お彼岸のお供え物には何がいいの?のしはどうする?

| 日本の習慣・行事 | , ,

ohiganosonaenoshi1
春と秋には、「お彼岸」がありますね。

お彼岸には、昼の長さと夜の長さがほぼ同じくらいになるので、
この世と「彼岸」が通じやすいとされています。

「彼岸」とは、私たちの生きている世界の「あちら側」のこと。

昔から、お彼岸はご先祖様を供養する期間とされ、
お墓参り、親戚のお宅などに行かれる方も多いですね。

そんなときには、「お供え」を持参したいもの。
お彼岸のお供えには、どんなものがふさわしいのでしょうか。

お彼岸のお供え物や、のしの選び方・書き方などについて
まとめてみました。

スポンサーリンク

お彼岸のお供え物には何がある?

実は、お彼岸のお供え物には、多少の地域性があります。

彼岸団子や彼岸餅、海苔巻やいなり寿司などを供えるところもあるようですが
お彼岸と言えば、やはり「ぼた餅」「おはぎ」が有名ですね。

「おはぎ」と「ぼた餅」の意味・由来

ohiganosonaenoshi2
「おはぎ」と「ぼた餅」を漢字で書くと、
それぞれ「お萩」「牡丹餅」となり

のお彼岸:牡丹の花にちなんだ「牡丹餅」(こしあん)
のお彼岸:萩の花にちなんだ「お萩」(粒あん)

をそれぞれお供えします。

小豆は、昔から「邪気を払う」効果がある食べ物とされており
ご先祖さまの供養に使われて来ました。

小豆の収穫は秋

収穫されたばかりのあずきは、皮までとてもやわらかく粒あん向きですが
春には皮が固くなるので、こしあんとして食べます。

おはぎが粒あんで、ぼた餅がこしあんなのは、そのためです。

おはぎ・ぼた餅以外のお供えもの

昔は、非常に貴重だったお砂糖を使ったおはぎ・ぼた餅は、
ご先祖さまへのお供えにふさわしいものでした。

おはぎやぼた餅はとてもおいしいですが、日持ちがしないので、
みんなが持って来てしまうと大変ですよね。

そんな時には、「先祖供養」の原点に立ち戻って考えてみましょう。

故人を偲ぶには、故人の好きなものを供えるのが一番。

亡き人が好きだった食べ物があれば、それを供えるのがいいですし
お酒がお好きだったのなら、お酒をお供えすると喜んでくださるでしょう。

実際には、日持ちのするお菓子などを持参することが多いと思いますが

「お供えなのですが、お菓子以外では何がいいでしょうか。
自分が遊びに行った時など、お菓子をお土産にしていたのですが
高齢になったこともあると思いますが
「あまり食べないんだよね」と言われました。」

OKWaveより

などと言うこともあって、なかなか悩ましいですね。

基本的には、「気持ち」が大切なので、
故人とそのご家族に喜んでいただけるものを選ぶのがポイントです。

仏壇のあるご家庭なら、ちょっと素敵なろうそくや、香りの良いお線香などは、
喜んでいただけるように思います。

スポンサーリンク

のしの選び方・書き方

お彼岸のお供え物には、「のし紙」をつけます。

 関東では、黒白の水引き
 関西では、黄白の水引き

が選ばれることが多いようです。

水引は「結切り」
結び目が容易に解けない、
つまり、悲しみを繰り返さないようにとの意味があります。
ohiganosonaenoshi5

「蓮のし」が使われることもありますが、蓮は仏教の象徴です。

水引の上部には「お供え」「御供」、
下部にはフルネームを書きます。

筆ペンは、薄墨を使うこともありますが、特にこだわる必要はないでしょう。

字を書くときには、丁寧に心を込めて書くようにしましょうね。

ご先祖様をうやまう気持ちを大切にしよう

ご先祖様をとても大切にする地域でもある沖縄は、
お彼岸にはご馳走が並び、
「うちかび」と言う「あの世で使うお金」をお供えし、
燃やしてお祈りするそうです。

お彼岸には、買って来たものばかりではなく、
故人の好きだったものをご家庭で作って、お供えするのもいいですね。

お彼岸を、悟りへの「修行」の期間だととらえれば、
おはぎやぼた餅を作ったり、精進料理をつくったりして、
みなさんにふるまうのは、
「布施」、つまり「人のためにいいことをする」に繋がります。

現代は、みなとても忙しく、ともすれば自分のことや目の前のことばかりで
ご先祖様をうやまう気持ちや、お墓や仏壇に「手を合わせる」気持ちを
忘れがちかも知れませんね。

でも、お彼岸のときには、ご先祖様のことに思いをはせ、
「おかげさま」と言う気持ちを持てるといいなと思います。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

啓蟄(けいちつ)の意味とは?2017年の啓蟄の日はいつ?

カレンダーを眺めていると、時々見慣れない言葉が書いてあって、「あれ?」と思うことがないでしょ

記事を読む

処暑(しょしょ)の意味と食べ物について。2017年はいつ?

夏の暑い季節などに、良くニュースのお天気コーナーで、「暦の上ではもう秋なのですが…」というフレーズを

記事を読む

十三参りの意味や由来とは?参拝の時期はいつ?

節目ごとに子供の健やかな成長を願う風習があり、もっとも有名なのが七五三です。 一方で全

記事を読む

女性と男性の厄年の年齢はいつ?厄払いはいつ行えばいいの?

ツイてないことが立て続けに起こったりすると、「厄年では?」と聞かれたことがありませんか? また

記事を読む

十三参りで人気の高い有名な神社・寺院は?関西を中心にご紹介!

関西では七五三と並んで、子供の成長を願う行事として盛んなのが十三参り。 数え年13才の子供が、

記事を読む

住吉大社の初詣2017年の混雑予想!おすすめの参拝時間は?

神社・寺院がとても多い関西ですが、特に大阪では初詣と言えば「すみよしさん」と答える人が多いん

記事を読む

暑中見舞いを出す時期はいつからいつまで?残暑見舞いは?

「暑中見舞い」という言葉は知っているものの、いつから出してよいものか意外と分からないものです。

記事を読む

社日の意味や由来とは?2017年はいつ?

昔より日本では、その時期に合わせた様々な行事が行われています。カレンダーを見ていると、そんな行事の日

記事を読む

海外はお祭り!2016年の冬至はいつ?食べ物や楽しい風習も紹介!

12月になると、かわいい動物がカボチャを食べたり、お風呂に入る映像を見かけませんか?

記事を読む

「勤労感謝の日」の意味や由来とは?英語ではどう説明するの?

毎年、11月23日は勤労感謝の日。 深まる秋も終わろうとし、寒い冬に入っていくこの季節。師

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

四葉のクローバーの意味と花言葉とは?見つかる確率はどのくらい?

https://youtu.be/PDBPPFsCGoQ アクセ

紫外線による目の日焼けの症状とは?効果的な対策方法と言えば?

夏が近づくと重要になるのが、紫外線対策です。 特に夏は外

日焼け止めの捨て方と正しい保存方法!去年残った日焼け止めは使えるの?

日差しが強くなると気になるのが、紫外線による日焼けのことです。

カレーに合うおすすめの具材と言えば?定番と変わり種を紹介!

街角やご近所からカレーの香りがすると、途端に自分もカレーが食べ

バーベキューの差し入れで喜ばれるものと言えば?デザートならコレ!

夏が近づいてくると、楽しみたくなるのがバーベキュー。 み

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑