歯茎が痛い時の応急措置と予防法をご紹介!

| 健康 | , , , , ,

前回、歯茎の腫れの主な原因とその治療方法を紹介しました。
歯茎が痛い!腫れの原因と治療法は?

今回の記事では、すぐに歯医者さんに出向けない人のために応急処置の紹介。

そして、何より大事な予防法についてです!

スポンサーリンク

歯茎が痛みを抑える応急処置の方法は?

歯茎が腫れているけど、すぐ歯医者さんに行けない。

お仕事や、学校の都合の関係で、そんな時もありますよね。

とりあえず症状を改善したい時は、次の方法を試してみてください。

haguki4

冷やす

自分で触ってわかるほどに腫れている時は、
冷やしたタオルや冷えピタなどで冷やしてください。

冷やすと腫れを抑える事ができます

柔らかい歯ブラシを使う

歯磨きをしたくないほどに歯茎がひどく腫れていても、
歯磨きをしないのはよくありません。

普通の固さの歯ブラシで歯磨きをすると、
歯茎がさらに傷ついて腫れが強くなってしまう事があります。

歯茎が傷つかない柔らかい歯ブラシを選んで、歯磨きをするのをお勧めします。
多少の出血はそれほど気にかけなくて大丈夫。

うがい薬を使う

殺菌作用の強いイソジン・コンクールなどの
刺激が少ないうがい薬を使ってうがいをしてみましょう。

口の中を消毒して咥内環境を整えることも効果があります。
アルコール成分の強いうがい薬は、逆効果になるので避けるようにしてください。

痛み止めを飲む

痛くてご飯も食べられない!
そんな時は、痛み止めの薬を飲んでみてください。

食べられない事で体力低下するよりも、
痛み止めを飲んで体を休ませてあげる事が大切です。

食事が取れない時は、食べやすい高カロリーのゼリーなどを試してみて。
安静にして体力を回復し、体の抵抗力を上げましょう。
haguki5

歯茎の痛みに予防法はあるの?

皆さんは知っていますか?
サメは、歯が抜けるたびに歯列ごと新しいものに交換されるんです。
うらやましいですね。

残念ながら、新しい歯が次々と生えてこない私たちの歯。
出来るだけ、大事にしたいですよね。

歯茎の不調が歯に影響する事が分かったけれど、
具体的にはどんな予防法があるのでしょう。

スポンサーリンク

歯周病のケア

歯周病の原因は、意外かもしれませんが、
生活習慣が大きく関係しているようです。

 ◎適度な運動
 ◎十分な睡眠
 ◎禁煙
 ◎ストレスを貯めない
 ◎歯磨き習慣

この5つのポイントが予防になると言われています。

中でも、歯周病の原因となる歯垢を適切なブラッシンングで取り除く事が大切。
毎日、ちゃんと歯磨きとフロスを使って歯周病を防ぎましょう。

虫歯予防

虫歯の予防には、言い古されてるかもしれませんが、
やっぱり、日頃の歯磨き習慣がとても大事です。
神経を抜かなくてはならないほどに虫歯を悪化させない事ですね。

haguki6

歯根の問題の予防

神経を抜いた歯で必要以上に噛んだりするのを避ける事。
歯ぎしりする人・噛み締める癖がある人は、マウスピースを使う事。

この2つが予防法です。

定期的な検診

一年に一度は歯医者さんで、定期的に検診を受けましょう。

早期発見することが大事です。

歯ブラシの使い方ではこんな動画も公開されていますので
参考にしてみられるといいですね。

正しいハブラシの使い方

とにかく、大事なことは、毎日の歯磨きを怠らないこと
そして定期的な検診を受ける事

この2つが、健康な歯茎と歯の維持につながると言えますね。

最後に

歯茎が痛い時に、痛みを抑えるための応急措置の方法、
そして予防法をお伝えしました。

歯茎の腫れや痛みは、自然と治ってしまう事もあります。

でも、放っておくと大事に至ることもあります。

そうならないためにも、
出来るだけ早めに歯医者さんに診てもらいましょう。

すぐに通院出来ない時は、
今日ご紹介した応急処置を試してください。

でもやはり大事なのは、歯磨き習慣、体調の管理をきっちりとして、
予防するのが何よりですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

「ものもらい」の2つの症状とは?それぞれの原因と治し方

小さい頃、「ものもらい」になったことがある方は 多いんじゃないでしょうか? 「ものもらい」は

記事を読む

唾液が多いのは大丈夫なの?多くなる原因と対策方法は?

普段あまり意識しない唾液ですが、体にとってはとても大切な役目を持っています。 しかし、

記事を読む

唾液から臭いがするのは何故?その原因と適切な対策方法

くしゃみをする時に手やハンカチで口をおさえますが、その時に嫌な臭いを感じたことはありませんか?

記事を読む

氷を食べるのを止められない!氷食症の原因は貧血から?

あなたは、ドリンクの中に入っている飲み物を飲んでしまったら、 そのまま中の「氷」をボリボリと食

記事を読む

気になる赤ちゃんの向き癖。原因は?治し方は?

生後間もない赤ちゃんの体って とても柔らかくフワフワしていますよね。 頭蓋骨もまだ完成してお

記事を読む

急性扁桃腺炎の治療期間はどれくらい?うつることはあるの?

疲れてる時や季節の変わり目には、どうしても体調を崩しがちです。特に秋から冬にかけては、小春日

記事を読む

ズキズキと痛む腰!それって神経痛?原因と治療法を紹介!

朝晩涼しくなってきました。 最近はこの涼しさに伴い腰が・・とてつもなく痛い! これってまるで

記事を読む

気になる顔や足のむくみ。食べ物や飲み物で解消するならコレ!

・一日デスクワークをしていたら、夕方頃に足がパンパンになっていた… ・疲れがとれない朝に鏡

記事を読む

風邪なのに熱が出ないのは何故?その原因と対処方法

なんとなく体がだるかったり、鼻水や咳が出るといった、風邪の初期症状には困ったものです。 しかし

記事を読む

ドライアイを改善するにはどうする?対策と予防方法をご紹介!

長くパソコンを使っていたり、スマホ画面に集中していると目が疲れますよね。 そんな時は、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

柊(ひいらぎ)の花言葉や花の特徴。セイヨウヒイラギとの違いは?

クリスマスシーズンになると、ギザギザの葉っぱと赤い小さな実の組

色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来とは?開花時期はいつ?

https://youtu.be/uEdb3Gig5qg 夏に咲

月下美人の花言葉や名前の由来。開花時期や花の特徴は?

花屋やガーデニングで見かけるお花は、名前が分からなくても美しい花ばかり

赤ちゃんの動物園デビューはいつからがいい?気を付けることは?

わが子には様々な体験や経験を通じて、心豊かな人間に成長して欲し

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑