若草山の山焼き2017!見どころとおすすめスポットをご紹介!

| イベント・お祭り | , , ,

先の新芽の出ない時期に、野山の枯草を焼くことを、「山焼き」「野焼き」と言います。もともとは、病害虫を駆除し、灰を肥料にするのが目的でしたが、最近では、町おこしのイベントとして行われることも多いですね。

その山焼きの中でも、特に有名なのが、奈良 若草山の山焼き。

古都奈良にふさわしく、歴史といわれのある伝統行事です。冬には珍しい花火の打ち上げもあるため、非常に人気があるんですね。

そんな若草山 山焼きの見どころ、おすすめスポット、2017年の日程などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

若草山の山焼きとは?

若草山の山焼きとは、若草山に火をつけ「山全体を燃やす」行事で、古都奈良に早春を告げる一大イベントとなっています。

山焼きと言えば「農業目的」だと思われがちですが、若草山の山焼きは、山頂にある前方後円墳の霊魂を鎮めるための「神事」です。

wakakusayamayaki1

若草山 山焼きの由来

若草山焼きの由来については、従来、若草山をめぐる東大寺・興福寺の争いを「焼き払って」和解したことが始まりと言われてきました。

しかし、近年では否定されることも多く、その他にも次のような説があります。

・もともと近くの農民による野焼きの習慣があった
・山焼きをしないと翌年に不祥事が起こると考えられていた

現在は、春日神社・興福寺・東大寺により、「鶯塚古墳の霊魂を鎮める祭礼」とされ、観光行事として、また、火災予防の役割も果たしています。

2017年の日程、見どころ、オススメスポット

若草山の山焼きは、例年1月の第4土曜日に行われます。

2017年の若草山 山焼きは、1月28日 土曜日
花火は、18:15 開始
山焼き点火は、18:30 開始

雨天の場合は1月29日 日曜日に延期される予定です。

若草山 山焼きの見どころは?

「若草山 山焼き」の見どころは、何と言っても「山焼き」、そして、その直前の「花火」です。

冬には珍しい花火は、山焼きの合図。済んだ空気の中、打ち上げられる200発もの花火は、先人たちの霊を慰めるとともに、今に生きる私たちの目と心も楽しませてくれます。

花火を合図に、一斉につけられる火は、33ha(ヘクタール)の草地に燃え広がり、山全体を赤く染め、炎は夜空まで届くかのよう。冬の夜、山全体が炎で浮かび上がる姿は、まさに必見の価値ありと言えます。

また、山焼きの前に行われる各種イベントや、屋台なども楽しみのひとつ。お祭り気分を味わうことが出来ますよ。

スポンサーリンク

若草山 山焼き スケジュール

■春日の大とんど(13時〜19時) ※受付は18時まで

通常、1月15日に行われる「どんど焼き」ですが、山焼きに合わせ、春日神社の「大とんど」が行われます。

■御神火奉戴祭(16時45分~)

「春日の大とんど」による”御神火”を受け賜ります。

■聖火行列(17時05分~)

山焼きの火は、春日大社から若草山まで聖火行列で運ばれます。

※聖火行列の順序は次の通りです。
雅楽道楽 → 僧兵 → 奈良町奉行所役人 → 金峯山寺法螺衆 → 興福寺 → 東大寺 → 春日大社

そして、運ばれた聖火は、野上神社で山焼きの無事を祈願する祭礼が行われた後、山麓中央に設けられた大かがり火に点火されます。

■大花火打ち上げ(18時15分)

若草山焼きの花火は、奈良県で唯一「尺玉」が打ち上げられます。新春の奈良の夜空を彩る花火は、山焼きの合図です。

■山焼き一斉点火(18時30分)

山麓中央の大かがり火から松明に火が移され、ほら貝・ラッパ・号砲の合図で若草山の草地に一斉点火します。

また、山麓の特設ステージでは、鹿せんべい飛ばし大会や消防団出発式典、炎舞などが行われます。

おすすめスポット

wakakusayamayaki2

若草山 山焼きのおすすめスポットとしては

・若草山のふもと
・大池(勝間田池)
・平城京跡
・奈良公園(新公会堂前、春日野園地、飛火野など)

があります。

若草山のふもとは、迫力満点の炎を見ることが出来ます。

特設ステージでイベントが行われ、屋台なども出るので、お祭り気分が味わえることもあり人気です。

そのため、15時ごろから混み始め、17時にはいっぱいになってしまうとのこと。

若草山 山麓へは早めに出かけることが必要ですね。

大池(勝間田池)、平城京跡は、「通」には定番の場所。

山焼きの炎もきれいにみることができ、撮影場所としても大変人気があるので、朝早くからの場所取りを覚悟しましょう。

場所の広い奈良県新公会堂は、人出が多くても、比較的見学しやすいのがいいですね。

アクセス情報

◯電車で行くには?
最寄り駅:JR奈良駅・近鉄奈良駅
・駅から奈良交通バス「春日大社本殿行」で終点「春日大社本殿」下車、山麓まで徒歩約5分
・駅から奈良交通バス市内循環外回り「大仏春日大社前」下車、山麓まで徒歩約15分。

◯車では?
・京奈和自動車道 木津ICより車で約3分
・西名阪自動車道 天理北ICより車で約5分

◯問合せ・連絡先はこちら
・奈良県奈良公園室
 電話:0742-27-8677

できるだけ公共交通機関の利用を

当日は、周辺で交通規制が予定されており、駐車場の収容台数もそれほど多くありません。

できれば公共交通機関を利用された方がいいですね。

お車の場合は、午前中に駐車場に停めないと、停められなくなってしまうことも。10時には奈良市内に入っておくことを目指しましょう。

[参考]若草焼き情報

古都の伝統行事を楽しもう

近では、環境への配慮からたき火も難しくなっていますが、燃え上がる炎を見ていると、温かいと同時に、怖さも感じますね。

若草山の山焼きは、スケールの大きさが魅力。花火と山焼きが同時に楽しめるとあって、写真の愛好家が集うことでも知られます。

夏の花火もいいものですが、冬の花火は空気が澄んでいる分だけ綺麗に見えそうな気がしますね。

イベントとして楽しんでしまうのももちろんアリなのですが、由来やまつわることなどを知っておくと、伝統行事も一層楽しめると思いますよ。

スポンサーリンク

関連記事

花菖蒲を楽しむなら葛飾菖蒲まつり!2016年の見頃は?

梅雨の時期はつい家にこもりがちですが、草花にとって潤いと成長の時期。 あじさいも美しい

記事を読む

おぢや風船一揆2017!熱気球と花火の冬の祭り!見どころは?

冬空をふと見上げると、何気ない青空がとても綺麗に見えたことはありませんか? そんな澄ん

記事を読む

秩父、羊山公園の芝桜!2017年の見頃や開花状況は?

http://youtu.be/TcRMfE4Rsfc 春は、お花見が楽しみですよね。

記事を読む

福岡の放生会、2016年の日程や見どころ。出店の時間は?

お祭りの楽しみと言えば、どんなものを思い浮かべますでしょうか? 昔から受け継がれてきた、伝統行

記事を読む

イースター(復活祭)の由来とは?2017年はいつ?

最近では日本でも海外のイベントを取り入れ、楽しむようになって来ました。 その中でも、特

記事を読む

堺まつり2016年の日程と見どころ!ディズニーも参加するの?

通常、ディズニーキャラクターたちは、ディズニーリゾートでないと出会うことはないでしょう。 しか

記事を読む

飛騨・古川祭りの起し太鼓!2017年の日程と見どころは?

お祭りを大きく分けると、 ・荒々しいお祭り ・きらびやかなお祭り の2つに分かれると思いません

記事を読む

時代衣装が勢揃い!京都時代祭、2016年の日程と見どころ!

京都の三大祭といえば、葵祭(2月)・祇園祭(7月)・時代祭(10月)。 その中で10月に開催さ

記事を読む

東北の秋田竿燈まつり。2016年の日程と見どころをご紹介!

日本全国で行われるお祭りは、その土地の風土に根づき、独自の発展をとげたものも多く有ります。中

記事を読む

百里基地航空祭2016年の日程と見どころ!おすすめの駐車場は?

格好いい航空機が大空を飛ぶ姿は、いつ見ても爽やかで憧れを感じます。そんな航空機が勢揃いし、大空でパフ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

小満(しょうまん)はどんな意味があるの?2017年はいつ?

毎日見るカレンダーには普段あまり見慣れない、暦の用語が幾つも書

夏を先取り!立夏にはどんな意味があるの?2017年はいつ?

ニュースなどで時々「暦の上では今日から夏ですが・・・」という言

こどもの日は女の子もお祝いしていいの?プレゼントはどうする?

5月5日のこどもの日は、端午の節句とも呼ばれています。

女性のむくみ防止に!着圧ソックスの効果と正しい使い方とは?

デスクワークが多い女性にとって、気になるのが足のむくみ。出勤時

健康的な美肌は毎日の食事から!美肌効果のある食べ物5選!

肌トラブルのない健康的なお肌を作るには、毎日の積み重ねが必要で

→もっと見る

PAGE TOP ↑