春野菜の種類には何があるの?健康効果やレシピもご紹介!

| 飲食 | , , ,

haruyasai4

は、輸送手段の発達や、農家さんたちの努力によって、一年中美味しい野菜が食べられるようになりました。

とは言え、冬は野菜の流通が減るものなので、やっぱり春野菜が待ち遠しいですよね。

この季節しか食べられない野菜もありますし、旬ならではの美味しい野菜もあります。

今から待ち遠しい春野菜の種類、代表的な春野菜の健康への効果、そして美味しい食べ方をまとめてみました。

スポンサーリンク

春野菜の種類には何がある?

主に春野菜と呼ばれるものは、以下のものがあげられます。

代表的な春野菜

haruyasai1

◎春キャベツ
…普通のキャベツより小ぶりで、葉が柔らかいのが特徴です。

◎新たまねぎ
…水分が多く、柔らかいのが特徴。傷みやすいので、冷蔵庫で保管しましょう

◎アスパラガス
…グリーンアスパラとホワイトアスパラがありますが、どちらも同じ野菜です。栄養価は、グリーンアスパラの方が高いですね。

◎菜の花
…種は菜種油(キャノーラ油)の原料になります。花が綺麗ですが、花が咲く前のものを食べます。

◎ふきのとう
…北国では春を告げる風物詩となっています。山菜ですが栽培もされています。

◎ウド
…山菜の一種です。「ウドの大木」と言いますが、実はウドは成長しても木にはなりません。

その他の春野菜

その他にも、セリ、三つ葉、ニラなどの、香りの強い野菜も春野菜に含まれます。山に取りに行くような野菜ですと、たけのこも春野菜ですね。

また、えんどう豆、グリーンピース、そら豆といった豆類も、春が旬の野菜です。通年栽培されているものも多いですが、春が特に栄養価が高く美味しいんですよ

春野菜に含まれる栄養素は?

haruyasai2

春野菜の中で、特に取り入れたい栄養素が多く含まれる野菜を紹介します!

春キャベツは胃腸に効く!

お腹の調子が今ひとつで、便秘がちなら、春キャベツを多めに食べましょう。食物繊維が、便秘に効果的に働きます。

また、春キャベツに含まれるビタミンUが、胃腸の調子を整えてくれます。ビタミンUは肝臓を助ける働きがあるので、お酒続きの時にも助けてくれます。お酒のおつまみに、春キャベツを食べるのも良いですよ。

新たまねぎはさらさらに!

新たまねぎには、目が痛くなる成分である、硫化アリルを含んでいます。この硫化アリルは、血液をサラサラにする効果があります。

硫化アリルは普通の玉ねぎにも含まれていますが、熱に弱い性質があります。そのため、出来るなら生食向きの新たまねぎがおすすめですね。

疲れた時はアスパラガスを!

アスパラガスに含まれる、アスパラギン酸とビタミンB1には、新陳代謝を促す効果があります。

更にアスパラギン酸には、スタミナを付ける効果もあります。アスパラガスを食べれば、疲労回復とスタミナアップの効果があるんですね。

スポンサーリンク

春野菜・オススメレシピ!

春野菜は、あまり手を加えず、シンプルな調理の方が美味しく栄養価も逃げにくいです。

山菜の天ぷら

ウドやふきのとう、菜の花は、天ぷらにして、お塩を振って食べると美味しいです。

作り方のポイントは、衣をつけ過ぎないこと。衣が厚ぼったいと、山菜のさくっとした食感がなくなってしまいます。

□ふきのとうの天ぷら

春キャベツとアスパラとベーコンの炒め物

簡単なのに美味しい、定番料理が春キャベツとアスパラとベーコンの炒め物

用意するものは次の通りです。

・春キャベツ半個~四分の一個
・アスパラガス4~5本
・ベーコン3枚ぐらい

作り方は次の通りです。

1.アスパラガスは1センチぐらいの斜め切りします。
2.春キャベツは1センチほどの厚めの千切りをします。
3.ベーコンは2センチ幅に切ります。
4.蓋の出来るフライパンに油を引き、ベーコンを炒めます
5.ベーコンから油が出たら、アスパラと春キャベツを入れ、軽く炒めて油を回します。
6.油が回ったら蓋をして、弱火にして3分ほど蒸します。
7.仕上げに塩コショウで味を整えます。

新たまねぎを加えても美味しいですし、パスタを加えると、ボリューム満点でお腹一杯にもなります。

新たまねぎを薄切りするだけ

究極の手抜き料理ですが新たまねぎスライスです。効率良く栄養が取れる料理なんです。

用意するものは、
・新たまねぎ
・薄切り出来るスライサー
だけ。

包丁で薄切りが出来る人は、スライサーは不要ですね。

作り方も実に簡単で、新たまねぎを薄くスライスするだけです。

食べ方は、醤油とかつお節が定番ですが、ポン酢やマヨネーズでも美味しいです。辛味が気になる人は、スライスして3分ほど冷水に晒して、絞ってから食べると良いでしょう。この程度なら、栄養分が水に溶けだす心配もあまりありません。

春の野菜を沢山食べて、元気になろう!

haruyasai5

昔から、旬のものを食べると健康になる、と言われています。

季節感を大切にする、粋な心ももちろんですが、栄養面から見ても、旬を取り入れる事はとても大切です。

特に春野菜は、成長するエネルギーをたっぷりと蓄えています。

長い冬が終わって春になった時に、野菜からもエネルギーを貰いたいですね。春野菜を沢山食べて、元気を取り込んで、春を楽しみましょう!

スポンサーリンク

関連記事

cheesefondue1

チーズフォンデュのおすすめ具材はコレ!定番から変わり種まで

友人知人との集まりでチーズフォンデュを出すと、思わずテンションが上がりませんか? トロ

記事を読む

sushidiet3

お寿司のカロリーはどれくらい?ダイエットに適した食べ方は?

和食は洋食と比べてヘルシーなことが多く、ダイエットに最適の食事とも言われています。その和食の代表と言

記事を読む

metabolismfood1

基礎代謝を上げる食べ物と飲み物7選!食べるだけでダイエットにプラス!?

ダイエットで大切な点として、毎日の適度な運動が挙げられます。 これは運動することで余計な脂肪を

記事を読む

amatya4

甘茶の効能には何がある?作り方と飲み方のポイントもご紹介!

お茶といえば、日本人には緑茶がなじみです。 でも、それ以外にもいろいろな種類のお茶があり、

記事を読む

cheezebestbefore4

チーズの賞味期限と最適な保存方法は?チーズの種類による違いも紹介!

ワインによく合うのがチーズですね。そのチーズををまとめて購入しそのまま放置してしまったことは

記事を読む

ginnan1

銀杏(ぎんなん)の栄養と効能とは?食べ過ぎには注意!?

紅葉で黄色く色づくイチョウは美しいですが、イチョウの木周辺から異臭を感じたことがありませんか

記事を読む

detoxwaterrecp1

毎日飲めるデトックスウォーターの作り方!人気の組み合わせは?

せっかくダイエットをするのなら、可愛くおしゃれに楽しみたいですよね。 そんな方から最近注目を集

記事を読む

mugicha4

冬でも飲みたい!麦茶の効能・効果とは?麦茶オレもお勧め!

暑いときや気温が高い時など、 つい麦茶が飲みたくなりませんか? 外から帰宅して、冷え

記事を読む

senfiricabbage2

キャベツを上手に千切りする方法は?長持ちさせる保存方法も紹介!

キャベツは炒めたり煮込んだりそのまま食べたりと、毎日の食卓で活躍する野菜の一つ。 特に

記事を読む

syogashinsyoga2

新生姜と生姜の違いとは?栄養面ではどう違うの?レシピもご紹介!

冷蔵庫に常備しておきたい生姜は、爽やかな辛味が特徴の野菜ですね。 いつでも買える生姜ですが、夏

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

womansday003
国際女性デーとは何の日?ミモザの日とは?日本でもイベントはある?

女性へ日頃の感謝の気持ちを伝える日と言えば、 「母の日」や「ホワイト

radish001
大根の気になるカロリーや糖質は?ダイエットに適した食べ方ならコレ!

ダイエットの方法の一つに、「糖質制限」がありますよね。 ご存知の

applekind001
使い方や味で選びたい!人気のりんご5種類。美味しさの特徴とは?

https://youtu.be/RrzyuNAqkO0 秋から

roastedgreentea002
ほうじ茶の効能と健康に良い効果とは?飲むなら朝と夜のどっち?

和食を食べた後には、やはり日本茶が飲みたくなります。ほのかな苦味と甘味

cocoahie002
ココアの冷え性改善効果は抜群!ダイエットにも良い飲み方とは?

寒い冬になると飲みたくなるのが、甘い香りと味がほっとするココア

→もっと見る

PAGE TOP ↑