アーモンドに隠された効能とは?ダイエットにも効果はあるの?

| 飲食 | , ,


アーモンドって、香ばしくて美味しいですよね。

でも、何となく太るしニキビが出るから…と、
食べるのを控えている方もおられるんじゃないでしょうか?

でもアーモンドは実は食べても太らない・・
むしろ健康にいいし、美容効果もあるっていう話も。

それが本当であれば、美味しいものですし、
いつでも食べられて嬉しいですね。

ということで、アーモンドには、どんな効能効果があるのか、
また栄養分などについて、
確認してみました。

スポンサーリンク

アーモンドに含まれる栄養分と効能とは?

「アーモンド」にはどんな栄養分が含まれているのか?
またその効能について見てみましょう!、

almond1

ビタミンEでアンチエイジング

アーモンドには、ビタミンEが100gあたり29.6mgも含まれています。

アーモンドに含まれるビタミンEには、
血行がよくなる効果があるんですね。

そのため、肌荒れや口内炎を防ぐ効果があり、
美肌になれるんです。

また、血管が硬くなるのを防ぎ、
アンチエイジング効果も抜群です!

ダイエット効果も

アーモンドには、ビタミンB2と食物繊維が含まれていて、
ダイエット効果が期待できます。

ビタミンB2には脂肪を燃やす効果が、
食物繊維には、腸内を綺麗にする効果があることが知られています。

これらの相乗効果が、脂肪が燃えやすく、
老廃物を貯めこまない、太りづらい体づくりに役立つのです。

カロリーはそれほど高くない

一方で、アーモンドには、カロリーが高い、
というイメージがありませんか?

実際、100gあたりに含まれるカロリーは597キロカロリーと一見高めです。

ですが、アーモンド1粒は、1g程度なんです。
単純計算では、100粒食べないとこのカロリーにはなりませんね。

しかも、カロリーの元である脂肪分には、
大量のオレイン酸が含まれています。

オレイン酸は、脂肪になりにくい「不飽和脂肪酸」なので、
摂取しても太りにくいのです。

スポンサーリンク

アーモンドの効果的な食べ方は?

アーモンドは、1日にどれぐらい食べるのが適切なのでしょうか。

1日に20粒から25粒

成人が1日に摂取したい、ビタミンEの量は6.5mg~7mgです。

アーモンドに含まれるビタミンEは、100gあたり29.6mg。
1粒に換算すると、約0.3mgですね。

そのためアーモンドを、1日に20粒~25粒食べるのが、
必要なビタミンEが取れる量となります

ただし、おつまみ用の、濃い塩味がついている物は、
塩分の過剰摂取の原因にもなりかねません。

できれば、無塩のものを食べる方が健康的でお勧めです。

almond2

ニキビのもと、はデマ?

1日に20粒も食べたらニキビが出るかも、と思われるかも知れません。
でも、この説には科学的根拠は無いんですね。

アーモンドは数を多く摂るとカロリーが高く、脂肪分も多く含まれているので、
ニキビに悪い印象になったのでしょう。

実は、アーモンドは、美容と健康によい食べ物なんですよ。

アーモンドの美味しい食べ方は?

そのまま食べても美味しいアーモンド。

でもこんな美味しい食べ方もあるんですよ。

almond3

アーモンドバナナマフィン

アーモンドも取れて、おやつにも、軽食にもなるメニューが、
このアーモンドバナナマフィンです。

用意するのは、
 バナナ1本、
 ホットケーキミックス1袋(200g)、
 無塩バター30g、
 牛乳200cc、
 ローストアーモンド20粒(無塩)

です。

■作り方
1・バナナは細かく刻み、潰しておく。
2・アーモンドは、マフィン型の数だけ残し、残りは好みの粗さに刻む。
3・室温に戻して柔らかくしたバターと、ホットケーキミックスと、牛乳を混ぜる。
4・3に、バナナと、刻んだアーモンドを加え、混ぜる。
5・マフィン型に、7分目まで4を入れ、上にアーモンドをのせる。
6・予め180度で余熱したオーブンに、5を入れ、20分~30分加熱する。
7・膨らんだのを確認し、爪楊枝をさして、生焼けの生地が、ついてこなければ完成。

オーブンの機種によって、加熱時間は違いますので、自宅のオーブンに合わせて下さい。
また、バターを少なめにしてますが、お好みで倍の量まで入れても、いいでしょう。

アーモンドをサラダにかけて

細かく刻んだアーモンドを、いつものサラダにトッピングするだけで、
香ばしさがプラスされます。

掛けるドレッシングは、マヨネーズがよく合います。

もしあれば、粉チーズと、黒胡椒をかけると、シーザーサラダ風に早変わり。

あくまでも「シーザーサラダ風」ですが、
濃い目の味と香ばしい風味が、サラダにとても合いますよ。

毎日少しずつ食べて、健康になろう

almond4

いかがでしたか?

「アーモンドを食べるとニキビが出る」
という話は誤解だったようですね。

適度な量で食べ過ぎなければ、カロリーも大丈夫どころか、
ダイエット効果もあるなんて、驚きです!

ぜひ積極的にアーモンドは食べるようにするといいんじゃないでしょうか。

ただし、アーモンドだけ食べるのではなく、栄養バランスも考えて、
それ以外の食品も、バランスよく食べることが大事ですね

アーモンドを上手に活用することで、
ダイエットと健康にきっと役立つようになりますよ。

スポンサーリンク

関連記事

ズッキーニの栄養と効能!美味しい食べ方もご紹介!

ここ数年で一般的になった野菜の一つに、ズッキーニがあります。 家庭菜園でも育てやすく、夏になる

記事を読む

あれもこれも食べたい!美味しい秋の味覚ランキング5選!

秋と言えば「読書の秋」「芸術の秋」「行楽の秋」など、楽しみが多い季節。 その中でも特に楽しみな

記事を読む

枝豆(EDAMAME)の美味しいゆで方!美味しさの秘密は何?

居酒屋の「お通し」で出されたり、定番メニューとしてもおなじみの枝豆。 冷凍の枝豆も販売されてい

記事を読む

バナナのカロリーや栄養は?ダイエットに効果的な食べ方も紹介!

今でこそバナナはいつでも気軽に購入できる果物ですが、その昔は高級フルーツの代名詞。とっておき

記事を読む

もち麦の気になる栄養と健康効果とは?効果的な炊き方は?

毎日の食卓にご飯は欠かせませんが、お米のご飯だけを食べ過ぎると栄養の偏りが気になります。

記事を読む

美味しく解消!夏バテに良いおすすめの食べ物ランキング5選!

あまりに暑くて食欲がない、けれどなにか食べないと元気が出ない…。夏バテになると食欲が落ちることが多い

記事を読む

ドライイーストとベーキングパウダーの違いは?代用はできるの?

クッキーなどのお菓子作りやパンづくりでは、ふっくら膨らむことが重要です。 お菓子づくりやパンが

記事を読む

甘くて美味しい!パイナップルの栄養効果とは?カロリーはどう?

https://youtu.be/p8JcVzbd9Zg 南国のフルーツと言われると、あなたは

記事を読む

こうすれば大丈夫!銀杏の下処理の方法と美味しい食べ方!

秋の味覚の名脇役に、小粒で美味しい銀杏(ぎんなん)があります。 串焼きにしておつまみにしたり、

記事を読む

冷凍して美味しく食べよう!冷凍卵の作り方と活用レシピ!

生卵・ゆで卵・溶き卵に、目玉焼きに卵焼き…。 卵は昔も今も人気の食材の一つですね。 その

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

小満(しょうまん)はどんな意味があるの?2017年はいつ?

毎日見るカレンダーには普段あまり見慣れない、暦の用語が幾つも書

夏を先取り!立夏にはどんな意味があるの?2017年はいつ?

ニュースなどで時々「暦の上では今日から夏ですが・・・」という言

こどもの日は女の子もお祝いしていいの?プレゼントはどうする?

5月5日のこどもの日は、端午の節句とも呼ばれています。

女性のむくみ防止に!着圧ソックスの効果と正しい使い方とは?

デスクワークが多い女性にとって、気になるのが足のむくみ。出勤時

健康的な美肌は毎日の食事から!美肌効果のある食べ物5選!

肌トラブルのない健康的なお肌を作るには、毎日の積み重ねが必要で

→もっと見る

PAGE TOP ↑