桜餅の道明寺と長明寺の違い。葉は食べるもの?カロリーは?

| 飲食 | , , , ,

sakuramochi3
日本では、季節ごとに行事があり、行事の食べ物がありますよね。
特に、季節の和菓子はうれしいもの。

お味はもちろん、香りや姿も季節の楽しみですね。

「桜餅」も、そんな和菓子のひとつ。

香り高い桜の葉につつまれたピンク色の和菓子は、春にピッタリのお菓子ですね。
でも、実は、桜餅には2種類あるんですよ。

桜餅の種類と違い、カロリー、葉を食べるかどうかなど、
桜餅にまつわることについて
、まとめてみました。

スポンサーリンク

桜餅の種類と違い(道明寺、長命寺)

「桜餅」と聞いて、思い浮かぶのはどんな桜餅ですか?

桜餅には、「長命寺」「道明寺」の2種類があります。

長命寺

sakuramochi1
小麦粉などの生地を焼いた皮であんこを巻いたものを桜の葉でくるんだタイプ。
関東で桜餅と言えば、この「長命寺」のことで、
「関東風」「江戸風」とも呼ばれます。

○「長命寺」と言う名前の由来

桜餅は、長命寺が元祖

長命寺と言うお寺で門番をつとめていた山本新六が、
隅田川土手の桜の葉を用いて作ったのが始まりです。

当時、隅田堤には、将軍吉宗の命により桜が植えられ、
花見客で賑わっていました。

山本新六は、参拝客を手製の茶菓子でもてなしていましたが、
桜の落ち葉を見て、桜餅を思いついたと言われます。

道明寺

sakuramochi2
道明寺は、もち米を蒸して乾燥させ粗挽きした「道明寺粉」で作ったお餅を、
桜の葉でつつむタイプ。

道明寺は、「関西風」「上方風」とも呼ばれます。

○道明寺と言う名前の由来

関西風の桜餅が「道明寺」と呼ばれるのは、
「道明寺粉」を使っているから。

江戸で考案された「長命寺」が、関西に伝わる過程で
道明寺粉に変わったと考えられています。

○道明寺粉とは

戦国時代、炊いたお米を天日に干して乾かした
「ほしいい(糒・干飯・乾飯)」と言う保存食があり、
お寺の道明寺では、神前に供えたもち米を使って糒を作っていました。

この糒は非常に有名で、豊臣秀吉から礼状を受けたこともあり、
「道明寺」と呼ばれていたそうです。

その「道明寺」を砕いたものが「道明寺粉」です。

桜餅を始めとするお菓子の材料はもちろん、
京料理などにも使われています。

道明寺粉は高価なため、もち米で代用することもあるようです。

桜餅に含まれるカロリーは?

sakuramochi3

桜餅は、材料と製法の違いから、
長命寺と道明寺でカロリーに多少の差があります。

日本食品標準成分表によれば、桜餅のカロリーは

 長命寺:238kcal(100gあたり) 
 道明寺:200kcal(100gあたり) 

桜餅はだいたい1個40~60gですから、1個あたりのカロリー

 長命寺:95~143kcal
 道明寺:80~120kcal

となります。

ちなみにケーキは、100gあたり344kcal。
桜餅は、ケーキに比べるとずっと低カロリーなのがうれしいですね。

道明寺の方がやや低カロリーですが、
気にするほどではなさそうです。

スポンサーリンク

桜の葉のカロリー

桜餅には、塩漬けした桜の葉が使われています。

とある製品で調べてみると、カロリーは100gあたり55kcal。

100gで30枚入っていましたので、1枚あたりは1.8kcalとなり、
ほぼノンカロリーと言えそうです。

桜餅の葉は食べるもの?食べないもの?

桜餅は、桜の葉でくるむことで、次の効果があります。

 ・桜の葉の香りづけ
 ・お餅の乾燥を防ぐ

桜餅の香りは、葉の「クマリン」と言う成分によるもの。
クマリンには、抗酸化性や抗菌性がありますが、肝毒性があるため、
一度に大量の葉を食べるのには、注意が必要です。

クマリンは、生の葉にはなく塩漬けすることで初めて生まれます。

現在、使われている塩漬けの桜の葉は、オオシマザクラの葉で、
当初、使われていたヤマザクラより葉が大きく、
クマリンが多く放出されることがその理由です。

桜の葉 食べる?食べない?

sakuramochi4

「皆さんは、桜餅の葉っぱ、食べますか?
お茶のお稽古で、桜餅の葉っぱも食べていいと教わったのですが、
皆さんはどうされてますか?
私は、葉っぱと茎がやわらかくて薄いときは食べて、
厚めで太い茎の葉っぱは残します。」

「発言小町」より引用

これまで「当然食べる」と思っていたので、
「食べない」方がおられるとは
思ってもみませんでした。

道明寺は、桜の葉をはがすと言ってもはがしにくいので、
「食べる派」が多いように感じますが、どうでしょう?

桜餅の葉の香りや塩気があんこの甘さと絶妙にマッチしている気がして
個人的には「食べる」派です。

この点について、「長命寺」はどうなのか、気になって、調べてみました。

「向島 長命寺 桜もち」の公式HPによると、

召上り方は、葉をはずしてお餅にうつった桜葉の香りと餡の風味をお楽しみください。
桜葉は、お餅の香りづけと乾燥を防ぐためにつけてあります。

となっています。

お店としては、「食べない」ことを推奨していますね

実は、お店へのお問合せで一番多いのが、
「葉っぱは取るんですか?食べるんですか?」
と言う質問だそうです。

それに対する、お店の回答は次の通り。

「もちろん正解はありません。食べ物は、やはり
それぞれのお好みで召し上るのがなによりだと思いますが、
当店では、桜葉をはずしてお召し上りいただくことをお勧めいたします。」

「向島 長命寺 桜もち」の公式HPより

自分の「好み」で決めるのが、やはり1番と言うことのようです。

季節のお菓子を楽しもう

sakuramochi5
春と言えば、やはり「桜」。

甘党の方にとっては、桜と言えば「桜餅」ですよね。

桜餅と草餅を並べると、
ピンクとグリーンがとてもキレイで
ついつい買い過ぎ・食べ過ぎてしまうのが難点です。

季節感を大切にするこの国では、
和菓子も季節を感じさせるものが多く
香りや見た目でも、私たちを楽しませてくれます。

和菓子は、洋菓子に比べて脂肪分が少なく、
カロリーが低めなのもうれしいですね。

スポンサーリンク

関連記事

endogreen1

えんどう豆とグリーンピースの違いは何?他にどんな豆がある?

人によって好き嫌いの分かれるメニューの一つに、「グリーンピースご飯」があります。給食で出てげんなりし

記事を読む

apple1

りんごの効能とおすすめの食べ方は?

「りんごは体にいい」ってよく言われますよね。 イギリスには「一日一つのリンゴは医者いらず」と言

記事を読む

vikingbuffet2

バイキングとビュッフェの違いとは?ブッフェも違うもの?

色々な料理を食べたいけれど、まとめて注文すると食べきれないですよね。 そんな方にとって

記事を読む

icediet1

アイスクリームはダイエットに最適?効果の高い食べ方は?

夏になると食べたくなるのが、冷たくて甘いアイスクリーム。 しかしアイスはカロリーが高いイメージ

記事を読む

nyuusanbifi2

ビフィズス菌と乳酸菌の違いとは?どんな食品に含まれてるの?

市販のヨーグルトのパッケージを見てみると、「乳酸菌」配合、また「ビフィズス菌」配合とあるのをよく

記事を読む

makizushimaku1

巻き寿司の上手な巻き方のコツは?細巻き太巻き別にご紹介!

お寿司と言われると握り寿司を思い浮かべる人が多いですが、巻き寿司も根強い人気がありますね。

記事を読む

vinegarginger3

美味しくワンスプーン!酢しょうがの効果と作り方!ガリとの違いは?

昔からお酢は体に良いといわれていますが、毎日摂るとなると工夫が必要となります。酸味が気にならない方で

記事を読む

greenonion1

青ネギ?白ネギ?「ネギ」の種類には何があるの?どう使い分ける?

https://youtu.be/P6j6iurnnTE お肌の調子良くない時には、もつ(ホル

記事を読む

nabesaido3

鍋にピッタリのサイドメニューとは?レシピもご紹介!

寒い季節に食べる温かいお鍋は、美味しくて手間もかからなくて忙しい人にピッタリのメニュー。最近

記事を読む

edamameyudekata2

枝豆(EDAMAME)の美味しいゆで方!美味しさの秘密は何?

居酒屋の「お通し」で出されたり、定番メニューとしてもおなじみの枝豆。 冷凍の枝豆も販売されてい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

womansday003
国際女性デーとは何の日?ミモザの日とは?日本でもイベントはある?

女性へ日頃の感謝の気持ちを伝える日と言えば、 「母の日」や「ホワイト

radish001
大根の気になるカロリーや糖質は?ダイエットに適した食べ方ならコレ!

ダイエットの方法の一つに、「糖質制限」がありますよね。 ご存知の

applekind001
使い方や味で選びたい!人気のりんご5種類。美味しさの特徴とは?

https://youtu.be/RrzyuNAqkO0 秋から

roastedgreentea002
ほうじ茶の効能と健康に良い効果とは?飲むなら朝と夜のどっち?

和食を食べた後には、やはり日本茶が飲みたくなります。ほのかな苦味と甘味

cocoahie002
ココアの冷え性改善効果は抜群!ダイエットにも良い飲み方とは?

寒い冬になると飲みたくなるのが、甘い香りと味がほっとするココア

→もっと見る

PAGE TOP ↑