りんごの効能とおすすめの食べ方は?

| 飲食 | , , , , , ,

apple1
りんごは体にいい」ってよく言われますよね。
イギリスには「一日一つのリンゴは医者いらず」と言うことわざもあります。

何となく「体にいい」と思っているりんごですが、
りんごにはどんな効能があるんでしょう。

りんごはどうして体にいいのか、
どんな病気の予防に効果があるのかなどについてまとめてみました。

おすすめの食べ方も紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

りんごにはどんな効能があるの?

apple2
まず、りんごにはどんな成分が含まれていて、
どんな効果があるのでしょう。

りんごには、食物繊維が豊富に含まれています

特に皮の部分には、鎮静作用のあるタンニンとペクチンが多く含まれていて、
腸の粘膜をカバーする働きがあります。

腸の炎症が起こっているときはもちろん、便秘のときも効果があるのです。
この整腸作用がりんごの最大の効能と言ってもよいでしょう。

次に、りんごには100種類以上ものポリフェノールが含まれています。
ポリフェノールには活性酸素を抑える抗酸化作用があり、老化防止につながります

コレステロールを下げる効果があるとも言われています。

また、りんごは、リンゴ酸クエン酸も含んでいるので、疲労回復効果もあります

リンゴ酸には肌あれを防ぐ効果もあるようです。

沢山の効能があるりんご。りんごを食べると、毎日調子よく過ごすことが出来そうですね。

りんごはどんな病気の予防に効果があるの?

apple3
りんごには病気の予防効果もあります。

りんごに多く含まれる ペクチンは、水溶性で、
ゼリー化して炎症部分の粘膜をカバーする働きがあります。
悪玉コレステロールを減らす作用もあるので、動脈硬化の予防にも効果的です。

また、りんごに含まれるカリウムには、
体内のナトリウムを排出して血圧を下げる効果があります。
高血圧の予防効果もあるんですね。

ちょっと変わった予防効果も?

ちょっと変わった予防効果としては、りんごは虫歯予防にも役立ちます
りんごのアップルフェロンと言う成分は、歯に虫歯菌が付きにくくする効果があるんです。

りんごを丸かじりすれは歯石除去にも効果がありますし、
歯や歯茎、あごを丈夫にする効果もありますね。

さらに、りんごにはヘモグロビンを増加させる作用もあるので、
貧血の予防にも役立ちます。

りんご酸が含まれているので、疲労回復にも効果的。

そう言った意味では、あらゆる病気を未然に防ぐ効果があるともいえそうです。

スポンサーリンク

オススメのりんごの食べ方は?

とっても健康にいいりんご。

そのりんごを食べるなら、りんごの良さを活かした食べ方をしたいですよね。

「皮ごと」食べるのが一番!

果物は「皮と実の間がおいしい」とはよく言われますが、
りんごのペクチンやポリフェノールなどの成分は皮の部分に多く含まれています。

だから、一番いいのは「皮ごと」食べることです。

丸かじりは虫歯予防におすすめの食べ方。

丸かじりは難しいと言うときには「輪切り」がおすすめです。
好みの暑さに水平にスライスして芯の部分を指でつまんで食べるんです。
生産者の間で食べられている食べ方だそうですが、簡単なのでいいですよね。

皮ごと食べるとき、ワックスが気になりませんか。
でも、りんごのつやつやはワックスではなく、自然のつやだそうです。

知っていれば、安心して皮ごと食べることが出来ますね。

りんごのスィーツもおすすめ

■簡単に焼きりんご

生で食べてもおいしいりんごですが、スイーツもおすすめです。

皮ごと食べられる焼きりんごはどうでしょう?
電子レンジとオーブンを併用すれば時間も短縮できます。

リンゴを切って砂糖を振り、レンジでチンすればコンポートの出来上がり。
皮ごと作れば色もキレイでおしゃれに仕上がります。好みでレモン汁を振ってもいいですね。

アップルパイも冷凍パイ生地を使えば簡単です。
冷凍パイ生地に皮ごとスライスしたりんごを並べ、
グラニュー糖を振ってオーブンで焼くだけ。

自家製のスイーツは甘さを調節できるのがいいですよね。

また、風邪のときなどにはすりおろしりんごやジュースがおすすめ。

すいおろしりんごはペクチンが早く働き、栄養素も吸収しやすいです。

ただ、金属製のおろし金を使うと有効成分が変質してしまうので、
陶器やプラスチック製のおろし器を使う方がいいでしょう。

関連記事:人気のりんご5種類と美味しさの特徴とは?

りんごを食べて健康に!

apple4
健康にいいイメージのあるりんごですが、病気の予防効果まであるんですね。

子供の頃、風邪をひいてお母さんにすりおろしりんごやジュースを
作ってもらった思い出のある人もいるかも知れません。

そんなことからも、りんごには優しいイメージがあります。

皮を剥くのが面倒と言う人でも、皮ごとスライスなら簡単。
積極的に食べるようにしたいですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

こんなものまで!「天ぷら」の定番具材と変わり種具材をご紹介!

新鮮な野菜や魚に衣をつけ、油でカリッと揚げた天ぷら。 料理人が揚げた天ぷらのはもちろん、家庭で

記事を読む

キャベツの優れた栄養と効果。最適な保存方法は?冷凍はできる?

https://youtu.be/UI3XRVdNQ30 とんかつや生姜焼きを出す時に、添え物

記事を読む

アスパラガスの優れた栄養とカロリー!体に嬉しい食べ方とは?

アスパラガスは緑色が鮮やかで、お弁当に入れると華やかになりますよね。 クセが少なく甘みが強いた

記事を読む

森のバター!アボカドの栄養とカロリーは?効果的な食べ方も紹介!

ここ数年で定着し、女性を中心に大変人気のある野菜の一つが、「アボカド」。 とろっとした

記事を読む

使い方や味で選びたい!人気のりんご5種類。美味しさの特徴とは?

https://youtu.be/RrzyuNAqkO0 秋から冬にかけて美味しくなる果物の一

記事を読む

チーズの賞味期限と最適な保存方法は?チーズの種類による違いも紹介!

ワインによく合うのがチーズですね。そのチーズををまとめて購入しそのまま放置してしまったことは

記事を読む

味噌汁の具に人気の組み合わせは何?定番から変わり種まで!

日本人の食事の定番と言えば、味噌汁は外せません。 最近では作らない家庭も増えていますが

記事を読む

コチュジャンと豆板醤の違いと使いわけ。代用は出来るの?

代表的な韓国料理の一つであるビビンバですが、今や家庭で作るという方も多いんじゃないでしょうか

記事を読む

ピータンとはどんな食材?驚くべき栄養価と美味しい食べ方は?

世界には様々な食材があり、中には不思議な食材もいくつかあります。 特に中国は美味しい料理がたく

記事を読む

パプリカとピーマンの違い。色や栄養素はどう違うの?

ピーマンは色が緑ですが、苦味が強くて、子供から嫌い!と言われてしまう野菜の代表格ですね。子供

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来とは?開花時期はいつ?

https://youtu.be/uEdb3Gig5qg 夏に咲

月下美人の花言葉や名前の由来。開花時期や花の特徴は?

花屋やガーデニングで見かけるお花は、名前が分からなくても美しい花ばかり

赤ちゃんの動物園デビューはいつからがいい?気を付けることは?

わが子には様々な体験や経験を通じて、心豊かな人間に成長して欲し

アイスクリーム/アイスミルク/ラクトアイスの違い。食べるならどれ?

最近は季節を問わずアイスを食べる人も多いですが、やはりアイスは

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑