台湾ランタンフェスティバル2017の見どころ!開催場所や期間は?

taiwanrantan1

日本から行きやすい外国の代表と言えば、台湾ではないでしょうか?

冬でも暖かく、食べ物も美味しく、飛行機なら成田-台北間が約3時間という近さも魅力ですね。

魅力たっぷりの台湾ですが、冬に行われる「ランタンフェスティバル」がすごいってご存知でしたか?

ド迫力のランタンオブジェと、幻想的な電飾が楽しめる素敵なお祭りなんですよ。

台湾に行くならぜひ見たい、台湾ランタンフェスティバルの2017年の開催期間や開催場所、そして見どころを紹介します。

スポンサーリンク

台湾ランタンフェスティバルについて

台湾ランタンファスティバルとは、
どんなお祭なんでしょうか?

taiwanrantan2

元宵節をお祝いする

ランタンフェスタの起源をたどると、「元宵節(げんしょうせつ)」を祝う行事にたどり着きます。人々がぼんぼりやランタンを持って集い、爆竹や花火を打ち上げて邪気払いをしたというのが言われ。

また台湾では、元宵節になると、各寺院で大きなランタンを灯して展示していました。ランタンを見物する風習があったのですが、台湾各地の寺院を巡るのは大変という意見もありました。

そこで、各寺院のランタンを一箇所に集めたイベントが1990年から始まりました。それが、台湾ランタンフェスティバルなのです。

元宵節はいつ?

元宵節は、旧暦の1月15日に当たります。旧暦は、月の満ち欠けを元に作成されている暦ですが、今使用している暦(新暦)とはかなりズレも生じ、うるう日、うるう月も挟まることがあります。

2017年の旧暦1月15日は、新暦では2月11日ですが、1年前の2016年旧暦1月15日は、新暦では2月22日でした。

スポンサーリンク

台湾ランタンフェスティバルの開催場所や開催期間は?

2017年の会場は台中市

台湾ランタンフェスティバルの特徴は、毎年会場が変わること

2017年の会場は雲林県で行われます。

開催場所は台湾高速鉄道の雲林駅に近い「雲林県虎尾鎮の農博生態園」

駅からも近く、豊かな自然にあふれたところですので、ぜひ行ってみたいですね。

2017年の開催期間は?

2017年の台湾ランタンフェスティバルの開催期間は、
2月11日(土)から2月19日(日)までです。

前述した通り、2017年の元宵節が、今の暦である新暦では2月11日になるので、この日から開催されます。

台湾ランタンフェスティバルの見どころはここ!

taiwanrantan3

台湾ランタンフェスティバルは見どころも一杯!

順にご紹介しますね!

2つの干支ランタン

ランタンフェスティバルの最大の見どころは、巨大なランタンです。

毎年「メインランタン」「サブランタン」と呼ばれる、その年の干支をモチーフにしたランタンが新たに作られます。

前回2016年度は、申の干支にちなんで、金の猿が桃を献上しますようにという意味の、「金猴獻桃」というコンセプトで、申年をモチーフにした数々のランタンが展示されました。光と影が織りなす華麗な光景が見られたんですね。

2017年も楽しみです。

ランタンと電飾が幻想的!

メインランタン以外にも、大きなオブジェランタンが会場のあちこちに飾られています。

パンダや果物といった、台湾らしいランタンがあったり、アニメキャラのランタンも登場します。また、会場の木々には、沢山のぼんぼりとLED電飾が施され、幻想的な景色が広がります。

ランタンが灯る時間帯については、正式にはまだ発表されていません。例年19時頃に点灯しているようなので、その時間までに会場に到着するようにしましょう。

また、ランタンオブジェを音楽とともに、派手にライトアップするイベントも行われます。日本のイベントと違い、原色のライトが派手に当たるので、見ているとその派手さに驚きますよ!

イベントがすごい

開催期間中は、各会場で伝統芸能や雑事団が、技を披露しています。台湾少数民族の歌や踊りなど、貴重なイベントも見られますよ。

昼間にはパレードも行われます。今年はまだ詳細が判りませんが、台湾だけでなく、日本人も参加するパレードとなりそうですね。

とにかく目で楽しんで

taiwanrantan4

各会場では屋台も出ています。台湾の屋台はとても美味しいので、ぜひいろいろ食べてみて下さい。

少しの英語と日本語と中国語、それにジェスチャーで案外通じますので、屋台を楽しむのもいいですね。お腹を満たした後は、ただただ幻想的な光景と、台湾らしい巨大ランタンを楽しんで下さい。

日本ではなかなか見られない台湾の光景はきっと一生の思い出となりますよ。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

優雅な京都の葵祭。2017年の日程と見どころをご紹介!

京都と言えば、奈良・平安時代の伝統が今も残る、古都として有名ですね。その京都で開催される祭は

記事を読む

能登のキリコ祭り、2017年の主な日程や見どころをご紹介!

北陸新幹線が2015年3月に開通し、テレビや雑誌で北陸地方が取り上げられる機会がとても増えま

記事を読む

鉄道の日2017!どんなイベントがあるの?記念切符とは?

鉄道と言えば、今では年齢・性別を問わず幅広い方が楽しむ趣味になりましたね。 鉄道の趣味もいろい

記事を読む

花菖蒲を楽しむなら葛飾菖蒲まつり!2017年の見頃は?

梅雨の時期はつい家にこもりがちですが、草花にとって潤いと成長の時期。 あじさいも美しい

記事を読む

京都五山の送り火、2017年の開催場所や鑑賞スポットをご紹介!

京都には独特のお祭りや風習があり、その一つ一つに京都らしさが溢れています。 その中でも

記事を読む

願いごと日本一!安城七夕まつり2017年の日程と見どころ!駐車場は?

七夕といえば笹と飾り物が書かせませんが、願いごとの短冊もまた欠かせないもの。 全国各地で開催さ

記事を読む

「日韓交流おまつり 2017 in Tokyo」の日程と見どころ!ゲストが楽しみ!

お隣の国・韓国は、食も文化も身近な存在ですよね。 「ハングル文字」は読み方や発音が良く分からず

記事を読む

秩父、羊山公園の芝桜!2017年の見頃や開花状況は?

http://youtu.be/TcRMfE4Rsfc 春は、お花見が楽しみですよね。

記事を読む

北野天満宮の梅花祭!2017年の開催日と見どころは?

桜の花が開くと、いよいよ春ですが、その前に咲く「梅」も、春を告げる花ですよね。現在は、お花見

記事を読む

津南雪まつり2017はいつ?スカイランタンが幻想的!

冬は寒さから家にこもりがちですが、冬だからこそ楽しめるイベントが全国各地で開催されます。 特に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

茨城の土浦花火大会2017年の日程や時間。花火職人の技が見どころ!

夏と言えば花火大会ですが、大会によってその内容は様々。

彼岸花がきれいな巾着田曼珠沙華まつり、2017年の日程や見頃は?

秋に咲く花といえば、ピンクが愛らしいコスモスや香り高いキンモクセイの名

願いごと日本一!安城七夕まつり2017年の日程と見どころ!駐車場は?

七夕といえば笹と飾り物が書かせませんが、願いごとの短冊もまた欠かせない

柊(ひいらぎ)の花言葉や花の特徴。セイヨウヒイラギとの違いは?

クリスマスシーズンになると、ギザギザの葉っぱと赤い小さな実の組

色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑