もやしは栄養効果抜群!加熱や水洗いはどうする?

| 飲食 | , ,

moyashi4

料日前で、ちょっとピンチなときに、お買い得なもやしは、助かりますよね。もやしは、一袋でも量が多いものですが、時には50円以内で買えちゃうことも。

でも、安くて量はあるのはいいんですが、「どんな栄養素が含まれているのか?」は気になるところ。また栄養があっても、もやしは、加熱したり、ゆでたりしたら、栄養が逃げてしまいそうですよね。

そこで、もやしの栄養面や、加熱することについて、
またお勧めレシピなどについてまとめてみました。

スポンサーリンク

もやしの栄養素と効果について

手軽に買えて、美味しいもやしですが、どのような栄養素が含まれているのでしょうか。

moyashi1

もやしは貧弱?いいえ違いますよ!

色白で体力のない子を、「もやしっ子」と、ややマイナスな表現として使うことがあります。

また、もやしの育成方法が、「日光に当てず水だけで育てる」事から、栄養素がないような印象もあるかもしれません。

ところがもやしは、種から成長した直後の状態で出荷されるので、種に含まれた栄養がほぼ残った状態なのです。

更に、発芽するときのパワーで、種の時より栄養もぐんと増えるので、種を直接食べるより栄養豊富なのです。

もやしの栄養を侮るなかれ!

もやしの成分は、約80%が水分です。

そのため、100gあたり14キロカロリーと、とても低カロリーな食べ物なのです。

もやしに含まれる栄養素には、ビタミンC、ビタミンB1・B2・B6、といったビタミン類が挙げられます。

その他にも、カリウム、アスパラギン酸、カルシウム、食物繊維などが含まれています。

水さえあれば簡単に育ち、ビタミンが取れる事から、戦時中に、潜水艦の中で栽培されていたこともあるんですよ。

もやしを食べるとこんな効果が!

もやしは、ダイエットにも効果があります。

食物繊維を豊富に含み、ローカロリーなので、沢山食べてもダイエットの妨げになりません。しかも、減量中にどうしても不足しがちな、ビタミン類やカルシウム、カリウムも補えます。

更に、アスパラギン酸が含まれているので疲労回復の効果もあります。食事を見直すダイエットは、栄養が偏りがち。もやしを上手く摂り入れると、健康的に痩せることも可能ですね。

スポンサーリンク

もやしは加熱して大丈夫?

もやしに含まれる成分は、加熱しても大丈夫なのでしょうか?

過度の加熱は厳禁!

もやしに含まれる栄養素のうち、ビタミン類は、熱に弱い性質を持ちます。

そのため、あまり加熱しすぎると、せっかくの栄養素が壊れやすくなり、摂取量が減ってしまいます。

ですから、もやしを炒め物に入れる時は、最後に加えて火を通す程度にすると良いですよ。

幸いなことに、もやしは無菌状態で栽培され、出荷される野菜です。新鮮なうちは、生でも食べられるので、必ずしもしっかり加熱する必要はないのです。

moyashi2

ビタミンCは水にも弱い

また、もやしに含まれるビタミンCは、水溶性のため、しっかり洗うと水に溶け出てしまいます。

先にも述べた通り、もやしは無菌状態で出荷されているため、洗う必要はほとんどありません。お鍋やお味噌汁に入れる場合も、食べる直前に入れてすぐ食べると良いでしょう。

ただ、もやしは傷みやすい食材です。出来る事なら、購入した当日に使いきるのがベスト。使い切れず、翌日に残った場合は、念の為10秒ほど洗っておくと良いですね。

もっと美味しく!もやしレシピ!

moyashi3

栄養素の特性を踏まえて、美味しく食べられるもやしレシピを紹介します。

豚肉ともやしのレンジ蒸し

加熱すると栄養素が壊れやすくなるもやしですが、温めてたべるのなら、蒸すことをお勧めします

茹でる、炒めるに比べて、蒸す場合は、比較的栄養素が壊れにく、また、ビタミンCの流出も防げます。また、電子レンジを使用することで短時間で調理が可能になります。このことで、熱での破損率を更に押さえることができるのです。

更に、豚肉のビタミンB1・タンパク質・鉄分が、もやしの足りない面を補えるので、栄養面もばっちりなんです!

◎材料(2~3人前)

  • もやし 1袋
  • 豚バラスライス(しゃぶしゃぶ用)100g
  • お酒 大さじ1
  • ドレッシング等お好みの調味料

◎作り方

  1. もやしはお好みでひげ根を取り、気になる人はさっと水洗いする
  2. 耐熱皿にもやしを敷くように、均等に広げる
  3. もやしの上に、豚肉を満遍なく敷き詰める
  4. お酒をまんべんなく豚肉に振りかける
  5. ラップをふんわりかけて、レンジで3~4分加熱する
  6. お肉の色が変わったら取り出す(熱いので注意して下さい)
  7. 好きな調味料をかけて出来上がり

調味料は、ポン酢がよく合いますが、焼肉のタレ、しゃぶしゃぶのタレでも美味しいですよ。

※豆苗を使ったこんな料理も美味しそうですよね!

毎日使いたいからこそ、上手く活用して

もやしといえば、とにかく安いことが注目されがちです。

ですが、栄養面から見ても、積極的に食べたい食材です。

ただ、安いからと行ってまとめ買いをすると、傷みやすいため、無駄にしてしまいますよ。安いからこそ、新鮮なうちに使い切るようにしたいですね。

お手頃価格なのですから、毎日美味しく食べて新鮮なものを上手く活用していきましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

ピータンとはどんな食材?驚くべき栄養価と美味しい食べ方は?

世界には様々な食材があり、中には不思議な食材もいくつかあります。 特に中国は美味しい料理がたく

記事を読む

万能薬「生姜」の効能・効果。体をポカポカ温める摂り方とは?

「生姜」と言えば、身体を温める効果が高いことで有名ですね。 漢方でも万能薬と言われるほど、

記事を読む

冷奴はダイエットに最適?気になるカロリーや食べ方を紹介!

暑くて食欲が無いときでも、冷たい冷奴なら食べられるという方も多いのでは。豆腐の水気を切って薬

記事を読む

里芋のカロリーや栄養素は?効果的な食べ方もご紹介!

https://youtu.be/w5h3nVGpoHc 煮物料理に入っていると嬉しい野菜に、

記事を読む

ミニトマトの栄養と体に良い効果とは?カロリーはどれくらい?

https://youtu.be/_4QQmXpdqLc お弁当が地味なときに、ミニトマトがあ

記事を読む

オリーブオイルの異なる種類と、選び方のポイントをご紹介!

「オリーブオイル」の名前は、 健康や美容に良いので、聞いたことがある人は多いと思います。

記事を読む

甘くて美味しい!安納芋の美味しい焼き方や食べ方とは?カロリーは?

ほくほくと甘くて美味しいさつまいもは、女性を中心に大人気の野菜ですね。いつものさつまいもも美味しいで

記事を読む

ココアの冷え性改善効果は抜群!ダイエットにも良い飲み方とは?

寒い冬になると飲みたくなるのが、甘い香りと味がほっとするココアです。 コンビニのホット

記事を読む

鍋にピッタリのサイドメニューとは?レシピもご紹介!

寒い季節に食べる温かいお鍋は、美味しくて手間もかからなくて忙しい人にピッタリのメニュー。最近

記事を読む

キャベツを上手に千切りする方法は?長持ちさせる保存方法も紹介!

キャベツは炒めたり煮込んだりそのまま食べたりと、毎日の食卓で活躍する野菜の一つ。 特に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ふじさわ江ノ島花火大会2017年の日程や時間!穴場スポットもご紹介!

夏のイメージが強い花火大会ですが、最近では季節を問わず開催されるよ

ボジョレーヌーボーに合うおつまみと言えばコレ!合わせる料理のポイントは?

ボジョレーヌーボーの解禁日が近づくと、今年の味はこうだ!と話題になりま

コンサートとリサイタルの違いとは?ライブとはどう違うの?

普段はCDなどで楽しんでいる曲も、音楽会場で生演奏を聞くと迫力

鳩が平和の象徴と呼ばれている理由は?他にも平和の象徴といえば何がある?

街角で見かけることの多い鳩は、身近な存在とも言える鳥です。また

「御中」と「様」の違いとは?使い方の例もあわせて紹介!

手紙やメールをビジネスで送る際には、マナーを守って送りたいもの

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑