お彼岸のお墓参りの仕方。時間や服装の作法は?

| 日本の習慣・行事 | , , , ,

ohakamairiohigan1

お彼岸の1週間は、ご先祖様を供養する期間です。

お彼岸の「彼岸」とは、川の向こう岸の意味。悩みと煩悩の川を乗り越えれば、向こう側にあるのは「悟りの世界」であり、また「極楽浄土」でもあると考えられて来ました。

昼と夜の長さがほぼ同じになるお彼岸は、この世と「彼岸」がもっとも通じやすくなるとされ、昔から先祖供養の日として、お墓参りに行く習慣があります。

お彼岸のお墓参りに行くときに準備するもの、お墓参りの方法や作法などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

お墓参りに行く際に準備するもの

お墓参りに行くときには、次のものを準備します。

  • お線香
  • ろうそく
  • ライター(マッチ)
  • お花
  • お供え物(お菓子や果物、故人の好きだったもの等)、半紙
  • 掃除道具(ほうき、ちりとり、タオル、スポンジ等)

墓石の彫刻部分などは、歯ブラシがあると便利です。

また、お墓や墓地の状況によっては、雑草取り、草刈の道具なども必要なことがあります。

はさみを準備しておくと、お花を切ったりするのに役立ちますよ。

水場がない場合には、ペットボトルなどで水を準備しなければなりませんし、水場があってもバケツや手桶、柄杓がなければ、持参する必要があります。

お参りするお墓・墓地によって、必要なものが変わって来るので注意が必要です。

お墓参りの方法や作法

お墓参りには、霊園や墓地に規則がない場合には、特に決まった時間はありません。

ただ、お彼岸は故人やご先祖さまを偲ぶ日

このときには、お墓参りを他のことよりも優先して、できれば午前中にお参りして、その後で他の用事をするようにしたいですね。

服装も、特別な場合を除き、礼服を着て行く必要はなくきちんとした服装であれば、特に問題はありません

お墓参りの前に掃除をすることを考えれば、普段着の方がむしろいいかも知れませんね

また、お数珠(じゅず)は、もちろんあったほうがいいですが、大切なのは、故人を思う気持ち。形式よりも、お参りをする「気持ち」を大切にしましょう

スポンサーリンク

お墓参りの方法

お掃除から

お墓参りは、まず墓石と墓地のお掃除から始めます。

お掃除の前には、お墓に向かって一礼してから取り掛かりましょう。

枯れた花、残っているろうそくや線香の燃えかすなどを取り除き、特に汚れやすい水鉢や花立てなどは、念入りにキレイにしましょう。取り外せるものは、取り外して洗うといいですね。

墓石は、タオルやスポンジなどで丁寧に掃除します。

お墓のお掃除は、「水」でするのが基本。家庭用洗剤などを使うとシミの原因になってしまいます。彫刻部分の汚れが目立つ場合には、歯ブラシを使うといいですよ。

墓石や、お墓だけでなく、周りもキレイにしておきたいですね。

ohakamairiohigan2

お参りを

お墓がきれいになったら、水、線香やお花、個人の好きだったものなどをお供えし、心をこめて合掌礼拝(がっしょうらいはい)します。

ろうそくや線香の火を消すときには、息をかけたりせず、手であおいで消すようにします。仏さまに供えるものに、息を吹きかけるのは、とても失礼なこととされているので注意しましょう。

故人がお酒を好きだった場合でも、墓石に直接お酒を掛けるのはシミの原因になります。「どうしても」と言う場合、お墓の周りにかけてあげるといいですね。

意見の分かれる点として、お墓に直接水を掛けることがあります。

実家の母などは、「上から水を掛けたら仏様が寒い」と言います。我が家のお坊さんは「夏はいい」と言われたので、やはり寒いからでしょうか。この辺は、お参りする人の「気持ち」にしたがっていい部分なのかも知れません

先にお参りしてくださった方があって、お花がきれいな場合には、傷んだものがあれば少し抜いて、隙間に持参したお花を入れるようにします。お花は短めにして、風が吹いても抜けないようにするといいですね。お供え物を供える場合、半紙などを下に敷いてお供えします。

お参りが終わったら、持ち帰るのが最近のルール。そのままにして帰ると、カラスなどに荒らされてしまうことがあるからです。

掃除で出たゴミなども、持り帰るのが基本。ゴミ箱がある場合には、分別ルールに従いましょう。

お彼岸にはお墓参りを

ohakamairiohigan3

お墓が近くにあれば、お彼岸に限らずお墓参りに行くことが出来ますが遠いところにあるお墓には、たびたびお参りに行くのは難しいのが現実です。

お墓参りに行くことが出来るようなら、お彼岸には家族そろってお墓参りに行けるといいですね。

今の自分があるのは、ご先祖さまのおかげ。そう思うと、自然と「ありがたい」と言う感謝の気持ちが浮かんで来ませんか?

お彼岸を、そんな日にできると素敵だと思います。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

大人の書き初めの言葉。四字熟語・二文字・一文字の例は?

https://youtu.be/w4MRlO6zZTk お正月といえばおせちにお年始と、楽し

記事を読む

旅館へのチップ(心付け)は必要なの?気になる相場や渡し方をご紹介!

海外旅行で泊まるホテルでは、チップが必要という話をよく聞きます。 しかし日本の旅館では、チップ

記事を読む

芒種(ぼうしゅ)の意味とは?2017年はいつ?

カレンダーを見ていると日付の横に、様々な言葉が書き記されていることがあります。大安や仏滅などよく目に

記事を読む

昼間が一番長い日!2017年の夏至はいつ?ヨーロッパでは?

一年で一番太陽が長く出ている日・・ と言われているのが、 「夏至」 夏至の日には様々

記事を読む

地蔵盆はいつ行われて何をするものなの?お供え物や金額の相場は?

夏の行事と言えばお盆ですが、地域によって7月~8月とばらばらです。また地域独特の夏の行事もあり、引っ

記事を読む

喪中はがきはいつまでに出したら良い?送る相手の範囲は?

年賀状の時期になると確認が必要になるのが、喪中はがきが届いているかどうか。間違って喪中の方に

記事を読む

北海道で節分に落花生をまく理由は?まいた後はどうするの?

毎年2月に行われる節分は、地域によって独自の風習が存在します。一方で豆まきに関しては、どの地域でも同

記事を読む

立秋の候の時期はいつからいつまで?挨拶の例文もご紹介!

お盆の頃に届く手紙で、挨拶文に「立秋の候」と書いてあるのを見たことはありませんか?真夏の8月に立秋と

記事を読む

十三参りで人気の高い有名な神社・寺院は?関西を中心にご紹介!

関西では七五三と並んで、子供の成長を願う行事として盛んなのが十三参り。 数え年13才の子供が、

記事を読む

十五夜、十三夜、十日夜の意味とは?2017年はいつ?

満月に楽しむ「お月見」は、普段なかなか見ることのない夜空をゆっくり眺めるチャンス。お団子も美

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

猫好きは必見!吉祥寺猫祭り2017年の日程とイベントの楽しみ方!

東京・吉祥寺と言えば、女性に人気の高いおしゃれな街。 映

茨城の土浦花火大会2017年の日程や時間。花火職人の技が見どころ!

夏と言えば花火大会ですが、大会によってその内容は様々。

彼岸花がきれいな巾着田曼珠沙華まつり、2017年の日程や見頃は?

秋に咲く花といえば、ピンクが愛らしいコスモスや香り高いキンモクセイの名

願いごと日本一!安城七夕まつり2017年の日程と見どころ!駐車場は?

七夕といえば笹と飾り物が書かせませんが、願いごとの短冊もまた欠かせない

柊(ひいらぎ)の花言葉や花の特徴。セイヨウヒイラギとの違いは?

クリスマスシーズンになると、ギザギザの葉っぱと赤い小さな実の組

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑