程度にすると良いですよ。

幸いなことに、もやしは無菌状態で栽培され、出荷される野菜です。新鮮なうちは、生でも食べられるので、必ずしもしっかり加熱する必要はないのです。

moyashi2

ビタミンCは水にも弱い

また、もやしに含まれるビタミンCは、水溶性のため、しっかり洗うと水に溶け出てしまいます。

先にも述べた通り、もやしは無菌状態で出荷されているため、洗う必要はほとんどありません。お鍋やお味噌汁に入れる場合も、食べる直前に入れてすぐ食べると良いでしょう。

ただ、もやしは傷みやすい食材です。出来る事なら、購入した当日に使いきるのがベスト。使い切れず、翌日に残った場合は、念の為10秒ほど洗っておくと良いですね。

もっと美味しく!もやしレシピ!

moyashi3

栄養素の特性を踏まえて、美味しく食べられるもやしレシピを紹介します。

豚肉ともやしのレンジ蒸し

加熱すると栄養素が壊れやすくなるもやしですが、温めてたべるのなら、蒸すことをお勧めします

茹でる、炒めるに比べて、蒸す場合は、比較的栄養素が壊れにく、また、ビタミンCの流出も防げます。また、電子レンジを使用することで短時間で調理が可能になります。このことで、熱での破損率を更に押さえることができるのです。

更に、豚肉のビタミンB1・タンパク質・鉄分が、もやしの足りない面を補えるので、栄養面もばっちりなんです!

◎材料(2~3人前)

  • もやし 1袋
  • 豚バラスライス(しゃぶしゃぶ用)100g
  • お酒 大さじ1
  • ドレッシング等お好みの調味料

◎作り方

  1. もやしはお好みでひげ根を取り、気になる人はさっと水洗いする
  2. 耐熱皿にもやしを敷くように、均等に広げる
  3. もやしの上に、豚肉を満遍なく敷き詰める
  4. お酒をまんべんなく豚肉に振りかける
  5. ラップをふんわりかけて、レンジで3~4分加熱する
  6. お肉の色が変わったら取り出す(熱いので注意して下さい)
  7. 好きな調味料をかけて出来上がり

調味料は、ポン酢がよく合いますが、焼肉のタレ、しゃぶしゃぶのタレでも美味しいですよ。

※豆苗を使ったこんな料理も美味しそうですよね!

毎日使いたいからこそ、上手く活用して

もやしといえば、とにかく安いことが注目されがちです。

ですが、栄養面から見ても、積極的に食べたい食材です。

ただ、安いからと行ってまとめ買いをすると、傷みやすいため、無駄にしてしまいますよ。安いからこそ、新鮮なうちに使い切るようにしたいですね。

お手頃価格なのですから、毎日美味しく食べて新鮮なものを上手く活用していきましょう!

スポンサーリンク

関連記事

ヨーグルト菌の種類には何がある?効果を知って食べ分けよう!

美容と健康のために、毎朝ヨーグルトを食べるという人も多いですよね。 そうで無くても、

記事を読む

基礎代謝を上げる食べ物と飲み物7選!食べるだけでダイエットにプラス!?

ダイエットで大切な点として、毎日の適度な運動が挙げられます。 これは運動することで余計な脂肪を

記事を読む

苦い渋柿を甘くする方法とは?柿に含まれる栄養効果もご紹介!

甘くて美味しい柿を食べていると、秋が来たなぁと体で感じられます。 でも美味しい柿の中に

記事を読む

りんごの効能とおすすめの食べ方は?

「りんごは体にいい」ってよく言われますよね。 イギリスには「一日一つのリンゴは医者いらず」と言

記事を読む

甘くて美味しい!安納芋の美味しい焼き方や食べ方とは?カロリーは?

ほくほくと甘くて美味しいさつまいもは、女性を中心に大人気の野菜ですね。いつものさつまいもも美味しいで

記事を読む

だだちゃ豆と枝豆の違い。味や栄養面ではどう違うの?

夏の定番おつまみといえば枝豆。 お酒のお供に、おやつにと、美味しくてついつい手が止まらなくなります

記事を読む

銀杏(ぎんなん)の栄養と効能とは?食べ過ぎには注意!?

紅葉で黄色く色づくイチョウは美しいですが、イチョウの木周辺から異臭を感じたことがありませんか

記事を読む

牛乳と生クリームの作り方の違いとは?代用はできるの?

ホットケーキを焼いた時、 「ホイップクリームがあれば”カフェ風”になるのに!」 と思ったこと

記事を読む

冷え性に抜群!乾燥生姜の驚くべき効能とは?作り方と保存方法も紹介!

女性の体の悩みで多く聞かれるのが、真夏でも体が冷えてしまう「冷え症」です。 エアコンの効いた室

記事を読む

甘茶の効能には何がある?作り方と飲み方のポイントもご紹介!

お茶といえば、日本人には緑茶がなじみです。 でも、それ以外にもいろいろな種類のお茶があり、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プレミアムフライデーとは?どんなメリットがあるの?実施はいつから?

最近のニュースでよく耳にするのが、「プレミアムフライデー」とい

アイスクリームの日の由来とは?どんなイベントがあるの?

夏が近づくと、冷たくて甘いアイスクリームが食べたくなりますよね

芒種(ぼうしゅ)の意味とは?2017年はいつ?

カレンダーを見ていると日付の横に、様々な言葉が書き記されていることがあ

小満(しょうまん)はどんな意味があるの?2017年はいつ?

毎日見るカレンダーには普段あまり見慣れない、暦の用語が幾つも書

夏を先取り!立夏にはどんな意味があるの?2017年はいつ?

ニュースなどで時々「暦の上では今日から夏ですが・・・」という言

→もっと見る

PAGE TOP ↑