米ぬかの効果・栄養素は?美容にも良い利用法もご紹介!

| 美容 | , , ,

komenukakouka1
近年、日本で昔から使われて来た「おばあちゃんの知恵」的なものに
注目が集まっています。

お掃除などでも、従来使われて来た洗剤ではなく、
重曹やクエン酸が使われるようになるなど、
エコ志向が強まっていますね。

「米ぬか」も、そのうちの一つ。

昔から、お掃除や食器洗いに使われて来た米ぬかですが、
最近では、栄養価や美容の面から評価されるようになっています。

米ぬかに含まれる栄養素や、効果的な利用法など、
米ぬかについて
まとめてみました。

スポンサーリンク

米ぬかに含まれる栄養素は?

わたしたちが普段食べている白米は、玄米を精米したものです。

玄米を白米にする過程で出る「皮」の部分が米ぬか

米ぬかは、重量では玄米のわずか10%に過ぎないですが、
栄養分の大半は、米ぬかに含まれているそうです。

米ぬかに含まれる栄養素には、次のものがあります。

米ぬかだけに含まれる特有成分

◎フェルラ酸

米ぬか特有のポリフェノールの1種で、メラニン生成の抑制、
紫外線吸収機能があるため「美白効果」が期待できます。

酸化防止機能からはアンチエイジング効果が見込めますし
脳にたまるゴミをキレイにしてくれるのでアルツハイマー病の予防
更に、高血圧予防の効果なども期待されています。

◎γ‐オリザノール

フェルラ酸同様の美白効果、アンチエイジング効果のほか
コレステロールを低下させる働き
自律神経を整えることによる不定愁訴の改善が期待されています。

その他の栄養素

米ぬかには、他にも以下のような栄養素が含まれています。

・フィチン酸:ガン、結石、歯垢の予防
・イノシトール:脂肪肝、脂質異常症に効果
・食物繊維:腸内をキレイにし、便秘解消、大腸癌のリスクを下げる
・ビタミンB1:脚気(かっけ)の予防、代謝アップ、肌トラブルの防止
・ビタミンB6:脂肪の燃焼を助ける
・ビタミンE:強力な抗酸化作用によるアンチエイジング効果
・ミネラル(カルシウム、鉄など):皮膚の新陳代謝を促進(美肌効果)

スポンサーリンク

米ぬかの効果的な利用法!

米ぬかに含まれる栄養素には、
「病気予防」「美白・美肌」「アンチエイジング」
などの効果がありますので、
特に美容の点で注目が集まっています。

代表的な使い方としては、
「ぬか袋」による洗顔や、パックなどがありますね。

komenukakouka3

ぬか袋

さらしなどで作った袋に米ぬかを入れたもの。
洗顔、ボディソープの替わり、入浴剤として使用。

米ぬかパック

米ぬかと小麦粉を3:1くらいの比率で混ぜ合わせ、水を適量加え
好みの硬さにしたら、顔全体になじませて5分ほどおいた後、洗い流します。
 ※日持ちしないので、毎回作りましょう。

また、米ぬかに含まれる栄養価や食物繊維から食材としても再評価されており
米ぬかで健康的に痩せる「米ぬかダイエット」も注目されています。

米ぬかを食べる場合

米ぬかには独特のニオイがあります。
乾煎りすることで、ニオイが気にならなくなり、保存性も向上します。

米ぬかの炒り方の動画があります。参考にしてください。

○「米ぬか」の炒り方

炒った米ぬかは、ケーキやクッキーに入れるのはもちろん、
カレーやハンバーグなどに混ぜたり、ヨーグルトにいれていただきます。
入れすぎると粉っぽくなるので注意しましょう。

また、昔から使われて来た使い方として、お掃除に使うのは有名ですが
「ぬか袋」は、肩こりにもいいんですよ。

掃除に

ぬか袋、もしくは米ぬかをいれたバケツに雑巾を入れ、
絞ってから拭くとワックス替わりに。
とぎ汁でもOK。台所の油汚れにも。

食器洗いに

米ぬかを入れた洗い桶に食器を浸けておいてから、スポンジで洗います。
ぬかの替わりにとぎ汁でも。

ぬか袋は肩こりにも

ぬかを入れて縫った細長いぬか袋をレンジでチンして肩に載せると
じんわり温まって楽になりますので、肩こりの軽減に効果があります。
ただし、ややニオイが気になるかも…

肥料として

家庭菜園・ベランダ菜園をされているなら肥料としても使えます。
ただし、大量消費は難しいですね。

昔からの知恵でエコな暮らしを

komenukakouka4

最近では、玄米を購入して自宅で精米機を使って
少しずつ精米する方も増えていますね。

その方が、断然、美味しいのだそうです。

また、健康志向の高まりから、
玄米や「分づき」のご飯を食べるご家庭もありますね。

白米はおいしいですが、栄養価の点では、玄米に分があるようです。

ご自宅で精米される場合には、米ぬかが出ますよね。
そうでなくても、米のとぎ汁は、ぬかと似た効果があります。

市販の洗剤とまったく同じと言うわけには行かなくても、
汚れの少ない食器ならそれで十分。

洗剤を使うよりも経済的で、環境にも優しいですよね。

もちろん、ちょっとだけ手間がかかりますが、
できるだけエコな暮らしを心掛けたいものですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

オリーブオイルは美容効果抜群!肌に良いその効果とは?

食用オイルとしては、注目度も高く常備している人も多い オリーブオイル。 実はこのオリーブオイ

記事を読む

ストレートパーマと縮毛矯正の違いとは?どう使いわけるの?

女性が憧れる髪の毛の一つに、さらさらでまっすぐなストレートヘアがあります。 実はストレ

記事を読む

スーパーフード「キヌア」の栄養や効能とは?カロリーは?

女性は誰もが美しく健康的なスタイルを維持したい、また目指したいと思うもの。 今や様々な

記事を読む

頭皮の「乾燥フケ」の対策方法は?シャンプーはどう使う?

電車で隣席の人の肩をみると、 白くフケが… なんて経験ある方も多いんじゃないでしょうか。

記事を読む

ココナッツオイルの驚くべき効能!効果的な使い方は?

ココナッツオイルが注目を集めています。 海外のセレブが愛用していることで知られ、モデルとし

記事を読む

コールドパーマとデジタルパーマの違い!髪質やヘアスタイルから選ぶならどっち?

イメチェンをしたいときにまず考えるのは、ヘアスタイルを変えることではないでしょうか。特にパー

記事を読む

スキンケアの基本!パックやオイルの役割、使い方は?

化粧水や美容液に加えて、最近よく目にするのが パックやオイル。 フェイスパック、美容オイルと

記事を読む

メンズも香水が必要?男性香水の選び方と付け方を紹介します!

最近では男性も、嗜み(たしなみ)としてつける方が増えてきた香水。仕事でほのかに香る男性にお会いす

記事を読む

爪割れの原因と対策方法!しっかりケアして指先美人に!

ネイルサロンで指先を綺麗にしても、爪が割れてしまったとしたら、台無しですよね。 ちょっとぶつけ

記事を読む

健康的な美肌は毎日の食事から!美肌効果のある食べ物5選!

肌トラブルのない健康的なお肌を作るには、毎日の積み重ねが必要です。 洗顔やスキンケアも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

柊(ひいらぎ)の花言葉や花の特徴。セイヨウヒイラギとの違いは?

クリスマスシーズンになると、ギザギザの葉っぱと赤い小さな実の組

色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来とは?開花時期はいつ?

https://youtu.be/uEdb3Gig5qg 夏に咲

月下美人の花言葉や名前の由来。開花時期や花の特徴は?

花屋やガーデニングで見かけるお花は、名前が分からなくても美しい花ばかり

赤ちゃんの動物園デビューはいつからがいい?気を付けることは?

わが子には様々な体験や経験を通じて、心豊かな人間に成長して欲し

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑