雛人形を処分する時期はいつがいい?供養する方法は?

| 日本の習慣・行事 | , , ,

hinashobun1
ひな祭りには、女の子のいるご家庭では、
雛人形(ひな人形)を飾りますよね。

雛人形は、女の子の健やかな成長を願って飾るもので、
「身代わり信仰」に由来します。

人形が、その子の身代わりになって
「厄を引き受けてくれる」と考えられて来たのです。

でも、飾らなくなった雛人形は、どうしたらいいんでしょう?

女の子の代わりに厄を引き受けてくれたお人形さんです。
粗末なことはできないですよね。

雛人形を処分する時期や方法、
供養の仕方などに付いてまとめてみました

スポンサーリンク

雛人形を処分する時期は?

hinashobun2
「雛人形を早くしまわないとお嫁に行き遅れる」
と言う言葉があります。

これは、きちんとした娘に育つようにと言う意味と、
早く「片付く」=「お嫁に行く」ようにと言う願いが込められた言葉です。

結婚すれば、多くの場合、親元を離れることになります。
そのとき、雛人形をどうするかについては、3つの考え方があるようです。

 ○雛人形を持って行き、結婚後は自分で飾る
 ○雛人形は持って行かず、実家で両親が飾る
 ○雛人形は役目を終えたので、処分する

結婚と言うのは、人生の大きな節目。

結婚を境に「自分のことは自分で」と言うのもわかりますし、
結婚して幸せになったのだから、雛人形は「役目を終えた」と言うのも、
理解できますね。

どの考え方が正しいと言うわけではなく、ご自分の気持ちと住環境他の事情を考慮して
雛人形は、出来るだけ長く飾ってあげるのが良いのではないでしょうか。

ただ、現実問題として、娘さんが大きくなってからは長い間飾っていなかったり、
住まいの関係で飾る場所はもちろん、保存場所もない、と言うケースもありますよね。

結婚に限らず、雛人形を飾れなくなり、保存場所もなくなれば、
それが「処分の時期」だと思います。

処分するにはどんな方法がある?

hinashobun3
雛人形に限らず、人形やぬいぐるみなどは、
そのまま捨ててしまうのはためらわれるもの。

まして、雛人形は、女の子の厄を引き受けてくれた「身代わり」です。

ご自分で飾れなくなった雛人形は、
次の方法でお別れするのが良いのでは無いでしょうか?

◎ビッグひな祭り

徳島県勝浦町や千葉県勝浦市では、全国から集まったお雛様を集め、
ひな壇に飾る「ビッグ雛祭り」が行われています。

ビッグ雛祭りに寄付すれば、お祭りで飾ってもらえますし
お祭りでも役割を終えれば、供養もしていただけます。

同種の催しは、
 南紀勝浦ひなめぐり、
 信州須坂しあわせ雛祭り、
 鴻巣びっくりひな祭り

などがあります。

「ビッグ雛祭り」「雛人形 寄付」などで、
寄付を募っているところを探し、問い合わせてみましょう。

寄付も難しい場合には、「これまでありがとう」の気持ちを込めて
「供養」して、雛人形とお別れしましょう。

スポンサーリンク

雛人形を供養する方法

雛人形を供養するには、次の方法があります。

 ○神社に相談する
 ○人形感謝祭・人形供養祭などに参加する
 ○人形供養代行サービスを利用する

神社では、お守りやお札など「粗末にできない品」の処分を行ってくれます。
神社で相談すれば、適切な供養の方法を教えていただけるはずです。

また、各地で行われる人形供養祭に参加するのも良いですね。

参考: ○人形供養・人形感謝祭 開催リスト

人形供養祭に参加が難しい場合には、代行サービスもあります。

(社)日本人形協会では、ゆうパックによる人形供養の代行サービスを行っています。

Webサイトで申込むと、「人形差出キット」が送られてくるので、
梱包すれば、郵便局が取りに来てくれるので便利です。

人形供養祭は、毎年10月に東京大神宮で行われるので、
9月末までに申し込むようにしましょう。

参考: ○人形感謝(供養)代行サービス

感謝の気持ちを込めて供養しよう

hinashobun5
雛人形は、ひとりの女の子の「身代わり」。
もともとは、ひとりの女の子にひとつ用意するものです。

その意味では、母から子へと「引き継ぐ」ことはできないとされます。

ただ、最近では、この点についても意見が分かれ、
「絶対にダメ」とも言い切れないようです。

伝統行事も、由来を大切にしつつも、世の中の事情に合わせて
少しずつ変わって来ているのかも知れないですね。

ただ、いつの時代にも、雛人形は女の子の幸せを願う気持ちが込められたもの
であることに変わりはありません

出来るだけ長く飾ってあげることはもちろん、飾れなくなってしまったら
きちんと供養してお別れしましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

恵方の意味・方角の決め方!2017年の恵方巻きの方角は?

節分と言えば、「恵方巻き」がとても人気ですよね。 恵方巻きは、恵方を向いて食べると良い

記事を読む

ひな祭りの食べ物!ちらし寿司の由来と具のそれぞれの意味は?

ひな祭りの食べ物と言えば「ちらし寿司」ですよね。 子供の頃、母が大きな桶にいっぱい作っ

記事を読む

2017年のお盆休み、期間はいつからいつまで?役所や銀行は?

https://youtu.be/S6qMmHtbJsQ 学生時代は夏休み・冬休みと長期のお休

記事を読む

つるし雛の由来!お飾りに込められた意味とは?

3月3日の桃の節句には、雛人形を飾ってお祝いしますよね。 その周囲に、天井から飾り物をつる

記事を読む

新盆・初盆の読み方や迎える時に行う事。盆提灯はどうする?

身内が亡くなられてから初めて迎えるお盆は、慣れないこともあって準備でまどうことばかり。特に気になるの

記事を読む

重陽の節句の意味や由来。その時期の食べ物と言えば何があるの?

3月3日のお雛様の日は、正式には「桃の節句」といいます。また5月5日のこどもの日は、別名「端午の節句

記事を読む

喪中はがきはいつまでに出したら良い?送る相手の範囲は?

年賀状の時期になると確認が必要になるのが、喪中はがきが届いているかどうか。間違って喪中の方に

記事を読む

暑中見舞いを出す時期はいつからいつまで?残暑見舞いは?

「暑中見舞い」という言葉は知っているものの、いつから出してよいものか意外と分からないものです

記事を読む

こどもの日は女の子もお祝いしていいの?プレゼントはどうする?

5月5日のこどもの日は、端午の節句とも呼ばれています。 端午の節句には、五月人形や鯉の

記事を読む

お彼岸の由来とは? 2017年春・秋のお彼岸はいつ?

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言われる言葉です。 厳しい残暑や寒さも、お彼岸の頃には和らい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

茨城の土浦花火大会2017年の日程や時間。花火職人の技が見どころ!

夏と言えば花火大会ですが、大会によってその内容は様々。

彼岸花がきれいな巾着田曼珠沙華まつり、2017年の日程や見頃は?

秋に咲く花といえば、ピンクが愛らしいコスモスや香り高いキンモクセイの名

願いごと日本一!安城七夕まつり2017年の日程と見どころ!駐車場は?

七夕といえば笹と飾り物が書かせませんが、願いごとの短冊もまた欠かせない

柊(ひいらぎ)の花言葉や花の特徴。セイヨウヒイラギとの違いは?

クリスマスシーズンになると、ギザギザの葉っぱと赤い小さな実の組

色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑