桜餅の道明寺と長明寺の違い。葉は食べるもの?カロリーは?

| 飲食 | , , , ,

sakuramochi3
日本では、季節ごとに行事があり、行事の食べ物がありますよね。
特に、季節の和菓子はうれしいもの。

お味はもちろん、香りや姿も季節の楽しみですね。

「桜餅」も、そんな和菓子のひとつ。

香り高い桜の葉につつまれたピンク色の和菓子は、春にピッタリのお菓子ですね。
でも、実は、桜餅には2種類あるんですよ。

桜餅の種類と違い、カロリー、葉を食べるかどうかなど、
桜餅にまつわることについて
、まとめてみました。

スポンサーリンク

桜餅の種類と違い(道明寺、長命寺)

「桜餅」と聞いて、思い浮かぶのはどんな桜餅ですか?

桜餅には、「長命寺」「道明寺」の2種類があります。

長命寺

sakuramochi1
小麦粉などの生地を焼いた皮であんこを巻いたものを桜の葉でくるんだタイプ。
関東で桜餅と言えば、この「長命寺」のことで、
「関東風」「江戸風」とも呼ばれます。

○「長命寺」と言う名前の由来

桜餅は、長命寺が元祖

長命寺と言うお寺で門番をつとめていた山本新六が、
隅田川土手の桜の葉を用いて作ったのが始まりです。

当時、隅田堤には、将軍吉宗の命により桜が植えられ、
花見客で賑わっていました。

山本新六は、参拝客を手製の茶菓子でもてなしていましたが、
桜の落ち葉を見て、桜餅を思いついたと言われます。

道明寺

sakuramochi2
道明寺は、もち米を蒸して乾燥させ粗挽きした「道明寺粉」で作ったお餅を、
桜の葉でつつむタイプ。

道明寺は、「関西風」「上方風」とも呼ばれます。

○道明寺と言う名前の由来

関西風の桜餅が「道明寺」と呼ばれるのは、
「道明寺粉」を使っているから。

江戸で考案された「長命寺」が、関西に伝わる過程で
道明寺粉に変わったと考えられています。

○道明寺粉とは

戦国時代、炊いたお米を天日に干して乾かした
「ほしいい(糒・干飯・乾飯)」と言う保存食があり、
お寺の道明寺では、神前に供えたもち米を使って糒を作っていました。

この糒は非常に有名で、豊臣秀吉から礼状を受けたこともあり、
「道明寺」と呼ばれていたそうです。

その「道明寺」を砕いたものが「道明寺粉」です。

桜餅を始めとするお菓子の材料はもちろん、
京料理などにも使われています。

道明寺粉は高価なため、もち米で代用することもあるようです。

桜餅に含まれるカロリーは?

sakuramochi3

桜餅は、材料と製法の違いから、
長命寺と道明寺でカロリーに多少の差があります。

日本食品標準成分表によれば、桜餅のカロリーは

 長命寺:238kcal(100gあたり) 
 道明寺:200kcal(100gあたり) 

桜餅はだいたい1個40~60gですから、1個あたりのカロリー

 長命寺:95~143kcal
 道明寺:80~120kcal

となります。

ちなみにケーキは、100gあたり344kcal。
桜餅は、ケーキに比べるとずっと低カロリーなのがうれしいですね。

道明寺の方がやや低カロリーですが、
気にするほどではなさそうです。

スポンサーリンク

桜の葉のカロリー

桜餅には、塩漬けした桜の葉が使われています。

とある製品で調べてみると、カロリーは100gあたり55kcal。

100gで30枚入っていましたので、1枚あたりは1.8kcalとなり、
ほぼノンカロリーと言えそうです。

桜餅の葉は食べるもの?食べないもの?

桜餅は、桜の葉でくるむことで、次の効果があります。

 ・桜の葉の香りづけ
 ・お餅の乾燥を防ぐ

桜餅の香りは、葉の「クマリン」と言う成分によるもの。
クマリンには、抗酸化性や抗菌性がありますが、肝毒性があるため、
一度に大量の葉を食べるのには、注意が必要です。

クマリンは、生の葉にはなく塩漬けすることで初めて生まれます。

現在、使われている塩漬けの桜の葉は、オオシマザクラの葉で、
当初、使われていたヤマザクラより葉が大きく、
クマリンが多く放出されることがその理由です。

桜の葉 食べる?食べない?

sakuramochi4

「皆さんは、桜餅の葉っぱ、食べますか?
お茶のお稽古で、桜餅の葉っぱも食べていいと教わったのですが、
皆さんはどうされてますか?
私は、葉っぱと茎がやわらかくて薄いときは食べて、
厚めで太い茎の葉っぱは残します。」

「発言小町」より引用

これまで「当然食べる」と思っていたので、
「食べない」方がおられるとは
思ってもみませんでした。

道明寺は、桜の葉をはがすと言ってもはがしにくいので、
「食べる派」が多いように感じますが、どうでしょう?

桜餅の葉の香りや塩気があんこの甘さと絶妙にマッチしている気がして
個人的には「食べる」派です。

この点について、「長命寺」はどうなのか、気になって、調べてみました。

「向島 長命寺 桜もち」の公式HPによると、

召上り方は、葉をはずしてお餅にうつった桜葉の香りと餡の風味をお楽しみください。
桜葉は、お餅の香りづけと乾燥を防ぐためにつけてあります。

となっています。

お店としては、「食べない」ことを推奨していますね

実は、お店へのお問合せで一番多いのが、
「葉っぱは取るんですか?食べるんですか?」
と言う質問だそうです。

それに対する、お店の回答は次の通り。

「もちろん正解はありません。食べ物は、やはり
それぞれのお好みで召し上るのがなによりだと思いますが、
当店では、桜葉をはずしてお召し上りいただくことをお勧めいたします。」

「向島 長命寺 桜もち」の公式HPより

自分の「好み」で決めるのが、やはり1番と言うことのようです。

季節のお菓子を楽しもう

sakuramochi5
春と言えば、やはり「桜」。

甘党の方にとっては、桜と言えば「桜餅」ですよね。

桜餅と草餅を並べると、
ピンクとグリーンがとてもキレイで
ついつい買い過ぎ・食べ過ぎてしまうのが難点です。

季節感を大切にするこの国では、
和菓子も季節を感じさせるものが多く
香りや見た目でも、私たちを楽しませてくれます。

和菓子は、洋菓子に比べて脂肪分が少なく、
カロリーが低めなのもうれしいですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

餃子は何のタレをつけて食べる?おすすめの人気つけだれは?

https://youtu.be/KYfE7eKxrQw 今日の夕食は餃子と聞くと、いつもより

記事を読む

みたらし団子のカロリーと栄養素。ダイエット向きの食べ方は?

ダイエットを考えた時にまず思いつくのが、食べすぎないこと・スイーツを控えること・運動をすることなどで

記事を読む

オリーブオイルの異なる種類と、選び方のポイントをご紹介!

「オリーブオイル」の名前は、 健康や美容に良いので、聞いたことがある人は多いと思います。

記事を読む

デコポンと不知火(しらぬい)の関係。産地による呼び方の違いは?

ビタミンCがたっぷりで甘さの中に酸味がある柑橘類は、大好きな人も多いのでは。沢山ある柑橘類の中でも、

記事を読む

いちじくの旬はいつ?その優れた栄養・効能とおすすめレシピを紹介します!

最近ではハウス栽培のおかげで、一年中美味しい果物が食べられるようになりました。しかし傷みやす

記事を読む

人気のコーヒー豆とは?その種類と特徴を一覧で5つご紹介!

「コーヒーが大好き!」という方は多いと思いますが、カフェに限らず、今や自宅でも、コンビニでも、どこで

記事を読む

栗はダイエット向き?調理法によるカロリーの違いとおすすめの食べ方!

秋になると旬の食べ物が出回りますが、その中でも栗はとくに美味しい食べ物。 天津甘栗やモンブラン

記事を読む

カレーに合うおすすめの具材と言えば?定番と変わり種を紹介!

街角やご近所からカレーの香りがすると、途端に自分もカレーが食べたくなりますよね。 お店

記事を読む

チーズの賞味期限と最適な保存方法は?チーズの種類による違いも紹介!

ワインによく合うのがチーズですね。そのチーズををまとめて購入しそのまま放置してしまったことは

記事を読む

ココアの冷え性改善効果は抜群!ダイエットにも良い飲み方とは?

寒い冬になると飲みたくなるのが、甘い香りと味がほっとするココアです。 コンビニのホット

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来とは?開花時期はいつ?

https://youtu.be/uEdb3Gig5qg 夏に咲

月下美人の花言葉や名前の由来。開花時期や花の特徴は?

花屋やガーデニングで見かけるお花は、名前が分からなくても美しい花ばかり

赤ちゃんの動物園デビューはいつからがいい?気を付けることは?

わが子には様々な体験や経験を通じて、心豊かな人間に成長して欲し

アイスクリーム/アイスミルク/ラクトアイスの違い。食べるならどれ?

最近は季節を問わずアイスを食べる人も多いですが、やはりアイスは

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑