歯茎が痛い!腫れの原因と治療法は?

| 健康 | , , ,

みなさん、歯茎の腫れで悩んだ事はありますか?

歯医者さんにはなかなか足が向かないものですよね。

歯茎がはれる原因は一体なんなんでしょうか?
どんな治療をするのでしょうか?

そんなあなたの疑問を解決するために、調べてみました!

スポンサーリンク

歯茎が腫れる原因には何があるの?

haguki1
歯茎が腫れている時、必ずしも痛みが伴わなかったり痛みが少なかったりします。

時間が経つと治ってしまったりするので、
『なぁんだ。大した事なかったんだ』と思いがちですよね。

でも、痛くなくなったからと言って放っておいてはいけません!

腫れがひどくなったり、
知らない間に歯茎の中で骨が溶けてしまったりする事があるからです

歯茎の腫れの原因は様々ありますが、
三大原因は歯周病、歯の根の炎症、そして親知らずの腫れです。

歯周病

歯周病は、口の中が『歯周病菌』に感染している状態。
歯垢が歯の表面に溜まると、その中で悪玉菌が増えて毒素を出すバイオフィルムになります。

この毒素に歯茎が負けてしまって、炎症が起きて歯茎が腫れるようになります。

こんな症状はありませんか?

 ◎歯磨きの時に血が出る
 ◎朝起きた時に口がネバネバする
 ◎口臭がある
 ◎歯茎がムズムズする気がする

これは歯周病のサインです。

歯周病が進行すると歯の根や歯を支える骨にまで歯周病菌が浸食して、
歯が抜けてしまう事もあります。早めに歯医者さんに行きましょう。

歯の根の炎症

歯茎に小さな袋のような腫れがあって、膿みが出てくる。
こういう時は、歯の根に原因がある事が多いみたいです。

歯の根に炎症があると、歯茎が腫れてきます。
これは、神経を抜く治療をした歯におこる事が多いようです。

歯の根にヒビが入っている時も歯茎は腫れてきます。
歯茎に埋まっている歯の根の部分が割れてしまうと、炎症して腫れてくるのです。
歯ぎしりする人、噛み癖がある人、そして噛む力が強い人に多いようです。

親知らずの腫れ

親知らずの周囲が炎症を起こすと歯茎が腫れてきます。

噛むと、歯が腫れている場所にさわって痛い。
口が開けづらい。

という症状が併発する事があるようです。

3つの原因をあげましたが、歯茎が腫れる要因は他にもあります。

歯茎は、体の変化を感じやすい部分。
その分、自分では原因が分からない事が多いようです。

1つの原因だけでなく、
いろいろな要因が重なり合って症状が出ている事もあるようなので、
異常を感じたら、早めに歯医者さんに行くのをお勧めします。

スポンサーリンク

どんな治療をするの?

実際に歯茎が腫れてしまった症状が出た場合、
どんな治療をするのでしょうか?

原因によっても違いますが、順番にご紹介します。

haguki3

歯周病が原因の場合

歯周病が進行する事で歯と歯茎の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。
この歯周ポケットに細菌や歯垢・歯石が溜まると歯茎が腫れてきます。

この場合の治療法は、歯のクリーニング。

まず、歯科衛生士にクリーニングをしてもらいます。
歯周ポケットの歯石をとってもらうわけです。
歯磨きの指導もしてもらいます。

その後は、歯磨きとデンタルフロスを使って丁寧にケアをする事で克服できます。
歯茎の周りに最近を残さないように日頃からのケアが大切になります。

■8020日歯TV 歯周病<2>歯周病の進行と各段階の症状

歯の根元が原因の場合

歯の根の治療が不十分だったり神経が死んでしまった事で、
根の部分に細菌が侵入して膿みを作ってしまいます。

こうした時の治療法は、根にある細菌をすべて取り去る治療をします。

細菌が自然になくなる事がないからです。
根管治療といって、歯の神経の穴の消毒をする事で改善する事ができます。

歯の根にヒビが入ったり割れていると、
その隙間から細菌が体内に侵入して、腫れたり痛んだりします。

治療法はいくつかあります。

◎接着剤
割れ目を接着剤でくっつける治療です。
ほとんどの場合改善しないようで、あまり期待はできません。

◎被せ物・クラウン
割れた部分を取り除いて、被せ物を作ります。
ヒビが浅い位置で止まっていて、健康な根が長く残っている事が条件です。

◎抜歯
根の先まで割れている場合は、歯を残すことは出来ません。
残念ながら、抜歯の道しかないようです。

親知らずが原因の場合

親知らずは横向きに生えてきたり、斜めに生えてきたりする事が多いので、
親知らずの周りに被っている歯茎の中に細菌が溜まってしまいます。

細菌が溜まると、歯茎が腫れて痛みだす、という事です。
腫れて盛り上がってしまった歯茎は、噛み合う親知らずのせいでさらに腫れる。
悪循環です。

この場合の治療法は、抜歯。

放っておくと、噛み合わせが悪くなったり歯並びが悪くなったりします。
早期に抜歯をする事で、親知らず周辺の歯に悪い影響が及ぶのを抑えます。
haguki2

最後に

歯茎の腫れの原因、そして治療法について今日はご紹介しました。

歯茎が腫れる原因は、紹介した3つ以外にもあります。

ともかく、歯茎の異常を感じたら、
まずは早めに歯医者さんにみてもらう事が大事です。

そうは言っても時間に余裕がない・・・
今すぐ歯医者に行けない・・・

そんな貴方のために、次回は応急処置と予防法について紹介します。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

つわりの時の食事のとり方は?おすすめの食べ物は何?

お腹の中で赤ちゃんが成長する妊娠中は、毎日が喜びと驚きの連続です。 一方で妊娠初期に訪

記事を読む

花粉症に効果的な食べ物・飲み物には何があるの?

春になると日差しも暖かくなり、 外に出たいと思うようになりますよね。 でも、花粉症の人は

記事を読む

鼻のカサカサはドライノーズの症状?その原因と対策方法とは?

季節の変わり目などに鼻がむずむずすると、風邪や花粉などのアレルギーだと思ってしまいがち。 しか

記事を読む

妊婦の貧血の症状と原因とは?食事は何を摂れば良いの?

妊娠すると、貧血の症状が出る事があります。 貧血になると、体調が悪くなるだけでなく、 お

記事を読む

花粉症対策にはコレ!外出時や室内や洗濯時それぞれでご紹介!

毎年春先に発生する花粉は、花粉症の方にとっては本当に嫌なものですね。 しっかり対策をとったはず

記事を読む

つらい二日酔いの症状は何が原因?効果的な治し方は?

仕事上で避けられない飲み会などでは、お酒があまり得意ではない人であっても、無理に飲んでしまう

記事を読む

寒暖差アレルギーってどんな症状?予防と対策は?

鼻炎や花粉症でもないのに鼻がムズムズする・・・ そんな人は要注意! それは寒暖差アレルギーかも

記事を読む

ドライアイを改善するにはどうする?対策と予防方法をご紹介!

長くパソコンを使っていたり、スマホ画面に集中していると目が疲れますよね。 そんな時は、

記事を読む

唾液が多いのは大丈夫なの?多くなる原因と対策方法は?

普段あまり意識しない唾液ですが、体にとってはとても大切な役目を持っています。 しかし、

記事を読む

餃子ダイエットの効果とやり方は?何個食べるとよいの?

ダイエット中には食事に気を使わなければならず、特に肉料理は避けなければと思いがち。またボリューム満点

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ふじさわ江ノ島花火大会2017年の日程や時間!穴場スポットもご紹介!

夏のイメージが強い花火大会ですが、最近では季節を問わず開催されるよ

ボジョレーヌーボーに合うおつまみと言えばコレ!合わせる料理のポイントは?

ボジョレーヌーボーの解禁日が近づくと、今年の味はこうだ!と話題になりま

コンサートとリサイタルの違いとは?ライブとはどう違うの?

普段はCDなどで楽しんでいる曲も、音楽会場で生演奏を聞くと迫力

鳩が平和の象徴と呼ばれている理由は?他にも平和の象徴といえば何がある?

街角で見かけることの多い鳩は、身近な存在とも言える鳥です。また

「御中」と「様」の違いとは?使い方の例もあわせて紹介!

手紙やメールをビジネスで送る際には、マナーを守って送りたいもの

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑